ブンブンどりむのパンフレットだけで次男の作文が上達!毎日少しずつでも文章を書くことで作文力アップ!

以前ブンブンどりむの資料請求でパンフレットをもらい、そのパンフレットが家庭学習に活用できそうだったという記事を書きました。

 

今日はその後のことなんですが、1つ最初に断っておくと今のところ我が家はブンブンどりむに入会していません。パンフレットをもらっただけです…!(追記しておくとその後夏よりブンブンどりむに正式入会しました

 

スポンサーリンク

1日1つ、短い文章を書かせてみました

上の記事でも書いた、資料請求だけで非常に役立つパンフレットがもらえるブンブンどりむ。パンフレットにある学年毎のカリキュラムが非常に具体的で役立つ内容だったので、これを使わない手はないと思いたったのが3週間ほど前。

パンフレットのカリキュラムを真似させてもらいつつ、次男に毎日短い文章を書かせる練習をしています。

字が絶望的に汚いし、文章もひどいので恥ずかしすぎるのですが…次男が文章を書き始めた頃の文を晒します。

「ひどい文章」だなんて謙遜でしょと思ってますか?大丈夫、下の画像を見れば全く謙遜ではないことが分かって頂けるかと思います。というか「うちの子ってすごかったんだな~」って安心してもらえると思います。

それでははいいきますよ。

 

kazu

あまりに見るに耐えない内容なので小さめサイズにしました…。

字が汚くて読めないと思うので、原文ママで書きます。

「ぼくは、今日がんばったことは、図こうをがんばりました。すいミーのやくをきめました。やくをきめたあと、そのえらんだ魚をあつ紙とわりばしで、すくりました。ぼくがえらんだ魚は、まぐろです。まぐろが、赤い魚たちを、一ぴきのこらずたべてしまったシーンをやります。まぐろをつくりおはったあと、おもったことはとてもむずかしかったなあと、おもいました」

・・・・・・・・・・・言葉を失うとはこのことですね。これ書いたのは幼稚園生じゃないですよ!小2です。小2なんですよ・・・。

 

話の流れを意識しているのはいいのですが、平仮名の間違えが多く漢字も使えていない。字が汚い。基本的な文章の構成(~はーです等)を理解していない。とにかく問題が多すぎます。

 

ブンブンどりむのパンフレットを参考にしながら次男にやらせたこと

私は作文って子供にどう教えればいいのか分からなかったので、当初はブンブンどりむへ入会を考えていたんです。

それで資料請求をしたわけですが、パンフレットをもらってびっくり。パンフレットに学年毎の月別カリキュラムが載ってるんです。

これパンフレットに掲載しちゃっていいの!?っていう内容。

DSC_0317

だってこのカリキュラムを参考に子どもに文章を書く練習をさせればいいんですもん。そしてこのカリキュラムは当該学年だけではなくて、1年~6年のもが全て掲載されているんです。

試し教材は見開き1ページだけなんですけど、これもまたなるほど~という内容。

1年生のものだと「だれ」と「なに」ってところなんですが、「子どもにこういう風にやらせればいいのか!」ととても参考になる内容でした。

そのため我が家ではひとまず1年生のカリキュラムを参考にして毎日短い文章を書かせてみました。

自己紹介から始まって、主語と述語が入った短い文を作る、感じたことを詳しく伝える等々。

カリキュラムにはそこまで詳しい内容が書かれているわけではないのですが、だいたい「1年生ならこういう部分を押さえればいいのか」というのがわかりますし、それで充分。

 

時間もブンブンどりむに倣って1日10分程度。文字は50文字以上を目標としました。この文字数もパンフレットに掲載されていた分量です。

 

上達した次男の文章をご覧下さい

そんな1日1文章を書かせること約3週間。次男が今日書いた文章です。

kazusa

 

裏に続きがあるので、半分しか撮影できていませんのでまた原文ママで書いてみます。

「ぼくは小学校のプールはきらいです。なぜかと言と、はじめとおわりにつめたいシャワーがあり、しかもプールがつめたいからです。でもたのしいこともあります。それは、プールのおわりのあたりの、たからさがしゲームです」

字は相変わらず汚いし、漢字もところどころ正確に書けていません。ですが3週間前の文章よりもずっと上達しています

接続詞やそれに続く言葉もおおむね正しく使えていまし、何よりもきちんと文章をまとめられています。

小2としては非常にレベルが低いことは重々承知ですが、ブンブンどりむのパンフレットを参考にしてみたらこんなに上達したよというその後のお話でした。

 

やはり我が家はブンブンどりむ入会に傾いています。が、次男にはお習字もやらせたい。ブンブンどりむとお習字どちらを選ぶべきか??またまた悩み中の母です。

追記ですがそのごブンブンどりむに正式入会しました。ブンブンどりむに関する記事一覧もどうぞ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 文章を書くことってとても大切ですね。
    この夏休みに少しでも取り組んでみたいです。

    夏休みが始まりましたね。。
    通塾していない我が家にとっては勉強をどのように進めるべきか悩みどころです。
    オススメしていただいた、きらめき算数脳は購入予定にしています(ただし、小3の息子に2.3年用)
    図形の勉強も少しはじめたいなと思ってますが、おすすめの問題集や勉強法があればぜひ教えてください!

    • kayoさま
      夏休み始まってしまいましたね~!我が家も通塾していないので、夏休みをどう過ごさせるかが悩みどころです。なるべく楽しく家庭学習もやらせていきたいですが…うーん、難しいです。家庭学習の難しさはいかに子どもをやる気にさせるかかもしれません。特にうちの息子たちは勉強嫌いなのでいつも試行錯誤です。
      きらめき算数脳はおすすめです!でも子どもに「ここ分からないから教えて」と言われたときに、解説だけではなくママも解いてみないと教えられないタイプの問題なので、そこは好みが分かれるかもしれません。ですが塾でも小3までは貯金となる勉強をたくさんするのがいい(パズル問題など)と言われているみたい(かつ最近は受験でもパズル問題のようなものが出るらしい)なので決して無駄にはならないと思います!
      図形はこちらもパズル系問題集になってしまいますが、天才脳ドリルの空間把握がおすすめです。学校の勉強に則したものとなるとパっとは思いつかないのですが、私も図形にも興味ありなので何かいい問題集があったら記事にしてアップしますね~。

  • いつも楽しく拝見しています。で、
    ブンブンどりむ、小2の長男にやらせています。

    以下、所感です。

    ・どの通信教育でも同じことでしょうが、ただ漫然と子供にやらせておいて、保護者は丸付け・添削提出をさせるだと、単なる「あんまり難しくない国語のドリル」で終わると思います。保護者によるフォローは必須と思ってください。

    ・で、ブンブンどりむの教材自体の難易度は決して高くないですが、テキストやドリルは楽しげなキャラクタが漫画で「かなり大事なこと」(たとえば比喩だったり、擬音語の使用だったりとか)を「さりげなく」教えてくれます。この親しみやすく・さりげなく、がポイントだと思ってます。

    ・練習問題も、その月ごとのテーマを「やってみよう」という形で適用・応用させる形で練習させ、で、練習させた部品を組み合わせて作文を作って提出、という流れが基本です。

    ・テキストの難易度自体は高くないものの、歳時記的な語彙とか、季節をかなり意識したテーマの設問とかがかなり自然な形で取り込まれており、保護者が教えながら(ハナシを脱線させながら)やるにはかなり秀逸な内容です。

    ・また、添削もかなりきめ細やかで、添削のヒトが書き間違えをして(←実は結構あります。特に、年齢からすると読めないようあ漢字をうっかり書いてしまった場合とかの場合が多いです。)、その箇所を張り紙してさらに書き直したりとか、添削のまじめさが垣間見えます。

    ・その他、毎月送られるクロスワード(語彙力向上目的)とかでもポイントがもらえたり、月に2回ある添削の早期提出でポイント2倍とか、優秀な作文は受講者向けの「ぽっちー新聞」とか、保護者向けの冊子に掲載されたりとか、やる気の維持も考慮されてます。

    ・隔月で同梱されてくる絵本とか、毎月の保護者向け冊子とか、教材以外も内容的に良心的かつ参考になります。

    総評としては、私立受験とかを見据えたようなとんがった内容を期待すると期待はずれになると思います。

    ですが、受験どうこうではなく、必要となる「文を読む・書く」ということに対する重要な地力をじわじわと無理なく得られるという面で非常に優れていると思います。

    難点は、値段が若干高いことと、やはり通信添削なので添削が返ってくるまでの期間がかかるので、返ってきた時点ではもうコドモは出した内容をおぼえてなかったりとか(笑)

    • をづさま
      素晴らしい情報をありがとうございます!!
      をづさまのコメントを読んで「やはりやらせてみたい!」との思い止められず(笑)、ブンブンどりむ受講することにしまして早速申し込んでしまいました♪
      をづさま、もしよろしければコメントで頂いた内容を一部ブログ記事に掲載させていただけませんでしょうか?このブログを読んで下さっている方も絶対知りたい情報だと思うので、コメントではなく「記事上」にをづさまの経験談として掲載させてもらえたらいいな~と思っています。
      ただ掲載させていただくと、をづさま自らが内容を削除したりということができなくなってしまいますので、著作権を放棄していただかなくてはなりません。そのため断っていただいてももちろんokです。もし掲載してもいいよ~という場合だけm4688.blog@gmail.comにメールいただけないでしょうか。突然の勝手なお願い申し訳ありませんがよろしくお願いします♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です