やって損はない。中学受験準備目的でも!陰山メソッド『百ます計算』シリーズ

私がママ友と勉強系の話をしていて一番よく耳にするドリルがこの「陰山メソッドの百マス計算ドリル」です。あまり教育熱心ではないおうちでも「百マスだけはやらせてる」なんて話もちらほら聞きます。

それだけ陰山メソッドの百ます計算が有名だということでしょうが、効果も期待できるドリルなのでやって損はないと思います。というか皆がやっているからやらないと周りに差をつけられちゃうかも?

 

そもそも子どもに単純な計算問題をやらせることに反対というママもいると思います。ですが私の考えとしては「計算問題はスポーツで言えば基礎体力」です。ここがないとあとあとの伸びが絶対少ないです。

単純な計算問題をやったからと言って思考力がつかないなんてことはないと思っていますし、むしろ思考力を伸ばす基礎としても計算能力は必要じゃないかと思っています。

現にこのブログの共同執筆者の弟(早大政経→塾経営成功→医大に受かって現在医大生)は、バリバリの理系で勉強で苦労したことがない子です。その弟がよく言ってるのが「小学校低学年の担任の先生が単純な計算問題をひたすらやらせてくれた。そのお陰で今でも数字を見ると何も考えずに数字のイメージが浮かぶ。」ということです。

小学校低学年で知らず知らずのうちに周りに差をつけられないためにも、低学年での計算練習は大切ではないかと思っています。

 

そしてこちらの陰山・百ます計算は、中学受験向けの勉強法サイトでもよく紹介されている一冊。中学受験に於いても、基本的な計算力は絶対に必要です。

 

スポンサーリンク

陰山メソッド徹底反復『百ます計算』

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

100マス計算がどういうものかご存知の方が多いと思いますが、100マス計算初めて聞いたという方はこの画像をみてください。(下の画像は私が自作したもの。このページで公開しています。)
横と縦に数字が並んでいて、その数字が交差するところのマス目に答えを書いていきます。

ます計算100マス2jpeg

10マス10マスのます計算なら、1問やるだけで100回計算をするという仕組みです。

 

そこでこの陰山メソッドの百マス計算の中身。四則演算がそれぞれ2週間分(1日200問を14回分)あります。

びっくりの!足し算計算2400回、引き算2400回、かけ算2400回(割り算は百マス計算方式ではできないので「あまりのある割り算」になっています。)ができる構成です。

 

このドリルの最初のページにはこう書かれています。

2週間同じ問題を繰り返していると、前回の経験が頭の中に残っていてどんどんタイムがよくなり、劇的に計算能力が向上します

 

そうなんです、なんとこのドリルの特徴は同じ百マス計算を毎日2週間繰り返すところなんです。
なので加算なら加算で全ページ同じ問題!

要は徹底した反復練習をすることで数のイメージ掴ませようということですね。

 

 

ちなみに我が家の長男が小学1年生の時にこの問題集にチャレンジしました。加算の初日のタイムは6分57秒でした。そして2週間目には2分50秒に!

学校の宿題でも計算が速くなり、効果を実感しました。(ただ、暗算に自信を持ってしまったというか、二桁の数が大きい加算も暗算でやろうとするのでケアレスミスは増えたという一面も。)
長男の感想も「最初は計算が遅かったけど、最後は結構速くなった!!」とのこと。

ただ、こういった単純計算にすぐ飽きてしまう子も多いと思います。そんな時はこんなのはいかが?

ママも一緒に百ます計算にチャレンジ! 子供とタイムを競おう!

 

実はみんなやってる(?)百マス計算! やって損はないので低学年のうちにやらせておきたいところです。計算力は確実にアップします!

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」
by カエレバ

 

ちなみに、ます計算というのは陰山氏考案ではありませんので、他出版社からも多数マス計算ドリルがでています。ネット上にも無料でダウンロードできるのもあり、もちろん自作するのもあり!何でも利用して計算力アップを目指しましょう。

たくさんあるマス計算ドリルを一挙にご紹介。無料ダウンロードページ紹介も!

陰山メソッド徹底反復『プレ百マス計算』

こちらは上で紹介した百マス計算のプレ版です。表紙に「低学年の子や百ますのタイムが伸びない子に!」となっていて、中は乗算と除算はなく足し算と引き算のみとなっています。

陰山メソッド徹底反復「プレ百ます計算」―百ます計算をはじめる前にとりくむ本! (教育技術MOOK 陰山メソッド)

内容は一桁の足し算から始まり繰り上がりのある計算問題から、最後は100マス計算になります。最初の方はます計算ではなくて、普通の計算問題となっています。

100マス計算がまだ難しい子のための、100マス計算ができるようになるためのドリルといったところでしょうか?

我が家では最初は次男にも長男と同じ上の100マス計算をやらせてみました。ですが次男は集中力が続かないしタイムも伸びないし、問題数多いしでやる気を喪失しかかっていたので慌ててこの問題集を購入しました。

小学校1年生で計算練に慣れてない場合は、こちらのドリルから始めてもいいかもしれません。小1で100マス計算は集中力が続かない・・・という子も多いと思います。

 

陰山メソッドの特徴の一つである毎日同じ問題を繰り返すというのは、このドリルも同じで問題はある一定の日数同じものを繰り返す形式となっています。

ただ他にも計算ドリルは売られていますし、正直このくらいならママが手書きしてあげてもいいレベル。計算問題をやらせたいと思った時敢えてこの問題集でなくてもいいかもしれません。

 

やはり「百ます計算」のすごさは「たった1問で100回計算ができる」というところ。そのういう意味では、このドリルはただの計算問題集という側面が強いかもしれません。

 

陰山メソッド徹底反復「プレ百ます計算」―百ます計算をはじめる前にとりくむ本! (教育技術MOOK 陰山メソッド)
by カエレバ

 

その他陰山メソッドの記事はこちらもどうぞ♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク