世界中で人気の「マジックツリーハウス」は楽しんで歴史に親しめる 児童書

小学生に大人気の児童書「マジックツリーハウス」シリーズ。

我が家は去年のクリスマスに初めて子どもにプレゼントとして贈りましたが、子どもたち、かなり楽しそうに読んでいました。意外だったのは、読書好きの長男よりも、漫画大好きな次男の方が楽しそうに読んでいたこと。

これがキッカケで次男が少しでも読書好きになってくれたらいいな~ と思っていますが、その次男、学校の図書室から未読のマジックツリーハウスシリーズを借りてきていました。

次男が自ら読書するなんて!と母感無量(大げさですみません)。それで「そんなに面白いのかな」と思って私も読んでみましたよ。そしたら次男が好きになるのも納得な内容でした。

まずはマジックツリーハウスの概要を少し・・・

 

スポンサーリンク

マジックツリーハウスシリーズはアメリカ生まれの児童書

マジックツリーハウス はじめましてセット(1~5巻)

マジックツリーハウスシリーズはアメリカ生まれの全世界で人気の児童書です。シリーズの主役は、真面目で慎重派の兄ジャックと冒険好きで行動派の妹アニー。この2人の兄妹が魔法のツリーハウスから様々な場所に時空旅行をして冒険をするお話です。

マジックツリーハウスは大きくは以下のように分けられます。

<マジックツリーハウスシリーズ>

アメリカでは28巻(日本では1巻に2話収録されているため14巻)で、魔法にかけられたモーガンを救うために、ジャックとアニーが様々な冒険をする話。

<マーリンミッションシリーズ>
アメリカでは29巻(日本では15巻)で、年取った大魔法使いマーリンの依頼を受けてジャックとアニーが探索の旅をする話。

<探検ガイドシリーズ>
上記二つのシリーズがフィクションであるのに対して、こちらは物語の舞台となった歴史や文化などの発展学習教材として出版されているノンフィクション。

マジックツリーハウスはアメリカのみならず全世界で人気のようで、2010年時点でシリーズ累計の発行部数は全世界1億1400万部以上だとのこと。ちなみに日本では520万部!すごいですよね~~。

 

日本語のマジックツリーハウスに関するウェブサイトがあるので、マジックツリーハウスシリーズについてもう少し詳しく知りたいという方は画像からどうぞ。このサイトでは全巻立ち読みができるのですが、立ち読みで25ページ程度も読めちゃいますよ。
http://kids.mediafactory.co.jp/magictreehouse/

 

読んでわかった!次男がハマったわけ

それでこのマジックツリーハウス、そんなに面白いのなら私もと興味本位で読んでみたのが先日の話。大人が読んでも面白い!とまでは言えませんが、ほうほうと思ったポイントがいくつか。

①小2だと本の厚さ的にボリュームありすぎるかな?と思ったのですが、日本で発行されているマジックツリーハウスは1巻に2話収録されているんですね。だから、1話自体はそこまで長くありません

②全体として一文一文が短くて、テンポがよい!長い言い回しの文章があまりないので、読解力がそこまであるわけではない次男でも充分読める内容でした。

③1巻の恐竜世界にいくお話では、途中その恐竜の特徴が太字で書かれていたり(コラム的な感じ)と、とにかく文章が平坦ではありません。物語もどんどん進んでいくし、途中そういったコラム的な文章があるなど、それこそ漫画を読んでいるような感覚で読み進めていくことができます

 

以上が私が感じたところ。

ウェブサイトにはこんなとこがマジックツリーハウスのいいところですよーと以下のことが書かれています。

  • 女の子も男の子もわくわくの冒険物語
  • 低学年でも一気に読める、ほどよいボリューム
  • すべての漢字に読み仮名つき
  • 冒険に出てくる国や時代についての知識が身に付く

 

うんうん、本当にそんな感じ~。 冒険の舞台が歴史上の出来事だったりするので、それこそ楽しんで読みながら自然に知識も身に付くのがいい!

 

ウェブサイトと連動させて楽しもう

このマジックツリーハウスのウェブサイトがなかなか充実しています。例えばウェブサイトで見ることができる冒険マップ。

マジックツリーハウス

Mで記された箇所をクリックすると、例えば日本ならこんな感じの画面が出てきます。

マジックツリーハウス2

本を読みながらウェブサイトで「どこのお話かな?」なんて地図と照らし合わせてもいいですよね。あとはウェブ上でできるジグソーパズルや、マジックツリーハウスの便箋などがプリントアウトできたりします。

こんな感じでウェブサイトも楽しめちゃうのがマジックツリーハウスのいいところ!

過去に映画も公開されていますが、こちらの評判はあまりよくないみたい。私はyoutubeで少し見ましたが、本の方も小学校低学年から読める内容なので、敢えて映画から入っていかなくてもいいのかもしれません。

 

まとめ

字が少し小さめなので、小2で読めるかな?と思いましたが音読も漢字もとにかく国語全般苦手な次男でも読めました。
普段から読書をする子でしたら、小学生低学年から問題なく読めそうなマジックツリーハウス。人気があるのも納得という内容で広くおススメできる本です。

★読書に関する記事もどうぞ★


スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • マジックツリーハウス、興味あったんですが実際よさそうですね(^-^)

    これ、アニメ映画が数年前にやっていたのは知っていたのですが当時はコドモがチビチビの幼児だったのでまだかな、と思ってました。

    そんなに面白いのでしたら私がぜひ(笑)

    で、半年以上前になりますが、ウチの長男(現小2、国語は泣きたくなるくらいびみょー)が学校の図書室から本を借りてきて、「これ、面白いよ!すごい貸し出し待ちで、ようやく借りれたんだ!とーちゃんも読んでみて!」と借りてきた本がこれ。

    http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%A4%A8-%E6%BB%9D%E4%BA%95%E5%B9%B8%E4%BB%A3/dp/405203404X

    ぱらっと見たら、「おおっ!ようやっと(絵本とかまんがとかゲーム攻略本でない)普通の本が読めるようになったのか!!」と、国語びみょーな長男に見えた光明を大事にしたいと、その本を読んでみました。大した期待せずに。

    で読んでみたら、おっと懐かしい感じだ。星新一風だ。
    多分、オチはこーだろうな・・・と思ったら、ヒネられました。というか、泣きそうでやばかったです(笑)

    同様にコドモに薦められて読まされたカミさんと、感想大会で盛り上がってしまいました。

    この本はお勧めです。コドモが読もうと読むまいと(笑)
    てゆうか、コドモが複数おありの親御さんにはぜひ。(上述のアマゾンの書評を見ていただければと)

    • をづさま コメントありがとうございます。マジックツリーハウスは漫画とかが好きな子の方が読みやすいかな~と思いました♪
      現にうちでも国語が苦手な次男の方がハマってへ~となりました。
      ご長男さん国語がびみょ~なんですね。あ、そういえば「漫画でもいいから読め」という指令が出てましたもんね(笑)ってうちもですがー。
      教えてくださった本早速ポチりました!
      アマゾンでみたのですが、中古も全然値下がりしてないので「おぉすごい」と~。届くのが楽しみです。まず私が読んでみます♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です