小1から市販の問題集のみで算数好きにさせちゃおう!おすすめの小1算数の使用問題集モデル

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

算数って1度嫌いになると、好きに変えるのが難しい教科です。

なぜかと言うと、算数はどこかで躓いちゃうと、そのあとの単元もずっと分からないままになってしまうんです。
(例えば足し算が分からなければ、その後の算数単元は全て理解できませんよね)

だから算数は躓かないってことがすごく大切なことなんですが、じゃぁどうすれば躓かない?って言うと、やっぱり算数好きにさせちゃうことじゃないかと思います。

 

大人も褒められたものが自分の好きなことに直結しませんか?
例えばお料理が好きな人って、やっぱりお料理を褒められたらどんどん好きになっていくだろうし、好きなら積極的に取り組むから更に上手になる。

この好循環を子供の算数にも与えることで、子供は算数が好きになるし得意科目になると思います。

 

じゃぁどうやって算数を「子供にとっての褒められ科目」にするかです。

多分学年が上がっていくほど、算数を褒められ科目にするのは難しい。だから小1から算数を褒められ科目にしちゃうんです。

 

その方法は簡単で、その子のレベルより少し難しい問題にチャレンジさせること。

 

小1レベルなら難易度の高い問題と言えど「何をしても太刀打ちできない」ということはありません。

小1で難易度の高い問題に慣れさせれば、必ず「学校の算数が簡単」と思いますし学校のテストでは良い点数が取れます。

テストで良い点数が取れれば先生や親に褒められる。
その「すごいね」って褒められる機会が多いほど、子供は自分は算数が得意なんだ(つまり好き)と思って一生懸命取り組みます。

 

これが小3くらいになると、難しい問題を解けるようになるまでの過程が長すぎて大変。一歩間違えれば算数嫌いになることも充分考えられます。

だからやっぱり算数好きにさせるのは小学校低学年が重要なのではと思っています。

 

スポンサーリンク

小学1年算数で大事なこと

①躓かせない!

算数って次から次へハードルが出てきて、一つのハードルを越えられないと、その後はずっと越えられない教科。

例えば一桁の足し算で躓くと、繰り上がりの足し算は出来ないし、2年生の単元である足し算の筆算、掛け算だって足し算の概念が必要だから・・・算数はずっとできないままになってしまう。それってすごく恐ろしくないですか!?

だから小学校低学年の算数では特に躓かせないことと、分からない単元がないようにすることが家庭学習の大事なポイントです。

 

②数をイメージ化(分量で捉える)する訓練をする!

数を頭の中でイメージして、数を分量として捉えること。

数を頭でイメージ化できるようになると、後々繰り上がりの足し算や2年生で出てくる長さの計算(1センチ5ミリ足す7ミリといったような小学校で最初の躓きとなることが多い問題)なんかは難なくこなせるようになります。

計算問題は、ぱっと数字をみてすぐ答えを出せるようになるのが理想。

繰り上がるからここの数をこっちにうつして・・・なんてやっているのは数をまだイメージ化できていないということです。要は計算問題ですが、これは1年生のうちに少しでもできるようにしておいた方があとあと楽。

 

③「考える」訓練をさせる!

学校の算数で「考える」ことって非常に少ないと、私は思います。

学校の勉強に沿ったことだけをやらせていると、どうしても算数の思考力という面では伸びが少なくなる(学校では「考える」問題なんてあんまりやらないので)。


そしてどんなに算数の素質がある子も考える機会がないままだと、後々難易度の高い問題にぶち当たった時「考える」ことが難ししくなってしまいます。

でもそれは算数が出来ないのではなくて、ただ単に「考える」機会が少なかったから。

だからこの時期から出来なくてもいいから「考えさせる」機会を与えることは重要。試行錯誤して問題を解くという機会を与えることはあとあとの算数に役立ってきます。

 

教科書レベルの問題ができたのなら、次の一歩に進んでみる

1年生の算数なんて簡単で余裕で、難しい問題なんて存在しないと思ってるかもしれませんが、実はそんなことは全くなくて、1年生の単元だけで非常に難易度の高い問題を作り掲載している問題集が数多くあります。

そしてそれを1年生のうちから解いている子たちがいます。

それが例えば最レベだったり、トップクラス問題集だったり、はなまるリトルだったりするわけですが。

私が初めてこれらの問題を見たときは「井の中の蛙だった」とショックを受けました。
小1からこんなに難しい問題をやってる子には後々簡単には追いつけないかもしれない・・・と焦った記憶があります。

 

そんな難しい問題を小学校1年生からやらせる必要がないと思う方もいらっしゃるでしょう。

でもやって無駄にはなることは決してありません。教科書レベルの問題が問題なくできているのなら、ぜひとも一度取り組ませてみるべき。

算数好きへの扉が開かれるかもしれません

もちろん世の中には幼児期から塾に通っている子もいるのでしょう。でもこのブログは飽くまで家庭学習ブログ。

家庭学習でだって。お金をかけなくたって。良い問題集さえあれば算数のレベルアップはできるんだっていうことをぜひ知って欲しいと思います。

 

★我が家の長男が以下で紹介する問題集を使用して4ヶ月で最レベ・トップクラスの最高レベル問題をほぼ全問正解できるようになった記録も参考にどうぞ。
ちなみに長男は2年生の全国テストではズタボロでしたが、1年後の全国小学生統一テスト(四谷大塚)では市販問題集での勉強だけで、算数偏差値が65を超えました

 

小1算数の問題集選び方 進み方 モデル(番号順に取り組むのがおススメです)

Z会グレードアップ問題集

この問題集は教科書レベルの問題の中に、いくつかやや難しい問題(グッジョブマーク)が含まれているタイプの問題集。

カラーで見やすい、余白も十分、問題量が多すぎない、やや難しい問題は良問というさすがZ会といった問題集です。(アマゾンでも当然の高評価となっています。)

ここでやや難しい問題に慣れるのと、苦手分野はないかのチェックをしましょう。ここで苦手分野があれば1度教科書レベルのドリルなどに戻ってみるのも手。

ちなみにこのグレードアップ問題集は標準的な問題の中にいくつかやや難しい問題が含まれているタイプなので、全く出来なくて自信喪失ということにはならないと思います。

 

はなまるリトル 算数

こちらは良問揃いの本当におすすめできる問題集。絵や図などを使った問題など、教科書レベルの問題集では見たことのない問題がたくさん出てきます。

楽しく!且つやりがいもありと言った感じ。この問題集を難なくこなせる子は算数得意かも…とそんな予感もさせる問題集。Z会グレードアップ問題集よりもやや難易度は高めですが、標準問題もあり。

 

トップクラス問題集・最レベ問題集・エリートクラス問題集

ここまで来たらいよいよ最高難易度の問題集の登場です。

まずは上記問題集の中のどれか1つを選んで下さい。個人的にはあまり捻りのないトップクラス問題集がおすすめです。解説も詳しいので、家庭学習に向いています。

この3つの問題集は、どれも3段階のレベルに分かれています(ここでは「標準」「ハイレベル」「最高レベル」とします)

まずは標準問題だけを一通りやらせるのが良くて、なぜかというと、これらの問題集には学校で習わない単元が含まれているからです。

問題集によって若干差はありますが、(例えば最レベ小学1年生のの場合は)□のある式、和差算、集合です。こういった学校で習わない分野を突然解くのは無理がありますので、まずは解きかたを教えてあげてください。

 

標準問題が終わったら、ハイレベル・最高レベル問題に進んでみましょう。

はい、ここまで来たら算数はもう小学1年生の最高レベル(笑)(そんなに簡単にはいかないかもしれませんが…)

でも意外と家庭学習でも到達できるかもと思いませんでしたか?

 

問題集と並行してやらせたいこと

こちらは余力があればぜひやってみて欲しいし、実は小学生低学年のうちはこちらの方が大事だと思っているところです。

 

計算練習

算数の計算練習は、スポーツで言えば基礎体力。ここが弱いとあとあとの伸びしろが絶対に少ないと思っています。

計算ドリルでも何でもいいので(百ます計算もおすすめ)、子供にとってはつまらないけれどとにかく計算の練習はやったほうがいいと思います。
ちなみに私がひっそり運営しているプリントダウンロードサイトでもます計算プリントがダウンロードできますので、よろしければどうぞ~。こちらです。

 

パズル系ドリル

先日塾の講師の方から教えてもらったのですが、最近は受験でも「思考錯誤とひらめき」が必要なパズル系問題が出題されることも多いとか。

良いパズル系問題は、子供の思考力や算数力を伸ばします(サピックスから「きらめき算数脳」が出ていることからも分かると思います)。

 

(受験はともかく)個人的には文章題に慣れるより、こういったパズル系ドリルで「考える」練習をするほうが低学年のうちは大事かなと思っているくらいです。

 

特に「天才脳ドリル」の仮説思考と空間把握は、算数如何ではなく考える訓練になるいいドリル。1年生でしたらどちらも初級からでいいかと思います。

そしてSAPIXのきらめき算数脳もすごくいいです。

こちらは本当に楽しみながら取り組めるのですが、実はよくよく考えないと解けない問題ばかり。

 

最後に学校の算数と難しい算数問題を図にしてみました。私の中ではこういうイメージです。

sannsuu

どういうことかというと、学校と受験算数との間には厚い壁があって、学校で習うものと受験算数の内容が全く別物ということです。ですが小1の時点なら難しい問題に壁を越えて入っていくのは比較的簡単です。

でもそれが高学年になると、そのまま高学年の難しい問題の世界には入っていけない子が多い。(ある程度学年を下げて壁を越える必要な子が多いと思います)

だからこそ低学年のうちから難しい問題に挑戦しておくことは無駄にならないし、あとあと大きな差になるのではと思っています。

★その他おススメの難易度高め算数問題集の記事もどうぞ★


スポンサーリンク
スポンサーリンク

3 件のコメント

  • 小1の息子を持つはまねと申します。
    あっぷーさんのブログで宅習にかなりの希望をいただきました。
    わが家の息子も文字を書くのを面倒くさがり、作文も年少時代から進歩なしです。ですので、あっぷーさんのご次男さんの問題集や教材をそのままやらせてみようと考えております。
    その問題集の進め方について、ご質問させて下さい。
    ・Z会グレードアップ問題集 計算・図形と文章題の2冊
    ・百ます計算
    ・天才脳ドリル 仮説思考と空間把握の2冊
    ・ブンブンどりむ
    ・かん字教科書わーく
    こちらの7種類の問題集・教材を、例えば一日当たりで考えた場合、どの問題集をどれだけ学習させればよいか(頁数や問題の数など)や、例えばあっぷーさんのお宅では実際どんな感じで進めていらっしゃるのかモデルとして教えていただけないでしょうか?
    ちなみに息子は毎日机に向かいますが、15~20分で飽きています。まとめてやれないタイプのようです。

    今までは教科書に沿った教材であまり深く考えずに進めていたのですが、自分で計画して進めるとなると分からないことに気づきました。細かいことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

    • はまねさま 
      コメントありがとうございます。息子さん文字を書くの面倒くさがる・・・うちの次男と同じですね(笑)

      うちの次男は集中力が続かないタイプで勉強は大嫌い。
      なので例えば「グレードアップ問題集」と「百ます計算」「漢字教科書ワーク」は大嫌いです。勉強っぽさがいやなんですよね。
      ですが天才脳ドリルやブンブンどりむは「勉強っぽくない」から好き。

      そのため我が家では「勉強っぽくない 天才脳ドリル」と「勉強っぽいグレードアップ問題集」という感じで組み合わせてやらせていました。
      「勉強っぽくない きらめき算数脳」と「勉強っぽい百ます計算」を2ヶ月かけて終わらせたあとは、「天才脳ドリル」と「グレードアップ」をまた2ヶ月かけて終わらせる・・・なんていう感じです。

      毎日勉強しているわけではないですが、やるとしたら問題集2種類で30分くらいを目標にして、やらせる量は毎日変えていました。
      簡単な問題でしたらどんどんやらせて、逆に思考力が必要な問題は「今日はこの1問だけ集中して取り組もうね」って感じです。

      家庭学習を続けていくうちに、子供が計算力が弱いのか?思考力が弱い?読解力が足りないのか?暗記する科目が苦手か?その辺がわかってくると思うので、どんどん苦手なところをクローズアップさせていくといいかもしれません。
      うちもはまねさまが挙げて下さった問題集とそれ以外も結構やっていますが、次男は計算や難しい算数問題は結構得意。ですが文章を書いたり漢字を暗記したりが苦手というのが分かってきました。

      そのため今はぶんぶんどりむと教科書ワーク漢字を中心にやらせています。そこに時間がある日はきらめき算数脳やトップクラスなど、考えさせる問題を1問のみとか少なめに加えています。

      はまねさんの息子さんは15分~20分で飽きてしまうということですが、集中力は続く方だと思います。ダラダラ1時間やるよりは、集中した15分の方が絶対伸びます。

      息子さんの勉強時間の目標を30分として、また1年生という学年を考えると・・・1日一教科として算数と国語を毎日交互にやっていくのでもいいかもしれません。
      ・算数は「百ます計算とグレードアップ」「天才脳ドリル」
      ・国語はぶんぶんどりむ 中心でたまに漢字
      などなど・・・

      抽象的な説明ですみません。息子さんの苦手分野をもう少し詳しく教えていただければ、もう少し具体的に問題集をおススメできると思います♪
      お互いがんばりましょう~!

  • あっぷーさま
    コメントの返信、ありがとうございます。
    今日気が付きまして、お礼が遅れて申し訳ありません。

    得意不得意を考えてみますと…
    確かに、百ますなんて半泣きでやってたりして、タイムどころではないのです。今だに指を使って計算してますし。クイズっぽい天才脳や図形は好きなようで、今日はないの?と聞いてきます。ブンどりはマンガもちょっとあって好きみたいです。文章題は苦手ですね。漢字熟語の書き取りは、もう死んでますね…
    問題集に特徴があるので、こうしてみると得手不得手が分かり易いです!

    一日ごとで教科を分けるというのも、分かりやすく取り組みしやすい…!
    勉強っぽい、っぽくないの組み合わせも、モチベーションを持続させるのにいい方法ですね。なるほどと思うことが多くて、質問してみてよかったです。
    ついついやらせっぱなしでしたが、苦手を細かく分析して底上げしていくことが大事で、やらせる問題の選択から量も、親の采配にかかっているんですね。実践してみます。

    また、いつか英語の方面でのあっぷーさん流の考え方、お勧めの問題集、勉強の仕方などの記事が掲載されるのを楽しみにしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です