漢字が超絶苦手な次男の救世主となるか?『サイパー 漢字パズル』

 

かんじパズル 甲(小学低学年以上)―パズルでたのしくかんじをおぼえよう (サイパー国語読解の特訓シリーズ)漢字パズル 乙(小学中学年以上)―パズルで楽しく漢字を覚えよう (国語読解の特訓シリーズ 22)

小3以降のお子さんがいらっしゃる方はご存知だと思いますが、漢字は小3から習う漢字の難易度もぐっと上がります。難易度が上がる原因はまず習得する漢字数です。小1では80字・小2は160字・小3は200字です。
1年に200字というのは、学校に行く日はほぼ毎日新しい漢字を覚えていくということです。

ですが実は漢字が得意な子(漢字の部首とつくりの組み合わせや形声文字などの「勘」が働く子)は小3以降の漢字はむしろどんどん簡単になっていく状態に突入するように思います。

うちの長男はこちらのタイプで、漢字を組み合わせでどんどん覚えていきます。小3以降は既に習った漢字の組み合わせも多いので、あまり練習しないでも覚えられるので楽なよう。
また読みに関しても、形声文字など教えたわけではないのですが、そのあたりは感覚で分かっているようで、難しい漢字も初見で意外と読めます。

 

逆に次男は、漢字に対する「勘」のようなものが全くないようで、例えば「絵」という漢字。「糸」と「会」という漢字自体は知っているので、組み合わせさえ覚えればすぐ書けるようになりそうなものですが・・・。次男にとっては「絵」という漢字が、「糸」とも「会」とも全く関係ない「別の形の漢字」なんですよね。

だから新しい漢字が出てくる度にイチから全て覚えなくてはいけない状態です。

 

いや~、書いているだけでも疲れる話です(笑)

 

つまり小3からは、漢字が得意な子はどんどん「漢字って簡単」になっていくし、漢字が苦手な子は「覚えきれない」状態になっていく。そんな印象。次男やばやばーー!!

それで、常に次男の漢字には悩まされているのですが、次男には普通に漢字練習をさせても無駄なのかもしれないと思い始めていて、いっそのことパズルみたいに覚えさせちゃうのはどうかな~と。

調べてみたら漢字をパズルみたいに覚えるという暗記方法って意外とメジャーみたいで・・・

というか普通に漢字が出来る子は、漢字をパズルのように組み合わせて覚えるというのを無意識にやっているのです。(多分)

だから、もしかしたら漢字をパズルのように考えるというのをマスターすれば・・・次男の漢字力が飛躍的にアップするかもしれない!!希望的観測)

 

スポンサーリンク

家にあったパズル系漢字ドリル

まずは家にある漢字ドリルからそれっぽいのを探しましたよ。本棚で見つけたのがこちらです。

楽しんで漢字を覚えよう系ドリル2種をレビュー

2年生の漢字 160字マスタープリントパズル なぞなぞで楽しく学習

これ、購入した当時から(私が)気に入ってたはいたんです。漢字をパズルで覚えようということに特化したドリルではありませんが、2年生の漢字を色々な角度から問題にしていて、なんと問題数が100以上!

  • ダジャレで漢字
  • なぞなぞの漢字
  • クイズの漢字
  • 漢字の足し算引き算
  • 間違い字直し などなどなどなど100問以上あるんだからすごい。

1問に対して漢字がだいたい10~30字はでてきます。全てのページにイラストが入っていたり、類似問題がないという丁寧な作りです。

中には部首とつくりを組み合わせたり、足したり引いたりという問題もあるので、今こそこのドリルをやるべき!と意気込んでスタートさせたのですが・・・

漢字を書く枠が小さすぎて・・・次男にはちょっと無理でした~。はい。

枠の小ささに本人がイライラ。小さい枠に何とか収めようというところばかりに気を取られて、とめやはね・はらいにまでは気が回っていません。(この枠、なんと1cm×1cm。成長が遅めの子にはとても無理な大きさです。)

マスター漢字

 

今私の中でブームのサイパーシリーズを買っちゃった!

そこで購入したのが、その名も「漢字パズル」です。

かんじパズル 甲(小学低学年以上)―パズルでたのしくかんじをおぼえよう (サイパー国語読解の特訓シリーズ)漢字パズル 乙(小学中学年以上)―パズルで楽しく漢字を覚えよう (国語読解の特訓シリーズ 22)

左が小学校低学年用・右が小学校中学年用でどちらも500円で50ページ前後です。

漢字パズルというだけあって、よくあるような漢字の穴埋めや読み方問題は一切ありません。最初から最後まで徹底してパズル! サイパーシリーズは漢字も潔いつくり。

ここのリンクで最初問題を見てみてほしいのですが・・・これ意外と難しくないですか?

小学校低学年最初の問題から「あれ?あれ?」と私が考え込んでしまいましたよ。(頭が固くなっているからでしょうか 笑)4番なんて、漢数字って書いてあるから余裕って思ったら、びっくり私答え分かりませんでしたから~。そしたら「千」とか「百」も使う!そうきたか!

私の頭が固すぎて考え込んでしまったのか、さすがのMアクセスがわざと考えさせる問題にしているのか?(私がアホすぎる説が有力)でも私にとってはこの漢字パズルは結構本格的に漢字パズルでした。

見本としてみることができるページ以降のこと。
漢字の部分を組み合わせて新しい漢字を作りなさい。いくつできるかな。という問題なのですが、「何個組み合わせても、何回使っても構いません」とあって何個できるか分からないのが楽しい。私真剣にやったのですが、5つしかわかりませんでした。そしたら答えは13個。まーじーでー。

大人になると「くにがまえ」の中に「玉」を書き入れるとか思いつかなくなるのね。おほほ。私も明日から真剣にこれやろうっと。脳トレだ!

 

漢字パズル「小学校中学年」

中学年用はこんな感じの問題からスタートで、似たタイプの問題がかなり続いて、そのあとに小学校低学年用と同じ「漢字のパーツを組み合わせて漢字を完成させる」問題。あとは漢字熟語を作る問題なんかもあります。

問題サンプルを見ても分かる通り、相変わらず潔い構成です。漢字の読みとか部首名とかそういうのは一切書かれていません

でも長男は結構気に入ったようで、最初の問題から「部首とつくりを組み合わせるだけで結構漢字って覚えられるね」と珍しくいいことを言っていましたよ。自分で部首の読み方を書き入れたり、4年生で習う漢字も「書けることは書けるもんだよな」とかブツブツ。

サイパー漢字

 

このドリルがいいのかは・・・今後!

果たしてこのドリルが漢字力アップにどの程度寄与してくれるのかはまだ分かりません。というか、一般的なドリルとは全く違うので、このドリルをどう捉えていいかが私自身が分からないといったところ。

どなたかやったことがある方いらしたら、このドリルはどうなのか?色々語り合いたいです(笑)

分量自体はそう多くないので、次男がやり終えたらまた結果などを追記していく予定です。とりあえずは私も明日から次男と一緒に漢字パズルやるぞーー!

サイパー問題集のシリーズ(小4まで)をまとめました。まとめ記事はこちらへ。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • サイパー思考力 『植木算』を息子が使ってのレビューです。
    植木算に苦手意識をもつ息子のために購入しましたが、すこーし物足りない感じでした。
    実際に木の絵を描かせるところから始まり、色々な場合の間の数を何度も繰り返し数えていきます。
    公式を覚えるのではなく、きちんと意味を理解することができるのでこれから初めて植木算を学習する子にはもってこいだと思います!!
    ただ、息子の様にすでに植木算を少しでもかじっている子にとっては簡単過ぎる内容でした。。
    トップクラス問題集でいうと、標準問題レベルくらいです。
    植木算を始める前に出会いたかったです、残念!!

    『超・植木算』というともあるみたいですが、2220円もするみたいなので購入することはきっとないでしょう(笑)

    • kayoさま 情報ありがとうございます!植木算にはまだ進んでないのでありがたい~!確かにサイパーは「初めて○○に取り組む」場合に最適ですね。サイパー系列の問題集一覧ページを作ろうと思っているので、そこに載せさせてください♪
      「超・植木算」なんてあるんですね。植木算だけで2220円とは内容がどんだけ充実しているのか気になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です