小学生低学年の最高難易度問題集「最レベ」「トップクラス」「スーパーエリート」算数を徹底比較

「最レベ」「トップクラス」「スーパーエリート」徹底比較

最レベさんすう問題集小学1年―段階別トップクラス問題集算数小学3年―中学入試をめざすスーパーエリート問題集 算数 小学3年[新装版] (中学受験を目指す)

非常に似たところのある「最レベ」「トップクラス問題集」「スーパーエリート問題集」算数なので、どれを購入しようか迷われている方も多いと思います。

下記に比較表を掲載しますので購入の参考にして下さい。
最レベ」「トップクラス問題集」「スーパーエリート問題集」から当サイトの詳しいレビュー記事に飛びますのでそちらもどうぞ。

 

実際に見て頂ければ分かると思いますが、この3つは非常に似ている問題集です。

ですが、多少とは言えそれぞれに特徴がありますので、そこを選ぶポイントにしてもらえればと思います。

 

<選択する際のポイント>

ecalic036_002 解説:解説がなくても解答だけでOKという方は最レベもいいですが、解説が欲しいという方はトップクラスかスーパーエリートがいいです。最レベにも式は書かれているので、解説がなくても式を見れば分かるという方は問題なしです。下の写真は解説の「厚み」です。最レベが一番薄いのがお分かりいただけるかと思います。

kaisetu

ecalic036_002 問題量:問題量を重視するならばトップレベルが若干ですが多め。ただ問題が多めということは「字が小さい」こと。個人的には小学生低学年であれば最レベくらいの文字の大きさが子供は取り組みやすいとは思います。

ecalic036_002 別冊付録:スーパーエリートにはどんぐりキッズの絵かき算が付いています。これは個人的にすごくすごくおすすめです。詳しくはスーパーエリート問題集の紹介ページにどんぐりキッズの絵かき算についても書いているのでご覧下さい。

ecalic036_002 定番:どの問題集が定番かと言えば「最レベ」でしょう。真偽は確かではありませんが、関西では入塾テスト対策として最レベに取り組む子供たちが多いとのこと。

ecalic036_002 文字の大きさ:とは言えまだまだ小学校低学年。運筆力が低い子は、書き込む空欄が狭いとストレスになってしまいます。その場合は最レベが文字も大きく余白も広いのでおススメです。

 

一番重要!?難易度を2年生の「足し算」から考える

この3つの問題集の難易度を2年生の「足し算」を例に検討してみたいと思います。

ecalic036_002 標準問題
筆算・暗算の計算問題。
文章題は「合わせて何個?」程度の問題でどれも大きな差はなし

 

ecalic036_002ハイレベル問題
どれも似たタイプの問題ですが、最レベには「今日○ページ、明日は○ページするとして、あさっては何ページ目からになるか?」という最レベらしい問題があります。
答えがあさっては何ページ目からか?など問題にひとひねり加えてあるのが最レベの特徴。短い文章題でもきちんと読まないとケアレスミスに繋がる問題が所々あります。
スーパーエリートはここで難しい虫食い問題が出てきます(他は難しい虫食い算は最高レベル問題ででてきます)文章題の文も長く、足し算単元ではスーパーエリートが最も難しい印象。

 

ecalic036_002最高レベル問題
「最レベ」「トップレベル」共に難しい虫食い算あり。「スーパーエリート」が一番桁数の多い虫食い算。
文章題は形を変えてあるだけでどれも本質的にそこまでの差はなく難易度も同程度。
両著とも、例えば「1組の男の子は1組の女の子より○人多い、2組の男の子は1組の男の子より○人多くて○人…3組はどうでこうで、さて全員合わせて何人?」というような、図などを描かないと整理できない問題ばかり。
文章はスーパーエリートが一番長いだけにこちらもスーパーエリートが一番難易度が高いか…?

ただどれも「文章を正確に子なら理解できる子」ならば問題なく解けそうではあります。

 

ecalic036_002学校で出てこない単元(植木算)などの難易度
こちらはスーパーエリートが中学入試問題を引っ張ってきてることもりますが、難しいです。個人的にここでの難易度はスーパーエリート→トップクラス→最レベの順かなと思います。

 

以上、算数の単元で難易度を比較しました。

問題集によってクセはありますが、正直この3つの問題集に大きな難易度の差があるとは思いません。強いて言うならスーパーエリートが一番難易度は高いでしょう。

 

以上総合して私のおススメ第1位

oukan18トップレベル問題集
 理由:問題量・問題難易度・解答の解説など全てにおいてバランスが取れている

 

なんですが・・・我が家では長男はトップクラス、次男は最レベをチョイスしました。というのも、次男の運筆力が低く、小さい字を書けなかったためです。

トップクラスではまるで無理で最レベの余白でなんとかというレベルでした。結局はどこを重視するかですが、この3冊は内容的には間違いないので最終的にはどれを選んでも失敗したとはならないと思います。

 

スポンサーリンク

11 件のコメント

  • あっぷーさん、こんにちわ。今日もコメント入れさせて頂きます。
    次男は数か月前から「最レべさんすう1年」を隔日でやっていて、今は半分少し終わったところです。
    1日10分の約束で、他の日は100マスやってます。彼もゲーム、動画の時間確保が目的です(笑)。
    あっぷーさんのレビューを参考にさせて頂き、最レべとトップクラスで迷ったのですが、最終的には文字の大きさで最レべを選びました。
    (次男のためですよ。決して私が見えなくなったわけでは。。。)
    最レべ、3段階にレベル分けされているところとかいいですよね。「今日はラスボス倒すぜ!」とか言いながら取り組んでいます。
    レベルも難しいものがいい感じに含まれていると思います。ただ、意味の分からない問題が散見されるところが気になります。
    次男には問題の意味が分からないものや大人でもどっちの意味になのか答えを見ないとわからないもの、無駄にややこしくして国語の問題になっているもの、どうしてそんなことを答えさせたいの?と問題の意図がわからないもの等、私も戸惑ってしまうことがあります。
    次男は思い込みが激しく、解釈の間違いを指摘されると、途端にやる気を失うので結構困っています。
    でも、まぁここまで来てしまったし、次男は途中中断してもやり終えたい性格なので、最後までやると思いますが、次はあっぷーさんのレビューでもストレートな問題っぽいトップクラスにしようかなと考えています。それか、おススメのサイパー算数かな。

    • 孔明さま コメントありがとうございます。次男くん、最レベやられてるのですね。私も個人的にはあの字の大きさが好きです。(いや、私も自分が見えないというわけでは…笑)
      次男くん、3段階のレベル分けを楽しんでやられてるなんてすごい。でもゲームと動画確保のためってうちと同じなのでちょっと安心してしまいました~。ある意味ゲームが目的であっても、モチベーションの上げ方を学んでるって言い聞かせて不安な気持ちを抑えこんでいます…。
      最レベは確かにちょっとこういう捻りはどうかなと感じる面、ありますよね。そういう意味ではトップクラスの方がストレートな感じがしましたよ。でも最近はサイパーにハマっているので、サイパーはぜひ一度孔明さまみてみて頂いて感想など聞かせていただけたらと思います。問題集に関しても色んなレビューを知りたいなぁと思っています。

      • 小1次男が最レべ算数1年終了しました~!
        あっぷーさんのレビューから取り組みはじめて半年以上、前回コメントからちょうど半年ですね。
        この間には紆余曲折、私は思いっ切り振り回されっぱなしでしたが、ようやく終わりました。
        それにしても最後に集合と和差算って・・・
        ここを通過するために何度泣いたり叫んだり喚いたりしたことか・・・
        なだめてほめておだてて、ようやくたどり着きました。
        やっぱ最レベはオニですね(笑)
        すみません。この小さな喜びを誰かに伝えたくて、あっぷーさんに頼ってしまいました。
        次はやりかけのスーパーエリートかな?グレードアップ2年計算かな?
        やりかけ問題集がいくつかあるので、次男に選ばせてまた終わらせたいと思います。

        • 孔明さま コメントありがとうございます。
          最レベ1年生終了お疲れさまです。孔明さまは大先輩なので、、、最レベどうでしたか?
          感想をぜひお聞きしたいです。最レベは「オニ」(笑)分かるような気がします。
          そんな鬼っぷりも含めてわたしは今でも最レベ1年生結構好きです。

          勉強は、次は何をさせようかを考えるのもまた楽しいですよね。次男君が何を選ぶのか?ぜひ教えてください♪

  • いつも参考にさせて頂いております。
    最後の総合1位はトップレベルでなくトップクラスで合っていますでしょうか?

    個人的には、トップクラス徹底理解編より難易度の上がるぐらいの位置づけのトップクラスとの
    比較も期待してしまいます。

    これからも更新を楽しみにしております。

    • ジュンさま コメントありがとうございます。
      分かりにくい表現ですみません(;^_^A 総合一位はトップクラスなんですが、実はどれも甲乙つけがたく・・・。
      最レベは文字の大きさが好きだし、良問揃い。ただ解説が・・・。トップクラスは文字が小さめなので、幼い子には向いていないかも。トップレベルは難易度高く、また付録など違った良さがあります。
      個人的にはどれを選んでも正解かな~と思っています。
      3冊とも大好きな問題集です♪

    • 追記です。トップクラス問題集ですが、徹底的理解編との比較記事発見しました!
      すみませんでした!

  • はじめまして。半年ほど前から小学2年生の子供の家庭学習の参考にさせて頂いております。
    問題集選びについてご意見頂きたく、コメント致します。
    いまのところ、グレードアップの2年生の算数と国語、先取り理科社会にスタサプ4年生の基礎(国語、理科、社会)を中心にすすめております。いずれ、国語、理科、社会は応用編に移行、算数の基礎を開始予定です。
    スタサプのみでは飽きてしまうので、問題集も併用しており、グレードアップの終わりが見えて来たので、次を検討中なのです。次はやはりグレードアップの3年生でしょうか。中学受験を見据えるなら、トップクラスの2年生もしくは3年生でしょうか。ニュースが好きなので、今解きも試したいのですが、レベル的に難しそうで悩んでおります。
    アドバイス頂ければ幸いです。

    • ひよままさま コメントありがとうございます。
      小2の家庭学習ママさま♪♪ 参考にして下さっているなんて嬉しいです!!
      中学受験をお考えとのこと。それでしたら・・・私だったらですがグレードアップ3年に進むのではなく、「はなまるリトル2年算数」(これは1カ月くらいで終わると思います)からの「最レベ2年」がおススメです。
      並行して「算数ラボ」と何らかの計算問題集はやっておいて損はないかと。この辺りが問題なく進めていけるくらいだと、全統テストでもかなりいい点数が取れるはずです。
      3年生になったら、サイパーの和差算はやっておくべきです♪(線分図は完全にマスターするという意味で、難易度は高くないですが今サイパー2等をやっておいてもいいかも)

      今解は2年生だとちょっと難易度高いかなぁと思います。それでしたら「朝小新聞」で、読む箇所を選ぶという方式もいいかもしれません。

      社会は、遊びながらでいいと思いますが県名や、県の形。県庁所在地を覚えておくとあとあと楽です。サピックスの日本地図カードはいいですよ~。

  • あっぷー様
    お忙しい中、ご丁寧にご回答ありがとうございます。
    問題集の好き嫌いも明確な子なので、上手くオススメのはなまるリトルと最レベに誘導していきたいと思います。
    全統小の成績(65>国語>60>算数)からも、明らかに算数の方が苦手なので、しっかり進めていきたいと思います。

    理科社会は、幸い好きなようで学習漫画や子供新聞等は積極的に読んでくれるので、折を見てカルタも取り入れていきたいと思います。

    • ひよままさま 返信ありがとうございます。
      全統テストもう受けてられたのですね、失礼いたしました。そしてすごい成績です~!!
      算数がそれだけあれば、最レベにいっちゃっていいような気がします♪ でもはなまるリトルの方が「面白い」かも。
      あとは書き忘れましたが、四谷大塚の小学生低学年向けの通信教育もいいかもしれませんよ~♪♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です