会員登録だけでかなりの情報を閲覧できる「四谷大塚ドットコム」がお得!

塾というと閉鎖的なイメージを持たれる方が多いかもしれません。確かに塾オリジナルのテキストやノウハウは通塾していなければ手に入れにくいものです。

そこでですが、四谷大塚という塾の四谷大塚ドットコムというサイトをご存知でしょうか?

こちらは会員登録の必要はあるものの、会員登録さえすれば通塾していなくても情報を閲覧することができるという家庭学習にも活用できるサイトです。

 

スポンサーリンク

なぜ?妙に懐の広い四谷大塚という塾

四谷大塚は日本でも歴史の長い塾ですが、2006年に東進ハイスクールを経営する「ナガセ」の経営下に入りました。

四谷大塚の特徴の1つとして「予習シリーズ」という四谷大塚オリジナル教材の存在があります。1960年に初めて出版されその後改訂を重ねながら現在も中学受験のバイブル的参考書として大きな存在感を持っています。

この予習シリーズ、実は四谷大塚のこの予習シリーズは塾生でなくても手に入れることができるんです(そのため予習シリーズを使用している四谷大塚以外の塾も多いのです)。

なぜ塾生だけに限定していないのか分からないし、不思議なところでもあるのですが…。まぁ予習シリーズをキッカケにして入塾するお子さんも多いのかもしれませんね。

 

さてこの予習シリーズ。塾生でなくても手に入れられるとはいえ一般の書店では売っていません。ではどうやったら手に入るのかというと、四谷大塚ドットコムに会員登録すると通信販売で購入することができます

予習シリーズが手に入るというだけで四谷大塚ドットコムに会員登録する価値はありますが、予習シリーズ購入以外にも四谷大塚ドットコムの会員になると色々な情報が閲覧することができるんです。

 

四谷大塚ドットコムに会員登録でできること。①教材を購入できる

まずは先ほど書いた「四谷大塚教材を通信教育で購入することができる」ということがあります。

購入できる教材としては・予習シリーズ・基本演習問題集・応用演習問題集・週テスト問題集などがあります。市販されている「はなまるリトル」などもこちらから購入可能。

ただ全ての教材が購入できるわけではなく国語力5000・中高一貫対策予習シリーズなんかは会員登録しても購入できません。

スポンサーリンク

②中学受験の過去問データーベースが閲覧できる

無料で過去問データーベースを閲覧することもできます。過去の中学受験の過去問がPDFになっており、解答も別途PDFで閲覧できます(順次公開という形なので閲覧できないものもあり)。掲載されている学校数も相当数あります(2015年6月現在306校との記載あり)。これが無料で閲覧できるというのはすごいです。

 

③読売KODOMO新聞の「わかったぞ」を読むことができる

読売KODOMO新聞の勉強系コラム等は四谷大塚が提供しているものです。その「わかったぞ」を四谷大塚ドットコム内から無料で閲覧することができます。バックナンバーも閲覧可能!

 

④Dream Navi Netを読むことができる。

Dream Naviとは四谷大塚が出している教育情報誌。そのネット版を読むことができます!中身は受験のことだけではなく、普段の学習や生活・育児に役立つ情報が多いのが特徴。

子供が読んでも楽しい情報もあるし、親が読んでも役立つ情報が結構あります。

内容を一部書きますと「大学の勉強ってこんなに面白い!」「気になる部活調査隊」「子供の本の森」「脳科学のお話」など、家庭学習で頑張るママやお子さんが読んでも楽しい内容です。

 

⑤中学情報(360校以上)が閲覧できる ⑥各種テストのネット申し込みができる

こちらは家庭学習にはあまり関係ないですが、中学情報も無料で閲覧できてしまいます。
↓こんな感じ。とにかく塾生でなくても閲覧できる情報が多い!
blogddd

会員登録はどんな情報を入力する必要ある?

会員登録時の情報入力は、住所電話番号まで必要になってきます。(とは言えあちらもそういった情報が得られないと無料閲覧させるわけがないのである程度は仕方ないかも。) 我が家は会員登録してそんなに日数は経っていませんが、電話がかかってきたなんてことはありません。

何よりも予習シリーズが購入できるなら会員登録は「アリ」だと思います。急に予習シリーズが一般販売中止になってしまったらどうしようと心配なほどなので、ちょっと早いけど購入しておこうかな!?ちなみに予習シリーズの改訂は毎年2月(上)と8月(下)ですが、すごく大きな内容の変更はないことが多いらしいので、アマゾンで中古を探すのも手かもしれません!(中古は探せば結構アリ)


スポンサーリンク
スポンサーリンク