マイナス面ほぼなし!『フィスラーの圧力鍋』を購入者目線で徹底レビュー

私が始めて圧力鍋を購入したのは、ちょうど長男が産まれたころでティファールの5.5リットルでした。

ティファールは初心者にも扱いやすい設計だったこともあり、長年愛用してきました。

1週間に1度は必ず使っていたティファールの圧力鍋。扱いが簡単・比較的軽い・安全設計ということでよかったのですが、不満が一点だけありました。

それは大きさ。

私にとって5.5リットルははっきり言って大きい!

その大きさも、モツ煮やポトフなど大量に作る料理では重宝しましたが、普段のシチュー系や角煮・手羽元を煮たりするのに5.5リットルは大きすぎました。

そこまで量の多くない料理を作るのに、あの大きい圧力鍋を出してきて、使い終わったら洗ってっていうのはとても面倒。

もっとサイズが小さくてパッと出してパパっとしまえる圧力鍋が欲しい!ってずっと思っていました。

 

そんな折、ティファールの圧力鍋の調子がどうも悪い。パッキンの問題かと思うのですが、圧がかからないことがあるんです。1度圧を抜いて、再度火にかけると圧力がかかったりするのですが、この「圧力がかからないことがある」というのがストレスになってきたので買い替えを決心しました。

 

果てしない究極の圧力鍋探し

買い替えに際して一番重要視したのは容量です。

5.5リットルはティファールで懲りていたので、それよりも小さめのを。でも小さすぎてカレーなんかが作れないのは困ります。となると4.5リットルかなと思ったり、でもカレーとかはお鍋で作ればいいから圧力鍋はもっと小さいもの(3リットル)にするかと思ったり。

そんな時見つけたのが、このフィスラーの圧力鍋。こちらなんと2つの容量の圧力鍋がセットになっていたんです!

 

でもこれ、ちょっと分かりにくくて最初は「圧力鍋に小さい鍋がセットで付いてくるのかしら?」と思ったんですけどね。(そんな勘違い私だけ?)

結局、このセットが「圧力鍋が2つセット」なのか、「小さい鍋がオマケみたいに付いてくるセット」なのか確信は持てないまま(笑)まぁどちらにせよ使えるだろうと信じて購入に踏み切りました。

結果は…はい、無事に使えました。というか、小さい方は圧力鍋としても鍋としても使える優れものでした。この通り!

スキレット

2.5ℓのスキレットに圧力鍋の蓋を付けてみました。この通り2.5ℓスキレットも圧力鍋として使えます。

 

もとより、セットの大きい方(4.5ℓ)は正真正銘の圧力鍋ですが、もう1つの2.5ℓのスキレットとは何なのでしょうか?付属の説明書の記載です。

  1. フライパンとして焼き物・炒め物・揚げ物に使える
  2. 専用ガラスフタを使って無水調理ができる
  3. 圧力フタを使って圧力調理もできる(お米だと2.5合くらいは可能との記載あり)

 

フィスラーの圧力鍋について

ここで少し一息ついて・・・フィスラーの圧力鍋について。

フィスラーはドイツの調理器具メーカーで160年の歴史があります。

ドイツの「物は大切に長く使う」という精神が息づいている会社なので、品質もさることながらフィスラーの調理器具は「ずっと使える」という面でも定評があります。ちなみに圧力鍋のスプリング式を発明したのはフィスラーです(1953年)。

フィスラーの主な圧力鍋ラインナップは現在3つ

  • プレミアム(最上位版)
  • コンフォート(普及版)
  • ビタクイック(廉価版)←今回購入したもの

 

値段の違いを見てみましょう(2015年12月現在)

10ℓ 6ℓ 4.5ℓ 3.5ℓ 2.5ℓ
プレミアム 83,160円 68,040円 62,640円 59,400円 56,160円
コンフォート なし 59,400円 54,000円 なし 51,840円
ビタクイック なし 45,360円 43,200円 39,960円 なし

 

フィスラーの圧力鍋、実はセット販売があるのが特徴です。
セット販売の定価は以下の通りですが、通販などで購入するともっと安いです。私も2万5千円くらいで購入しました~。

プレミアム 4.5ℓ圧力鍋+2.5ℓ鍋+無水ふた(101,520円)
コンフォート 4.5ℓ圧力鍋+2.5ℓ鍋+ガラスふた(81,000円)
ビタクイック 4.5ℓ圧力鍋+2.5ℓ鍋+ガラスふた(62,640円)

 

フィスラー3種類のセット販売・圧力鍋。3つの機能の違い

  • プレミアム:超高圧がある。鍋底がノボグリルになっており、食材がくっつきにくく、焼き目を付けることができる。圧力の切り替え機能がある。スチーム機能搭載
  • コンフォート:スチーム機能搭載。高圧・低圧の2段階切り替え

と私が見つけられた違いはこんなところでした。(公式HPに違いが載ってないのが…不親切!)

 

まぁ諸々「違い」はあるものの、結局圧力鍋というと重要なのは「どの程度の圧力がかかるか」という部分です。

そちらはこんな感じ。フィスラーのビタクィック。ティファールと同程度の圧力ということは、少し圧力としては弱い!?と感じる方もいらっしゃるかもしれません。が、私はティファールの圧力鍋にさして不満もなかったので、この圧力で充分。

フィスラー・プレミアム 77kPa~133kPa
フィスラー・ビタクィック 91kPa
ティファール・クリプソ 85kPa
活力鍋 約144kPa
WMF ~80kPa

 

 

それでどうしてフィスラーにしたかという話

色々書きましたが、なぜ私がフィスラーの圧力鍋を選んだかというと「セット販売があったから」です。

圧力鍋。大抵大きいですが、その大きさがネックになっている場合。
大きさのちがうものを別々に買うという手もありますが、フィスラーのセット販売は「蓋が兼用なので、収納スペースの節約になる」という大きなメリットがあります。

 

収納スペースの節約。主婦的には大きなメリットですよね。

 

もちろん他の圧力鍋も検討しました。

  • ゼロ活力鍋・・・圧力の強さでは圧倒的ですが、デザインが難点でした。
  • ティファール・・・数年使ったので、ティファールはもういいかなということでなしに
  • パール金属クイックエコ・・・激安すぎて逆に不安ということでパス
  • ワンダーシェフ・・・もう少し見た目がシンプルなデザインがよくてパス。フタの開け閉めに難ありというレビューも気になりました。
  • ビタクラフト・・・個人的に鍋はフィスラーよりもビタクラフトが好きだったのですが、ビタクラフトの圧力鍋は取って部分を洗うのにドライバーが必要とのことで断念しました。

 

それでは実際フィスラー4.5ℓの圧力鍋でどの程度の分量の料理が作れるのか?

こちらが今まで使用していたティファール5.5ℓとフィスラー4.5ℓの比較です。
容量が違うので大きさが違うのは当然なのですが、フィスラーの方がすっきりしたデザインです。

フィスラー4

 

どの程度の料理が作れるかというのも気になりますよね。
簡単に書くとフィスラー圧力鍋4.5ℓ作れる分量はこんな感じです。(おおよそです)

  • お米は7合
  • 玄米5合
  • カレーは8皿分
  • 大豆3カップ

 

うん、我が家にはぴったり。
(ちなみに圧力鍋の最大調理量は、通常の料理なら鍋の2/3まで、ちょっととろみの出る料理なら鍋の1/2まで、豆類では鍋の1/4程度です。)

市販のルーを使ってクリームシチューを作ってみたらこんなになりました。

圧力鍋

ここで・・・フィスラーの圧力鍋に関して役立つ情報を掲載してくださっているブログがありましたので、画像お借りしました。
参考

 

これ読んだらね…フィスラーのセット販売「4.5ℓと2.5ℓの圧力鍋両方」あれば最強ってことが分かりますね~。

 

結論は・・・

大は小を兼ねるといいますけど、圧力鍋はそれにあてはまらないと思います。

なぜなら…圧力鍋ってバカみたいに重いから。確かに大きい圧力鍋ならどんな料理にも利用できちゃいます。でもその後の洗い物を考えると、大きい圧力鍋って自ずと出番が少なくなってきてしまうと思うんです。

だからこそ、圧力鍋はジャストサイズを選ばなきゃと思っていきついたのがこのセット圧力鍋だったというわけです。

 

使ってみて。フィスラーと ティファール圧力鍋の違いは?

実際ティファールの圧力鍋を使っている方多いと思うので、もし買い替えを検討しておられたら参考にして下さい。

  • 値段・・・値段はフィスラーの方が高いです。ですが、個人的にはフィスラーは2つの容量の圧力鍋が使えたり、また無水鍋としても使えることを考えると、高価すぎるということはないと思っています。
  • 圧力・・・ティファールと大きな違いは感じませんが、フィスラーはティファールの圧力鍋のあの「シューシュー」という音があまりしません。あの大きい音が怖い人はフィスラーがいいかも
  • 急冷・・・ティファールはおもりを横に回すことで蒸気を一気に出して圧を抜きますが、フィスラーはまず鍋に水をかけて急冷して圧を抜きます。(おもりが下がれば取ってのところから蒸気を出して圧を抜くことができます)フィスラーの方が急冷に時間がかかりそうですが、実際はティファールの方が時間がかかる印象です。不思議…。
  • 収納・・・フィスラーはとにかくコンパクト!ティファールはシンク下に圧力鍋を収納することができなかったのですが、フィスラーは収納できちゃうのが嬉しいところ。

 

極めつけはコレ。4.5ℓの圧力鍋が卓上型の食洗器に入ります!・・・めちゃ個人的な「嬉」でした。

5フィスラー

 

と、今のところ大満足の買い物となりました!フィスラーの圧力鍋おススメです。

 

今度こそ最後に1つ(笑)

この圧力鍋セットのスキレット(小さい方)を圧力鍋として使ったところ、1度圧がかからないことがありました。ですが取っ手が合わさる部分を軽く押し合わせたら圧力がかかりました。
フィスラーの仕様なのか不具合なのかは分かりませんが・・・


スポンサーリンク
スポンサーリンク