子どもの成績が悪くてショックを受けたのは、無意識に「子どもに期待をかけていた」からだった

Summer, Vacation

 

無意識に子どもに期待をしていたと気が付いたこと

忘れもしない長男が小学2年生の時のことです。某塾の全国テスト(というか理科実験に参加すると自動的にテストも受けなくてはならなかった)を受けて、その結果をもらいました。

息子の点数は散々。

グラフで「あなたはこのくらいの位置です」って印が付けられているのですが、その印があまりにも上位から遠すぎて、変なハナシですが私の目の前が真っ暗になってしまいました。

考えてみれば塾に通ってるわけではない。家庭学習をしているわけではない息子が高得点を取れるわけがないのです。

ではなぜショックを受けたのか?

 

それは自分が勉強であまり苦労した経験がないせいか、無意識のうちに「勉強はできて当然」と思っていたのだと思います。その期待を裏切られたからこそショックを受けたのです。

 

自分では気が付かないうちに子どもに期待をしていたのだということです。

 

「できて当然」という発想は期待の一種。息子は私から「勉強はできて当然」という期待をかけられて、何も手助けはしてもらえず、そのくせテストの点数が悪ければ母がショックを受けているという状況だったのです。

彼の中では混乱や、私に対する不信感もあったと思います。ただ意味もなく期待されることほど子どもが混乱することはありません。

 

私は子どもに期待してはいけないと分かっていたはずなのに、実はすごく長男に期待をかけてしまっていたのです。

 

スポンサーリンク

家で勉強をさせたことはなかったこと

そもそも私は家で子どもに勉強をさせたことは全くありませんでした。普通のご家庭なら小学校入学前に平仮名くらいは教えるみたいですが、私はそれもしなかったし、そればかりか子どもに読み書きを教えたりということもしませんでした。

周りのママたちがドリルなどを買って子どもにやらせていることは知っていました。

でもそれは全くの他人事。むしろ「なんでそんなことするの?」なんて思っていました。

その時私は「子どもなんて教えなくても自然とできるようになるもの」と思っていました。自分が勉強で苦労したことがなかったせいか「この子も勉強ができて当然」と思っていたんだと思います。

 

小学校に入学したあともそのスタンスは変わりませんでした。小1の勉強なんてできて当然だよね?って思っていたのでしょう。

 

あれは長男が小学校入学後の、確か2学期でした。

ある時ふと気が付いたんです。「あれ、長男のテスト…100点があまりないな」って。1年生の時にあった足し算検定(学校独自のもの)にも長男はなかなか合格できませんでした。その後の算数授業の習熟度別クラス分けでも一番上のクラスではなくて、その時はただただ驚くばかり。

そして2年生の時にお試し受験してみた○光ゼミナールのテスト。こちらも散々な結果でいよいよ現実から目を背けることができなくなったのです。

 

世の中には地頭の良い子も確かにいます。私は息子もそうだと思っていたんです。でもそれはただの親の贔屓目で、息子は決してそういった類の子ではありませんでした。

 

 

子どもに期待をしすぎない

子どもの勉強ができて当然 という思いは私の勝手な期待でした。勝手に期待をされて勝手にがっかりされたら?子どもはたまったものではありません。

子どもは子どもで精一杯やっています。それなのに親にがっかりされたら、子どもが悲しい気持ちになるのも当然。

私は何のフォローもしないくせに勉強ができて当然という期待をしていました

一番マズイパターン。今は子供に対して「あの時はごめんね」という心境でいます。でも決して時間は戻らないのです。

 

子どもに対して期待しすぎない。期待せずに子どもをサポートしてあげる。

簡単なことではありませんが、今家庭学習をするにあたって私が一番気をつけているところです。道のりは長いですが、母も子どもと共に成長することが大事。

子どもに対して真摯な気持ちでいることを今後も心がけたいと思います。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク