LaQ芸術祭で入賞もしていない長男がクリスタルパーツをゲットできた理由。

小3の今でもLaQやLEGOが大好きな長男。
私から見ると毎日よく飽きないなと思うのですが、やっぱり男の子は「作る系」が基本大好きなのでしょうか。

その長男が最近頑張っているのがLaQ芸術祭への応募です。

LaQ芸術祭とは誰でも応募できるLaQ作品のコンテストでジュニア部門(12歳まで)と一般部門に分かれています。
以前はこちらに応募すると参加賞として全員に参加賞がもらえたんですが、今は入賞しないと賞品がもらえません。

この賞品の中にクリスタルパーツというのがあって(クリスタルパーツというのは、市販されていない透明なLaQパーツです。)。このクリスタルパーツが欲しくて欲しくてたまらない長男。

でもLaQのHPを見てもらえれば分かると思うのですが、ジュニア部門の入賞作品のレベルの高いこと高いこと!
作品自体は大作でなくても入賞できそうですが、入賞作品はどれもアイディアが秀逸!

アイディア勝負なことは確かですが、このアイディアというのが結構難しかったりします。というかそこが凡人にはどうしても出てこない最難関。

スポンサーリンク

長男が応募した作品

これが長男が応募した作品(2か月分)
DSC_0056

IMG_20150212_182632

自分で考えたにしては上手だとは思うのですが・・・まぁ正直・・・普通ではあります(笑)

当然ながら入賞なんてできるはずもないのですが、なんとなんとなんと!!

長男、クリスタルパーツを手に入れてしまいました。

 

長男がクリスタルパーツを手に入れられた理由

入賞もしていない長男がなぜクリスタルパーツを手に入れることができたのでしょうか?それは別に何のからくりもないのですが

「応募者の中から抽選で10名に非売品レアパーツをプレゼント」というのに当選したからです。

入賞じゃなくて当選ですよ(笑)はい、ただ単に当選しただけです。もったいぶってすみません。

こちらが届いたクリアパーツ。の箱。

20150306154157

長男が大喜びしたのは言うまでもありません。

 

早速次男と取り合いをして使っています。長男が芸術祭へ応募し始めたのがそもそも「クリスタルパーツが欲しかったから」です。

ですがクリアパーツを手に入れたもののLaQ熱は全く冷めない長男。まだまだ彼のLaQ芸術祭へのチャレンジは続きそうです。

(が、このままだと入賞できないから「もう少し季節感があるものとか、誰も考え付かないものとか・・・アイディア勝負だよ」なんて適当なアドバイスをしている母でございます)


スポンサーリンク
スポンサーリンク