「算数と国語を同時に伸ばすパズル」。我が家が今後はこのドリルを買わないことにした理由

我が家でも今まで宮本算数教室のパズル系ドリル問題集はいくつかやりました。

この宮本算数教室のドリル、題名やデザイン(装丁?)はインパクトがあっていいのですが、我が家ではどれをやらせても子供がすぐ飽きてしまいます。

原因は中身の問題がほぼ同じ内容だっていうことでしょう。

[no_toc]

 

問題もどこかで見たことのあるような問題が多い。ドリルの中身がほぼ同じ系統なので、子供がハマればいいのですが、ハマらなければ最後までやらせるのはちょっと難しい感じです。

「算数と国語を同時に伸ばすパズル」

算数と国語を同時に伸ばすパズル 初級編

こちらの「算数と国語を同時に伸ばすパズル」も、題名はインパクトがあっていいですよね。

おっ、良さそう!と思って手に取ってみたのですが、入門・初級・中級・上級とも全部同じ系統の問題で、正直またか!と思ってしまいました。

問題は大きく2種類のみ。

数独みたいな問題ともう1つはアインシュタイン脳ドリル系に似た問題です。それがずーーっと繰り返されます。

一応基本情報としては「入門・初級・中級・上級の4種類がある」ということと、宮本算数教室のものだっていうことかな~。

中級をやってみましたが、簡単なわけではありませんがコツを掴めばできてしまうの感じでした。中級で小2・小3くらいかなという感じ(個人的な感想です)。

 

「算数と国語を同時に伸ばす」をやるならもっといい問題集があるって!

「算数と国語を同時に伸ばす」みたいなパズル系ドリルならもっといい問題集があります。

 

それは「きらめき算数脳」というサピックスの傑作問題集。

絶対にこちらを購入した方が子供の能力は伸びます。これだけは断言できます。

この「きらめき算数脳」のすごいところは、1つ1つの問題のクオリティがすごく高いところです。

どこがハイクオリティかって、問題全てが「きちんと順を追って考えないと解けない問題である」ことと「問題集1冊の中に似通った問題が何1つない」ことです。

全部が他の問題集でも見たことのない、オリジナル問題です。
doriru1
(著作権の問題もありそうでモザイクかけてますが、これを見て頂いてもうちの子供たちが何度も書いて消してを繰り返して、図を書いたりしながらじっくり考えて解いているのが分かると思います。)

でも「きらめき算数脳小学1・2年生」と「きらめき算数脳3・4年生」はどうせ同じ問題を難しくしただけでしょ?って思いますよね?思いましたよね?

それが!!!同じじゃないんです。そこが本当にすごい。

 

子供も楽しんで解いている

子供が取り組んでも楽しいみたいで、我が家では「きらめきならやるー」っていうのがもはや合言葉(笑)

「きらめき算数脳」を全部やり終わってしまったらどうしよう?

子供がなぜこの「きらめき算数脳」だけは楽しんでできるのか?それは問題のシチュエーションが身近なものであるため、難しい算数問題に取り組んでる感がないことが理由の1つであると思います。

この問題集は(息子たちにとっては)「解くことが楽しい」みたいだから不思議。

 

 

おーーーっと気が付いたら「きらめき算数脳」のレビューになってしまっていました(笑)

いや、私は回し者でも何でもありませんので悪しからず!

 

 

でもでももう1つだけ書かせてもらっていいですか!?

 

この「きらめき算数脳」の問題を提供しているのはtwo-wayという個別指導教室。

ここのtwo-wayさんは、「きらめき算数脳」の他にも算数オリンピックなどにも問題を提供しているみたいで、もちろん私としてはこのtwo-wayというのに興味津々。

HPも何度か熟読してみたものの、いまいちそのお姿が見えてこなくてやきもきしていました。

 

そしたらね、そしたらですね、なんとツイッターでtwo-wayさんにフォローして頂いちゃいましたーーー!!!!!

 

ありがとうございますーーーー!!!!これだけでもブログやっていてよかったよ。

 

萌え死寸前。

 

私問題集が大好きなのでね、こんなすごい問題を作るtwo-wayさまたちは(私の中の妄想では)王子様状態なわけでして…。声優さんのファンになる感覚に似てるかも。えへ。(ってバカか私)このブログが超有名ブログになったらインタビュー申し込むんだ~!その日まで邁進あるのみ!

 

そんなわけでぜひぜひ「きらめき算数脳」のレビューも読んでみて下さい!!

http://m4688.com/2015/06/13/post-286/

えーっとそれで多分宮本算数教室のドリルレビューはもうあまりしないかもです。我が家的にやる予定がないので…。

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめまして、一年生の息子の母親をしています。子供に合うドリルを探していて辿り着きました。 

    いくつかの記事を拝読し、どの記事も大変参考になりました。ご謙遜も多々おありでしょうが、時々の勉強以外の記事にも共感できることがあって 一般人の我が家からは、見上げて目標にさせてもらいつつ親近感を勝手に持ちつつ、読んでいます。

    うちは送り迎えがない家庭学習でなんとか勉強をカバーしたくドリルを色々やらせていますが、ちょうど宮本算数教室のドリルで国算同時とてんびんの2種類を始めて、同じことを思っていたところでした。。。
    お金ももったいないので、一冊はやりきるとして、次はサピックスを買ってみます。(オールカラーでもったいないというamazonのレヴューを真に受けて買っていなかったのですが、こんなにお奨めされるならぜひやらせてみたいです)

    • くろごまさま コメントありがとうございます。
      ブログ読んでくださり嬉しいです。小学校1年生のお子さまにドリル・・・!もぅそこが尊敬です。我が家は完全に出遅れ組なので^^;
      読み聞かせしたことはない、小1で自分の名前も読めない書けないとか今考えるとびっくり。ある意味潔いといいますか(おいおいそこは反省しろよ ですね)。
      なので我が家を目標にされるのは非常に危険なのでご注意を・・・。ダメ家庭の見本みたいなものです。が!!問題集に関しては、私も解いたりして色々と研究(?)しているので参考にしていただければ嬉しいです。
      宮本算数教室・・・ですよねーー。ちょっと商業的な匂いがするといいますか。
      サピックスいいですよ♪ アマゾンに「オールカラーでもったいない」なんてレビューがあるんですね(笑)なるほど、そういう見方があったわけですね。
      きらめき算数脳は問題がいいですよ~。宮本算数教室に対する感想が似ているので、くろごまさまもサピックスはきっと気に入ってくださるはず!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です