小学校低学年の子供を読書好きにさせる3つの方法

子供が読書好きになってくれたらいいなぁと思う親は多いですよね。

私もその一人で、それはなぜかと言うと、読書って本当に楽しいからその楽しみを子供にも知って欲しい!とか読解力がつくだろうとか理由は色々あります。
でも私の場合その理由が漠然としてたのですが、出口先生の「日本語論理トレーニング」の中で取り上げられていた文章を読んで「こりゃ、絶対読書をさせなきゃ!」って思ったので、その内容をご紹介しますね。

何かの本が元になっているのか、出口先生の文かは分かりませんが

小学校に入ったばかりの1年生が知っている言葉の数は7千語ぐらいです。ところが小学校をそつ業するとき、知っている言葉の数は、多い人で三万五千語、少ない人は一万語ぐらいと大きな差がつきます。これは会話やテレビなどからおぼえた「話し言葉」が主か、読書などを通して学んだ「書き言葉」が主かの差です。

と。これを読むと読書させなきゃと思いますよね。

 

でも子供を読書好きにさせるのは簡単なことではないのが事実。

私の友達に、毎日本を2冊必ず読み聞かせしてあげているママがいます。でもそのママの子供さん、姉は読書好きだけど妹は読書嫌い。同じように読み聞かせをしていたのになんで~と嘆いていました。

読書が好きかどうかは子供の性格にある程度関係するのも確かでしょう。

 

でも子供を読書好きにさせる可能性となる親の行動はあると思っています。

7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_s
スポンサーリンク

定期的に子供を図書館に連れていく

1週間に1度とか、2週間に1度とか、定期的に図書館へ行く(別に本を購入するのでも構いませんが、大量に購入するのは難しい場合が多いと思うので、図書館は絶対利用した方がいい!)。

そして図書館は普通に行くところ 本は身近なものと子供に思わせる。

子供の頃の経験って深く刻まれますから、小さい頃に図書館は定期的に通うところと(楽しくはなくても)子供が思えばしめたもの!

そして最近の図書館って何冊も本を借りられたりするから、とにかく本を借りて子供が目に付くところに置いておく。全部読む読まないは別として、親が子供の周りに本がある環境をまず作ってあげることが大事かなと思います。

 

生活に読書時間を組み込む

生まれたときから読書が好きな子なんていませんよね。だって字が読めないんですもん。
子供が読書の楽しさを知るのは、(読み聞かせを抜かせば)文字を覚えてそれを読むことができるようになってからです。
最初から文字がスラスラ読めるかと言えば、読めない。スラスラ読めなければ内容なんて入ってこないから、読書の楽しさなんて知る由もない。
基本子供って放っておいて読書好きになることはほぼないのではと思っています。

 

それじゃあどうしたらいいのかということですが、読書時間を生活に組み込んでしまうのはどうでしょうか?

大抵のおうちはテレビやゲームの時間を決めてますよね。それと同じように読書の時間を取るんです。

最初は読書なんて子供にとって大抵楽しくないものだから、それはそうなら最初は少しキツイかもしれないけど、毎日の習慣として読書時間を続けてみる。
スポーツだって勉強だって上手に出来るようになると楽しくなりますよね。それは読書も同じ。

 

そしてその時間はもちろん親も読書時間!

どうしても読書が嫌いな子は、テレビを消して静かな空間を作って「読書時間だよ」と言ってまずは親が読書をする。
最初は読書に何も興味を示さなくても、続けるうちに、子供もやることがなくて自然に本を手に取る可能性が高いと思います。

 

子供が読書をしていたら褒める

ちょっとズル技と言われそうですが(笑)

子供って褒められたら嬉しくてそれでどんどん成長していく。読書が楽しくて自分で本を手に取るようになるまでは、(勉強と同じで)子供はなんで本を読むのか意味が分からないんですよね。

だから子供が本を読んでいたら褒めてあげる。「読書してるなんて偉い!!」ってね。

そうすると子供に「本を読むことはいいことなんだ」とインプットされる。最初はこんな方法でいいのではないかと思います。

 

 

 

私自身は今読書が大好きで、かなり本は読んでいます。でも実は小さい頃から本が好きだったのではなくて、本好きになるあるキッカケがあったんです。

私が育った家庭はすごく厳しくて、テレビは1週間に30分(1日じゃないですよ!)ゲームは禁止なんて家でした。
お小遣いはなし、クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントは大抵本。漫画は禁止。でも家には本はたくさんありました。

親は躾も厳しくて、私にとっては何となく近づきがたい存在だったのですが、小3の時だったかな?
ある日遊ぶお友達がいなくて暇だったので、親に「暇だから図書館に行く」って言ってら、いつも厳しい親が「偉いね」って言って500円くれたんです。

お年玉も全部没収な家だったので、親が500円くれたことにびっくりしたし、滅多に子供を褒めない父だったので褒められて嬉しかった。

その時私は子供ながらに「本を読むのは500円もらえるくらいいいことなんだ」って思って、別に楽しいわけではなかったけど本をちょくちょく読むようになり、気が付いたら読書が楽しくなってハマってました。

自分単純だなぁと思うけど、子供って素直だからそんなものじゃないかなとも思います。

 

そんな経験もあって、親は子供が読書を楽しく思えるまではサポートしてあげるのが大事なのかなということ。

読書が楽しいと気が付けたら、子供は読書好きになる。それは親ではなく子供にとって大きな財産になると思います。

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク