漢字学習が完全に迷走中。こうなったら私が漢字ドリルを作ってみようか!?

50d3beba60f50715656409b755019fb5_s

昨日ポストを見ると何やらぶ厚い封筒が入っていました。中身は重さからも厚さからも…恐らく冊子。送り元はブックアイランドとなっていますが、全く聞き覚えがありません。

ですが宛名はきちんと私の名前になっているので、配達間違えではなさそう。うーん、とりあえず開けてみるかと開封してみると。

中身は「日能研の漢字マスター 2年生」

 

考えること数十秒。あれ。この前私これ注文したかも!!!???

急いでネットをチェックしました。そしたらアマゾンの注文履歴の中にありました。こちら。

kannzi

 

はい。注文したの、私でした。アマゾンのマーケットプレイスで「日能研の漢字ドリルかぁ、良さそうかも」と思って注文したのでした。116円だったし。

 

注文したことをすっかり忘れてました。

 

我が家、漢字ドリル買いすぎです。このブログでレビューしているのは購入したものです。つまりレビューしている分だけ漢字ドリルがあるってこと。こんなに漢字ドリル買ってどうするの!?状態です。

(まぁ私の趣味ブログのために購入しているというのも半分あるのでいいのですが…)

日能研漢字マスターのレビューはこちらをどうぞ:漢字が得意な子には良さそうだが物足りない可能性も『日能研漢字マスター』

 

スポンサーリンク

次男に合った漢字ドリルが見付からない

でもこうやって漢字ドリルを購入しまくっているのには理由があります。私が問題集好きなのはありますが、次男にぴったりな漢字ドリルが見付からないんです。

私が漢字ドリルに望んでいることは以下の通り。

教科書準拠

ドリルに出てくる漢字の順番と学校で習う漢字の順番が同じであること。これは、漢字を難なく覚えられる子なら重要ではないと思うのですが、我が家の次男のように「漢字を覚えること自体が大変」な場合は教科書準拠でないとお話にならないレベルです。

書き順・音読み訓読み、トメハネのポイントが掲載されている。

漢字の練習スペースが多い。練習スペースの枠が大きい。

漢字問題の量が多い。(同じ問題が何度も出てくる)

⑤教科書準拠だとしても、教科書で習う以外の読み方や書き方(漢字熟語等)問題が欲しい

音読要素(陰山ドリルのようなイメージ)も取り入れながら漢字の音読みをマスターさせたい。

 

①~③を満たす漢字ドリルはあるんです。教科書ワークとドリルの王様なんかは条件を満たしています。ですが④から⑥も満たすものとなると今のところ見付けられていません。

漢字って教科書で習う使い方だけ覚えてもどうしようもないですよね。(もっともっと漢字と友達になって、使いこなせないと意味がありません。)

教科書準拠という拘りを捨てれば「良い漢字ドリル」はあるのですが、漢字が苦手な子にとっては教科書準拠でないと全くお話になりません。

とにかく漢字が苦手な子は学校で習った漢字を1つ1つ深く深く習得していくというのが一番いいのかなと思っています。

そしてそれを叶えてくれる漢字ドリルがないんです。

 

そんなわけで漢字学習に関しては完全に迷走中な我が家。私がネット検索をしては漢字ドリルを買ってみています。でも色々な面で「うーん、これはダメだな」と本棚にしまわれてしまっています。

 

私が漢字ドリル作りますけど??

最近こうなったら私が理想の漢字ドリルを作りますけど!?という野望を抱いています。

 

漢字が苦手な子向けのドリルです。

漢字は苦手。でも一冊やりきれば語彙力が確実にアップしているというドリル。

漢字はただ書き方を覚えただけではダメなんです。きちんと応用して使えるようになってこその漢字です。漢字が苦手な子でもそういうステップアップできるような漢字ドリル…。

ビジョンはあるんです。手書きなら作れます。

 

でもね、でもね。

私も弟くんもwordが苦手すぎてビジョンはあってもそれをどうやって形にするか分からないんです。

非常に大きな壁が立ちはだかっているわけです。

でももし…こんなドリルがあったらよくないですか!?

 

  • 学校で習う順番何度も漢字を書く練習ができる
  • 問題量が多いので、繰り返し問題に取り組んでいくうちに自然と漢字を覚えることができる。
  • 問題ページはネット上からでも何度でもダウンロードできるようにする。
  • 漢字が苦手な子にありがちな「音読み(漢字熟語)でつまずく」という弱点を克服できるように音読要素がある問題も取り入れる。

 

そしてそして紙の大きさはA4版。子どもが開いて取り組むときに中央部分も書きやすいような「開きやすい」ドリルです。紙は薄めな方が子どもは書き込みやすいのでそんな感じで。

できたら(中学年以上は)漢字の成り立ち(象形文字、形成文字等)も載せれば、漢字にまつわる親子の会話も広がるし、子どもが漢字をイメージしやすくなると思います。

めちゃめちゃ欲張りですね(笑)

 

結構本気ですが、なんだかこちらも迷走中な記事になってしまい大変失礼しました。(でもしつこいようですが本気なのでどうぞよろしくお願いします)

野望は尽きないあっぷーのブログでしたーーー!!!どうぞ呆れずお付き合い下さいね!!!

 

追記

とりあえず漢字練習のワークシートを作ってみました。小学校低学年向けです。とりあえず記入見本から。

http://m4688.com/wp/wp-content/uploads/2015/07/mihonpdf.pdf

自由に使っていただければOKなのですが、左の画像が活用例です。
1番右の行と2行目までは漢字練習スペース。3行目は漢字熟語や習った漢字が入った言葉を書きます。最後の行はその漢字が入った文章を書きます。

ですが2行・3行目は全部熟語でも文章でもOK。とりあえずお子さんの状況に合わせて使用していただければと思っています。

出来ればママが一番上のマスに漢字を書いてあげて、あとは子どもが自分で漢字字典で調べて書くというのが力が付くと思います。

 

 

以下からダウンロードしてどうぞ。白黒版とブルー版があります。小学校低学年の子の漢字練習にはうってつけです。

http://m4688.com/wp/wp-content/uploads/2015/07/kanziblack.pdfhttp://m4688.com/wp/wp-content/uploads/2015/07/kanziblue.pdf

 

おススメの漢字教材に関する記事もどうぞ♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク