パズル系ドリルの中で一番のおすすめ!『天才脳ドリル 仮説思考』

最近のパズル系ドリルの勢いはすごい!次々の発売されるので、本屋さんでもたくさん種類が並んでいますよね。

我が家も結構な数のパズル系ドリルを購入して取り組みましたが、今のところ一番のおススメはこちらの天才脳ドリルシリーズです。

 

スポンサーリンク

天才脳ドリルシリーズ

天才脳ドリルシリーズは以下の3種類が出版されています。

(天才脳ドリルなどパズル系ドリルについてもう少し詳しく知りたい方は当ブログの記事「最近よく聞く陰山メソッド・賢くなるパズル・パズル道場って何!?」もご覧下さい。)

学校の勉強はどちらかというと「知識」を身に付けさせること重視ですが、このドリルは表紙の帯通り「賢い子には知識では測れないセンスがある!」と勉強に必要なセンスを身に付けさせようという目的のドリルです。

中身はパッと見遊びのような問題なので、子供もゲーム感覚で取り組めます。

 

天才脳ドリル 仮説思考 ・初級

天才脳ドリル/仮説思考 初級

 

一見遊びのように見える問題ですが、取り組んでみると「解くのにかなり考えなければいけない」という非常にいい問題ばかり。どれも「ここは○○だからこうだ!」と、このドリルの名前通り「仮説検証」しないと解けない問題です。

 

このような「○○だから○○」 (論理的思考)というものの考え方。

子供は特に感情が先にきちゃうので、上のような論理的思考をするのって難しいもの。論理的思考は成長と共に身に付いてくるものではあると思いますが、ただ完全に自然に身についてくるものとも思わなくて、訓練も必要だと思っています。

そしてこの仮説思考のドリルは「ここは○○だからこうだ!」と、このドリルの名前通り「仮説検証」しないと解けないので、論理的思考力を鍛える訓練になります。

 

中身が見られないと心配という方は下のリンクからアマゾンにいくと「なか見!検索」で問題が3問見ることができます。中級も上級も見られるので、購入の際の参考にしてみてください。天才脳ドリル/仮説思考 初級

問題はしっかり考えなければ解けないものですが、問題のルールは単純で分かりやすいので小さい子も取り組めます。

初級は幼稚園年長さん~小2くらい向けかなという印象。ちなみに我が家の次男が小1の時でじっくり考えて取り組める程度でした。

ちなみに次男が好きなのは、ワンちゃんの絵がかわいい「道を作る」という問題。
わんちゃんに当たらないようにマス目を選んでゴールまで進みます。最初はマスも少なくて簡単だったのに、初級でも最後の方になると当てずっぽうでは解けなくなってきます。「ここはこうだから、ここは必ずこう通らなければいけない・・・」なんてブツブツ言いながら取り組んでます。

 

我が家では、他のパズル系ドリル(賢くなるパズルなど)はすぐ飽きてしまい続かなかったのですが、この天才脳ドリルは楽しんでやっています。

それは恐らく問題バリエーションが多く、また面白い問題が揃っているからだと思います。パッと見は簡単そうなんだけど、いざ取り組んでみると結構考えなければ解けないという絶妙な匙加減のいいドリルです。

算数に必要な「考える」クセを付けさせるのにも効果ありだと思います。

天才脳ドリル/仮説思考 中級

中級の中身は、初級とほぼ同じタイプですが全体的に難易度が上がっています。

中級は、小2の長男が結構頭を使って時間をかけて解けるレベルでしたので、小2以降くらいがぴったりかなという印象。

1問につき目標は10分となっていますが、小2長男は10分以内というのはなかなか難しく15分~20分くらいかけて解いていました。中にはナンバーディスプレイ(数独みたいな感じの問題)など穴埋め箇所がも多い問題もあって、それだとまだまだ集中力が続かないという子もいるかもしれません。

そのため我が家では「これはちょっと無理かな」という問題は飛ばしてやらせています。無理やりやらせて「このドリルつまらない!やりたくない!」ってなったら困るな~と思って。

実は私も問題をコピーして一緒に解いています。最初の頃は私も余裕で解いていたのですが、しかーーーし、しかーーし中級の途中からは長男の方が速く解けることも多くなってきてしまいました・・・。母、ピーンチ! でも大人がやっても楽しめます。子どもと一緒に楽しむのもおススメの使用方法かもしれません。

今のところ我が家でチャレンジしたのは、初級と中級で、上級は今後挑戦予定。購入して実際に取り組んでみたらまたレビューしたいと思います。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

10 件のコメント

  • 天才脳ドリルいいですよね。うちも同じ3年生です。幼稚園の年中から始めて2年生で上級まで全種類全部終わりました。
    そのおかげか前回の四谷大塚の統一テスト(6月)で、決勝大会へ行けました。
    待っている間に他の保護者の方と話をしたところ、やはりみなさん天才脳ドリル幼稚園の頃からしていたようです。
    今回も受けましたが、うちはいい加減なところがあるので、やっぱり上位50位にくいこむのはちょっと厳しいかな・・・と言う感じです。
    ちなみに幼稚園の年少~年中は七田式のドリル(通販の物)やらせていましたところ、塾なしで国立小学校最終試験まで合格しました。最後は私がくじ引きではずしました。

    ここまで、思考力はつけてきたので後は自分でがんばれ~!と、特待とれたので9月~塾に入れちゃいました。
    男の子はこれから反抗期もあるので、お互い頑張りましょうね。

    • けいこさま コメントありがとうございます!
      お子さんすごいですね、決勝大会とは!!うちとは全然レベルが違います、遠い世界の話のようです(笑)塾も特待だなんてすごすぎます。
      天才脳ドリルもやられてたのですね♪ それも二年生で上級までというのもびっくり。うちはまだまだ上級は無理そう。中級がいっぱいいっぱいです。

      男の子は反抗期など今後が不安ですよね~、お互い頑張りましょう。

  • はじめまして、やまさんです。
    この春、小学一年生になる娘(現在年長)を持つ母でございます。
    家庭内学習をどのように進めればいいのか悩んでいる中、あっぷーさんのサイトに出会い、参考にさせて
    いただいています。
    天才脳ドリルについて質問させて下さい。
    初めから問題は子供が自分で読んで理解して解けたでしょうか?
    うちの娘は、自分で問題を読み解く力がまだなく、初見の問題は噛み砕いて説明しないとダメです。
    一度説明すれば、自分で解くことはできますが、あっぷーさまのお子様は初めから問題の意味を理解し
    解けましたか?
    娘は仮説思考の問題文が苦手のようです。
    問題文を理解できなければ、どのような問題も答えられないと思うと、果たして問題を私が噛み砕いて読んでいいものかと悩み中です。

    普段の学習は、Z会の通信教材で主に勉強しています。
    他はどんぐりくらぶの算数問題、七田のプリント等を気が向いたときに・・・。
    最近はあっぷーさんおすすめの、日本語論理トレーニング&Z会グレードアップ問題集(読解)を
    寝る前の絵本代わりに読むのが娘の日課です。気に入ったみたいです。
    上記の問題集では、今のところ自分で読んで問題に取り組めてます。

    • やまさんさま コメントありがとうございます。年長さんから家庭学習とは本当に尊敬します。うちは2年生の冬に初めて家で勉強したというスロースターター(響きはいいですが、私がのんびりしていただけです)なので、やまさんさまのようなお話を聞くと「うちも早くからはじめてれば」と後悔です。
      天才脳ドリルですが、空間把握の方は問題の意味を親が教えていいと思います。というのも、空間把握については問題文を理解することよりも問題を解くことの方が重要だと思うので♪
      それに対して仮説思考はやはり問題文そのものを自ら読んで理解できるかがという部分が重要なので、もう少し時期をあとに取り組んでみるのもいいかもしれません。仮説思考能力自体、トレーニングも大事ですが、それにはまずある程度の成長(個人差あり)も必要かなと。問題文を理解できる時期がきたら始めるのがいいかと思います。
      我が家で言えば仮説思考・・・小2の次男がようやくできるかなというレベルです。長男も小2でぴったりくらいでした。成長遅いですね・・・。
      日本語論理トレーニングとグレードアップ、年長さんでとはすごすぎます。この2つはかなりいい問題集ですよね♪
      そして娘さんのこれからがすごく楽しみですね~!!

      • あっぷーさんアドバイスありがとうございます。
        なるほど、そうですね。
        仮説思考は一度お休みして、自分で問題文を理解できるようになったら始めようかと思います。
        初めは軽い気持ちで始めた娘のお勉強ですが、進めていくうちに段々と熱くなって、あれもこれもと
        焦ってしまう自分がいました。

        あっぷーさんのお宅のように子供と共に楽しんで成長していけたらと改めて思いました。
        今後もいろいろ参考にさせてください。
        ありがとうございました。

        • やまさんさま ご丁寧にレスありがとうございます。
          わかります、家庭学習ってやり始めると(親も)結構楽しいし深いのでどんどん熱くなっていきますよね!私もそれでこんなブログを書くまでになってしまいました~(笑)
          でも勉強はやって損することは絶対ないですし、小学校低学年での家庭学習って今後を左右するんじゃないかな?とも思います。
          私も悩みつつですが、お互い楽しみながら勉強していきたいですよね♪ これからもお暇な時にブログを覗いてくださると嬉しいです!!

  • あっぷーさん
    はじめまして。最近になり突如中学受験を意識しはじめました小2に母です。
    塾に行かせるのに抵抗があり、家庭での学習を考え始めました。塾は週に1度でも宿題に追われてしまいそうで・・・
    これまで学校の宿題しかしてこなかったので問題集を家庭で解かせるという、基本的なことさえ一苦労の毎日です。おやつ、まんがなどをエサにしています(いつまでエサがもつのか、、、トホホ)
    家庭学習を意識し始めてこの1か月(幼稚園から家庭学習をされているかたが多いのにびっくりしながらブログ拝見させていただいております)ですが、毎夜あっぷーさんのブログで問題集選びを楽しんでいます。
    ネットで買うことが多いため簡単すぎたり難しすぎたりと無駄遣いが半端ないです。難しすぎるのはおいておけばよいのでしょうが、すこし簡単なもの(就学前から取り組むようなレベルのもの)もせっかく買ってしまったのでもったいない!とせこい母は無理やりやらせることになりそうです。出来る問題をいくらやってもしかたないのでしょうけれど・・・
    そこであっぷーさんにお伺いしたいのですが、家庭学習デビュー1冊目の我が子はおすすめの「仮説思考」の初級に取り組んでおりますが、他は説明して(説明してとけた問題って、、、本当に自分で出来たわけではないですよね・・・身についてるのかなぁと不安)一応わかった気持ちになっているのですが、次男さんのお好きな「みちをつくる」という問題・・・これがなにをどうしてもできないのです・・・親の私も説明できずで・・・
    最初の1問目からつまづき「みちをつくる」以外は終了したのですが道をつくるがどれも、どうしても解けずに初級1冊がおわらずにいます。小2で1か月で1冊ののんびりペースですが、それでもできない「みちをつくる」問題・・・なにかおすすめ問題集とかありますでしょうか?この問題がおすきな次男さんが心底うらやましい毎日です。

    • ぷぅたろうさま コメントありがとうございます。家庭学習頑張ってらっしゃるとは、同じ状況ですね~!
      うちは当初から今でも勉強させるのに一苦労。こどもたちが基本勉強が嫌いなので、我が家も人参作戦です。現在は「勉強が終わったらゲーム1時間OK」というルールなので、お恥ずかしながら現在でもエサをぶらさげている状態です。ですが、大人だって何か「これができれば自分にいいことがある」という目標がないとなかなか勉強なんてしないと思うので。ましてや子どもで「勉強自体が好き」ではない限り、自発的に勉強するなんてことはないのかなぁと最近は達観しています。

      問題集選びは難しいですよね。本屋でじっくり見てから買っても、いざやらせてみたら難しすぎた・簡単すぎたってありますもんね、結局はやらせてみないと分からない・・・。

      天才脳ドリルの「みちをつくる」問題、初級でも難しいですよね。
      「みちをつくる」は、数か所「ここはこう通らないといけない」マスがありますよね。そこは先に線を引かせて、「ここはこう通らないといけない」「じゃぁ、そのためには他はどういう道順にする?」という説明の仕方もいいかもしれません。
      または紙がボロボロになるまで、何度も色んな線を引かせてみる(うちはこの方式でしたが、試行錯誤も大事ですよね)とか♪
      でもこの迷路問題ができなくても全く気にされる必要ないと思います。うちも苦手なのはすっ飛ばして、できるものだけ。できたら「やっぱり次男は算数得意だねー」と褒めて、算数好きにさせました。
      次男は仮説思考は好きでしたが、図形は初級でもボロボロ。全くできなかったので、早々にギブアップして、まずは立体パズルを買って「とりあえずこれで遊んどけ」という超初級状態に逆戻り(笑)

      ぷぅたろうさまのお子さまも、試行錯誤する問題は好きじゃないけど、計算はきっちりできるとかきっと得意分野があるのではと思います。そこから伸ばしていけば大丈夫だと思いますよ~。
      迷路問題で悩まれる必要全然なしですよ♪

      同系統の問題集で有名なのは「迷路なぞぺ~」でしょうか。このブログではレビューしてませんが「迷路なぞぺ~ 画像」で検索するとどういう問題があるかみれると思います。
      もしくはタイプは違いますが、算数ラボ。中受を考えてらっしゃるのでしたら、算数ラボの方がいいかもしれません。

      お互い大変なことも多いですが、家庭学習楽しんでがんばりましょうね!

      • あっぷーさま
        レスありがとうございます!
        早速「迷路なぞぺ~」を見てきました。が、答え(解説)がすぐつづいてあるので意志の弱そうな我が子には無理かな(すぐ解答みちゃいそうです)。
        というわけで、おすすめの「算数ラボ」をポチってみました。
        本当に、家庭学習って不安になること多いですが、子供が通塾したりする時間や送迎のことなどを考えると家庭学習もいいかなぁと思っています。高学年になったらどうかなぁと不安はありますが出来るだけの間は家庭学習で頑張っていきたいと思っています。あっぷーさんのブログが指針になっています!
        今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

        • ぷぅたろうさま コメントありがとうございます。
          確かに迷路なぞぺ~!!解説が(;^_^A
          でも迷路じゃなくても、考える系問題集、お子様と相性がいいものをやるのが一番だと思います。
          我が家もできる限り家庭学習でがんばる予定です。今後も情報交換できたら嬉しいです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です