「はなまるリトル算数」良問揃いで自信を持っておすすめできる問題集

はなまるリトル算数は1年生~3年生のものが出版されています。

(ちなみに4年生以降は、ちょっとタイプは違いますが四谷大塚の『予習シリーズ』へと続いていきます。3年生はジュニア予習シリーズがあり)


はなまるリトル1ねんせいさんすうはなまるリトル2年生 算数はなまるリトル3年生算数

 

問題は単元毎に「きほん問題」「練習問題」「発展問題」の3レベルに分かれています。

レベルが3つに分かれているという構成は最レベ・トップクラスと似ていますが、最レベシリーズと比べると問題数のボリュームは少な目。

その代わりよく練られた良問が多いと個人的には思います。

 

最レベなどと違い、受験問題に一直線というよりは「算数を楽しみつつ思考力をアップさせる」という目的が感じられます。

受験問題だけを意識しておらず楽しく算数に取り組めるので個人的に気に入っている問題集です。

難易度ですが、はなまるリトルの「はってん問題」は、最レベで言うと標準の次のハイレベル問題と同じくらいの難易度でしょうか(ただ3年生の途中から急に難易度が上がっている気がします)。

 

とは言え「はなまるリトル算数」は最レベなどとはちょっと方向性が違いますので、一概には比べられないといったところ。

この問題集をどのような位置付けと考えるのがいいかというところですが、難易度で書くと1~5の順です。

  1. 教科書準拠の問題集
  2. (最レベ・トップクラス・エリートクラス問題集の標準問題)
  3. Z会グレードアップ問題集のように多少難しい問題が入っている問題集
  4. はなまるリトルのようにやや難易度が高めな問題も入っている問題集
  5. 最レベ・トップクラス・エリートクラス問題集のハイクラス、トップレベル問題

 

教科書レベルの問題しかやったことのない子がはなまるリトルをやると、面食らってしまう可能性がありますが、1・2年生のものはキャラクターが描かれていたりと取っ付きやすいつくりになっています。

多少親のフォローは必要になると思いますが、学校算数しかやったことのない子でも十分取り組める問題集です。

 

四谷大塚ドットコムで中身が少しだけ見れます。メニューの「教材」を選んで、そのあと左の見てみたい学年の教材のところを押してください。購入の際の参考にしてみてください。

 

はなまるリトル算数は学年を気にせず取り組んでもいい

1年生のはなまるリトル。学校算数と比べると難しいので、多少考えないと正解できない問題はあります。2年生以上のはなまるリトルも同様。

もし当該学年のはなまるリトルが難しすぎるということであれば、学年を落としてやるのもおススメ。難易度の高い問題というのは、学年は関係なくて要は「考えさせる」問題なので学年を落としてやっても十分力になります。

学校の勉強や授業、テストで「考えさせる」問題ってあるかというと、実際はほぼありません。

算数の問題を「考える」というのも、やったことのない子は当然できません(地頭のいい子は別でしょうが)。でもそれを解けないのは頭が悪いからではなく、難しい問題に出会ったときに「考える」訓練をしたことがないからです。

解けないからといって「うちの子は算数苦手」と思わずに、適切な問題集を選ぶことも算数力アップの手段かなと感じます。

 

はなまるリトル1ねんせい さんすう
by カエレバ

 

はなまるリトル2年生算数
by カエレバ

 

はなまるリトル3年生 算数
by カエレバ

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です