[がんばる舎エース]実際の教材をレビュー

がんばる舎エースの概要については[がんばる舎エース]価格重視ならここがおすすめをご覧下さい。

レビューするのはこちら
ace2

3年生の教材です。

こちらが1ヶ月分の中身。冊子が2冊で、問題編と解答編。
aceace3ace4
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、教材はホッチキス止め。安っぽい!と思ってしまいますが、これが意外と開きやすくて書きやすいので良いです。

 

がんばる舎エース 3年生の内容

国語

まずは国語です。

がんばる舎エースは教科書準拠で、子供が使用している教科書の内容に沿ったプリントが送られてきます。テキストの内容と特徴としては以下の通りです。

①教科書の内容に沿った問題で、中には「教科書○○ページを読んで答えなさい」という問題もあり。
力をつけよう 問題というものがあり、これは教科書関係なしの共通問題。言葉の使い方の問題及び文章題。
かきとり問題は教科書に沿ったもの
練習問題は共通問題
以上12ページ

<難易度>力をつけよう問題・練習問題含めて難易度は普通。教科書レベルです。

 

算数

算数は「教科書の単元内容の簡単な説明。その下に練習問題」という形式で全15ページありました。

<難易度>教科書に沿った問題で難易度は普通です。

 

その他「なぜなにプリント」「英語」

この二つは国語と算数の裏面に掲載されています。3年生のものはなぜなにプリントが3P、英語が6Pでした。

なぜなにプリントは「カンガルーのおなかにはなぜふくろがあるのか」など子供の興味を引くお話が1ページ毎に1つの計3つあります。

英語はアルファベットの大文字小文字の書き方や簡単な英文の説明と簡単な問題がありました。

 

解答

さて次に解答ですが、解答は「問題編に赤文字で答えと解説が書き込まれたもの」となっています。赤ペン先生の解答用紙のイメージに近いかな?

問題編に対応しているので、子供が問題編と照らし合わせながら自分で丸つけができそうでポイントが高いです。

 

まとめ

最安値ということもあり、教材がすごくシンプル。
他社のものようにゴチャゴチャ入ってないので、子供が自分で開封して自分で取り組んで、自分で丸つけ!というのも十分に可能そう。

最初ホッチキス止めの冊子?を見た時は「えぇえ?」って感じもしましたが、月800円(送料込み)で40P近い問題と同じ分量の解答だと思えば納得ですし、子供にとっては開きやすく書き込みやすいので逆にいいかもしれません。

がんばる舎エースの全体イメージとしては毎月子供が今現在学校で習っている部分のドリルを送ってきてくれるという感じ。

コストパフォーマンス良しで予習・復習両方に使えるけど、子供を引き付ける仕掛けは少なめです。

教科書準拠のドリルを探して購入しているご家庭におすすめです。

1ページ毎の問題量も決して多すぎないので、毎日1ページずつ(1日20分)なら勉強嫌いの子でも続けられそう!

 

ちなみに…4月に理科・社会・生活科などの教材がまとめて来る学年があるので、その学年は(退会を考えているなら)5月以降の方がお得なようですよ~。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です