コメント欄から教えてもらった「秘伝の算数」は子どもに伝えたい算数の世界が満載

こちらのブログは…知る人ぞ知る…記事よりコメント欄の方が役に立つブログだったりします。

コメント欄を読んでいただければ分かると思うのですが、みなさん色んな情報をくださっていて、そのレビューが私の文章よりわかりやすいというものが多い!

私自信もコメントをすごく参考にさせてもらっていて、いつもコメントは何度も読み返させてもらっています。この場を借りて、いつもありがとうございます。

今日レビューするこの参考書も、コメント欄から教えてもらったもので、コメントを読んで即買いしたものです。

秘伝の算数―算数の世界を楽しく極める (入門編(4・5年生用))

秘伝の算数―算数の世界を楽しく極める (入門編(4・5年生用))

 

この「秘伝の算数」のアマゾンレビューに一番多く書かれていた感想は「算数好きになるキッカケになりそう」というもの。その意見に大賛成で、私も読みながら「へー、なるほど。算数って奥が深くて面白い」って唸りっぱなし。ちょうど長男が塾で習っている(もしくは3年生で自宅学習したこと)項目が多いので、ここもあそこも長男にすぐ教えてあげたい!!となっています。

掲載されている項目は画像の通り。

秘伝の算数

本書は4・5年生対象となっていますが、分数や少数が一番最初に出てくるのは小学校3年生の算数。「算数の概念」的な内容なので3年生には多少理解し難い部分もあるかもしれませんが、この本に書かれていることを、例えば学校で分数を習う小3の子どもに教えてあげれば「へ~!ママすごい!」となることは間違いありません(笑)

なので小3からでも使えそうですし、受験を考えている子でしたら尚更小3~の使用で問題ないと思います。

 

スポンサーリンク

普通の問題集では決して教えてくれないであろう内容が満載

この参考書は家庭学習でも塾に通っていても決して教えてくれないであろう内容が満載なのがポイント。

例えば分数の項目だと、まずは「なぜ分数はあるのか」というところからスタート。言われてみればなんで分数ってあるんだろう?私もそこを抜かして子どもに「分数はケーキみたいな円形から考える」なんて教えていました。

その「分数がなぜあるのか」という問題をそして本書では文章と例文を使って教えてくれます。

文章と例文を使ってなんて書くと「なんだか固そうな本?」と思うかもしれませんが全然そんなことはなくて、文章自体は平易で普通に読書する感覚で読めます。

ここまで親が読む前提で書いてしまいましたが、もちろん子どもが読んでも充分理解できる内容です。(そもそも子どもが読むことを前提に書かれている本だと思われます)
ただ子ども自身が読んできちんと理解するようにとなると、やはり小4くらいからが適しているかもしれません。

一生使える“算数力”は親が教えなさい。

一生使える“算数力"は親が教えなさい。
最初は一時期話題になったこの「一生使える算数力~」と内容が似ているかなと思ったのですが、「一生使える算数力~」が算数の解き方に重点が置かれているのに対して、「秘伝の算数」は解き方を根源から理解しようというところに重きが置かれています。(著者さんの熱い思いが感じられます!)

親が子どもに算数を教えようと思った時、まずは自分が算数を理解しようと思う場面があると思います。そんな時は「一生使える算数力~」よりは「秘伝の算数」が絶対的におススメ。

ただこの「秘伝の算数」は、問題集というより参考書(例題もありますが、すぐ下に解説文章が掲載されています)なので、子どもにガンガン問題やらせるぞーという使い方は適していないと思うので注意です。

さてさて私は今日早速子どもに「分数ってなんであると思う?」と投げかけて「それはね~」とドヤ顔で教えてあげようかと思います。うひょひょ、楽しみ楽しみ♪

 

★教育関連の本レビューもどうぞ★


スポンサーリンク
スポンサーリンク

11 件のコメント

  • こんにちは~。さっそくお買いになったのですね!胸熱。
    しかも相変わらずレビューが的確すぎますよ。さすが、あっぷーさん。
    これで一気に「秘伝」仲間が増えるかも?!

    我が家ではこれ、ちょっと余った時間に一緒に読む(音読させる)というスタイルを取っています。
    ちなみに子どもは“面白い!”という反応。問題集をがりがりやるよりラクだからかもしれませんが・・・
    いちいち “(笑)”→かっこ笑いまで読み上げてはつっこんだり。
    「秘伝」の飄々とした文体&ノリに親子でハマっております。

    • MMさま コメントありがとうございます。早速買って早速読んだら…やっぱりよかったです。
      教えてくださりありがとうございます!「秘伝仲間」いいですね~。
      秘伝を音読というの、いいですね。確かにあの文体は音読したほうがすんなり入ってきそうだし、テンポよく読めそうです。音読するの、真似させてもらいます。

      • 音読、いいですよ~!是非ぜひまねしてみてくださいませ。

        普段は辛口な夫も、これだけは「すごい、これ読みきったら算数が好きになれそうだなあ」と絶賛しております。
        なんでも子どもがいつも解きにくいと苦手に感じていた問題が、
        「秘伝」の解説を読んだ上でやらせてみたらスラスラ解けたとか。
        我が家は問題集と入ったり来たりしながら取り組むことになると思いますが、
        先にレクチャーした上で問題集をやらせるのも悪くなさそう。
        改めて、家庭学習派にはなんとも有難く、頼もしい1冊となりそうです♪

        • MMさま コメントありがとうございます。あのご主人が「すごい」とおっしゃるとは・・・!
          (MMさまのご主人のお話、成績表のことで印象に残りまくりです。)
          やはり算数って、小手先だけじゃないんですよね。長男の塾宿題が類似問題ばかりなんですが、多分これって算数をきちんと理解している子には無意味だろうな~と。
          なんだか色々考えさせられました。
          本当家庭学習派には頼もしい1冊です。次男にどう活用するか?今からワクワクしています。

  • あっぷーさま、MMさま
    こんにちは。
    うちの長女にはまだまだと思いつつ、どうしても気になってポチッてしまいました(笑)
    早く届かないかな~とワクワクしながら待っている状態です。
    ということで「秘伝」仲間に入れてくださ~い♪

    • しーままりんさま、はじめまして。
      (あっぷーさま、場所をお借りしてすみません)
      うわあ、「秘伝」仲間が増えて嬉しいです♪
      これ、自分の時に出会っていたら、、と何度思ったことか。

      ブログ、初めて拝見しましたが、私も四谷大塚組だったんですよ〜。
      社会と国語でしか点数を稼げない、かなり出来の悪い会員でしたが。笑。

      • MMさま
        お返事ありがとうございます!
        秘伝仲間、よろしくお願いします。
        わが子は小1娘、年少息子なので、秘伝の算数のお世話になるのはかなり先になると思いますが、問題集オタクの血が騒いでしまいました~♪
        MMさまも四谷大塚だったんですね。
        私は国語と理科が好きでしたが、算数がなかなか上がりませんでした~(^-^;
        娘にも同じ匂いがプンプンしています(笑)
        これからどうぞよろしくお願いします。
        コメント、楽しみにしていますね(すたろぐファンなので、必ず読んでます)。

      • MMさま、しーままりんさま
        あっぷーより:しーままりんさまがコメントに気が付きますように!

    • しーままりんさま コメントありがとうございます。秘伝仲間ぜひ~!!と言いつつ私も乗っからせてもらっている立場ですが。
      しーままりんさまも購入されたなんて、もうそれだけで心強いのはなぜでしょう。
      秘伝、とってもよかったです。秘伝の著者さんの頭のよさが伝わってきて、算数できる人フェチな私としてはそこもツボでした(笑)

  • 秘伝の算数、ポチしてしまいました!!
    何度もこちらの記事と皆さんのコメントを読み返し、、やっぱりどうしても我慢できなくなってしまいましたー(笑)
    すたろぐで紹介されたものはすべて欲しくなってしまう。。一種の病気のようなものです(笑)

    息子の今後の自宅学習について方針が定まらず、私の迷走は続いています。(現在は「学ぼう算数」を使い四年生範囲をボチボチ学習中)
    通塾していないので、私がどの方向で学習を進めるのか決めないといけないんですけどね。

    モヤモヤがたまりそうなので息子の野球の応援にでも行ってきます!!
    (私が住んでいるのは九州ですが、今日はこちらも寒いですよー)

    • kayoさま 秘伝!じわりじわりと秘伝仲間が増えてきているような気がします。
      私もコメント欄から教えていただいたのは即ポチってしまう~。kayoさまに教えていただいた保温弁当もまだどれを購入するか迷い中ですが・・・♪

      九州でいらっしゃるのですね。スポ少をやっていると、勉強の方針をどうするかというのは悩みの種じゃないですか?
      私はやっぱりスポーツで得られるものも大きいので続けて欲しいけど、時間的に勉強との両立は難しい・・・。所属チームにもよると思いますが、うちの長男のチームは週4(来年からは週5とか週6になります)ですし週末は一日中。
      これからも悩んで続けていくのかな~と思いつつです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です