素直な難問が多い 『トップクラス問題集』 (『最レベ』との比較あり)

(注)主に2年生のものを中心としたレビューとなります。「最レベ」「トップクラス」「スーパーエリート」の総合比較は「最レベ・トップクラス・スーパーエリート徹底比較」をご覧下さい。

トップクラス問題集さんすう小学1年―中学入試をめざす

以下の3つが小学校低学年向けで難易度の高い問題を扱っている問題集御三家(私が勝手に命名)です。

■「最レベ」シリーズ
■「トップクラス問題集」
■「スーパーエリート問題集

今日はその中の「トップクラス問題集」に関してレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク

「トップクラス問題集」の概要

  • 小学1年生~小学4年生のものが出版されています。
  • 将来受験を目指し入塾する前の慣らしや入塾テスト対策を目的としています。
  • 内容が単元毎に「標準」「ハイクラスA」「ハイクラスB」「トップクラス」の3(ハイクラスAとBは難易度にあまり差はありません)段階に分かれています。

最レベ・スーパーエリートが3年生までであるのに対して、トップクラスは4年生まで出版されているのも大きな特徴です。

 

トップクラス問題集の内容は?難易度は?

トップクラス問題集は単元毎に「標準」「ハイクラス」「トップクラス」問題の3レベルに分かれています。

3レベルに分かれているのは最レベやスーパーエリートと似ていますが、「トップクラス問題集」で特徴的なのが、「ハイクラスA・B」の問題が、同じ種類の問題の反復(つまりハイクラス問題が各単元毎に2回ある)になっていることです。
(一応A・Bで難易度は多少違うみたいですが、やった感じはだいたい難易度は同じと程度と思いました)

やや難易度の高い問題を何問も繰り返すことにより難しい問題に慣れることができるので、個人的にはこのA・Bの反復が気に入っています。

 

トップクラス問題はかなり難易度が高め。トップクラス問題は学年が上がる毎に難易度が上がっていきます。

3年のトップクラス問題になると「受験勉強で解き方のテクニックを習わないとできないでしょ」というレベルのものもあります。ここまでやるかは各家庭の判断になると思いますが、中学受験を考えていないのでしたらトップクラス問題集 徹底理解編がいいかなと思います。

 

問題の難易度を「最レベ」と比較しておきます。

難易度はどちらも同じくらいかなという印象ですが、「最レベ」の文章題の文が妙に捻ってあるのに対して、「トップクラス問題集」の文章問題は、(いい意味で)捻りがなく素直で難しい問題が多いです。

 

また問題集の解答は、「最レベ」より「トップクラス問題集」のほうが詳しいので、算数に自信のない親御さんはトップクラス問題集のほうが家庭学習には向いているかもしれません。

(ただ、子どもに解き方を教えるとなると解説を読んだだけではきちんと教えられないので、親御さんも解き方を理解する必要はあると思います。)

 

最レベとトップクラス問題集の比較を図にしておきます。

最レベ トップクラス
問題量 △(やや多いか)
解答の詳しさ
標準問題の難しさ
最高難易度問題の難しさ 同程度 同程度

単元によってトップクラスの方が難しかったり、最レベの方が難しかったりします。

学校で出てくる単元は最レベの方が難しいかなという印象ですが、植木算(2年生)はトップクラスのほうが断然難しかったりとバラつきがあります。

(ですがこのレベルの問題を解く子たちにとっては大きな難易度の差はないかと思います。)

スポンサーリンク

トップクラス問題集のマイナスポイントは?

あまり欠点が見付からないトップクラス問題集ですが、1つ挙げるとすると「字が小さめ」なこと。

これは小学生低学年には結構重要で、子供が問題ページを見た瞬間「うわっ、問題が多そうで面倒くさい」と思ってしまいがち。

取り組む前からやる気を喪失してしまう危険性があります。

我が家でもその部分で子どもが「計算が面倒くさそうだからやりたくない!」と拒否反応を起こすことがあります。

そういう意味では「最レベ」の方が小学生低学年の子が取り組みやすいレイアウトかもしれません。

 

「トップレベル問題集」「最レベ問題集」算数2年生の内容(単元)比較

出てくる単元(2年生)についても簡単に比較しておきます。

 

「足し算の筆算」「引き算の筆算」「かけ算」「長さ」「三角形と四角形」「1000までの数」「表とグラフ・時計」「植木算」は共通です。

中学受験を目指す子たち向け問題集なだけあって、両著とも2年で「植木算」も入ってきています(ちなみにZ会では植木算は確か3年生です)。

違うのは
■トップクラス…「わり算」あり。
■最レベ…「旅人算」「水のかさの発展」「立体の発展問題」あり

大きく言えばこんなところです。

 


<2015・6追記>
トップクラス3年の教科書単元以外の項目です。

・分数(仮分数・帯分数)
・つるかめ算
・倍数算 分配算
・周期算 規則性
・条件の整理
(分数も普通に仮分数・帯分数がでてきます。)

 

姉妹版のトップクラス問題集 徹底理解編が出版されています

トップクラス問題集に取り組む前にという位置付けで「徹底理解編」も出版されています。

受験予定がなければ最終目標問題集としてもいいかも『トップクラス問題集 徹底理解編』

2015.05.11

こちらはトップクラス問題集から「トップクラス問題を抜いた問題集」といったところ。

個人的には受験予定がないのなら徹底理解の方で充分だと思います。

 

 

トップクラス問題集の使い方

問題が難易度で分かれているのと分量がかなり多いので、色々な取り組み方ができます。

 

  • まずは標準問題だけを最後まで全てやり、そのあとハイレベル問題を全部やり、次はトップクラス問題をやる。
  • 標準問題は教科書レベルの問題なので、算数嫌いの子も教科書レベルが理解できたら、まずは標準問題だけをやってもよしです。
  • 得意な単元だけはトップクラス問題をやらせてもよし。
  • 3段階に分かれた中のトップレベル問題はかなり難易度が高いので、過去学年の復習として使うのもいいと思います。というよりは難易度から考えて受験を考えていない子は、1つでも2つでも学年を落として取り組むくらいがちょうどかも。それでも十分力は付きます!
  • 算数はとにかく子供が「簡単すぎず難しすぎず」のレベルを親が見極めてやらせることが大事。

この難問問題集御三家は2年生の後半くらいからびっくりする程難しくなってきます

なので1年生のトップクラス問題ができたからと言って、2年生のトップクラス問題が解けるわけではありません。

そのため現段階で子どもに標準問題だけをやらせるのか?ハイクラスまでやらせるか?など親御さんが取り組み方をアレンジしてあげるとよいと思います。

また受験を考えていない子はこういった問題集は選択外にしているかもしれませんが、算数が得意な子に難しい問題集をチャレンジさせて無駄になることは決してありませんし、この問題集をやってしまうと他の問題集が簡単すぎてビックリ状態になることは間違いありません。

難問が多いので思考力の訓練にもなり、考える力も身に付くと思います。

(ただ何度も書きますが、トップクラス問題までやらせるかは判断が分かれる部分ではあると思います)

 

現在小2の次男が「トップクラス問題集2年生」に取り組み中

算数は得意な次男ですが、トップクラス問題ではやはり苦戦しています。

(苦戦しているからこそ「トップクラス問題集」の反復問題(トップクラスA・B)がすごくいいなと感じています。)

なぜ反復問題がいいかと言うと、例えですが・・・足し算の文章題の部分。

足し算のハイクラスA・B問題ではテープ図(もしくは線分図)を書かないと理解できない複雑な文章問題が続いているので、次男にとっては線分図の練習にもなっています。

線分図もある程度反復して覚えないとマスターできないので、何度も繰り返し練習できるのはやはりいい

(これが最レベですと、文章が捻っていて素直に線分図にできないことや、線分図から更に計算がある問題があるので、物事を順序立てて考えることが苦手な次男にはこのトップクラス問題集のほうが合っているかなというところ。)

番外編…
IMG_20150411_105253
次男の線分図。字が拙い・・・。成長の遅さがわかりますね・・・。これを書きながらチョコっていうカタカナ書けないし・・・。とにかく暗記が大の苦手な次男です。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク