小3全国統一小学生テストを一区切りとして、新たな問題集スタート

50d3beba60f50715656409b755019fb5_s

今月初めに受けた全国統一小学生テストを1つの区切りとして、我が家の子供たちも新たな問題集に取り組み始めています。

長男の場合

まず小3の長男ですが、今年初めからZ会グレードアップ問題集、はなまるリトル、トップクラス問題集、最レベを学年を落として取り組んできました。

その結果、全国統一小学生テストで「ある程度の難しい問題には慣れてきた」という手応えがあったので、ひとまず小2のものは完了として、小3のものに取り組み始めています。

(ちなみに小3の算数は私が教えるという形で先取り学習は終了させています。)

 

現在小3の長男が取り組んでいるのは★きらめき算数脳 3・4年トップクラス問題集小3の2冊です。

 

突然トップクラス問題集から入るのは難しいかなと思っていたのですが、トップクラス問題集小2で難しい問題に免疫が出来ていたのか、今のところ難なくこなしています。

1度ぐっと難易度を上げてしまうと、そこからは「難しい問題の波」に乗れてしまうのかなという感じがしています。ただその「1度ぐっと難易度を上げる」というのが難しいところ。

我が家でもそこが大変だった部分で、私もかなり関わってやってきました。(そのことに関しては「なぜ長男(小3)は4ヶ月で小2最レベ算数最高レベル問題をほぼ全問正解できるようになったのか」という記事をご覧下さい。)

話は逸れますが、全国統一小学生テストの算数はよくできていたよ!と長男に伝えました。「へー、あれでできてたんだ」と無関心。「頑張って受験してみたら?」と一応言ってみる(私立にいくお金ないんでね)と「そう言われてもね~、ぼくは今は仲間とスポーツを頑張ってるしみんなと同じ中学に行くんだ」と青春真っ盛り的なご意見。

仲間とか青春とかと無縁に生きてきた私には眩しくて目を開けられないお言葉!!

 

次男の場合

あまり登場することのない次男くん。早生まれの2年生なので(という言い訳)平仮名だって上手に書けない~。

この前は「れいぞうこ」を「レーゾーコ」って書いてて愕然としましたよ。

あ、あと先日のびっくり発言。次男に「ママ知ってた?○○をゆうってゆうでしょ。それを漢字で書くと読み方が変わっていうになるんだよ」って言われたんです!!

意味不明ですね(笑)

えっとつまり、次男は「言う」のことをずっと「ゆう」だと思ってきたと。それで学校で「言う」という漢字を習ってみたら「言う」は「いう」と読むことを知って、「漢字になると読み方が変わるんだ!」とすごい大発見をしたとドヤ顔で私に教えてくれたと。

えーーーっと・・・。絶句・・・。っていう反応でOKですかね!?

 

そ、そんな次男ですが、算数は好きなので問題集も頑張っています。

現在取り組んでいるのは★スーパーエリート問題集2年生 ★きらめき算数脳1・2年生です。難しい問題は難なくこなすクセに簡単な計算問題は一問もできない(多分やる気がない)など、気分にムラがあります。見た目も幼なく精神的にも小2とは思えないので本格的に家庭学習を始めるのはまだ早いかなぁというところ。

今は長男1人で勉強させると「次男はやらないのはずるい」とうるさいので、オマケ程度に問題集をやらせている感じです。

 

今年の家庭学習はいったいどうなるか!?順調に進むのか、誰かが躓いたりするのか!?躓かないと家庭学習の工夫のしようもないので母はツマンナイ。けど今年も頑張っていきますので応援よろしくお願いします!

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク