3年生のものは見つけたら即買いすべし!『四谷大塚 漢字の学習』

受験用テキストの鉄板、四谷大塚の「予習シリーズ」。その中で今は四谷大塚ウェブでも販売されていない「漢字の学習」という漢字ドリルを知人から譲っていただいたのですが、これが非常に良かったのでレビューさせてもらいます。

四谷大塚 予習シリーズ準拠「漢字の学習」とは

「漢字の学習」というのは四谷大塚から出ていた教材の1つです。現在は、<漢字の学習>と<ことばに関する問題>が1つになった「漢字とことば」という教材が発売されており「漢字の学習」はもう販売されていないようです(アマゾンでは中古を購入することができます)。

ただ四谷大塚ドットコムで紙面見本を見た限り、漢字の項は同じ内容のようでしたので「漢字とことば」の購入を検討されている方もぜひ参考にして下さい。

四谷大塚 予習シリーズ準拠 漢字の学習 4年上

 

スポンサーリンク

四谷大塚の予習シリーズとは?

四谷大塚の予習シリーズについて書いておくと、予習シリーズは四谷大塚のメイン教材です。

四谷大塚の長い歴史の中で何度も改訂が重ねられていて、四谷大塚だけではなく他の塾でも使われているなど昔から定評があるシリーズです。

元々予習シリーズは「親が子供に四谷大塚の試験準備のために勉強を教える」目的で出版されたので説明や解説が詳しいのが特徴の問題集です。

3年生もジュニア予習シリーズというものがありますが、予習シリーズという名称になるのは4年生。
ちなみに4年生は以下のようなラインナップになっています。

yotuya

が!!!4年生からの「漢字とことば」は四谷大塚ウェブで購入することができますが、3年生の「漢字の学習」は四谷大塚ウェブで購入できないようです。(1・2年生のものは最初から出版されていません)

そのため3年生のものを購入するとなると、アマゾンなどで中古を探すしかありませんそのため見つけたら即買いをおススメします。

内容は間違いなくいいので購入をためらう必要はないです!

 

「漢字の学習」の中身は

まずこの「漢字の学習」で良いのがテキストの大きさ。小さいサイズの漢字教材が多い中でA4サイズは珍しいですよね。

漢字ってきちんと書くことも大事なのに、小さいサイズで分厚くて開きにくいと、本が浮いてしまうのできちんと書けません。こちらの教材はA4サイズと大きいうえに、紙が柔らかくて開いたまま安定します。小さいことですが、漢字のドリルとしてはすごく重要。

kannzi

 

構成は1つの漢字につき1ページとなっています。

1ページ(1つの漢字)の中に「読み方・画数・部首・書き順・成り立ち・練習する空欄のマス・なりたち(形声)・用例・練習問題」が掲載されています。

そして漢字約30字につき一回復習問題があります。(こちらで紙面見本が見られますので購入を検討されている方はどうぞ。)

なりたち・用例が書かれている漢字ドリルはなかなかありません。用例も分かりやすくまっていて、例えば「持」という漢字は以下のような用例が掲載されています。

用例

①手の中にものをおさめること

・所持(ものをもっていること)などなど

②もちこたえる。たもつ

・持久(長い間ずっともちこたえること)

③引き受ける

・受け持つ(自分の仕事として引き受けること)

 

そんな濃い内容が1つの漢字につき1ページにまとめられているため、ちょっとした漢字辞書としても使えそうです。

また1つ1つの漢字に「象形文字・指示文字・会意文字・形声文字」のどれにあたるか、またそのなりたちの説明があります。これはすごくいいと思いました。

4年生の漢字ということもあり形声文字が多いですが、形声文字として漢字を覚えると漢字が意味のある言葉であることをとてもよく理解できますし暗記しやすし漢字の応用力がグンとアップします。

形声文字は、たくさんあって、漢字のほとんどがこれにあたります。「意味」を表す部分と「音」を表す部分が合わせてできた漢字です。

「シ(さんずい)+音符 工」→江や、「シ(さんずい)+音符 可」→河のように、片側に発音を表す音符(つまり意味を表す言葉)を含み、他方にそれが何の事態に関係するかを示す偏をそえたものです。漢字全体の七~八割はこれに属します。

 

つまり形声文字で漢字を1つ1つ捉えていくと、習ってない漢字でも意味と読みがなんとなく掴めるようになるということ。

やはりさすが四谷大塚といった内容のこの「漢字の学習」。「漢字とことば」も4年生~の出版なのですが、ぜひとも1年生のものから出版して欲しい!

「漢字とことば」は上下各1,800円とお高めですが、内容は非常に良いので漢字が得意な3年生以下の子の予習教材としてもおすすめです。

注文は「四谷大塚ドットコム」からどうぞ。ただこの漢字の学習は四谷大塚ドットコムでも購入できないので、アマゾンの中古やオークションで探す必要ありです。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク