長男(小3)が、家庭学習のみで全国統一小学生テストで算数偏差値65超えを実現するために使用した問題集

スポンサーリンク

長男が最レベ算数・トップクラス算数をほぼ全問正解できるようになるまでの4ヶ月の記録。

私が長男と一緒に本格的な家庭学習を始めたのが今年の2月の初めのことです。

 

その時から「最レベとかトップクラス問題集の最高レベル問題は解けるようにさせたい」とは思っていましたが、1月の時点ではそんなことは夢のまた夢といった状況でした。

 

当初長男は学校の勉強はソコソコできるものの、決して優等生というわけではありませんでした。

成績表も「がんばりましょう」に丸がつけられている項目がありましたし、習熟度別クラスわけ(公立小学校です)でも一番上のクラスではありませんでした。

 

その頃長男が「算数苦手だからきらいだな~」と言うことがありました。

 

今算数に苦手意識を持ってしまうと今後挽回するのが難しいと思い、本格的な家庭学習を始めることにしたのです。

 

とは言え我が家の場合は家庭学習をする時間の確保が大変でした。

 

長男は地域の少年スポーツに所属している(週に約3日は練習。もう1日は別のスポーツの習い事をしています)ので、なかなか疲れていて勉強ができる日が少ないのです。

スポーツがある日は帰宅も遅いので、帰宅後に勉強をするのは難しい。

 

そのため朝早く起きられた時疲れてなさそうな平日夜などを選んで週に3日、1時間くらい勉強するという感じで始めました。

 

勉強量としてはかなり少ないです。

 

勉強量としては少ないことがわかっていたので、どの問題集を使ってどれだけ効率的に勉強を進めるかを重要視して勉強させました。

 

効率的に勉強を進めるには、まず問題集選びが重要です。

教科書準拠のドリルをいくらやらせても長男の成績がアップすることはなかったと思います。

 

目的によっての問題集の選択が重要なのです。

 

我が家は「学校の算数の成績をアップさせることで、算数に対する得意意識を持つ」という目的でスタート。

 

そのため使ったのが以下で紹介する問題集でした。

 

【2月】Z会グレードアップ問題集を重点的にやる

グレードアップ問題集小学2年算数 文章題グレードアップ問題集小学2年算数 計算・図形

これくらいは解けるだろうと思いまずやらせたのが「はなまるリトル算数2年」でしたが、標準問題は解けるものの発展問題になると全く理解できていない様子でしたので、すぐに「はなまるリトル」は中止とし「Z会グレードアップ問題2年」を始めました。

グレードアップ問題集内のグッジョブマークを特に重要視して、ちょっとでも解く時に迷ったりしていれば私がグッジョブマーク問題の類似問題を作ってやらせるというのを繰り返ました。

Z会グレードアップ問題集は、標準問題の中にポツンポツンと発展問題が含まれているというタイプの問題集。

そのため標準問題しか正解できなくとも、全体としては正解が多いということになるので、子供も自信喪失することなく取り組めた様子でこの問題集を選んで正解だったと思っています。

2月は「天才脳ドリルの仮説思考中級」も同時進行で取り組みました。

 

【3月】「はなまるリトル」が以前よりスムーズに解けるようになる

はなまるリトル2年生算数

グレードアップ問題集を終えて改めて「はなまるリトル」を再開しました。

1月に取り組んだ時よりもはなまるリトルの正答率が断然アップ。

 

この時から文章題を解く時は「必ず図も書く」という決まりを導入し、テープ図などを書く練習を一緒にしながら進めていきました。(最レベやトップクラス問題集の文章題は、文章が複雑なので図にしないと理解しにくいです。逆にテープ図をきちんと書ければちゃんと解けます)

2月の半ばくらいに「天才脳ドリルの仮説思考中級」が終了。

天才脳ドリルは1問1問に時間をかけてやったせいか(というより試行錯誤しないと解けないので、家族全員で楽しみながら取り組んだという感じ)長くかかってしまいましたが、はなまるリトル問題集をやっているとふと「天才脳ドリルよりは簡単かも」との発言もあり、少しずつですが算数の問題を「考える」習慣がついてきたのかなと感じました。

 

【4月】最レベ算数を学年を落として取り組む

最レベ算数問題集小学2年―段階別

いよいよ「最レベ算数2年」に突入。

この時長男は小3になっていたので、学年を落としてやらせたことになります。

 

最レベ算数2年のハイクラス問題はかなり難易度が高いので、学年を1つ落としても最初は苦戦すると思います。

長男は最レベ算数の標準問題は難なく解いていたので、標準問題は抜かしてハイレベル問題のみをやらせることとしました。

最初の単元は足し算などと一年の復習的要素もあったため、だいたい解けていましたが、この時は正解できているかよりも「図を書く」ことを最重要課題としその練習に徹しました。

文章題は解けるのにテープ図は書けない

最初はそういう状況で「問題は合ってなくてもいい!まずテープ図を書いて、そのテープ図から式を作ってみて。この図のどことどこを足すとかを指で示して口で式を説明してね。」という練習を毎日(って毎日は勉強してないんだった。週に3日くらい)していました。

 

テープ図は算数が得意ではない子にとっては魔法のツール。

 

難しい文章題を整理することができるので、普通に考えても解けない問題がテープ図を書くことですんなり解けたりします。

 

そうやっているうちに10000までの数(教科書単元)までのハイレベル問題は特に考えることなく普通に解けるようになっていました。

ただその過程がスムーズだったわけではなく、長男が勉強をやりたくないとダダをこねたり、どうしてもテープ図を書いてくれなかったり。

それに対して私も怒って応戦したりと決して平坦な道でなかったことは確かです。

長男が問題の解き方を分からず説明する時。私も問題を理解していないと、長男がどの部分で躓いているのかがわかりません。

そのため私も解答は全く見ずに、自分で解いて採点するなどの工夫をしました。

 

並行してトップクラス問題集2年のハイレベル問題にも取り組み、難しい問題に慣れさせていきました。
23333
息子の最レベ問題集の1ページ(著作権のこともあるため一部モザイクをかけています)

 

【4月】植木算で躓く

トップクラス問題集算数小学2年―中学入試をめざす

4月になり最レベ算数で植木算が登場。

 

植木算以降は、今までの単元よりもぐっと難しくなります。

そもそも学校では植木算なんてまだ習っていませんし、状況理解が難しい問題です(だからこそ図を書いたりすることが重要)。

 

ゆっくり図を書かせて考えさせれば解けるのですが、その図を書くのも植木算になってぐっと難しくなりました。

 

(「植木算なんて1を引いてとか解き方を覚えさせればいいじゃないか」と思う方もいらっしゃると思いますが、個人的に小手先テクニックよりも、どんな問題にでも通じる思考力を身に付けて欲しいと思っていたので、敢えて「木の本数より1つ少ない数字を~」とは教えてません)

 

ここで再び反復練習。

最レベ&トップクラスの植木算問題を繰り返しやらせる、且つ私も植木算の問題を自作して慣れていかせました。

 

この時期に植木算をやらせることについては、「図を書く」ことや「ただ数をあてはめて式を作ればいいのではない」ことや「じっくり考える」ことの練習になったので意味があったと思っています。

 

【5月】トップクラス問題集のハイレベル問題を最初からやる

5月。

長男は既に小3なわけですが、取り組んでいるのは小2の「最レベ」と「トップクラス問題集」

5月からは最レベとトップクラス問題集の最高レベル問題のみをらやらせました。

ここまでくると難しい問題にも慣れてきていたのか「どうやったら解けるかわからない!」ということは皆無でほぼ満点(ただ計算ミスは結構あり)でできるようになっていました。

最高レベル問題をほぼ問題なく解けるまでにちょうど4ヶ月かかったということです。

長男は算数が苦手なので、もう少し時間がかかるかなと思っていましたが、予想以上に早く到達できたというのが正直な感想です。

 

 

なぜ4ヶ月で難易度の高い問題が解けるようになったのか?

ecalic036_002 「本人の実力よりほんの少し難しい問題集」にチャレンジさせ、すこしずつグレードアップさせていった。

ecalic036_002 難しい問題は図を書かせて、文脈の整理及び読解力向上を目指した。

ecalic036_002 子供の理解度を確認するために、解答を見ずに私も問題を実際に解いた。それにより子供が理解できていない箇所を明確にでき的確に教えることができた。

 

私が意識したのはこの3点。

この4ヶ月という日数が早いのか遅いのかは分かりませんが、家庭学習でも子供が難易度の難しい問題を解けるようになることを実感しました。

最レベ問題集に取り組み始めた辺りから、長男が「学校の算数って簡単でつまらない」と言うこともあり、算数の面白さに多少は気が付いたかなとも思いました。

この「学校の算数が簡単」だと思うのは算数の好循環に乗った証拠。

学校の算数が簡単だと思う→当然テストもできる→テストができれば算数が得意だと本人が思う→算数が好きになる→もっと算数をやりたい…
こんな流れでしょうか?ぜひ長男もこの波に乗ったまま過ごして欲しいなと思っています。

 

そして6月の四谷大塚 全国小学生統一テスト。

長男が1年前に栄光ゼミナールの全国テストを受けたときはごくごく平均点(基礎点しか取れず)でしたが、全国小学生統一テストでは算数偏差値が65を超えました。
(それも裏の解答欄に気が付かなかったため、全問は取り組んでない状況でです)

http://m4688.com/2015/06/15/post-2625/

 

長男にとっても私にとっても大変な4ヶ月ではありましたが、家庭学習だけでも成績アップを充分狙える!ということが分かりました。

今後はどう家庭学習に取り組んでいくか? まだまだ試行錯誤しながらですが、引き続きお金をかけずに効果をあげる作戦を遂行していきたいと思います!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • はじめまして。

    小1(3月生まれ)でマイペースな娘と年少でお調子者の息子がいます。
    私も将来にかかる教育費を考え、低学年のうちくらいは自宅学習でという考えを持っています。
    娘は幼稚園時代にたまたま出来る子に囲まれていたせいか、最初から「どうせやってもできないし」と諦めモードな子で、それを解消したく学研教室に通わせています。
    年少からの長~いプリント完全拒否の時期を経て、今は基礎の徹底に力を入れていて、「自分もできるかも♪」と娘が変わってきている…そんな状態です(学研は痛い出費ですが、子供の精神面フォローのための必要経費って感じです)。

    私自身、大学時代に塾講師等していたのもあり、ご近所のお子さんを2~6年生まで10名にも満たないのですが、寺子屋のような形で国語と算数を教えています。
    2学年戻っても怪しい子もいれば、学校の成績は問題なく少し先取りしている子もいるので、教材チェックは欠かせません。
    私は中学受験を経験し、国立中・高・大(裕福ではなかったので私立という選択肢はなしでした)と進んだのですが、中受へ向けての勉強が学校のそれとは大きく違うことを知っているだけに、わが子が受験するかは別として、思考力や論理力を付けるための学習をさせたいです。

    娘にもう少し難しいのにもチャレンジさせたいと考えていた時に、こちらのブログを発見しました。
    事前にチェックし購入していた教材が、appuuchanさん(HNがわからなかったのでTwitterアカウントで失礼します)のおすすめ教材とかぶること!
    国語も算数も、さらにはパズル系まで、かなり視点や感想が近く、なんだかとっても嬉しくなって記事を一気に読みました。

    息子さんたちの算数の力をどのようなステップで上げていったか、とても参考になります。
    娘はまだ基礎どまりですが、早めに手を打ったことで「算数が好き!」と言っているので、「チャンスだ!」と「Z会グレードアップ問題集1年」に手を付け始めたところです。
    ちょっと考えればすぐわかるので、娘も楽しそうです。

    今、漢字がとても苦手な3年生(勉強しても勉強してもすり抜けてしまう)を教えていて、面白い教材にも出会ったのですが、教科書準拠ではないんですよね~。
    なかなか希望に合う漢字ドリルってないです。我が家にも教え子のために買った漢字ドリルがたくさん…。
    漢字ドリルや算数ドリルの作成のお手伝いができるかしらと思ったのですが、残念ながら私にPCスキルがないのでお力になれない気がします。
    もし、何かできることがあれば、お声かけいただければと思います。

    これからも、2人の息子さんとの学習の記録や各種情報を楽しみに読ませていただきますね。

    • しーままりんさま
      コメントありがとうございます。寺子屋のような形で子供たちに勉強を教えていらっしゃるなんて、すごいです。
      私もいつかはそういった感じで自宅で勉強を教えたいな~と夢見ています。

      そして何より嬉しかったのが、しーままりんさまが良いなと思われていた問題集と当ブログのおススメ問題集がかぶっているってことです。

      このブログに掲載していないもので、何かおススメの問題集がありましたらぜひ教えてください。そしてその漢字の面白い教材にもかなり興味があります!差し支えなければ教えてもらえれば嬉しいです。私はとりあえず問題集見るのも大好きなので、みてみたいです~。

      そして娘さんの勉強取り組み状況が、私が当時は気が付かなかった感じの流れで尊敬です。
      うちはおうち勉強を始めたのが1年ほど前なのですが、もっと低学年の時に計算などの基礎を徹底的にやらせておけばよかったと後悔しています。それこそ公文か学研かそろばんなんかをやらせておけばよかったな~と。
      やはり基礎の計算なんかは思考力アップのためにも絶対に必要なものですよね。

      今後もマイペースに更新予定なのでたまに覗きにきてくださると嬉しいです。

      • あっぷーさま
        早速のお返事、ありがとうございます。

        面白い漢字の教材というのは、「通常の学級でやさしい学び支援3巻 読み書きが苦手な子どもへの支援ワーク 1~3年編」(1944円)です。
        いいお値段するので、お近くでしたらお貸しできるのにって思います。
        書き順などは無視なのですが、ワークというより漢字クイズっぽいのです。
        パーツを組み合わせて漢字を作ろう!とか、とっつきやすいんですね。
        1年の漢字にはイラストが付いているので、どういう意味の時にどの漢字を使うべきかが把握できるようになっています。
        ただ、私の生徒(特別漢字が苦手な3年生)はこれもダメで…。
        支援とついていますが、いわゆる漢字ドリルが好きでない子に興味を持たせるのに良い教材だと思います。
        漢字が好きな娘にも、1年の漢字が一通り書けるようになったら、させたいと思っているんですよ。

        漢字練習するには、同じ漢字を一度に何度も書かせるよりも、複数の文字をA→B→C→A→B→C…というように巡回するように練習すると、定着しやすいと聞きます。
        また送り仮名や用例と一緒に書くのも大事なようですね。

        書きが弱い子で、練習しても覚えられない場合、視写そのものが弱いことがあります。
        漢字の形を曖昧にしかとらえられなければ正しく書けないわけで。
        線が2本のところ1本になったり(例:目→日)、交わるところ・離れるところが曖昧だったりというのは、空間認知が弱いのではないかと思い、その3年生にはビジョントレーニングを取り入れてみたりもしています。
        生協で売っていた「1日7分 勉強も運動も得意になる子どもの『ビジョントレーニング』」(1080円)を使っています。
        手さぐりの状態が続いているのですが、少しでもプラスになるようならとトライしているところです。

        現在、この生徒には、書きの学習効率があまりに悪いので、いろいろ試した結果、今は読みに重点を置いています。
        算数の設問が読めないという壁まで出てきてしまったので…。
        読めないというのは知識の習得において大きな障壁となってしまうので、ここからしばらくが正念場ですね。

        漢字ではなく国語の教材としては、あまり比較検討できていないのですが、4年以上の生徒で学校の国語で問題がない子には「ハイクラスドリル120回 国語」を、1学年下から解かせています。(低学年には、当該学年の「日本語論理トレーニング」の基礎と習熟を使用。)
        いろいろな文章タイプの問題がそれなりの数あってコスパがいいのと、標準問題と上級問題がバランスよく用意されているので採用しています。
        とっつきやすい教材としては、無学年教材の「成長する思考力」もいいかなと。
        サクサク進むので国語があまり好きでない子も取り組んでくれます。
        1冊が薄い割にいいお値段で、かつ一般書店で扱いがないため送料もかかるので、気軽に入手できないのが残念です。
        私は、中学に入っても教えてほしいと生徒に言われているので、一括購入しました。

        一方で、低学年の教材でこれはいい!と思っていた「論理エンジン」ですが、5年のものを使用した時に、読解の対象となる文章を何部かに区切って設問に答えていく形式が、返って生徒の混乱を招く箇所がありました。
        これは解説する側も困ったので、論理エンジンは高学年には使っていません。
        代わりにハイクラスドリルを解かせた後に、文章をいくつかに分けて詳細にわたって解説するようにしています。

        これも高学年の生徒についてなのですが、学校の国語の成績が良くても、ちょっとレベルの高い問題は、語彙の面で追いつかなかったり、長文の中で重要箇所を把握できなかったりという場面によく出会います。
        ハイクラスドリルをやっていても、思ったように力となってついてこない、伸びが鈍いと感じることも少なくなく。
        さらには、文章を書くということができない!

        それで、高校受験を見据えて二学期から長期計画で取り組む予定なのが、ふくしま式の問題集です。
        一般の問題集とは違い、教える側の力量が問われる問題集と思っています。
        読解ではなく、正しい国語を身に付けるための問題集とでも言いますか。
        それを踏まえて読解へとつなげたい考えです。
        賛否両論あるふくしま式ですが、型を習得することで誰もが文章を正しく読み書きできるようになるというのは、子供に真の実力をつけてあげたいと願うものとしては大きな光に思え、現状打破のために挑戦することにしました。
        一般には5年から、親御さんがしっかり理解して取り組むなら4年から大丈夫なようですよ。
        「ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集[小学生版]」の最初の方なら、低学年も全く問題なく取り組めます、ルビありですから。
        反対語や類義語を通してどんどん語彙を増やしていくのですが、娘とはクイズみたいに遊び、その後は私のヘンテコ例文でギャハギャハ笑っています。
        もちろんヘンテコ例文の変なところは、後でちゃんと直して教えてあげます。間違えて覚えては困るので。
        上のお子さんが小3とのことなので、高学年教材についても触れてみました。

        実は私も教育学部出身です(東大文Ⅲ→教育学部です)。
        私立に行ける環境にあったなら、早稲田の教育に挑戦したかったので、あっぷーさんが早稲田教育出身と知ってキャー♪となっています。すみません、ミーハーで。
        またおすすめの問題集など見つけましたら、お知らせしますね。
        長文乱文失礼しました。

        • しーままりんさま
          「通常の学級でやさしい学び支援3巻 読み書きが苦手な子どもへの支援ワーク」
          初めて聞きました。
          私は大型書店でも問題集を隅から隅まで見ているのですが(笑)見たことがない問題集です。
          早速注文してしまいましたっ。届くのが楽しみです!

          書きが苦手な子が視写そのものが弱い・・・。

          やばいです。動悸がしてるくらいのなるほど!感。
          それはまさにうちの次男です。
          そういった観点から漢字を考えたことがなかったので衝撃です。
          確かに全てにおいて「模写」ができないんですよね。真似して書いてみてと言ってもひらがなでさえそれができません。
          ちょっとそのあたりの観点から漢字学習を見直してみたいと思います。

          そのほかもしーままりんさまのコメントが充実しすぎでちょっと私の頭ではついていけませんので(笑)ゆっくり読ませてもらいたいと思います。

          私は東大文Ⅲが第一志望だったのですが見事玉砕だったのです!
          すごいなぁ東大・・・。なので、子供と一緒にいつか東大受験するのが私の夢です。
          バカみたいですけどね~。
          なぜ私は東大に入れなかったのか? それを子供に重ね合わせて今壮大な試行錯誤と実験をしている最中です。

          東大卒ママということで1つお聞きしたいことがあります。お子さんの進路についてぜひ1度お聞きしてみたいのですがいいでしょうか。(スルーして下さっても結構です)
          お子さんに対して「勉強は小さいうちからしなくても大丈夫」と思われますか?それとも「小さいうちから勉強はしておくべき」と思われますか?

          ご両親が高学歴の場合の育児に興味があります。
          親が高学歴の場合「自分と同じレベルを求めるのでダメになりやすい」という意見と「親が成功している場合、子供に過度の期待をかけすぎず 自分もできたから子供もまぁ大丈夫だろう とおおらかに捉える」という意見を聞きます。

          特にママが高学歴の場合の考え方に興味があるので・・・突然こんなことをお聞きしてすみません。もしよろしければ教えてください。
          コメント欄ではなくm4688.blog@gmail.comでも結構です。

          いろいろと貴重な情報を教えていただき本当に感謝です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です