語彙力アップは学習漫画に任せちゃう?『ドラえもん 言葉の力がつく』『小学生必須難語2000』

これまでも何回か書いていますが、読書好きにも関わらず絶望的に語彙力がない長男。

語彙力がないくせに、ことわざはよく知ってるなと思っていたらそれはドラえもんのお陰だったというのが前回の話。

全回までの話:『ドラえもんのことわざ辞典』語彙力を伸ばすために学習マンガを利用するという選択

 

もうここまできたら語彙力はドラえもんにお願いしちゃおう!お願いドラえもん!

(どうせあの長男に問題集やらドリルやらで「この言葉はこういう意味だよ」なんて覚えさせても頭に入るはずもないですしね。)

 

とそんなわけでとりあえずこの2冊を購入してみましたよ~。どちらもマンガ形式の語彙力系の本です。

ドラえもんの国語おもしろ攻略 言葉の力がつく (ドラえもんの学習シリーズ)小学生必須難語2000マンガでクイズ―パラパラめくって語彙を増やす!最高レベルまで対応

 

ドラえもん「言葉の力がつく」

まずはドラえもんの「言葉の力がつく」ですが、さすがドラえもんの学習漫画。相変わらずの安定感

まず漫画部分が読んでて面白い!子供の食いつきがいい!うちの子どもたちは読みながらよく大爆笑してます。マンガのタッチは大人が読んでも「これぞドラえもんの笑いだよ」というなかなかの出来。ドラえもんの学習マンガってたまに「これってドラえもんじゃないよね」っていうものがあったりするのですが、これはちゃんとドラえもんです。

実はこちらの漫画の監修は日能研で、中学入試によく出る言葉が選ばれているそうですよ。(意外と本格的!)

 

ちなみにどんな言葉が収録されているかというと、「表現がわかりにくい難語」「日本古来の表現・和語」とのこと。表紙にもある通り「すずなり」「しんがり」「うろたえる」「せわしない」「やみつき」といった言葉です。他には「ぐにもつかない」「けげんな」「うとましい」等々・・・。

小3長男が「はなまるリトル国語」で間違った表現はだいたい入ってます。まさに今の長男にぴったり!

暗記が苦手な長男なので、普段の生活ではあまり使わない言葉を(漫画だけど)ストーリーのあるものの中で触れることで言葉の微妙なニュアンスを理解することができそう。

 

収録語彙数が書かれていなかったので数えてみたらちょうど200語(私が数えたので間違っていたらすみません)でした。厳選されている語彙が収録されているので、これをきっちり覚えると実力が付きそう!

 

スポンサーリンク

小学生必須難語2000 漫画版

次は小学生必須難語2000です。(あ、こちらはドラえもんではありませんのでお間違いなく。)

こちらは題名にある通り収録語数が2000とかなり本格的な作りです。漫画ということでどういう構成かが気になっていたのですが、全ての言葉に漫画が付随しているわけではありませんでした。

1つの言葉につき1つの漫画があって、その後に小さく他の語彙が掲載されているという構成。

収録語数が2000というがお得感ありなのですが、漫画がややシュールな感じなので、小学校中学年くらいだと面白さが分からないかもしれません。

また掲載されている語彙数が2000語とのことで小学校中学年には難易度の高すぎるものもが多いです。こちらは高学年向けという感じ。

 

言葉の学習漫画ということで2冊を1記事に書いてしまったのがそもそもの間違いで、この2冊はそもそも対象が全く違います。

 

ドラえもん・・・小学校中学年くらいまでが対象。200語と収録語数も多くないので入試勉強の準備といった位置付け。

小学生必須難語・・・小学生高学年対象の中学受験用の本。

中学受験を考えていない、または小学校中学年までならドラえもんがおすすめです。

 

ドラえもんの国語おもしろ攻略 言葉の力がつく (ドラえもんの学習シリーズ)
by カエレバ

 

小学生必須難語2000マンガでクイズ―パラパラめくって語彙を増やす!最高レベルまで対応
by カエレバ

 

モノによっては相当ハイレベルなドラえもんの学習マンガですが、この「言葉の力がつく」以外だと「ドラえもんのことわざ辞典・語彙力を伸ばすために学習マンガを利用するという選択」もおすすめです。
あとはドラえもんの学習マンガ系でいくと、小学館のドラゼミではドラえもんが登場しますよ~。とは言えドラゼミの内容は結構クオリティが高いのでおススメです。シールを集めるてもらえる商品の中にドラえもんの学習マンガがあったりします。
実はハイクオリティだったドラゼミ。教材1ヶ月分を丸々レビュー!

ドラゼミの資料請求はこちらからどうぞ


そしてコメント欄にいただいた「ドラえもん言葉の力がつく」に関するレビューが私のものより的確で分かりやすかったので引用させていただきます。

紹介されました、ドラえもんの方、よさそうでしたのでポチさせていただきました。今日届きまして、ぱらぱらと見ていますが、、、イイですね(^-^)
こうした難語、和語って、コドモから意味を聞かれても的確な説明が意外とできなかったりしてうろたえることがあったりするので、保護者の予習教材としてもバッチリです。
そしてこの本でポイント高いと思ったのが、「ドラえもん」の漫画のクオリティ。
ちゃんと「あの」ドラえもんのテイストになっている。ここがポイントかと。ドラえもんリアルタイム世代としては、ドラえもんを使った学習漫画とか見ると、往々にしてコレジャナイ感を抱くことが多々あります。しかしこの、「言葉の力がつく」はその意味でも非常に優れています

うん、やっぱりドラえもんの言葉の力がつくはおススメの一冊です!!

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク