エアコンを24時間付けっぱなしにしたら電気代はどうなる?我が家の電気消費量を公開

今年は冷夏になるなんて言われていたのに、蓋を開けてみたらこの猛暑!

猛暑というより酷暑?

私が今まで生きてきた中で今年が一番暑い!(毎年そう言っている気もしますが)。

 

さてこんな猛暑だと、屋内でも確実に熱中症になりそうですが、みなさんはエアコンは付けっぱなし派ですか?それともこまめに消す派ですか?

 

私は付けっぱなし派です。

 

理由はエアコンの付けたり消したりは思っている以上に電気を消費すると聞いたことがあるからです。

 

我が家ではリビングのエアコンは朝スイッチを入れて、そのあとは寝るまで消しません。

寝る前にリビングのエアコンを消して、そのあと寝室のエアコンをつけるという流れ。

 

 

24時間どこかしらのエアコンは稼動している状態です。

 

 

そして今年のこの暑さですよ。暑すぎます。溶けそうです。

朝起きてリビングのエアコンを入れてもなかなか部屋が冷えません。こんなこと今までありませんでした。

それで思わず寝室とリビングのエアコン2機を24時間付けたままにしてしまった日があったのですが・・・

 

それで気になったのがやはり電気代です。

 

 

24時間エアコンを2機付けっぱなしにしたのは8月2日でした。

 

 

そのため8月2日の電気代はいくらくらいだったのかを確認してみました。

 

スポンサーリンク

24時間エアコン付けっぱなし!気になる電気消費量は!?

8月2日の電気代を確認するにあたって、8月1日の電気代も比較対象として掲載することにします。

 

まず天気はどちらとも晴れで猛暑日でした。

 

1日と2日は週末だったので、だいたいの生活パターンは2日ともだいたい同じで大きな違いはありませんでした。

 

そのためざっくばらんではありますが、2日間の電力消費量の違いはエアコンの稼働時間の影響をある程度は受けていると言っていいと思います。

 

 

8月1日(猛暑・熱帯夜)
0時~8時:寝室のエアコン
8時~24時:リビングのエアコン
21時~0時:寝室のエアコン

  • リビングのエアコン稼動時間(約16時間)
  • 寝室のエアコン稼働時間(約11時間)
    8月1日

 

 

8月2日(猛暑・熱帯夜)
0時~24時:寝室のエアコン
0時~24時:リビングのエアコン

  • リビングのエアコン稼働時間(24時間)
  • 寝室のエアコン稼働時間(24時間)
    猛暑8月2日の電気代

 

 

 

8月1日 普段どおりのエアコン使用だった日

電力消費量:31.8Kw
電気代:約539.64円

 

 

8月2日 24時間エアコンを2機つけていた日

電力消費量:34.1Kw
電気代:約578.6円

 

 

(我が家はオール電化なので、本当は電気料金体系が細かく決まっているのですが、ここでは東京電力の夏季電力1Kwあたり16,97銭というのを比較のために使用しています)

 

 


8月1日と2日の電気代の差は約39円

 

 

この差を大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれだと思いますが、私としては思っていたほどの差ではありませんでした。

 

エアコンはあまりこまめにスイッチのオンオフはしない方がよい

私がこの結果をみて思ったこと。

  • 最近のエアコンの性能(我が家のものは3年前に購入したシャープ製)がすごい。
  • エアコンを24時間付けっぱなしにしたからと言って電気代がその分上がるわけではない。
  • エアコンは稼動し始めが電気代を使い、その後はさほど電気代がかからないというのは本当だった。

8月1日の画像を見れば分かる通り、エアコンを付けて部屋が冷えるまでの2時間くらいは電力をかなり消費していることがわかります。

 

やはり日中の暑い時間にエアコンを付けたり消したりはやめた方が良さそうです。

 

 

こんな暑い夏だからこそ電気も賢く使いたいですよね~。

 

節電も大事ですが、それで熱中症になってしまっては意味がありません!

エアコンともうまく付き合っていきたいものですね♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です