国語はこれだけでOK!?『出口汪の日本語論理トレーニング』

最初に断っておきますが、この問題集は一般的な国語問題集とは全く違うものです。パッと見は「同じじゃない?」と思うかもしれませんが、実際子供にやらせてみるとその違いが分かると思います。

普段子供たちが取り組んでいる国語の文章題は、言ってみれば「文章を理解できているかの確認」であり「文章題に慣れるための訓練」です。

ですが、この「日本語論理トレーニング」は文章を論理的に理解できるようにするための問題集です。

その日本語論理トレーニングを詳しく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

『出口汪の日本語論理トレーニング』ってどんな問題集?

小学館から各学年とも「基礎編」「習熟編」「応用編」の3種類が、1~6年生まで出版されています。

合計18冊。1年生はピンク・2年生は赤・3年生は緑と学年毎に色分けされています。
出口汪の日本語論理トレーニング 小学一年 基礎編出口汪の日本語論理トレーニング 小学二年 基礎編出口汪の日本語論理トレーニング 小学三年 基礎編

日本語論理トレーニング小学生シリーズは、全国の先進中学高校で使用され受験実績を上げている「論理エンジン」を小学生用に噛み砕いて論理エンジンJrとしたもの。

それでは出口先生の「論理エンジン」とは??

「論理エンジン」で述べる「論理」とは、もっと根本的なもの――「ものごとの筋道」を指しています。

私たちは日常においても知らず知らずに論理を使っています。つまり無意識のうちに筋道を立てているものなのです。(中略)

文章を筋道立てて追うこと、すなわち論理的に読むこと――これさえできれば、現代文の得点力は大幅にアップします。それだけではなく、英語、古文、漢文などの読解力もまたアップするのです。

つまりこの問題集は、文章を筋道立てて追うこと(論理的に読むこと)をトレーニングする問題集ということ。

(出口先生の「論理エンジン」に興味ある方は出口先生の「論理.jp」も覗いてみてください。「国語力」ってイマイチ何のことか分からなかったりしますが、論理エンジンのサイトを読むとなるほどと納得しっぱなしになりますよ!)

 

国語の文章題を解くのに読解力が必要なのは言うまでもありませんが、その読解力は文章題を解くことではあまり向上していきません。

よく言われているように読解力向上には「解くより読め」です。

(小学生低学年のうちの文章問題は、文章問題を解くテクニックを向上させるよりも、文章をどの程度理解しているかの確認という位置付けでいいのかも。)

そういった意味でこの日本語論理トレーニングは、ただの文章問題ではなく「設問を解くことにより、文章を論理的に読む訓練してくれる問題集」なので、小学校低学年でも取り組む価値が十分あると思います。

 

文章を筋道立てて追うことは全ての教科に通じる大事なこと

我が家では今子供が最レベ問題集の算数もやっているので、日々「文章を筋道立てて追うこと」の大切さを実感しています。

長男がやっているのは小2の最レベ算数ですが、こちらの問題集の文章題がすごーく難しい。

文章を整理できてしまえば簡単なのですが、文章が捻ってあるので、文章を整理して理解するのがすごく大変。
私も一度読んだだけでは一瞬アレ?ってなります。そう、算数だって文章題を解くのには読解力が必要なんです。そしてこの読解力は全ての教科で必要なものなのです。

 

日本語論理トレーニングのおすすめポイント

  • 設問を解いていくことにより、自然と文章を論理的に理解する力が身に付くような構成になっている
  • 設問で取り上げられている文章が良く、正しい日本語に触れられる。音読教材としても使える。
  • 単元がくっきり区切ってあるので、子供がどこで躓いているかを把握するのに役立つ
  • 段階別(基礎・習熟・応用)になっているので、子供の国語力に応じた部分から始められる


ユニークなのは、国語の問題集なのに「算数の文章題」が登場したりするところ。算数の文章題ってある程度の読解力がないと読み解けないよな~って気が付きます。

 

小学生低学年のうちは国語はこの問題集だけでいい気がしている

最近我が家では、小学校低学年のうちの国語は、このシリーズと読書だけでいいんじゃない!?と思ってます(笑)

こんないい問題集が中規模書店でもほとんど売られていないのが信じられない!知らないと損しますよ!勿体ない!

このシリーズは、最初はすごく分かりやすく簡単な設問から少しづつ難しくなっていきます。

本来は全て取り組むのがいいのでしょうが、個人的には子供のレベルに合わせて選ぶのがいいのかなと思っています。

ただ、応用編の問題も「難問」というものではなく、飽くまでも文章理解能力を高めることに主眼が置かれた問題集になっています。なので、もう既に読解力がある子にとっては物足りないかもしれません。

こちらの小学館のページより、この日本語論理トレーニングは数ページを試し読みできます(検索ページに検索文字を入れてください)ので、選ぶ際の難易度などの参考にしてもらいたいと思います。読書量の多い子ならば1学年・2学年くらい上げて購入しても全く問題ないレベルです。

とりあえず種類が多いので、子どものレベルに合ったものを購入するのがポイント。リンク先では各問題集の「目次」を見ることができますので、購入の際の参考にして下さい。

 

最後に1つ…この問題集の欠点を挙げるとしたら「値段」です。1冊1,000円。その上本の厚みも手に取った感じ薄い…。いや、ですが問題数を数えてみると(手元にあるものは全部)どれも30問あり、ページも60ページ以上はあるんですけどね。
学年で分かれている「基礎・習熟・応用」を1冊にして2,000円くらいにしてくれないかしら?なんていう勝手なつぶやきもありつつでした。

その他出口先生に関する記事はこちらもどうぞ♪

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

7 件のコメント

  • はじめまして。
    我が家はブログ主さんと同じ年の子ども(3年生)がおり、
    中受させない組(夫婦共に経験者、でも子どもにさせるのは単に面倒くさい)、
    でも地頭だけは耕してやっておきたいという方針。
    非常に近しい方針をお持ち(と勝手に共感しております)のこちらのブログ、
    隅から隅?まで参考にさせていただいております。

    出口先生の「日本語論理トレーニング」は本当にすごいですよね。
    本は大好きなんだけど、いわゆる読解問題になると固まってしまっていた我が子をも
    “読み方がわかった!”と開眼させてくれた貴重な1冊です。
    以来、親子で出口信者です(笑)。

    これに関連してもしご存知だったら教えていただきたいことがひとつあります。
    私としては、トレーニングの応用編まで終えた後もまだ一般の問題集は手を出さず、
    引き続き出口シリーズの中で良いものを選択して習得させてから、
    と考えているのですが、

    ・新日本語トレーニング基礎国語力
    ・論理エンジン小学生版
    ・読解・作文トレーニング

     もしこの中から選択するとしたら、どれを次にさせたらいいと思われますか。
     また“これは要らない”と思われますか。
    (中身をご存知という前提での質問となってしまいますが・・・)

    個人的には、緑色の論理エンジンは、若干易し目という印象もある一方で、
    新日本語トレーニングは使われている素材も手ごたえありそうという印象があり、
    次取り組むならとおぼろげに考えています。
    水色の「読解・作文―」は来年でもいいかな、とも思ったり。

    初めてのコメントなのにとっても不躾な質問を投げかけてごめんなさい。
    お分かりになる範囲で教えていただけると大変有り難いです。
    よろしくお願いいたします!

    • MMさま コメントありがとうございます。考え方似てます(笑)なんだかんだ言って受験は面倒くさいですよね~。私が子供を塾に入れない理由の一つに「送迎がやだ」というのがありまして…。はい。(もちろん子供が受験したいと言えば全力で応援はします)
      出口いいですよね~。日本語トレーニングを子供にやらせていると親が目から鱗だったりしますよね。
      ご質問の件。私は勝手に問題集レビューをしているだけなので偉そうなことを書ける立場にはありませんが…。
      トレーニングの応用までを終えられて「論理エンジン」に戻るのは少し勿体ないかも。内容が簡単なので。論理エンジンをやるとしたら少なくとも4年生以上のものを見てみてお子さんにとって「少し難しい」程度のものを選ぶと良いかもしれません。ですが長い文章を読むのが苦手ならぴったりです。
      新日本語は小4~対象なので難易度もトレーニング3年よりは上がっているので移行するならここがいいかも?
      作文の方は読解というより基礎の国語力という感じ・・・。

      すみませんまとめます。

      選ぶのならお子さんの国語力のどの部分を強化したいかにもよるのかも。
      ・やや長い文章を読む訓練というところを重視するなら緑の論理エンジン。
      ・基礎はマスターしていて読解力を強化したいのなら新日本語トレーニングの読解。
      ・文章読解というより国語の文章組み立ての基礎なら読解作文トレーニング。
      といった印象ですがいかがでしょう。

      我が家ですと長文読解が苦手なので新日本語トレーニングに移行かなと思っています。小4~対象なので、難易度もそこそこです。対話形式なのが個人的にはマイナスですが・・・。

  • ずうずうしい質問にも関わらずご丁寧にありがとうございました!
    なるほど、そういう使い分け方と視点ですね~。腑に落ちました。
    さすがです。参考にさせていただきます。たぶん赤と青を選択するかと思います。笑。

    中受は子どもも大変ですよ~。
    私自身は塾の友達にも恵まれて、結果やってよかった(私立に行って良かった)と
    思いますが、
    渦中にいた時は神経性胃炎で病院のお世話になったり、10円ハゲできたりと、
    なにかと親を騒がせて大変でしたから。
    そして夫は典型的な燃え尽き症候群だったとカミングアウトしてます。

    あとは・・・男の子で心から行かせたい!と思う学校が思い当たらないというのも正直なところですね。

    あ、ちなみに夫はあっぷーさんの先輩です。よく神宮界隈で旗振ってます。
    また情報交換させてください!今後ともよろしくお願いします。

    • MMさま レスありがとうございます。MMさま素敵すぎます。中学受験を「面倒」と言い切ってしまう潔さ。ありがとう代弁してくれて(笑)という心境です。

      私は中学受験の経験はありませんが、MMさまの貴重な経験談を教えてくださりありがとうございます。神経性胃炎、10円ハゲ・・・、ついつい見過ごしがちですが子供も大変な思いをしているんだなぁと実感。そして燃え尽き症候群も。考えさせられます。

      男の子で心から行かせたいという学校が思い当たらないという意見も新しくてすごい心躍りました。こういう忌憚ない意見を聞かせてもらえるのがブログの醍醐味かもしれません。

      ご主人が先輩とは♪ 私は今でも辛いことがあると校歌歌っているので(自分が体育会出身ということもあり)先輩と聞いただけで親近感です。

      ぜひ今後もブログに対する批判でも結構なのでご意見いただければすごーく嬉しいです、よろしくお願いします。

  • ややっ、勝手に夫がセンパイですなどと大きく出てしまった・・・と思いっきり恥じ入りましたが、
    少なくとも夫よりお若いであろうとお見受けしてのコメントです。大変失礼いたしました。
    いろいろ通じ合っていただけたようでこちらも嬉しいです。

    加えて中受に前向きになれない理由・・・
    ひとつは男の子はどこで伸びるかわからない、
    もうひとつはもっと長い目で見たら別の投資をしてもいいんじゃない、
    というのもあったりします。
    藤原和博さんが“私立に行かせるお金があるなら海外留学させたほうがいい”と
    どこかでおっしゃっていましたが、これには激しく同感です。

    昨日の話に戻って、惚れるほどに行かせたい・行かせる価値のある私学・・・男子になると本当に少ないですね。
    夫も私も、理念も立ち位置も中途半端な私立だったら行かせるだけお金の無駄、
    というシビアな考え方です(笑)。
    あと、大学付属校は基本は大学の経営基盤強化のための装置のひとつとしか思っていないので、
    これまた積極的に入れたいと思っていません。

    で、今の息子を見る限りは基本勉強嫌い。
    どんなに頑張らせても、おそらく中途半端校にしか届かなさそう。
    だったらあらかじめ回避しておいたほうが無駄がないだろう、という超合理的な判断もあります。笑。
    ただ、英語とスポーツだけは好きみたいなので、そこで勝負させるものいいかな、と。
    ズラしの勝負ですね。

    子どもの個性と資質を伸ばすことを適切なタイミングで親が見極めてやらないといけないとは思いますが、
    その多くの選択肢が中学受験だけ(かよ)、というのもなんともわびしいような気がしています。

    • MMさま なるほど~、いろいろ参考になります。「子供の個性と資質を伸ばすことを適切なタイミングで親が見極めてやらないと・・・」というのは本当にその通りですよね。それは私もいつも思いつつ、ついついわが子のことになると冷静にみられない自分もいるのが悩みどころです。
      うちも勉強は大嫌い。MMさまのお子さまと同じく中学受験をさせてもたいした結果は残せないだろうなという状態。結局本人のやる気なんですよね。だからMMさまが以前書いてくださったように、最低限本人が勉強をしたいと思った時にスムーズに始められるように最低限の家庭学習はしておきたいという思いがあって家庭学習に取り組んでいます。
      お子さん、英語とスポーツが好きなんですねー。英語好きとは羨ましい。何か得別なきっかけがあったのでしょうか。うちは5年海外に住んでいて現地幼稚園に通っていたのに英語が大嫌いですし興味もありません。欧米人の子供たちが体が大きかったりなんかで怖かったのが原因のようです。スポーツはスポ少をやっていることもあって大好きなのですが運動神経悪いんですよね(笑)
      なのでうちなんて勝負できるところと言えば「勉強」しかないんじゃない?なんて思うのですが、その勉強もね・・・(苦笑)
      なかなか上手くはいきませんが、そこが育児の面白さだと思って。子供を通して新しい世界を体験させてると思って自分も楽しみながらいきたいものです。

  • そうです。楽しみましょう!
    親は子どもの下僕ではないし、子どもも親の下僕ではない。
    子育てとは人格を認めて高め合うことだ(理想は)、最近そう思います。

    また立ち寄らせていただきますねー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です