『どろだんごの王様』キット使用で失敗したけど、子どもと楽しめる!

最近、次男がハマっているのが「どろだんご」作りです。

家のお庭でかなりクオリティの高い「どろだんご」を作成する次男。まん丸でツルツルで石みたいに固いどろだんごです。外に置いておいても全然崩れなくて「すごいね~」なんてみんなから賞賛されて次男は鼻高々。

そんな時にたまたま本屋に行って次男が見つけたのがコレ!

「どろだんごの王様」という実験キット。
どろだんご作りのプロを自称している次男が欲しがらないわけがなく、せがまれて購入しました。

専用器具で作る まんまるピカピカ! どろだんごの王様 ([バラエティ])

 

我が家も作ってみました

キットの中に制作に必要なものはほぼ入っています。ですが、ポリ袋と水、新聞紙、下敷きなどを別に用意しなければいけません。(水はともかく、それ以外は同梱されているとよりよかったな~)

作り方としては普通のどろだんごを作る要領と同じ。

土に水を入れ、水の量を調節しながら固さを出していきます。

なぜ普通のどろだんごを作る要領で「光るどろだんご」ができるかというと、最後の仕上げで付ける砂の粒子が同じ大きさの粒であるからということのようです。

 

また、このキットの特徴として「専用のけずり機」が付いていることです。この専用けずり機というのは、パッケージの台座になってるこの丸いもの。
IMG_20150601_101516
(我が家の使用後のけずり器。使用後なので汚くてすみません!)

このけずり器の上の部分を使って、でこぼこした表面を削りながらまん丸を作っていきます。

しかしこのけずり器が小3・小2の子供たちには力の入れ加減が難しかったみたいで、ついつい削りすぎてしまったり逆にデコボコが残ってしまったり。
子供たちに「できないよー」と泣き付かれここからやむなく私も参戦することに。

 

ここでムクムクと私の中に湧き上がる疑問。

「専用けずり器がなくてもまん丸のどろだんごを作れていたのに、なぜ専用のけずり器があると作れない?」

「普通に泥だんごは作れていたのだからキット必要なくない!?」(まぁ光るどろだんごというのがポイントのわけですが)

とまぁでも口には出さず、子供と一緒に黙々と砂を付けては削り砂を付けては削りという作業を繰り返します。

説明書では、専用のけずり器を使うと表面に光沢が出てくるということでしたが、砂を付けて削れど削れど光沢は出てきません!

かれこれキットを開封してからもう2時間以上。いやもっとか??

 

部屋も砂だらけで大変なことになっていたのでもういいやと色塗り作業に移ることに。

色を塗ってはみたものの、光沢のないどろだんごに色を塗ったからと言って光沢が出るわけがなく、え?なにこれ?状態。

普段次男が作っているどろだんごの方がよっぽどツヤツヤじゃんという意味不明な状況にみんな徐々に無口になっていきます。

 

スポンサーリンク

出来上がり写真を公開します

そして出来上がり!

 

お見せしますよ!!!

 

 

その前に見本の写真をどうぞ!!

 

そして我が家のもの!!

 

 

じゃーーーん!!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・ちーーーーーん・・・・・。

これ、何???(笑)(笑)

 

まとめと注意点

我が家は失敗しましたが、いいアイディアなキットではありますよね!

ですが意外や意外、不器用な小学校低学年には難易度が高いかもしれません(あ、でも器用な子なら多分全然キレイに作れるのだと思います!)。

 

【注意点】
新聞なんかを敷いても何しても砂が半端なく飛び散ります。粉が落ちて床やら机の上やらの掃除が大変なので、できるなら外でやったほうがいいです。

このキットの砂がまた細かい砂なので足の裏に付いちゃうんです。

我が家の家中が足跡だらけになってしまいました。

そして絵の具が指についてしまうと洗ってもなかなか取れません。ビニール手袋をして且つ筆を使って塗った方がよいです。

IMG_20150601_164622

 

ジェルネイルをしたばかりの私の爪がこんなことに!

爪の間に絵の具が入ってしまい、洗えど洗えど取れません。いや、まぁこれは自己責任ですが…。

 

 

アマゾン見てたらどろだんご関係のものって結構売られてるんですね。本やDVDまで出ています。

こちらのページでも光るどろだんごの作り方が書かれています。が、やはり作るには根気な作業が必要な様子。キットを使えばもっと簡単に作れるかなと思ったのですが、そう簡単なものではないみたいです。

★よい教材が多い学研に関する記事★

2015年7月追記 光るどろだんご作りを有料で体験できる施設

愛知県のLIXILライブミュージアムで有料ですが光るどろだんご作りが楽しめるようです。事前予約制(ネットで予約できます)で、1個800円で作ることができます。

ネット予約が必要ない「ちびだんご作り」もあるみたいです。

詳しくはこちらをどうぞ~。
http://www1.lixil.co.jp/clayworks/experience/

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク