自ずと思考力が養われる!絶対やって損はない「きらめき算数脳」

この問題集を見た親御さんは今までの問題集の概念が打ち壊されると思います。私も最初見たときは「これって算数の問題集??」って思いました。

きらめき算数脳 小学1・2年生 (サピックスブックス)きらめき算数脳 小学3・4年生 (サピックスブックス)

ゲームを利用した問題、図形問題など、パズル感覚で楽しく解ける、SAPIXオリジナル思考力問題を収録。読解力・論理的思考力・問題解決力を養成。豊富なカラーイラストや親しみのもてるキャラクターが各ページに登場するなど、楽しく取り組める工夫が満載。

中身はオールカラーで、ぱっと目に入ってくるのは「絵や図のみ」。

サンタさんやらランドセルやら迷路やらで子供が親しみやすいようなイラストが多くて、何じゃこれ?状態。

中身は今はやりの、いわゆる「パズル系ドリル」に分類されるかもしれません。ですが、他のパズル系ドリルって意外と似通った問題が多かったり、どこかで見たことがある問題が多かったりするのですが、こちらは類似問題なし。また一般的なパズル系ドリルよりも断然に「考えて解く」ことが求められる問題集です。

スポンサーリンク

きらめき算数脳の内容は?

現在小学生向きで出版されているのは以下の計5冊です。

  • 入学準備~小学1年生
  • 小学1年・2年生
  • 小学2年・3年生
  • 小学3年・4年生
  • 小学4年・5年生

 

どの問題も「よく考えること」「どうすれば解けるか試行錯誤して考えること」「ひらめくこと」ができないと解けないので、この問題集に取り組むだけで自ずと思考力が身に付く構成になっています。

天才脳ドリルの仮説思考と問題パターンは似ているかもしれませんが、きらめき算数脳の方が問題バリエーションが断トツに多いというのと、練られた問題が多く、また問題に小学生低学年が取り組みやすいキャラクターを使っている特徴があります。

ちなみに色鉛筆を使う問題が多いので、色鉛筆は必須!

 

きらめき算数脳の難易度は?

中身は難易度によって、★「星1つ」 ★★「星2つ」 ★★★「星3つ」に分かれています。

中身の問題が一般的な算数問題集とは全く違うのため一概に難易度は・・・と言えません。そのため我が家の子供たちを例に他の問題集と難易度を比べてみたいと思います。

今現在取り組んでいる1・2年生及び3・4年生での比較です。

「きらめき算数脳」小学1・2年生

きらめき算数脳 小学1・2年生 (サピックスブックス)小学2年の次男が「星1つ」「星2つ」は難なく解け、「星3つ」の右ページはやや苦戦するレベル。

次男はトップクラス問題集の算数ですと、2年生の最高難度問題をやや苦戦するものの解けるレベル。

よって、「星1つ」「星2つ」はトップクラス問題集で言えばハイクラス問題くらい、「星3つ」で最高レベル問題くらいの難易度かなという印象です。(この例えはかなり強引ですので参考程度にお願いします)
天才脳ドリル仮説思考でいうと初級~中級の最初の方くらいと同じ難易度だと思います。

 「きらめき算数脳」小学3・4年生

きらめき算数脳 小学3・4年生 (サピックスブックス)

現在小3の長男がやっていますが、こちらは結構難しいです。

長男は並行してトップクラス問題集算数の3年をやらせていますが、トップクラス問題集の標準とハイクラス問題はほぼ全問正解できますが、最高難易度を解くのにはかなり時間を要しています。

そしてきらめき算数脳の「星2つ」の問題では結構考える時間が長く、「星3つ」問題はかなり時間がかかります。

私も一緒に解いていますが、「3年生の夏前に使うのは難しいかな」という印象。

例えば「遠足のおかし」という問題があるのですが、1人分のおかし代は決まっていますがその値段は提示されていません。
それでポテチであればちょうど4袋買えて、ビスケットだけならばちょうど3個買える。
またガム3この金額とポテチ1袋の値段は一緒などの条件提示がなされます。
そしてその後に子供のセリフ「ぼくはビスケットとガム2種類のおかしを買ったよ。さてビスケットが2個ならガムはいくつ?」などという問題に続いていきます。

ここで注目して欲しいのが、ビスケットとガムを直接比較している文章がないということです。

結局は買えるお菓子の組み合わせを表にしたり、仮定の値段を付けて考えたりする必要が出てくるわけですが…。分数が分かればテープ図でもいいかもですが、最終的には仮定の値段を付けたり、お菓子の組み合わせの種類を考えていけないと厳しいかも。

とこれが「星2つ」問題です。結構難しいですよね。

まとめ

この問題集を子供が取り組んでいると「あ~、算数って教科書に出てくるようなものではなくて読解力・論理的思考力など総合的な能力が必要でなんだな」と実感します。

また学校算数は、小3までは学校で習うことを覚えてただ機械的に解いていれば満点が取れるでしょう。ですが、小4くらいからはやや自分で考える力も求められるようになってくると思います。

ただその力は小4になったからすぐ身に付くというものではなく、ある程度の訓練も必要だと思うのです。そういった意味で、中学受験を考えていない子にもおススメ。絶対やって損はない問題集です!

 

追記 購入時に1つだけ注意して欲しいこと

先日ママ友とこのきらめき算数脳のことを話していたら、友達が「すごく良い問題集だと思うんだけど、教科書に沿った難しい問題よりも子どもに教えるのが難しくない?」と言っていました。

それを聞いて「確かに」と。きらめき算数脳は解答も詳しいのですが、ただ解答だけを読んでも子どもにキチンと解き方を教えるのは難しいかもしれません。問題を理解せずに解答だけ読んでも恐らくママ的にも解き方のポイントが理解できないからです。

クイズ好きなママならいいですが、クイズ系や算数は大嫌いというママはその部分が少し大変かも。そこだけ一点注意です。

 

きらめき算数脳 小学1・2年生 (サピックスブックス)
by カエレバ

 

きらめき算数脳 小学2・3年生 (サピックスブックス)
by カエレバ

 

きらめき算数脳 小学3・4年生 (サピックスブックス)
by カエレバ

 

きらめき算数脳 小学4・5年生 (サピックスブックス)
by カエレバ

 

その他おススメのパズル系ドリルに関する記事はこちらもどうぞ♪

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • この問題集は、本当にスゴいです。いろいろな意味で。
    「算数の問題集なのに、あまり数字を使わない(計算の要素がほとんどないというか、重要視されてない)。」

    これって、一流の野球選手とか棋士とかが語る「野球とは」「将棋とは」のように、技術論を超えた「算数とは」と、算数を通して、人はどう生きるべきかを学ぶ「算数道」という哲学をつきつけられている気がします。

    そしてスゴさのもうひとつの重要な点。「取り組みやすく、コドモの食いつきがスゴい。」

    これについてですが、ここ数日インフルエンザで登校停止となってはいたもののすぐに元気になり、時間をもてあましているコドモに、「学校休んでるんだから、ちっとは勉強しろ(^^;」と催促したところ、「これをやる!これ以外やりたくない!」みたいな反応でした。
    決して簡単な問題集ではないのに喜んでその難関に飛び込んでいく。これは本当にスゴいコトだと思います。

    そして「本当に、アタマを使う。それも楽しんで。」この問題集のレベル3とか、本当に難しいです(^^; コドモが悪戦苦闘している問題を「どれどれ、教えてやろうか」とか見ているウチに親もかなり考え込むもののすんなり解けずに、結局低学年のコドモと一緒にあーでもないこーでもないとか一緒に問題を検討してしまう。。。でも実はこれって、珠玉の時間だと思うんですよね(^^)

    しかし本当にアタマを使うので、難しい問題に取り組んだ後は親子ともにクタクタです(^^;

    し か し、 この問題集の最大の欠点は、、記事でも触れられていますが、『難しい問題の正解に対して、「なんでそうなるのか」を、親が教えられない」これに尽きると思います。

    ですがそれも、『「どうしてこうなるのか」を教えられない親に「どうしてこうなるのか」が教えられるようになってくれ』、つまり「俺の屍を超えて行け!」という、なにやら崇高なミッションまで託せます(笑)

    この、やたら抽象的な算数の問題はやたらに脳が汗をかきます、いい汗です。そしてそのいい汗は、とてもきらめいています。

    • をづさま きらめき算数脳レビューが素晴らしくまとまってらして鳥肌たちましたーー!
      をづさまこそレビューブログ書かれたらいいかも。それかアマゾンのレビューに投稿されれば、すぐにamazon vine会員になれそうです(私は挫折しました)
      最後のオチが秀逸すぎます。武者震いが・・・。
      そしてをづさまにもきらめき算数脳が良いって言っていただけて何やら安心。
      きらめきは、医大生の弟に子どもたちの家庭教師をやらせていた時に弟が買ってきた問題集です。「これが問題集?」って腰抜かしそうになって、でもやってみたらアタマ使うのに楽しいし。
      きらめきが私が問題集にハマったきっかけなので、思い入れがあります。

      をづさまの「算数道の哲学」「取り組みやすく、コドモの食いつきがスゴい。」「本当に、アタマを使う。それも楽しんで。」、かなり同感です。
      そしてその他をづさまの表現がいつになく鋭すぎて私もやられました!特に「俺の屍を超えて行け」がツボすぎ。

      をづさま、(失礼ですが)本当に何者ですか? をづさまからいただくコメントを読むにつ深まる謎。いつか解けるのでしょうか!!
      書きませんが、私の中では色々な想像(妄想?)が渦巻いていますよ。

      そうだ、今思い出したのですがツイッターできらめき算数脳の著者さんから「ブログで紹介してくださりありがとうございます」ってメッセージが来たんですよ。
      そして年末には「今年もお世話になりました」というメッセージとともに、なんと申のパズル問題がオマケでついていました。

  • あっぷーさま、こんにちは
    ドリルのことその他の子育てのこと、いつも参考にして拝読しております。

    息子は小1のあたまから、きらめきの入学準備~一年生をやっているのですが⭐1つは解けても⭐2つは苦戦しています。もう九月ですのでやや焦ってきました。
    計算や漢字は大好きで一年生の範囲は完了したので、二年生の範囲には進まず、思考力や読解力を身に付けさせようと、きらめきのような問題を沢山解きたいのですが、、、。もう少し難易度の低い問題集はあるでしょうか?

    あるいは、解説したら理解はしているので、このまま一緒に進めていったほうがよいでしょうか。
    国語の読み取りも含め、自分で読み答えを導きだす力をなんとか鍛えたいです。
    というか、国語を鍛えるべきでしょうか。

    夏休みは、自分の体力を越えた学童での外遊びに日々疲れはて、帰宅は私の仕事のせいで七時頃なので、そのことのほうが問題かと思ったり…(スポ少との両立に少し似た問題でしょうか)

    ちなみにトップレベル問題集算数も、ハイクラスはなんとか解けますがトップレベルは難しいようなので、あっぷーさまのこの記事のレベルの例えは、うちにとってはバッチリ合っております!

    お暇のあるときにご意見を伺えたら幸いです。

    • くろごま@関東西さま コメントありがとうございます。承認遅くて申し訳ありません(;^_^A
      きらめき算数脳はやっぱり難しいですよね。論理的思考やあとは根気強さも求められるので、やはり別格という気がします。
      我が家の長男は、がきらめきで苦戦、トップレベル問題(トップクラス問題集)も苦戦という時。うちは天才脳ドリルにひとまず移動しました。
      天才脳ドリルの方が遊び要素が多いので、子どもは取り組みやすかったみたいです。男の子だと空間把握なんかは意外とスンナリ解いてママを驚かせるかも!?それで子どもも自信付けてってあり得ると思いますー!
      男の子は空間把握は楽しいかも。天才脳ドリルは仮説思考は論理的思考や、遊び感覚で根気強さも身に付くかな~と。
      あとは算数ラボもいいですよ。きらめき算数脳ほどボリューミーではないので、遊び感覚で取り組めます。(でも中学受験に通じそうな問題もあったりするのが素敵な問題集です)

      おっと、一番最近アップした記事と同じような内容になってしまい申し訳ありません(;^_^A

      そして小1とのことで、きっと体力を付けるのもすごーく大事かと♪我が家は退塾してしまいましたが、体力ないと大手進学塾は続かない~と思いましたよ(;^_^A

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です