小学生低学年におススメのDビデオ(dTV)コンテンツ5選

スポンサーリンク

子供にテレビをみせるならdTVで良質なコンテンツをみせない?

私が元々テレビをあまり観ないからか、子供たちもあまりテレビを観る習慣がありませんし観たがることもあまりありません。 (あ、自分がニュース大好きなので子供たちもニュースは見ます )

特にテレビを禁止してるということはないのですが、でもできれば刺激が強すぎるものや暴力的なものは見てほしくない(って「進撃の巨人」大好きだけど)というのが本音。

そのため子供たちがテレビみたい~ってなったときはdTVをchromecastでテレビに映して皆で見ています。  

dTVはドコモの画像配信サービスで500円台という安さ。
ドコモユーザーでなくても、スマホやタブレットを持っていれば利用できます。それをchromecastなどを使えば、テレビに映して観ることができるので、育児に利用できますよ!

dTVはコンテンツ数も多くて良いのですが、子供向きコンテンツを探すのが大変という一面も。 一応「キッズ」というカテゴリーはあるのですが、キッズカテゴリーには幼稚園生向けくらいのものが多い。

小学生低学年・・・というのはちょうど難しい時期。 幼児向きコンテンツから卒業する時期だけど、字幕はまだ難しい子も多い。

 そこで私が必死に(?笑)検索して、子供たちに観せてみて小学生低学年の子にもおススメと思ったコンテンツを紹介します。

我が家で実際にみて良かったものです。

注)最低限吹き替え版があるのと暴力的なシーンがないものとしています。コンテンツは配信停止になったり期限があるものがあります。ここで紹介しているのは2014年6月現在のものです。また無料のもののみです。

そしてすみません、著作権上、画像はアマゾンにリンク貼ったものとなっています。dTVでご覧になる場合は、dTVから検索して下さいね。


ET

 ETは誰が何度観てもいいですよね!子供たちも真剣にみていました。私も久々にみて、ETすごくかわいい~。結構以前の映画なのに、映像に違和感も感じずほっこりする本当にいい作品です。吹き替えありです。

 

51(ウーイー )世界で一番小さく生まれたパンダ

 51グラムと世界で一番小さく生まれたパンダの「ウーイー」の物語で、(たぶん)ドキュメンタリーです。とにかく子供パンダちゃんたちがかわいいのと、反対にパンダのお母さんの育児放棄など自然界の厳しさも併せて垣間見られる良作。日本語ナレーションです。

ザスーラ 

ハラハラどきどき感満載の映画。観る前は正直どうよ!?って感じだったのですが、ストーリーがよく練られていて兄弟の絆がいい感じで描かれています。男の子兄弟におすすめ。うちの子は二度観てましたよ~。吹き替えあり。

 

アーサーとミニモイの不思議な国・アーサーと二つの世界の決戦・アーサーと魔王マルタザールの逆襲

 リュックベンソン監督のアーサーシリーズです。大人も楽しめるファンタジー作品。実写とCGのリンクが見事。ストーリーも子供たちに夢を与えるような内容です。一度観るとついつい大人も観てしまう!映像が綺麗なのも良いです。

 

ライフー命をつなぐ物語ー

 イギリスのBBC製作のドキュメンタリー。
動物にとって生きるとはどういうことか?というテーマで、さまざまな動物の生き様が力強く描かれています。どうやって撮影したの~と思わず感嘆せずにはいられない迫力満点の映像。うちの子供たちは元々動物好きなので2回見ました。うちの子供たち、動物好きなので動物系のテレビや本なんかもよく読んでいるんですが、それでも知らなかったことも多かったみたいです。ママが子供と一緒に観ても楽しめると思います。が・・・息子の友達も観たらしいのですがその子は「映像がリアルで気持ち悪かった」とか~。確かにリアルですが、映像美!という感じなので大丈夫だと思いますよ~。日本語ナレーション。

 

 他にも「豚のいる教室」も見たのですが、小3長男は「豚かわいいわーー、豚肉はおいしいよね?」ぐらいは思ったみたい(ばか?)ですが、それ以上踏み込んで考えるのは難しかったみたい。子供にいいかなぁと思ったのだけど、この作品は意外と小学校高学年~大人向けかもしれませんね。私はホロリと涙でした。でも実話を元にしている割には、あの担任の先生とか色々とどうなのーっていうね・・・。 とりあえずこんなところです。また紹介します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク