「プレゼント」小学1年生に贈りたい知育玩具や学習教材

誕生日やクリスマス、またはちょっとしたご褒美に。我が家でも数は多くないものの、子どもにプレゼントを贈ってきました。

その時は子どものリクエストを聞いたり自分で調べたり…。「これだ!」って思うんですけど、実際今振り返ると「あれをプレゼントすればよかったな」「これは小1で贈りたかったな」なんて後悔することもあります。

そこで今だから書ける【小学1年生に贈りたいプレゼント】をまとめました。

 

スポンサーリンク

1年生に贈りたい知育系玩具のプレゼント

ピタゴラプレート

立体感覚を身に付けることができるオモチャ。実際に手を使って立方体を作ることで、おのずと立体感覚が向上します。ピタゴラス算数やピタゴラス小学生などいくつか種類がありますので、年齢や学年に合ったものをプレゼントするのが良さそう。

小学校高学年で立体の展開図を勉強しますが、そこでも使えるので捨てちゃダメ~。

レビュー記事:立体図形問題で使える「ピタゴラス」は、小学生の勉強でも活躍場面が多いコスパが高すぎる知育玩具

 

図形キューブつみき

普通の積み木と違うのは、カードを見ながら色々な形を作る見本冊子が付いていること。対象年齢は3歳~となっていますが、全ての課題をクリアできるのは小学生からと長く使える積み木です。

小学校の算数でも立方体問題はあるので、小学生以降は算数勉強にも使えちゃいます。中学受験をお考えの方はご存知だと思いますが、中学受験でも実際に組み立ててこそしっかり理解できるタイプの立体問題(立方体の辺の問題など)ってありますよね。

うちでは「天才脳ドリルの空間把握」などに出てくる「いくつの立方体を使っているか?」やビルディング問題。あ、あとは先日の全国統一小学生テストでもブロックを積み上げて「上から見たら?」「正面から見たら?」などを考える問題でも使っています。

子どもが立方体の問題で「?」となった時にこの積み木があると理解が深まります。意外と類似商品がないので、これはおススメ。天才脳ドリルでも別売りの立体キューブがあるのですが、こちらの方がピース数も多いですし幅広く使えます。

 

いろはカルタ

コメント欄からこのカルタを教えてもらって早速我が家も購入したものです。

『すごく古臭い絵柄なのですが、お正月っぽいですし、あたま隠して尻隠さずとかは画像見ていただいたらわかるんですが、モロお尻丸出しの絵で子供ウケがすごくいいです。難しい「い」や「え」もありますし、古い時代のものに触れるのもいいなと。』

本当その通りでした!今は地理や漢字なんかをついでに覚えよう的なカルタもたくさんありますが、こういった昔ながらのカルタにも1度は触れさせておきたいですよね。1,000円以下で購入できるのも嬉しい。

 

光るどろだんご制作キット

 

1年生が喰いつかないわけがないこちらのキット。
作りながら「なんで光るのかな~」なんて話もしながら親子で作りたいですね。画像の「どろだんごの王様」は、必要な材料がほぼセットになっているのと、実験のやり方・まとめ方の冊子も付いているので、自由研究にも使えます。

我が家は作るの失敗しましたが~、大抵はキレイな「光るどろだんご」が作れるみたいです。(我が家の制作記事はこちらからどうぞ!)

 

玉そろばん

小1から数を分量で捉えるというのは本当に大事なこと。
ここで躓くと今後算数が苦手なまま学年が上がっていってしまう可能性も。それじゃぁ分量で捉えるにはどうしたらいいか?ということで、学校でも水道方式に近い「図や道具」を使った計算の練習方法してますよね~。

もしお子さんが計算が苦手ならこの「玉そろばん」も役立つと思います。普通のそろばんよりも珠が大きくて色わけされているので、繰り上がりや繰り下がりの感覚も掴みやすいのが特徴。

 

LaQ

空間把握能力や構造認識力が付くLaQ。レゴに比べて自由度が高く、想像力1つで色んなものを作れてしまうので、小1~でも充分に楽しめます。(大人だって楽しいくらい!)

基本セットを揃えてしまえば、あのパーツが足りないということにはなりません。基本セットは高価ですが、追加パーツを購入する必要はほぼないので費用対効果は高いです。

 

アルゴ

アルゴは有名な人気ゲームなのでご存知の方も多いかと思いますが、単純なルールなのに頭を考えて考えなければ勝てないという良玩具です。

うちでは長男小3・次男小2で購入しましたが、時期的にはぴったり。家族でどハマリしたゲーム。

記事:中毒性あり。「アルゴ」はハマッたらやめられなくなる!うちではウノ人気を超えた。

 

実用的なプレゼント

アシックスジャンピングロープ

一時期子どもが縄跳びにハマったため、色んな種類の縄跳びを購入した時期がありました。100円ショップで買えるものや、おもりが入っていて飛びやすくなっているものなどなど…。その中で一番飛びやすかったのがこの「アシックス ジャンピングロープ」です。

こちら、体操教室などの指定縄跳びになっているなんて話も聞くほど。普通の縄跳びよりは若干高くつきますが、買って損はないものです。縄跳びのお陰とは言え、子どもの「できた!」という感覚は大事にしてあげたい!

 

自転車用テールライト

自転車に乗るときのヘルメットはもはや当然ですが、テールライトもきちんと付けていますか? 反射板は付いているけど、テールライトは付けていないというご家庭も多いかもしれません。

ですが後ろから走ってくる車にとって、テールライトを付けている自転車とそうでない自転車に向けられる注意の差は歴然。そのためなるべくよく光るライトを付けてあげたいもの。

このパナソニックのテールライトは後付けが簡単で、小学生に嬉しい自動点灯・自動消灯です。(スイッチを入れ忘れたら意味がないですからね) その上ライトが強い光で点滅するのでかなり目立ちます。アマゾンでもびっくりのレビュー500件超え。ってアマゾン安い!うちが近くのホームセンターで購入したのは2,000円以上しました…。

 

リュックを背負っていても着れる雨具

小学校になるとランドセルの他にもお道具箱や体操着や給食着…。何かと持ち物が多くて手が塞がってしまいますが、そんな時に重宝するのが雨具です。

遠足の持ちものや、自転車でお出かけするときは持ち歩きたいもの。そのためコンパクト且つリュックの上からでも着られるというのが必須条件。1つは持っておきたいアイテムです。

 

学習補助グッズ

スタディクロック

1年生と言わず1つは持っておきたい勉強用の時計です。2年生以降で出てくる何時何分から何時何分までは何時間何分?という問題は躓きやすいもの。その時までぜひ持っておきたいし、実際に手を使って考えさせたいものです。

 

コクヨ 鉛筆シャープ

鉛筆と同じ書き心地を実現したシャーペンです。芯の太さが1.3mm、0.9mm、0.7mmと鉛筆に近いのと、3角軸のものもあるので、子どもの持ち方練習としても使えます。
こちらの鉛筆シャープの前に発売された「コクヨ ジュニアペンシル」はまさに小学生のために開発されたシャーペン。小学生になって周りのお兄ちゃん・お姉ちゃんに憧れを抱く頃にプレゼントするのがおススメ。

学校では使えませんが、家庭学習では重宝します。値段も200円弱とコスパ高し!

レビュー記事:これは嬉しい!コクヨジュニアペンシルは小学生でも使えるシャーペン!

 

★学習教材に関する記事。こちらもどうぞ★


スポンサーリンク
スポンサーリンク