思いのほかはかどる朝学習!そしてサイパー問題集がやはり傑作な件。

最近は子どもたちの習い事で大忙しの我が家。

月曜日はスイミング、火曜日はお習字、水曜日と金曜日はスポ少、土日もスポ少です。友だちと遊ぶのも大事だと思っているので、下校~習い事までの時間は友だちと遊ぶ時間。

そんなわけで平日の午後は、下校~友だちと少し遊んだりスポーツの自主錬~習い事が終わるともう7時。バタバタと夕飯を食べてお風呂に入って宿題をやってゲームをするとやっているともう8時半を過ぎています。

 

これでは勉強する時間なんて全然ありません

友だちと遊ぶ時間やゲーム時間を削ることも考えましたが、うちは受験予定もないのでそこまではしなくていいかなという結論に。

さてそうなると友だちと遊んだりゲームをしたりを確保しつつ家庭学習をするのにはどうしたらいいのか?

 

出た結論が「朝学習」。時間は朝の6時~7時までの1時間。

朝なら他のコマゴマしたことに注意を削がれることもなく、勉強に集中できる。その上、朝勉強を済ませておけば夕方~夜は比較的ゆっくり過ごすことができます。

 

意外と文句も言わずに朝学習しています

朝学習を始めた当初は「眠い」「起きたばかりだから鉛筆を持つ力が出ない」なんてことばかり言ってグズグズしていた子どもたち。

でも夜に勉強をするよりはずっといいと気が付いたみたいで、最近は文句も言わなくなりました。

子どもたち、夜はすごく疲れてるんですよね。以前夜に勉強していた時は「疲れたから勉強やりたくない。でもゲームしたいから勉強する」(うちでは勉強をした日はゲームで遊んでOKです)ってよく言っていました。

でも今は疲れている夜は、勉強なしで大好きなゲームでリラックスできるるので「もう朝に勉強したもんね~」と小躍りせんばかりに喜んでいます。

近頃は朝6時にわたしが起きないと「ママ6時だよ!」ときっかり起こしてくれます。ただこれが長く続くかは全く未知数ですが・・・。

 

こう書くとうちの子供たちが結構勉強好きな感じに思えますが…相変わらず勉強は大嫌いです。ただちょっとうちのこどもたちおバカで単純素直なところがありまして。うちの子供たちを勉強に向かわせた流れはこう。

 

家で勉強するか、塾に通うかを選んでいいよと持ちかける

中学受験を絶対したくない長男は当然家勉強を選択。家で勉強をきちんとやらないと塾に通わされると思い勉強する

気が付いたら勉強が習慣(当たり前にするもの)になっていた

 

この過程に対して何の疑いも持たない小3男子、バンザーイ(笑)

でもこんなんで勉強の習慣が付くっていうのが頭がよろしくない証拠だったりして…!ぎゃー、恐ろしい。

ともかく勉強時間を確保できただけでも大進歩

今までは毎日は勉強できていなかった上に、できたとしても1日30分がせいぜい。でも今は1時間は確保できるようになったので、これは大きな進歩。

ただ…1時間きっちり集中できるかというと、全然できていないんですけどね。

そのためどうしても集中できないときは、先日レビューした都道府県カルタをするなど遊び要素も混ぜています。

でもまずは勉強の習慣を付けるのが目的なので、いいかな~。

ちょっと見方を変えて、この朝の1時間は「いかにもな勉強」だけではなくて、もっと広い知識のようなものを身に付けられる時間にできたらいいなと思っています。

わたしも色々工夫しないとです。・・・それよりもまず継続が目標ですが。

 

最近使用中の問題集

備忘録的に今使っている問題集を書いておきます。

【長男】

 

【次男】

 

やっぱりサイパー問題集が傑作だった件

上に書いた問題集の中でやっぱりすごいと惚れ込んでいるのが「サイパー問題集 和差算・分配算」です。

何がすごいって、表紙は「和差算・分配算」とはなっていますが、中に【和差算・分配算とは?】とか【和差算・分配算の解き方】的なテクニックが一切書かれていないことです。

そもそも私、テクニック的な算数の解き方を身に付けてて欲しいと思っていないし、それよりは根本的な考え方を理解して欲しい!(全国統一小学生テストの保護者会でも「○○算はこう解くというテクニック的なことを家庭で教えるのはNGです」との話もありました)そんな私の願いをまさにかなえてくれる問題集。

 

この問題集はアマゾンのページで中身が少し見られるのでみて欲しいのですが、まずは簡単な線分図の問題から始まります。その後の流れはこんな感じです。

  • 簡単な線分図問題。線分図があらかじめ書かれている
  • 簡単な線分図問題を自分で線分図も書いて解く

(分配算の基礎となる「ふたつに分けた時にどちらかがどれだけ多くなるか」の考え方と線分図の書き方をマスターする)

  • 和差算に近い分配算問題。最初は線分図が書かれている
  • 和差算に近い分配算問題を線分図も自分で書いて解く

(一歩ずつステップアップしていくので、子どもは分配算になっていることに気が付かず、テクニック的なものに走らず考え方をしっかり理解できる)

  • 倍数算に近い分配算問題。最初は線分図が書かれている
  • 倍数算に近い分配算問題を線分図も自分で書いて解く

(倍数算に近いものの、和差算より線分図を分ける数が増えたくらいの感じで取り組める。)

 

今長男はここまで終了。(ちなみにページでいうと24ページです)

今日「500枚のカードを3人で分けました。姉は弟の3倍より30枚多くもらいました。また、妹がもらったのは、弟の2倍よりも70枚少なかったそうです」という問題を結構難なく解いていて驚きました。

でも本人にしたら少しずつ難しくなってくるサイパー問題集の流れに沿って問題を毎日解いてきただけなんですよね~。

うーん、すごい。

和差算についてはこんな記述をあるサイトでみかけました。

方程式の基本なので、ここをきちんと理解出来ていると、中学数学にもスムーズに入って行くことができます。中学生でも数学が苦手だ、という学生を担当している場合は、和差算をきちんと理解出来ているかを確認してみて下さい。

 

やっぱり和差算・分配算の考え方は大事!このサイパー問題集の分配算、一度で線分図を書く習慣がつかなければそれこそ2度目だってやらせてもいいかも…!

ちなみに、もし線分図自体をいまいち理解していない場合はサイパー問題集線分図からやるのもいいと思います。こちらの線分図の方には「数の個数の数え方や順番」に関する問題もあるので、これはこれでやらせておきたいところ。長男(小3)は少し戻る面もありますが、長男は線分図を書くのが苦手なので近いうちにこちらもやらせるつもりです。

 

思いのほか長々と書いてしまいました~。お付き合いくださりありがとうございました。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

12 件のコメント

  • はじめまして。
    長男(小2)の算数のドリルを探していてこのブログにたどり着きました。
    まだたどり着いて3日目くらいですが、まだ読んでいない記事を読みたくて夢中で読んでいます。
    あっぷー様のお子さまたち、いつ、どのドリルをやっているのかなーと思っていたので、今日の記事は(も!)とても興味深く読みました。

    我が家の長男も、勉強に対する興味がなかなか出てこなくて(ひらがなでやっと名前が書ける程度(-_-))懇談では先生から「夏休み、お母さん頑張って下さい」と言われてしまうほどでとても悩みました。
    私が教えるとケンカになるし。
    そこで、小1夏休みから学研教室に無理やり通塾→半年で授業についていけるまでになりました。
    小1の冬、「もっとこうゆう問題プリントを出してくれたらいいのに」と思うようになり、「学研プリント、本屋に売ってるし、低学年の勉強だもの。私だって教えれるのでは?」と、学研教室をやめて算数は「学研 毎日のドリル」と、国語は「ドリルの王様」を家庭でやりはじめました。
    小2にあがる前の春休みは、とにかくどんどん(一日6枚くらい)こなして、何か「勉強ってできると楽しい!」を私も長男もつかんだんです。
    そこから2年生も、「毎日のドリル」「ドリルの王様」を今までこなしてきました。
    けれど…
    長男、普通の問題がよくできるようになったのか「毎日のドリルのお楽しみページみたいなのがもっとやりたい」と言うようになってきて、私も本屋巡りましたがなかなかそんなドリルや問題集が見つからなくて~ここにたどり着いた訳です。
    とても長くなって申し訳ないですf(^_^;
    でも、本当にいろんなドリルや問題集を紹介して下さって、うれしくてメールしてしまいました。
    ありがとうございました‼

    • ゆかさま コメントありがとうございます、記事も色々読んでくださったなんて嬉しいです~♪
      学研から家庭学習に切り替えたなんてすごいですね!その上息子さんとの勉強、答えは見ずにママも計算してるとは。私もそうしてますが、ママも実際に問題を解くことで、子どもがどういう風な過程で問題を解いたかが分かるので、これは結構大事なことですよね。

      私もドリルの中では「毎日のドリル」「ドリルの王様」が気に入っています。似てますね~。ただすみません、「毎日のドリル」国語系しか持っていないので、算数の「お楽しみページ」というのがどういうタイプの問題かわからず…。虫食い算のような感じですか?楽しくできる計算問題というイメージをしていますがどうでしょうか。

      これについてはコメント欄では書ききれないので、記事にしますね。

      取り急ぎ「単純な計算問題じゃなくて、楽しみながら計算力をつける」というドリルを私の知っている限りでいくつか書くと・・・
      ・Z会グレードアップ問題集小2の計算・図形は筆算の単元のところで、虫食い算や魔方陣、逆算などが入っています。覆面算も記号ではなくて絵を使っているので、子どもはクイズみたいな感じで楽しんでやってます。計算パズルというのページもあります。教科書レベルよりは難しい問題も入っているので、そこそこやりごたえはありますよ。
      ・東大脳さんすうドリル こちらは決められた数ずつ増えていく数を線で結んだり、和が100になる数字を絵の中から探したりなんて感じの問題です。筆算や数式は全く出てこないのと足し算が分かればできます。コツコツタイプの子に向いているかな?でも足し算オンリーなので、小2だとちょっと物足りないかもしれません。
      ・サイパーシリーズhttp://maccess.sakura.ne.jp/s07sample.pdf これも楽しんで計算練習ができますが、小2ですと割り算がまだなのでダメかな?割り算ができるならこちらもおススメです。花まる学習会の算数パズルも同じ感じです。
      ・コツコツタイプでしたら「賢くなるパズル」シリーズはいいかもしれませんね。賢くなるパズルシリーズだと「足し算」か「数字ブロック」あたり。

      すみませんまとまりもなく書いてしまいましたが、もし学校の勉強も視野に入れつつ楽しく計算をというのならZ会グレードアップの計算・図形がいいかもしれません。
      もし中身がどういうのかもっと知りたいという時はご連絡ください♪

      • あっぷー様
        お返事ありがとうございます( 〃▽〃)
        Z会グレードアップ問題集を置いてた本屋があるので、今日にでも行ってこようかと思います。
        サイパーシリーズ、はなまる学習会のドリルも気になっているので、ちょっと調べてみますね。
        賢くなるパズルは、入門編を持っていました~
        途中までやって、毎日のドリルに紛れ込んで(色がほとんど同じ、サイズも同じで(笑))すっかり忘れていたので、息子に勧めてみます。

        市販ドリルを全部をやらずに終わる事になっても、塾の月謝に比べたら安いものなので、いろいろ試してみようという気持ちです♪
        ありがとうございました‼

        新しい記事も楽しみにしています。

        • ゆかさま
          コメントありがとうございます。Z会グレードアップはどこのサイトを見ても評判が高いし、うちでも実際やってみてすごくよかったです。
          ですよね~、塾の月謝に比べたら安いですので色々教材を買って試してみるのいいと思います!
          ぜひいい問題集がありましたら教えてください~。

  • ここ数週間週末に息子の野球の試合が立て続けにあり、学習の方がおろそかになってました。。
    息子が勉強しないというより、毎日のスケジュールをたてるのが面倒で放置していた私の責任ですが 、、(^^;)

    通塾していないと、親が怠けてしまうとそこで勉強がストップしてしまうので恐ろしいです。。(うちの息子は自分で計画をたて、勉強する!なんて技はできませんので)

    あっぷーさんの朝学習の記事を読んで気合いが入り直しました!
    頑張ってスケジュールをたてます!!

    サイパーの和差・分配算問題集、いいですよね♪
    うちも定着させるために、再購入しようかなと考えています。

    • kayoさま
      コメントありがとうございます。本当そうですよね!家庭学習(小学生)はほぼ親次第。私も朝勉強「あー、眠いなぁ。今日はお休みしちゃお♪」なんて日もありつつです。うちの息子も自分から勉強するなんてあり得ません。いくら断言してもし足りないほどです(笑)
      kayoさま、サイパーお持ちなんですね。さすがです~!!他にもお勧め問題集あればぜひ教えてください。

  • こんばんはー。
    サイパー問題集、気になって公式サイトでサンプル見まくっていますが^^;
    基礎力を身につけるってまさにこういう力を積み上げることだよなあと。
    モヤモヤがスッキリ、今後の我が家の家庭学習の方針が立ちました。
    国語でいうなら、出口シリーズで基礎力つける、みたいな?
    精査したらポチる予定です(*^^*)

    いつも刺激と、新たな発見を与えてくださり、有難い限りです〜。

    • MMさま
      コメントありがとうございます。私もサイパー問題集の公式サイト見まくりです(笑)同じですね。サイパー…いいですよね。算数の解き方テクニックには走らずとも、算数の基礎を叩き込んでくれる。そんなイメージです。あ、なるほど!出口と似てるかもしれません。
      私も他のも欲しいのでもう少し精査してポチろうと思います。何を買ったかぜひ教えてください♪私も刺激になります~。

  • さっそくポチりましたよ~。今回は和差算・分配算と、量(倍と単位あたり)の2冊です。
    量(倍と単位あたり)は、ちょうど手ごろなドリルがほしいタイミングだったので、
    単純に数字だけを扱うのではないセンスを養える気がして、ポチりました。
    個人塾の熱心な先生が、個別指導のために作っていた問題をコピーして分けてもらってます的な
    テキストの作り、嫌いじゃありません(笑)。
    和差算、期待通りです。息子はパズル的に解いていってます。どう積み上げてくれるか楽しみです。

    • MMさま コメントありがとうございます! 量(倍と単位あたり)買われたんですね。わたしも、欲しい!
      どうでした?よかったですか??

      >個人塾の熱心な先生が、個別指導のために作っていた問題をコピーして分けてもらってます的な テキストの作り、嫌いじゃありません(笑)

      同意~~!私もこのチープな感じが結構好きです(笑)

  • 我が家も夜、あくびしながらの学習がかわいそうなので、
    朝学習に変えたいと思っていたところ!
    まずは6時に起きる練習・・・ですが、
    全然起きられません。まずそこからだ!(笑)

    そうそう。先日初めてブンブンどりむの添削が
    返ってまいりました。親からはダメだしばかりで、
    文章を褒められることがなかったので(?)、
    肯定的に評価が書かれ、親が感情的に「もっとこうでしょ!」
    というところは優しい~アドバイスとなっていて、
    気に入った様子です。

    娘が(ブンブンどりむのおかげで)
    「私、最近さくさく書けちゃうんだよねー」ですって!
    →親から見ると、全然できていないんですけどねw
    親だからこそ、求めすぎてしまっている部分があると
    添削を見て少し反省です^_^;

    • AIさま コメントありがとうございます。そうなんです、夜の疲れた顔を見るとどうしてもかわいそうになっちゃう…。それで私はついつい「今日はもういいか」って言ってしまうんですよね~。なので朝学習いいかな~と思いつつ、起きるのが大変(笑)特に私が。目覚ましとの戦いです…。

      娘ちゃんすごい~。作文に得意意識持ってますよね!それ何よりすごい! うちもその意識が欲しいんです(笑)
      添削は親もちょっと冷静になれるからいいですよね。うちの場合は添削の方ムリムリいいところを見つけてくれてありがとうございますという感じですが。あは。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です