算数は得意な次男。そして「漢字が苦手な子用のドリル」を作りたい話

次男は漢字が超絶苦手です。

最近は「漢字」って書くと頭痛がしてくる気がするほど~(涙)
それこそ次男とは毎日漢字ばっかりやっていて、それでも漢字小テストで満点が取れない次男。

なぜ次男は漢字が覚えられないのかを根本的なところから考え直して、ゆくゆくは「漢字が超絶できない子のためのドリル」を出版してみたいものだとバカなことを考え始めています。(そのためにはまず何がなんでも次男の漢字をどうにかしなければいけないのですが。うゎー、それも無理ゲーだー!)

そんな次男ですが算数は結構得意です。あ、算数が得意とか書いておいてなんですが九九はまだ完璧におぼえてなくて、学校の暗記テストではなかなか合格スタンプがもらえません。

ですが「え、この問題できるんだ」と意外なところでスラスラ解いちゃうことがよくあります。

例えば今日の朝学習で次男に「スーパーエリート問題集2年」の「かけ算2・トップレベル問題」(74ページです)をやらせたのですが・・・その大問2がこんな問題でした。(一部表現を変えています)

Aさんは、おはじきをBさんの3倍、CさんはBさんの4倍のおはじきを持っています。全員の持っているおはじきをあわせると256個です。3人はそれぞれ何個おはじきをもっていますか?

 

分配算ですね。(まさに長男が最近サイパーの「和差算・分配算」でやっていたのと同じような問題です)

長男なら「わからない!どう解くかだけ教えて」と必ず言ってくるし、私が「まず線分図を書け」などととヒントを与えないと解けません。長男にはどうしたら解けるか?を考える力が決定的に足りてません。
ですが次男はこういうやったことのないタイプの問題は「ヒントなしで、線分図も書かずに」解くんですよね~。

どういう風に考えたの?と聞くとこんな図を書いてくれました。
256÷8をしたいんですが、割り算はまだできないので、まず30×8をやって、次は31×8をやって、32×8をやって…と試行錯誤して正解まで近づけていってるみたいでした。

かずさ

次男は和差算・分配算程度なら自分で解き方を考えることができてる様子。それも頭の中で。
もしかしたらこういったタイプの子には敢えて「サイパー・和差算・分配算」みたいな問題集はやらせないほうがいいのかもしれません。(うちで言えば長男のように、物事を順序だてて考えていくのが苦手な子には絶対いいと思いますが)

同じくスーパーエリート問題集の大問4もスラスラ解いていて「やるね~」と褒めそうになりましたが・・・はい、大問1の計算問題は全くできてませんからね!!っていうか九九暗記してないのでできるハズもありませんが・・・。

去年の夏から九九は練習させてるのに1年半以上も暗記できないとか何者!?発狂しそうです!!

 

スポンサーリンク

まとめ

漢字ができな子のためのドリルを出版するという壮大な夢を抱きつつあります。それはこんな内容にしたいです。

まず5文字くらい毎に漢字を分けて、1単元で漢字は5文字程度とします

  • 漢字練習シートでまず徹底的に漢字練習
  • テストページ(どうせ一度ではできるようにならないので、問題を変えつつ5回分くらい入れたい)
  • 形声文字的なアプローチからの問題(これはどういった形態がいいのかは検討中)
  • 1つの漢字に関して思いつくくらいの漢字熟語を全て記載したページ(陰山漢字プリントみたいなイメージ)
  • その漢字熟語に関するテストページ
  • パズルや絵を組み合わせた漢字パズルのような問題ページ
  • その漢字や漢字熟語が入った文章の音読や、短い文章を書くページ

 

そんなわけで漢字5文字に対して20ページはあるドリルです。3年生のものだと800ページだわ(笑)ついでに別冊ノートもつけて、子どもが間違った問題をママが記録していくとか良さそう。それを専用のウェブサイトで入力すると自動で漢字問題プリントが作られるとか!

さすがにここまでやれば漢字覚えられそうじゃないですか?(というかここまでしなければ覚えられないとか何っていうハナシもありつつ)

漢字が苦手な子にいくらドリルをやらせても、やっぱり問題数が少なすぎるんです。且つフィードバックをしていかなければいけないとなると、やっぱりプリントアウトできるものか大容量ドリルというところにいきつきます。

ここまでいないといけない子は少数派だと思いますが、うちだけじゃないですよね!?

漢字が苦手な子をお持ちのママこんなドリルいかがでしょうか~。これはダメだよとか改善点などのアドバイスをお待ちしています。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。
    以前から気になっていたのですが、次男さんは学習障害の検査はされたことがありますか?
    知人の子がやはり漢字がとても苦手で算数は問題なく解けるという状態なのですが、学習障害だったそうです。
    今は訓練をしてだいぶ改善された様です。
    もし検査がまだでしたら一度されてみたらいかがでしょうか

    • るるさま コメントありがとうございます。
      やっぱり次男学習障害かなという部分ありますよね!!私もずーっとそれは気になっていて就学前に一度専門病院に相談に行ったのですが、そこでは医師から「大丈夫っぽいけど」と言われそのままに。低身長も関係あるのかな?と思い専門病院にいきましたが、そちらは異常なし。でも小学生になって勉強についていけなければ検査は必要だなとは常々思っていました。
      ただ私のブログ記載の仕方もあるかと思いますが、次男の成績表自体は長男よりもよいです。漢字は苦手ですが漢字以外の国語は普通にできる、お友だちとのコミュニケーション能力は普通の子よりもいい感じ・・・。なので今現時点で、次男のたまにすごくできない部分が長男と比べてできないのか、学習障がいに関わっているのかが判断つきません。漢字も(家でやっているからとはいえ)最近は9割~満点は取れてるので成績も「いい感じ」になっちゃってるし(笑)

      うーん、どうしたものでしょう。でも一度検査にいった方が私としては安心できるのかなぁ。。。アドバイスありがとうございます~!!

  • ウチの長男(2年生)も、漢字がニガテな方でちょっと困っています。

    「じかん」を「時門」と書いたり、「考える」を「教える」と書いたり、、、

    まあこの辺は積み重ねかなとは思うのですが、意外と強敵は「送り仮名」です。

    この間は「ひかる」を「光かる」と書いていました。

    それを正すことはできるんですが、「どうしてそうなのか」の説明は、、、、意外と難しいです。

    「光る」は(五段活用なので、)「光らない」の「らない」の部分から送りがなにするんだよ、、というふうに一旦お茶を濁しましたが、、、

    (もちろん、小学生に「何活用」という説明はしませんが)

    しかし実はこの説明はすぐに破綻するのがその時点でわかっていたんで、「実はこの説明は、カンペキではないんだけどね」と言い訳してしまいました。

    たとえば、「炒める」は(下一段活用なので)「め」から送り仮名だよ、、は成立しません。「確かめる」で破綻するので。

    そんなこんな考えていると、「読む」は五段活用だけど「読める」は下一段活用で、、とか、

    「あれ?そもそも、自分はそんな何活用とか知る以前の小学生時分、そんなかんじの送り仮名は(たまに間違えてたけど)ほぼちゃんと使い分けられてたのは、それは一体どうしてだったんだろう??」と、アタマぐるぐるしてきます。。

    が、「昔っからそうなってんだよ。ごちゃごちゃ言わず、いいから覚えろ」で乗り切ろうかと(笑

    • をづさま コメントありがとうございます。おづさまのお子さまも漢字が苦手なんですね~(うちほどではないと思いますが)。
      「考える」と「教える」!!まさに今次男が苦戦しているところです。なかなか区別を付けて書くのが難しいようで、「考える」「教える」という読み方でなら書けるのですが「教科書」になると「考科書」になっていたり、あとは教の字の左がわが考になっていたり・・・。
      あー、「光る」も同じです。

      そして送り仮名を活用形で考えるなんて思いつきもしませんでした。(をづさまは・・・もしかして教育関係か学問関係の方でしょうか!?)でも活用形で送り仮名計画は破綻してしまうんですね~、うーん残念。

      >「あれ?そもそも、自分はそんな何活用とか知る以前の小学生時分、そんなかんじの送り仮名は(たまに間違えてたけど)ほぼちゃんと使い分けられてたのは、それは一体どうしてだったんだろう??」

      笑笑
      私も次男と漢字をやっていると、自分はどうやって覚えていたんだろう?と。いや、私は漢字ぐらいすぐ覚えてたわ~。と思いつつ・・・でもたまに漢字テストで再テスト組に入ってたかも!やばっ。
      むしろ小学校高学年で文章を書くようになってそこで漢字の「使い方」を覚えていったようにも思うので、次男も最低限やっていればそのうち自然に覚えられるのかな~なーんて悠長ですね。

      私もをづさま形式で「昔からそうなんだから、覚えなさい」で乗り切ります。っとむしろ次男は「なんでこうなるの?」という疑問も抱かないタイプでした。もし次男が「なんで送り仮名ってこうなの?」とか言い出したらむしろ感動・・・!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です