【ママのためのEVERNOTE活用術】子供の描いた絵を音声と共に保存するのはどう?絶対に貴重な思い出になる!

前回の「捨てるの待って!子供のテストは財産。捨てる前に全部EVERNOTEに入れちゃおう」が好評だったので、今回は「子供の描いた絵を保存する」にフォーカスして、その方法とより思い出に残る保存方法のヒントを一緒にご紹介します。

 

子供が描いた絵はどうしてる!?

みなさんは子供が描いた絵をどうしていますか? 全部取っておいていますか? 上手なものだけ取って置いていますか?それとも全部捨てていますか?

子供ってやたらと絵をたくさん描く時期がありますよね。子供によってその時期は違うかもしれませんが、ウチの子は年少さんくらいから絵を描くのが大好きで、家でも幼稚園でも本当にたくさんの絵を描きました。

私は子供が描いた絵の中でも「上手だな」って思ったものには裏に日付けを記入して保存してあります。

 

でも親にしたら全部の絵に「こんなに上手な絵が描けるようになったの~~!」という驚きと楽しみや愛着があるもの。できれば全部捨てたくないけれど、大量すぎて取っておけない。

 

そんな時はやっぱりEVERNOTEの出番!

 

スポンサーリンク

EVERNOTEで子供の絵を保存するメリット

  • 場所を取ることなく、たくさんの「絵の写真」を保存しておくことができるし、いつでもどこでも見返すことができる。
  •  「絵の写真」と共に日付やコメント・音声までも一緒に保存できる。(あとあと見返すのがより楽しくなる)
  •  子供が描いた絵の順番にノートを並べることもできるので、上達が一目瞭然

やはりEVERNOTEのいいところは、どんなに大量にでも場所を取らずに保存できること。

そしてママたちにとって重要なメリット「日付やコメント、その時の子供の音声までも一緒に保存することで、思い出をより輝かせることができる」こと。

前記事ではノートの作成方法は簡単に説明したので、今回はそこは省略してよりいい方法で子供の絵を保存する方法を説明していきたいと思います。

 

「子供の絵」はドキュメントカメラで撮影?それともカメラ?

EVERNOTEのカメラ機能には以下のものがあります。

・ドキュメントカメラ(スキャナー機能)
・カメラ(一般的なカメラ撮影)
・ポストイット(手描きやメモ書きの撮影・保存)
・名刺(名刺を撮影して自動的に名前や連絡先を読み取る)

子供の描いた絵を保存するのにはどれが一番最適か、実際に撮影して比べてみました。撮影したのはコレです。

 

DSC_0168

A3のクレヨンで薄い青画用紙に書かれた絵

 

それでは見ていきましょう。以下は最初のスキャナー(自宅のインクジェットプリンター使用)以外、同じ場所で同時刻に撮影したものです。

scanndocumentcameraostit

スキャナー:自宅のインクジェットプリンターのスキャナー機能を使用。A4までしかスキャンできないため絵が半分しか保存されていない。しかし色味などはキレイに出ている。

ドキュメントカメラ:EVERNOTEのスキャン機能カメラ。主に文書を撮影するのに適しているだけあり、白黒の強弱が大きくなってしまう。色が正確に出ていない。

カメラ:EVERNOTEのカメラ機能。撮影後トリミング実施。色はまぁまぁキレイだが撮影方法が悪いと影が映りこんだりしてしまったり、光の加減で色が影響を受けやすい。この画像では画用紙の色味が実際のものより若干濃い。

ポストイット:意外だったのが、ポストイット機能で撮影したものが一番実物に近く撮影できたこと。トリミングせずとも四角で保存してくれるし、影が入らず色が鮮やかに撮影されている。

 

個人的にはポストイットでの撮影が意外と良くて気に入りましたが、元々そこまで大きい紙を撮影することが想定されていないため、結構高くから撮影しないと絵が全部入りきらないという難点があります。

そもそもこのポストイット撮影機能は対応するポストイットが発売されており、それを撮影保存するための機能。発売されているポストイットの色がブルー・イエロー・ライム・ローズ。

今回撮影した子供の絵の画用紙の色が薄いブルーだったのでキレイに保存されたのかなとも思い、他にも撮影してみました。それが以下
IMG_20150528_152847IMG_20150528_153040

とこのようにポストイットでも問題なく撮影できますが、撮影は好みの方法で良いかと思います。

 

子供の絵を保存するときのおススメテクニック

point8_7s題名に子供の年齢もしくは日付けを入れよう

実際に子供の絵を保存するときにおススメなのは、題名に子供が絵を描いた時の年齢を入れることです。
EVERNOTEは自動でノートを作成した日時も記録してくれますが、それだと一覧にしたときに時間軸が分かりにくいし、パッと見た時にいつ子供が描いたものかがわかりにくい。

子供の絵って「いつ描いたものか」って結構大事なので、あとあとのために年齢は入れておいたほうがいいと思います。もちろん「日付」でもOK

 

point8_7s子供がその絵を描いた時の状況も一緒に入れてみよう。なんと子供の音声だって一緒に保存できる!!

saigo これが私なりの完成形です。

① 題名

② 音声ファイル。この絵を描いた時の気持ちなんかを子供に話してもらい録音したもの。添付マーク→音声録音で絵と一緒に保存できます。

③ 絵に対する解説

としてみました。

 

 

そしてプラスアルファとなりますが、子供の絵は子供の絵でノートブックを作成したり、タグを付けておくとあとあと探しやすいです。

 

ぜひ試してみて欲しい「子供の音声を一緒に保存する」テクニック

私の一押しがこの「音声も一緒に保存する」ことです。EVERNOTEはなんとノートに音声も添付できるんです!!

やり方も簡単です。

ノートに音声を添付する

12dsd313ede34

 

私のものはandroid携帯のEVERNOTEですが、どの携帯でも手順はだいたい同じ(編集ボタン→音声録音ボタン→OKボタン)だと思うので参考にして下さい。またEVERNOTEの使用方法のページはすごくたくさんあるので、詳しいページも参照してみて下さい。

こうして子供の絵を1つの「ノート」として保存しておくと、ただ絵を撮影して保存するよりも臨場感溢れる思い出として残せます。

量が増えるとついつい押入れの奥に追いやられたり、ゴミ箱いきとなってしまう子供の絵ですが、ゴミ箱に捨てる前にEVERNOTEに保存してみたらどうでしょうか!?

ipadやパソコンでもEVERNOTEはありますので、子供と一緒に「この絵覚えてる?この絵を描いたとき、こんなコト言ってたんだよー」なんて音声を聞きながら思い出を振り返ってみるのも親子のいいコミュニケーションになると思いますよ。

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です