通塾していない子が全国統一小学生テストを受ける際の注意点とやっておくべき問題集

※当記事は全国統一小学生テスト2年生・3年生に関するものです※

 

全国統一小学生テスト、最近はCMもバンバン流れていますよね。それもあって、通塾していなくても「受けてみようかな」って軽い気持ちで受験される方も多いかと思います。

 

我が家もそうです。

 

ですが、テスト内容は学校のテストとは大きく違います。実際に受験してみて「あれ?学校の成績はソコソコなのにこの成績?」とカルチャーショックを受ける方も多いかもしれません。

 

全統テストの問題自体は基礎問題も入っていますし、また基礎問題を完璧に解ければ平均点が取れる作りになっているそうです。そのため通塾していなくても太刀打ちできないというほどのテストではありません。

 

そこで通塾なしの我が家が全統テストを受けた経験から、通塾してない場合の注意点をまとめました。

スポンサーリンク

類似テストをやらせて問題形式に慣れさせる

 

全統テストが学校のテストと大きく違うところ。まずは「出題範囲」です。

学校のテストでは出題範囲は決まっています。かけ算の単元ならテストも当然かけ算。ですが全統テストはそうではなく、出題範囲は今まで習ったところです。

基礎問題の計算にしても、足し算があったり掛け算があったり、二つが混ざってたりと…当然ですが今まで習った範囲から幅広く出題されます。

 

小さなことのようですが、通塾してない子にとってそれは初めての出題方式。あれ?あれ?って頭の回転が付いていかない子もいるのではないかと思います。

そのため

 

★全統テスト前には必ず類似テストをやらせて問題形式に慣れさせる

 

これ、結構重要。

他塾は分かりませんが、早稲アカで全統テストを受ける場合には対策教材として「練習用のテスト問題及び解答用紙」が一式もらえます。これをやっておくだけでも通塾していない子は随分違うと思います。特に算数では大事。

 

国語ははなまるリトル国語はやっておいた方がいい

 

そして出題範囲もそうですが、問題形式も学校テストとは大きく違います。例えば漢字の問題。

例えば今回の漢字問題(小3)は「縦線部を漢字に直したとき、同じ漢字になるものを①~④からそれぞれ1つ選びなさい」でした。

出されている漢字自体はさして難しいものではないのですが、この出題形式に慣れていないとスピーディーに答えるのは難しいかもしれません。そしてここの辺り(漢字や言葉の問題)で時間を取られると、長文読解がびっくりの6ページ超え(問題文だけでです)なので時間が足りなくなってしまうという。

 

通塾している子どもたちはこういった問題形式(というよりテスト)に慣れています。ですが通塾していなければこういった問題形式さえ初めてという子どもがほとんどでしょう。

 

そのため

★国語で平均点以上を狙いたいのならはなまるリトルはやっておいたほうがいい

 

はなまるリトルも全統テストも同じ四谷大塚さんですからね。はなまるリトル内の言葉の問題を一通りやっておけば色々な問題形式に慣れることができますし、全統テストで求められる言葉の力がどの程度のレベルかも把握できます。

算数もはなまるリトル算数レベルの力があれば、全統テストの一行問題までは完璧にできるのではないでしょうか。

 

 

算数では思考力を問われる問題が出る

 

★算数では思考力を問われる問題が出ることを知っておく

 

すごく難問というわけではないのですが、思考力を問われる問題…。学校の勉強だけしかしたことない子が35分という制限時間の中でスピーディーに思考力を問われる問題を解いていくのは正直難しいと思います。

小学校低学年で思考力系問題に慣れさせるとしたらこのあたりの問題集でしょうか。

ただスピーディーに解くというのは家庭学習では訓練が難しい面があることも確か。

長男は上の3つの問題集は全てやっていますし、全統テストの問題も帰宅後時間を取って考えさせればほぼ全てできます。が、時間制限内でというとうちはとてもじゃないけど無理でした。

スピーディーに問題を解いていくというのは、家庭学習の子どもと通塾している子どもとで非常に差が付く面。我が家の今後の課題です。

 

 

以上通塾していない子が全統テストを受験する場合の注意点をまとめました。

書いた通り、学校の勉強しかしたことのない子にとっては慣れていない問題がたくさんでます。

そのためもし成績が振るわなかったとしても、それは「わからなかった」のではなく「慣れていなかった」からできなかった。そう捉えることが大切ではないでしょうか。

通塾していない・中受しない場合はこういったテストには囚われずに家庭学習を進めていくことも大事かもしれません。(お互い頑張りましょう~!)

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク