〈小3秋の全国統一小学生テスト〉を自己採点。算数は減速ですが長男なりの成長も。

 

11月2日は全国統一小学生テストでしたねー!

受けましたか? うちは通塾していないのにも関わらず、またしても肩身の狭い思いをしつつ受験してきました。

(何度も書いていますが、我が家は塾なし中受予定なしです)

 

覚えてらっしゃる方もいるかもしれませんが、まずは直近の某塾テストの残念な結果です。まさかの国語29点とかね!えぇええええ。

 

〈小3 夏のチャレンジテスト〉長男の国語模試結果が・・・驚きの29点でしたよ・・・。

2015.08.30

 

これが8月の話。

 

その後初めて国語の家庭学習を開始しました。

使った問題集や本、具体的にやったことは別記事にしたいと思いますが、ひとまず結果から。

 

自己採点なので正確ではありませんが、今回の国語は恐らく120点くらいかと思います。

 

2015年夏の全国統一小学生テスト:
「算数 123点 偏差値65.4」「国語 109点 偏差値59.3」
2015年秋の全国統一小学生テスト:(自己採点)
「算数100点弱」 「国語120点前後」

 

前回の小学生テストに比べて国語は10点くらいアップしていそうです。小学生テストの難易度は高めなので、10点は大きい!

それに8月のテスト結果(しつこいですが29点)と比べると飛躍的に点数アップです。

 

この2ヶ月の頑張りが結果になったと思うと私も嬉しいですが・・・算数の点数は下がっていますね~。

 

 

ちょっと時間を巻き戻して算数テスト前の長男と私の会話です。

「いつも算数の基礎問題で必ず間違えがあるのを忘れるんじゃないよ?簡単な計算問題間違えたら…ただじゃおかないからね。」
(え、言い方がキツイって? いやねぇ、うちの長男、これくらいじゃぁ右から左ですから。馬の耳に念仏というやつですね。)

「・・・・・・・・・」

「それと図形は得意なんだから絶対に間違えないこと!」

「・・・・・・・・・」

「聞いてる!!?」

「え、あぁ聞いてますよ。」

「じゃぁママ何て言ってた?」

「さぁ??」

きいいいいいいいいーー!!

 

テストが始まる前からイライラさせてくれます。

そして場面は飛んでテスト後の解説授業。私が横で軽く採点をしていると、大問1と2の基礎問題が全問正解ではないですか!

やったぁ~!と思ったのもつかの間、若干難しめの問題の出来がよくありません。

 

得意の図形問題はかなりの難易度なので解けなかった?と思いきや、テスト問題用紙には正解を書けているのに、答えが違うとか。

またやらかしています。

 

ただ今回の長男はその凡ミスに気が付いて「あーー、ミスった!オレとしたことがー!」と悔しがっていたのに驚きました。

今まで私は、長男がテストの出来を喜んだり悔しがる姿を見たことがなかったんです。

 

帰宅後間違えていた問題を解かせると、やや難易度の高い問題は全て正解できました。

「なんでテストの時にはできなかったの? 例えばこの数字を並びかえる問題とか得意そうだけど。」

「数字を書き出すのが面倒だったんだもん。」

「は??面倒とかあり!!??」

「でもいいじゃん、ちゃんと基礎問題が全部できていたんだから。」(満面の笑み)

 

この言葉に少し驚きました。

今までどんなに難しい問題が解けようと、必ず基礎問題で間違えがあった長男。

今回は私が口を酸っぱくして言っていたせいもあるかもしれませんが、長男なりに「基礎問題と図形問題は正解する。」という目標があったのかもしれません。

だからこそ、基礎問題は全部正解だったよと満面の笑みで言う。図形問題ができなくて悔しがるという態度になったのかも。

 

これが長男なりの成長なのかもとプラスに捉えようかと思っています。というかそう思います。思い込みます。

 

次に国語のこと。

夏の模試で国語の点数が29点だった時から、とりあえずの国語目標を今回の全国統一小学生テストに設定していました。

その時から時間が足りるか?という不安はあったものの私の中での道筋は見えていました。あとは長男が付いてきてくれるか、それだけ。

もちろん・・・付いてきては・・・くれませんでしたよ(笑)

 

付いてきてはくれなかったけど、これやっておけば全国統一小学生テストではソコソコ点数は取れるだろうと思っていた部分は8割方やったと思います。

 

最後にテストに向かう道すがら長男に言ったこと。

「なんで長文読解なんていう問題があると思う?それはアナタが文章をきちんと理解しているかをテストするためなの。文章をきちんと理解しているかを知りたいわけだから、文章をきちんと理解できていれば必ず正解できるんだよ。だからまず文章を理解できるまで読みなさい。文章が理解できていれば、本文を読み返さなくても必ず正解できるから。」

この言葉が効いたかは定かではありませんが、テスト終了後「ママの言うこと聞いてみたら国語は結構できてたよ。」と言っていました。

 

と、そんなんだった全国統一小学生テスト。

 

テスト終了後・・・長男が一緒に受験した頭の良さそうな子たちを目の前にして

「デュエマのカード買いにいこーー。それかゲーセン?」

と大声で言った時は恥ずかしさ全開。

まぁその後中古カード屋さんで長時間デュエマのお目当てカードを探しまくったんですけどね。おほほ。

テストも勉強も楽しいけど、ゲームやマンガも楽しいよね~(By 母)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

6 件のコメント

  • はじめまして。
    先日初めて小3の娘が全統テストを受けその結果に愕然とし、このブログに辿りつきました。
    予想以上に応用や長文が苦手なことがわかり、こちらの家庭学習の問題集の選び方進めかた、今必要な要素大変参考になりました。
    四年生までの残り四ヶ月頑張ります!

    • コメントありがとうございます!
      小学生テスト受けたのですね。娘さんが小3ということはうちの長男と同じテストを受けたのですね~。お互いお疲れ様でした♪
      娘さんは塾にいかれてるのでしょうか?行かれていないとしたら、全く初めてみるような問題も多かったのではないでしょうか。その状態であの問題はなかなかハードですよね。
      国語の長文は5ページ以上あるとかも読むだけで時間取られちゃいますしね。あれはどれだけ速く読めるかが重要で、読解力とそこまで結びついてるかは疑問です。

      4年生まで残り4ヶ月ですね!塾では2月から予習シリーズが始まるので、うちも今後の勉強をどうするべきか考えないとなぁと思っています。またブログを覗きにきていただけると嬉しいです。

  • 初コメントのため名前がでると知らず名前替えてみました…

    学校の宿題が少なくの今私が勉強をみれる時間がとれないので基礎を抑えるために通信教育だけでは足りないので学研へ二ヶ月かよった所なんです。はなまるまも応用でつまづいていましたがみてやれず、テスト傾向もリサーチせず受験したので内容を見てため息でした。
    先々考えるとやはり応用、長文に慣れないと困りますよね。
    結果は5割?でもこちらのブログに出会えたのがラッキーだったのでよかったです。

    • さんじの母さま
      さきほどの私のコメントもお名前部分は消しておきました。気が付かずに申し訳ありません。
      小学生テストは塾に行っていない子に危機感を抱かせる目的もあるのかも・・・、現時点でテスト用の勉強をしていないのにあのテストをできたら逆に怖いですよ~。5割も取れてるなんてかなりすごいのでは?うちは8月のサマーテスト、国語を何の準備もせずに受けたところ29点でした(笑)
      テストは何が不得意かがわかれば満点です♪偉そうにすみません・・・!
      お互いがんばりましょう~!!

  • 息子も全統小受けてきました。
    スポ少(うちは野球です)を半日休ませて無理矢理(笑)

    本人は国語より算数が難しかったと言っていますが、おそらく国語の方が撃沈すると思われます(自己採点はしていないので。。)

    息子さんの国語の点数はすばらしいですね!
    国語の勉強の仕方についての記事、楽しみにしています。

    ちなみに、サイパーの思考力シリーズ、我が家でもいくつか持っていますよ。
    「和差・分配算」は線分図の練習にもなり、とてもよかったですよ。

    • kayoさま コメントありがとうございます。息子さんもスポ少休ませて受けられたとは(笑)同じですね~。

      ですね、国語は春の小学生テストより言葉の問題が簡単だった気がします。でも長文読解が長いですよね・・・。6P以上とか普通なのでしょうか?うちは今後塾生には太刀打ちできなくなっていくだろうな~といったところ。
      塾生たちのやる気が全く違いますもん。
      サイパーシリーズ持ってらっしゃるとは、さすがです♪ 一気に揃えたい~けどなかなか・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です