子どもの『英語』どうする?「見てみぬフリ」状態の私にどなたか情報くださいませんか~(涙)

追記:この記事公開後、本当にたくさんの有益な情報をコメント欄から教えていただきました。私の記事はどうでもいいので、スクロールしてコメント欄をお読みください。めちゃめちゃ役立つ内容満載です!

 

2015年の子どもの習い事ランキングが発表されましたね~。

習っているランキング1位は「水泳」、習わせたいランキング1位は「英語」でした。

http://www.keikotomanabu.net/kids/ranking/

こういう習い事系で必ず目にする「英語」。

みなさんは英語、どうされてますか? 恐らく中学受験を考えているご家庭では英語はとりあえず保留としている家庭が多い?でもうちのように公立中学に進む予定のご家庭は英語に力を入れているっていう方もたくさんいそうです。

 

今まで英語を見てみぬふりをしてきた理由

ブログには何度か書いていますが、うちは3年前まで海外に住んでいました。子どもたち、現地幼稚園に通っていたし、私が日本人コミュニティのセレブママたちに馴染めずにいた(笑)せいで、子どもたちも当時は現地語を理解していたし喋っていました。

それが3年経った今…子供たち全てすっからかんに外国語忘れました。忘れたレベルを超えていて、その現地語の動画を見せても「何この言葉。英語?」くらいのノリ。オーノー。

私が英語を見てみぬふりをしているのには、この体験から子どもはどんなに外国語を話せても継続しないと忘れるというのが頭にあったのが1つ。

あとは次男なんですが、次男は日本語も現地語もとにかく発達が遅かったんです。
どちらの語彙力も少なかったし、どちらの言葉も出てくるのが遅かった。それこそ発達障がいを疑っていた時期もありましたが、日本に帰国して現地語を忘れるとともに日本語をぶわーっと喋り出したんですよね。

次男には2ヶ国語を学ぶキャパはなかったんでしょうね。 これが2つ目の理由で、そもそもキャパがないところに外国語を学ばせても身にならないというんな思いがありました。

でも実際…周りには英語を習っている子も多いですし、習い事ランキングで「英語」がどどーーんとこられちゃうと…焦るじゃないですか(笑)

 

 

または他にもこんな教材がいいよという情報ありましたが教えていただけませんでしょうか~。
習い事を始めるというのは考えていないので、できれば家庭でできる英語教材というのが希望です。流されやすい私にどうぞ愛の手を…!!

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

12 件のコメント

  • 七田式、私が主人用に購入しました!
    娘は別の勉強方法で英語に触れさせています。

    まずこちらの七田式 テキストやCDはとても簡素です。
    中は白黒ですし、イラストもありません。
    1日毎に単語や構文を織り込んだ1文×10コを暗記していくスタイルです。

    例えば Day1 come (やってくる、いく、~になる)
    1)いまそっちへ行きます。 → I’m coming!
    左ページに日本語、右ページに英語が書いてあります。
    これをCDをかけながら覚えていく。
    2日目はDay1+Day2
    3日目はDay1+Day2+Day3
    4日目はDay1+Day2+Day3+Day4
    5日目はDay2+Day3+Day4+Day5
    という感じで進めていくようです。

    「ようです」というのは主人のために購入しましたが、ほぼ手付かずw
    にも関わらず続編も購入しました(購入者特典で安く買えるというので
    とりあえず買ったような状態です)
    今年の目標・・・も、もう12月(-_-;)
    主人には2016年に頑張ってもらいましょう。

    私もなんちゃって英語で海外旅行で困りながら
    伝えたいこと2割な感じですので、この教材を2016年(おまえもか!w)
    利用しようと思っていますが、とりあえず英語を学んだことがある人向けかな。
    英語に悩んできた人が、なるほど!こんな風に言えばいいのか。
    こんなシンプルな表現でいいのか。と進めていく教材と感じました。
    全て覚えれば、まぁ、それなりに会話できそうです。

    さて我が家の娘(小3)は今年3月から英語の勉強を始めました。
    まずは(私が知っていたらよかったのにと感じている)フォニックスをと思い、
    Sounds Great や Sounds Funというテキスト(CD付き)から始めました。
    某英語塾の方からこの程度なら自宅学習でも進められると教えていただきました。

    それと並行してpenguin kids シリーズのディズニーの絵本。
    英語の文章を耳で聞き、それを読むという練習をしています。
    ※どちらもアマゾンで購入可能。penguin kidsはHPから音源のDLが可能です。

    幼少期に耳にしていた言葉は忘れてしまっても
    勉強を始めるとすぐに思い出されるようですので、あっぷーさんの息子さんたちも
    CD付きの英語の簡単な物語を活用するのはいかがでしょうか?

    • AIさま コメントありがとうございます。そして貴重なご意見も!
      七田式、テキストなど非常に簡素なんですね~。なるほどそれで安価なのか…。そして内容の方も大人向きとのことで、参考になります。子どものために購入というのは現実的ではないようですね…。

      小3の娘さん3月から英語開始!フォニックス?ペンギンキッズ?どれも知りませんでした。penguin kidsはアマゾンで購入可能とのことで手軽に始められそうで興味深々です。早速調べてみようと思います!

  • まずは落ち着いて、「大局観」を持つことが肝要でしょうね。
    つまり、お子さんが英語に対してどういう風になってもらいたいのか、というビジョンです。

    中学受験は視野にないとのことですので、高校・大学受験を有利にさせたいのか、それともその先の、大人になってからのビジネスに役立てたいのか、それとも洋書を読みこなしたり映画や洋楽を原語で観賞できたりとか教養・素養面を重視したいのか、と。

    完全に私見ですのでご参考までですが、私は小学生まではゼッタイに 「国語が先」 と、思ってます。

    というのも、日本語ででも抽象的な観念や考え方、それから文法(つまり、言語を演繹的に理解し、使用すること)が小学生の間ではやはり完成できておらず、というか構築を始めたばかりの状態です。

    そこにさらに新たな憶えごとを増やして、はたして長い目で見て効率的なのか、、、というとちょっとどうかな・・・と考える次第です。

    他の教科についても同じとは思いますが、一番大事なのは「キライにさせないこと」 「楽しいと思わせること」かな、と思います。

    なので、楽しいと思った状態を維持して中学校までもっていけるものがあるとしたら、それがベストかと。

    • をづさま コメントありがとうございます。いつも非常に参考になるご意見をありがとうございます!

      >完全に私見ですのでご参考までですが、私は小学生まではゼッタイに 「国語が先」 と、思ってます。

      完全に同意です。むしろ経験からも完全外国語の生活でなければ幼少期に多少外国語を学ばしてもたいして効果はないのじゃないか?と…。
      ただ小学校あたりから英語を習っていた子たちが、中学生英語が始まったときに「英語が得意」という「感じ」を持って取り組めてそこから興味を持って伸びていくという側面もあると思うので悩むところです。
      特に高校受験を目標にしている場合英語が重要になってきますし、できれば今からできることがあればしておいた方がいいのかと思いつつ。どうしたらいいものか~です。

      >つまり、お子さんが英語に対してどういう風になってもらいたいのか、というビジョンです。

      そうですよね、一番はここですよね。私は受験で有利になるくらいにはできて欲しいけど、特に「英語が喋れて欲しい」とは思っていません。それは英語が喋れるというのが本質では全くないと思うからです。必要に迫られれば喋れるようになるでしょうしね。それよりも「何を喋っているか」という中身が重要だよなぁと。

      をづさまにアドバイスいただいて、何を目的に?それじゃぁどういう風に進めていけばいいのかが少し見えてきたような気がします♪ありがとうございます。

  • 初めまして。
    いつも、参考にさせていただいて更新を楽しみにしています。小3女子母です。

    とりあえず高校入試を目標にすると割りきって、中学教科書と問題集で勉強するのはどうかと、最近、思っています。立ち読みの結果、小学生向けの英語問題集は、基準もなく達成感がなさそうな印象で。

    それなら、教科書ならいい教材と問題集がそろっているのではなかろうかと。

    でも、全然話せることは目的ではない考え方で、中学生になった時に、ほんの少しでも余裕ができればいいなくらいですが。

    私も4年生くらいから、何かできればいいかなと検討中です。

    • もものたねさま コメントありがとうございます。
      >とりあえず高校入試を目標にすると割りきって、中学教科書と問題集で勉強するのはどうかと、最近、思っています。立ち読みの結果、小学生向けの英語問題集は、基準もなく達成感がなさそうな印象で

      なるほど…。もものたねさま宅は中学受験予定なしでしょうか?うちは中受予定なしなのでもものたねさまのおっしゃる通り、先々中学の教科書を使って勉強するの、いいかもしれません。
      発音がネックですので、そのあたりは基礎英語を使ったりしてもいいかも。

      最近の英語ブームにはほーんと悩まされます。今から英語をやらせておいたほうが中学になった時に「英語が得意」という感じ(本当に得意かは別として)は得られそうですしね。でもそのためにあの高い月謝を払う?多分あまり効果ないのに?などなど悩みます。

  • あっぷーさん、うちは英語、既にかなりやってきた組で、4年生までである程度しあげて、5・6年は受験にシフトし、中学以降は、学校の授業にあわせて自分で進めていってもらう、作戦なので、ちょっとスタンスが違うかもしれません。が、結構、時間とお金を使ってきたので、その中でコストパフォーマンスの良さそうなところでおすすめするとすれば、音源のある絵本を使う(AIさんと同じです)のと、もうすでにお試しのようですが子供むけのTV・ビデオの視聴ですかね。

    絵本は、うちはCTP(音源つき)やORT(こちらは絵本のみ購入しましたが音源もあり)で導入しましたが、こういった教材系は高いので、もう小学生ならば、市販のものでも十分だと思います。幼児英語界では鉄板のかけ流しは、小学生になるとあまり有効ではないかもしれないので、意味が分からなくても、直訳するのではなくて、親がざっくり状況説明してあげるくらいの感じで、絵本に親しんでいくのはいかがでしょうか?親が絵本を読んであげて、音源はドライブの時に聞かせてあげる、とかしてみると、大人よりは耳からの入りがいいはずですので、まだ丸覚えできるかもしれません。そこから、読みにつなげるためにはフォニックスは有効です。私は、ここは外注してしまっているのですが、スコラスティック社のフォニックスのワークブックは日本人の親でも取組みやすいかも。(実は、張り切ってこのワークブック使ったのですが、息子は既に教室で身についており、私が勉強したようなものです。でも日本人の親世代にはなじみのないフォニックスを知ることができ、有効と思ったのでおすすめします)ただ、大事なのはここからはじめないことです。読めても意味が分からないと、読みが進まないと思います。

    もう一つの導入のおすすめはTV番組ですかね。Dライフ、ただなのに素晴らしいです。うちは幼児から始めたので、長時間の映像視聴には抵抗があり最初は絵本でしたが、視聴時間にさえ気をつければ、映像の効果は高いです。子供むけTV番組のいいところは、映像の動きと言葉があっているので(英語が母国語の子供だって、英語はまだ完ぺきではないから)、意味が分かりやすいところです。幼児のときは、ビデオを含めミッキーマウスクラブハウスとドーラ、リトルアインシュタインが、内容的にも安心だし、ストーリーパターンが決まっているので、英語が未熟でもお話の意味が分かりやすくて子供が喜んで見てくれました。もし、まだこのあたりを見てくれるならおすすめです。ただ、小学生には内容は幼稚すぎますかねぇ。

    2年生の今は、ジェイクとネバーランドの海賊たち、お助けマニー、ソフィアあたりを見せています。男の子ならジェイクは楽しめるのでは。ソフィアは主人公は女の子ですが、扱っているお話の内容が素晴らしくて、私は好きです。息子も大好きです。

    そして、あっぷーさんには釈迦に説法、かと思いますが、英語こそ家庭学習です。うちは、今のところなかなか上手く行っていてネイティブの子の同年代の子の1年下くらいのレベルにつけているので、どうやっているのかと良く聞かれるのですが、1日あたりの時間は15分~20分であっても、毎日家でやっていたのが一番だと思っています。確かに、英語のみの環境(英語幼稚園のサタデー)にお金は使いましたが、逆にそこで出会った子供でも、家で何もやっていない子は、あまり身についていませんでした。なので、家庭学習で始めるのは大賛成です。あとはアウトプットだな、と思ってから教室に行っても全然遅くはないですし、アウトプットのためにはその数倍のインプットが必要です。

    • 二年生男子母さま 英語やられてきてるのですね。みなさんすごいなぁ。私がこんなノンビリしてると後から大変なことになりそうな気がしてきました~。

      >幼児英語界では鉄板のかけ流しは、小学生になるとあまり有効ではないかもしれないので、意味が分からなくても、直訳するのではなくて、親がざっくり状況説明してあげるくらいの感じで、絵本に親しんでいくのはいかがでしょうか?

      他の方もストーリーがあるものを勧めて下さっていてなるほどと。小3となるとそれってすごく有効な気がします。うちの場合は英語への抵抗感をなくすために、普段は英語かけ流し、私の時間が取れる時にストーリーのあるものを取り入れて子どもに興味を持たせるというのがいいかも・・・。
      フォニックス?Dライフ?
      ぎゃー。何も分かりません!(笑)でもすごく貴重な情報を下さっていることだけは分かるので、ちょっと時間をかけて調べつつ、子どもに還元したいと思います。

      そして英語こそ家庭学習という言葉。なんとも心強い。家庭学習という言葉に弱いので、俄然やる気が出てきましたー♪(単純ですみません)

  • こんばんは♪
    あっぷー様が欲しているような情報でないかもしれませんが、我が家の英語をお教えしたいと思います。
    NHKの「プレキソ英会話」(5分から10分の短い番組)のストーリーが面白くて、全話収録のDVDブックを買って、それを車で流しっぱなしにしています。
    現在放送中の「スシタウン」と、以前放送されていた「フラッシュ太郎」、どちらもシュールな笑いがこども達のツボだったようで、全編英語のセリフを想像しながら、どうしても詳しく知りたい時には本で訳をしらべたりしながら見ています。
    習い事の送迎時に見ているだけですが、短いセンテンスは覚えたりしているようです。
    小学校5.6年向けレベルなので、あっぷー様の求めていらっしゃる物とはかなり違うかもしれませんが。。。f(^_^;
    七田式、今だけ一万円引き、いいですねー
    ピックアップされたリストが気になる…
    私がやりたいと思っちゃいました(о´∀`о)

    • ゆかさま コメントありがとうございます!
      車でDVDブックを流すというの、いいですね~。というよりDVDブックというのがいい!英語は勉強というよりはまず興味を持ってほしいなと思っているので、まずはストーリーから入ってそれが英語だったというのは理想かもしれません。教えてくださったDVDブック早速調べてみます~♪
      情報ありがとうございます。

      七田式、そうなんですよ。私もピックアップされたリストが気になって自分にいいかなと(笑)それで子どもにもやらせられるのなら買おうかな~というところがスタートです。今のところ購入はしてませんが・・・。

  • こんばんはー。
    英語学習はモヤモヤがいっぱいですよね(苦笑)。
    それにしてもせっかく海外にいらしたのにもったいない・・・(°_°)

    抵抗感を少しでも払拭、という目的であれば、
    CDのかけ流しもいいと思いますよ。
    うちは「frog and toad」「magic tree house」とかのCDをかけ流ししてます。
    ただ、結果は何も求めず、ひたすら聴かせるだけ。
    そんな程度でもいいのではないでしょうか。
    1年〜2年生とやらせていたBE-GOもよかったですよ。やめてしまいましたが。

    その成果があってか、英語への抵抗感はなく、
    唯一お勉強系の習い事は英会話だけです。
    グループレッスンでは意味がないので、
    ネイティヴとマンツーマン、ガチで40分やらせてますが、
    ペラペラなんてもちろんありえませんが、
    英語耳とガイジンへの度胸だけは鍛えられてるみたいです。

    小学生で英検必死になって取っても、
    中学になれば、追いつかれますしね〜。
    うちも5級は取ったけど、算数検定と同じノリで受けさせたようなもんですし、
    英検取ることに血道をあげるのは(英検取ることが目的になってしまっては)、
    あまり意味がないと思ってます。

    余談ですが、ETVの「おとなの基礎英語」を録画して子どもと一緒に見てます。
    これがなかなかいい出来の番組で、オススメです。

    • MMさま コメントありがとうございます。
      本当せっかく海外にいたのに・・・と思うのですが、むしろ海外にいたことで子どもたちが英語嫌いになっている気がします。
      というのも、同じ幼稚園や同じアパートに住んでいた欧米の子どもたちが、身体も大きい悪がきタイプが多くて(笑)、子どもたちがよく「英語人こわいー」と泣いて逃げていたんですよね~。あはは。

      CDのかけ流し!かなり興味あって、それで少しでも抵抗感がなくせればと思ったりしていました。MMさまがおススメしてくださったCD早速アマゾンで検索してみます。ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です