『元素周期表』に家族でハマっているので図鑑を購入!

periodic_nocolor

 

先日ブログでも紹介した「勉強の幹を育てる 浅木塾の勉強ノート」

 

関連記事:ひぃじいちゃんの生き方にぐいぐい引き込まれる「勉強の幹を育てる 浅木塾の勉強ノート」

この本がなかなか良かったのですが、浅木塾では小学生に元素記号1~20までを覚え、周期表を書き、化学入門というプリントを暗唱させていたそう。

その理由は以下の通り。

ひいじぃちゃんの「まずは基礎を徹底的に暗記し、それから基礎を掘り下げていく」というどの学問にも通じる学びのコツを、化学というおもしろい分野から導入して学ばせたかったのでしょう

 

これにはなる程なぁと思いました。そしてやはり小学生のうちに覚えたことって、大人になってもずっと覚えていることが多い。

そして、いつか元素のことを勉強するときがきた時「あ、これ知ってる!」って思いますよね。この「知ってる」という気持ちがそのものを好きにさせることもありますよね。

 

スポンサーリンク

早速「元素周期表」を購入

思い立ったが吉日です。早速アマゾンで元素周期表を探すと、最も有名らしきものがこちら。世界一美しい周期表のポスター版

 

でももし図鑑+周期表というのがあればお得だな~と思って見つけたのがこれ。

 

でもね届いたはいいけど、周期表ポスターがないよ?ないないない~!どこを探してもない!

と思ったら、図鑑カバーの裏面が周期表ポスターになっていました。これ、気が付かない人いるんじゃないかな~!?

gennso

 

 

長男がハマった!

届いた周期表にまずハマったのは長男。

軽く「これ暗記しようよ、世界はここに書いてある元素で全てできてるんだって。水素・ヘリウム・リチウム・ベリウムって番号順に覚えるんだよ・・・。どっちが早く覚えられるか競争しない?」と言ってみると、長男は水素・ヘリウムなどの言葉の響きがえらく気に入った様子。

男子によくある「難しそうな言葉を早口で言うのが楽しい、かっこいい!」という心境でしょうか?
周期表を見ながら「水素、ヘリウム、リチウム、ベリウム、ホウ素、炭素、窒素・・・」と楽しそうに呟いています。

長男は現在元素番号20を通りこして、38のストロンチウムまで覚えてしまいました。その上「来年の夏の自由研究は元素のことをやる!」と宣言。

 

母はまだ18のアルゴンまでしか暗記できていないし、化学の知識は全くないので付いていけるか心配です。

ですが、こうして子どもと一緒に新しいことを学べるというのは親の特権ですね。まさかこの年で元素周期表の暗記にチャレンジすることになるとは。そして私も元素のこと、もっと知りたい!

(家庭学習・・・楽しませてもらってるのは親の方。いつも自分の世界を広げてくれる子どもたちには感謝です。と、たまにはなんか「いいこと」書いておかないとね。笑)

 

図鑑の方はチンプンカンプンでした(笑)

肝心の図鑑の内容は・・・私はチンプンカンプンでした。元素と身近な生活や自然の関わりを分かりやすく紹介してくれていますが、私のような化学知識がゼロのものにとってはなかなかピンときません。

…でも子どもたちが「読んで読んで」と言ってくるのでとりあえず読み聞かせています。

子どもたちがきちんと内容を理解しているとは思いませんが、興味は持っているみたい。図鑑の絵や写真が美しく且つ親しみやすいのも理由かもしれません。

 

まず私が元素について勉強しなくちゃと子どもたちと図書館に行った折、元素関係の本を探してみましたが「簡単なもの」はなし。う~ん、どうしたらいいでしょ。

 

こちらのサイトから朝日新聞の元素周期表がもらえちゃいますよ。

そして今ならこんなものも。

アプリと連動して動く元素周期表がもらえます。返信用の切手代は必要ですが、立派な周期表が無料でもらえるとはお得です。
http://www.tel.co.jp/genso/index.html

うちももちろん応募しました。広げると新聞と同じサイズなので結構大きいです。

gennso2

 

スマホに専用アプリをダウンロードして、そのアプリを起動して上の周期表をかざすとこんな感じになります。で、スマホ画面の再生ボタンを押すと絵が動いて「短い元素の紹介」が流れます。

gennso3

 

1つ1つの動画自体はかなり短いですが、なかなか面白いです。どうせスマホで遊ばせるのならこれで遊ばせるのも面白いかもしれません。

 

今日は元素周期表に関する記事でした。子どもにも分かりやすい元素関係の本などを見つけたらまたアップしたいと思います!

★学習教材に関する記事もどうぞ★


スポンサーリンク
スポンサーリンク