小学3年生に贈りたい児童書5選。誕生日やクリスマスに!

 

うちの長男は読書が大好きですが、我が家に本はほとんどありません。

 

買ってあげたいけれど、児童書って意外と高い。長男が読みたい本を全部購入してあげられるほどウチは裕福ではありません。

そのため普段は「本は図書館で借りる」というスタンスでやっています。

 

 

でもクリスマスだけは例外。本人が欲しいというプレゼントの他に「親からのプレゼント」として本を贈っています。

 

今までは図鑑だったのですが、息子ももう小学3年生。図鑑もいいけど、これをキッカケに更に読書好きになってくれる本を贈りたい。

 

今年は「アナタはもうこんな本も読めるんだよ」というメッセージも込めて、子どもが自ずと大切にしてくれるような本を選ぼうと思っています。

 

 

スポンサーリンク

クリスマスに贈りたい本

 

【ハリー・ポッター シリーズ】

長男は映画は観ていますが本は読んでいません。

本の厚さがハードルになるかもしれませんが、1度読み始めれば夢中になるでしょうし、読みきれば「こんなに読めた!」という自信になりそうです。

そんな時に見つけたのがこちら。先月発売になったばかりのハリー・ポッター賢者の石のオールカラー版です。

値は張りますがオールカラー・全ページイラスト入り。登場人物のイラストは映画版の方々なので子どもも親しんで読んでくれそうです。

こちらで中身を見ることができます~。豪華です!
http://ddnavi.com/news/265710/a/
 

【モモ】

私が小学校中学年の時に、両親から贈られた本。内容もさることながら、装丁が大人っぽくて、まるで自分がお姉さんになったような気分になったのを覚えています。
小3だと少し早いかなという気もしますが、少し子どもを背伸びさせたいという目的もあるので候補の1つ。

 

【ナルニア国シリーズ】

映画よりは原作が断然面白いと思っているので、映画を観る前に読んでみて欲しいシリーズ。こちらは今年でなくとも高学年になる前に全シリーズを贈りたいと思っています。読書好きな小3だったら読めそうです。

 

【ダレンシャン シリーズ】

息子が好きそうなファンタジーもの。全巻で贈っても1万円しないのでクリスマスプレゼントに良さそう。

 

 

【世界で一番美しい元素図鑑】

今元素周期表にハマっている息子にいいかなと思っています。今も眺めているだけで飽きなさそうですし、大きくなっても置いておける図鑑なのでプレゼントには最適。

 

【マジック・ツリーハウス シリーズ】

アメリカでは教科書に掲載されているなんて話も聞くマジック・ツリーハウスシリーズ。これ面白いし勉強にもなるのでいいんですけど、セット販売がないのが難点。

「はじめてシリーズ」というのはあるのですが・・・。ただ全巻セットだとかなり高額になるので、10冊セットとかそのくらいのシリーズがあれば良かったです。

 

 

今考えているクリスマスに贈りたい児童書をいくつか載せてみました。小学校中学年は今後読書好きになるかそうでないかの大きな分岐点かなと思っています。

このくらいの年齢で物語の面白さに気が付くとその後も読書にハマリそう。

クリスマスが「読書好き」への1つのキッカケになったら素敵ですよね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク