水道方式のいいところが詰まった『算数だいすきプリント』

スポンサーリンク

算数だいすきプリント 小学1年生算数だいすきプリント 小学2年生算数だいすきプリント 小学3年生

フォーラムA企画から小学1年~小学6年のものが出版されています。

 

ドリルの水道方式って何?

著書の星野和夫氏は元教師であり、「水道方式」という算数の指導法に関する本を出版されています。

「水道方式」。知っている方は知っていると思いますが、1958年に初めて提唱された算数の指導法です。公文式の公文公氏と長年のライバルであった遠山啓氏という方が開発しました。

私は水道方式についてはあまり詳しくはありませんが、(私の理解では)水道方式を一言で言うなら「数を分量で理解し計算する」ということでしょうか。繰り上がりのある筆算などもタイルなどを使って、数を分量で捉える訓練をします。

ここ最近の文科省の指導要領でも、この「数を分量として捉える」ことが重要視されているので最近この水道方式が再び脚光を浴びてきているような感じですね。

通常学校で習う筆算は、「ここは引けないから隣から10を借りてきて…」なんていう筆算の「やり方」ですが、この水道方式では繰り上がり・繰り下がりのある足し算・引き算もまずタイルで全体像を理解します。また、水道方式の四則演算の筆算は完全に系統立っているので、子供がどこで躓いているのかを明確にできるという特徴も。

詳しくは「個別指導 数教研」をご覧下さい。こちらのページが水道方式について分かりやすく説明されていますよ~。
https://www.sukyoken.jp/

 

さんすう大好きプリントの中身は?

水道方式のドリルだけあって、図形とタイルを使った「目でも見る」計算問題が中心となっています。子供にとっては絵や図がたくさんなので、難しいことは考えずに取り組めると思います。

やはり最初の一桁の足し算から数を分量で捉えていくことはすごく大事なので、小学1年生のこちらのドリルなら、小学1年の早い時期に取り組むのがおすすめです。小学1年生のものなら幼稚園年長児にもいいと思います。

難易度については、難易度は普通で、特に難しい問題はありません。

 

水道方式と聞くとちょっと取っ掛かりにくい感じがするかもしれませんが、要は数をタイルや図で表して「子供が数をイメージするのを助けている」と思えばいいかも。

平成20年の教科書改訂時に「計算の意味や仕方を、言葉、数、式、図を用いて考え説明する活動」が重要とされ、一桁の足し算などもブロックを用いて例示するなどの提案がされています。最近学校算数で重視されている部分。そういう意味で、水道方式は現在の算数の指導法に近い面もあるので、算数が苦手な子でしたら一度手に取ってご覧になられて家庭学習の参考にしてもいいと思います。

 

算数だいすきプリント 小学1年生 算数だいすきプリント 小学1年生
星野和夫算数だいすきプリント 小学2年生 算数だいすきプリント 小学3年生 算数だいすきプリント 小学4年生 漢字練習ノート 小学1年生 (下村式 となえて書く 漢字ドリル 新版) さんすうだいすき 第1巻 どちらがおおきい?
by G-Tools

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です