『アルゴ』は中毒性あり。楽しくて頭もよくなっちゃうなんてスゴイ!

クリスマスに祖父母からプレゼントしてもらったアルゴ。

アルゴ

アルゴは以前から気にはなっていて、メルカリなんかで中古を探してはいたのですが、中古とは言え1,000円以下となっているものがほとんどない!
中古でも値下がりしないなんてよっぽどいいゲームなんだろうな~、でも1,500円は悩むな~ということで、クリスマスプレゼントとして祖父母にリクエストしました。

こちらです。カード・コイン・説明書が入っていました。

アルゴ

ルールは単純で、自分の持ち札を左から右に小さい数から並べます。山札から1枚ずつカードを引いて、その際に相手のカードの数を当てるというルールです。全部のカードの数を当てられてしまった人から負けが確定していきます。

つまり大まかなルールは自分の持ち札や引いたカードの数から、相手の持ちカードの数を予測する。
こんな感じ。ルール自体は簡単なので幼稚園年長さんくらいから理解できるのではないかと思います。

こちらのサイトでカラーでルール説明がされています。子供の年齢などと照らし合わせて、子供がルールを理解できるか?を確認してから購入したほうが確実。

http://www.algoclub.com/game/algo.html

で、この単純なゲームのどこが面白いのというところですが、運もさることながら「ひらめき」というか「自分や相手のカード、ゲームの流れからカードの数を予測する」という頭を使う面があるからです。あとは記憶力も必要なので、大人がプレイするにしてもウノのようなゲームよりは断然面白い!

 

スポンサーリンク

家族でハマっています

アルゴ3

お正月休みは家族でウノだ!カルタだ!とノリノリだった我が家でしたが、今回のお正月は完全にアルゴに取って替わられてしまいました。

何せ大人もプレイするとなると、カルタやウノよりも断然楽しいんですよ~。
「運」の要素が比較的少ないので、子供がルールさえ理解してある程度考えてプレイできれば、大人でも普通に負けてしまう。これも子どもがハマった理由の一つ。

私はやり方がわからないのですが、次男によると「1人プレイ」もできるようで、たまに床に1人カードを並べているときがあります。(1人プレイについては未確認です 笑)

 

アルゴと似た知育系玩具

アルゴは算数オリンピック委員会考案、発売元は学研です。
ちなみに同じくアルゴクラブから出ているこちらの玩具。

アルゴ2

長男の冬期講習へお迎えに行った際、塾の待合室で次男がこのパズルで遊ばせてもらっています。専用の箱があり、その中に右のブロックをピッタリはめ込んでいきます。

立体なのでなかなか難しい!

次男がこれに結構ハマってやっているので、購入しちゃおうかなと思ったのですがアマゾンや楽天・・・色々探しても販売されていません。算数オリンピックのオンラインショップにもない・・・手に入らないものなのでしょうか。

次男にはさすがに購入するのは遅すぎ?だとしたら姪っ子ちゃんへのプレゼントでもいいかも(教育オバチャン・・・いい加減嫌われそう・・・)と思ったのですが~!

 

★おススメの教育教材に関する記事もどうぞ★

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • アルゴ、私もきになってたんですよね~。
    いつもあっぷーさんのブログ拝見して、うちも!うちも!
    ということが多いので、勝手に親近感ですw

    我が家は女子なので、去年あたりから「ちはやふる」で百人一首にハマらせて、
    お正月は母・私・娘の女子で百人一首でした~(*^。^*)
    →ちなみに見たくもない実写映画に付き添う予定・・・

    娘がはまったのが カルコロ という数学ゲーム。
    こちらも大人は出来る限り高得点狙おうと熟考している
    間に、子供が短い式で点数を上げていくので、
    互角な勝負ができます。
    低学年のうちは使う枚数を小さい数だけにすることで
    みんなが楽しめます。
    勉強=教科書や問題集ではなく、
    普段の生活や遊びにどれだけ学習要素を足していくか!ですよね(*^。^*)

    • AIさま コメントありがとうございます!私も勝手に親近感です♪
      というのも、うちの子供たちも「ちはやふる」大好きなんですよ~!!なんていうシンクロ。うちは男子なので「ちはやふる」はあまり好きではないかなと思ったのですが、私のマンガ本棚の「ちはやふる」を勝手に出してきて真剣に読んでおります。ただ百人一首に興味がとまではいかず、都道府県カルタではちはやふるのような動きを真似して悦に入っておりました・・・。

      ちはやふる、映画いかれるんですか~!私としてはちはやが広瀬すずというのがちょっと違和感、太一はいいかな~というところです。

      カルコロという数学ゲーム初めて聞きました(メモメモ)。大人と子供が互角に勝負できるゲームはいいですよね。本当普段の生活に学習要素を織り交ぜながら、そこから勉強と遊びの境を少なくして、勉強も楽しんでやって欲しいですよね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です