空間認識能力を向上させるために 幼児期に贈りたい知育玩具10選

うちの長男は論理的思考能力が低いので、長い文章題から線分図などを書いて問題文を把握して式を作り答えを出すといったタイプの問題が大の苦手です。

ですが空間図形問題や図形問題は比較的得意で、それは本当によかったと思う部分です。

なぜなら空間把握能力を小学校高学年になってから磨くというのは、多分すごく大変だからです。というのも、空間把握能力って教えられたから分かるっていうものではないと思いませんか?
私自身が空間把握能力が著しく低いので、そこは実感というか確信している部分ですが、空間把握能力は教えてもらうのではなく、育てていくもの。そんな印象を持っています。

 

ピグマリオンという幼児教育があって、私はその教育内容はよく知りませんが、そのウェブページに書いてあったことが興味深かったので引用します。

空間能力が思考力の枠を決定する

三次元空間把握能力は、人間が創った後天的な能力なので、放っておいて育つものではありません。しかし、旧来の教育では空間把握能力を 育成するという考え方が存在しなかったので、ほとんどの大人の空間把握能力は低いままです。そして、大人が理解していないものは、子どもに教えることはできないのです。

知性の中に空間把握能力がないと、解答はできても問題解決能力は育ちませんし、日常の生活でも様々な形でそれが現れます。繰り上がりや繰り下がりの計算が できない子どもは、点描写が苦手です。構成把握能力が低いからです。

 

http://www.pygmalion.co.jp/about.html

 

そして空間把握は「実際に触って実際に見る」ことが大事だよな~というのはみなさん思う部分ではないでしょうか。

そこで、我が家で幼児期にこんな知育玩具に触れさせていたら・・・!と、今だからこそ思うものをまとめました。実際使用したもの、または「これ、与えたかった」と思うもの混在していますがどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

空間把握能力を育てる知育玩具・対象年齢低順

ピタゴラスプレート

対象年齢:1歳から

我が家もお世話になったピタゴラスプレート。立体感覚を身に付けるための磁石でできたプレートおもちゃです。平面から立体を作るという、普通のブロックオモチャとは違う視点がすごい(立体の展開図に通じます)
小学校の算数勉強の補助教材として使えるので、捨てないで取っておきたいおもちゃです。うちでもまだまだ使っていますし、今後もお世話になる予感満載!

参考記事:「ピタゴラスプレート」は中学受験勉強にも使えるコスパ最高の知育玩具

 

 

学研のニューブロック

対象年齢:2歳以上

子どものファーストブロックとしては定番の学研のニューブロックです。昔からあるので「このブロック知ってる」という方がほとんどではないでしょうか。
パーツが大きいので誤飲の心配がないのがいいし、想像力を働かせれば意外と色々なものを作れてしまう本当にいいブロックです。難点を挙げるとすれば、ちょっと昔っぽいというかオシャレ感がないところですかね~。

 

 

レゴ

対象年齢:レゴ デュプロ  は2歳から。レゴ 基本セット は3歳から。

定番であり鉄板ブロックのレゴ。
最近は女の子にも積極的にブロック遊びをと言われていますが、レゴなら女の子向けセットもあるので、誰でも入りやすいという特徴あり。対象年齢によってブロックの大きさも変わってくるので、選びやすいのもいいですよね。うちもたくさんパーツを持っていますが、いつ飽きるのかなぁと思いつつ・・・小3でもまだレゴ遊び大好きという末永く使えるオモチャでもあります。

 

 

マグフォーマー

対象年齢:3歳くらいから

ピタゴラスプレートと似ているのですが、マグフォーマーは1つ1つの面が小さいのでより複雑な立体を作れるのが特徴です。色がカラフルでおしゃれなのもいいな~。輸入品だけあってちょっとお高めだけど、外国っぽいデザインがいいな。

 

 

図形キューブつみき

対象年齢:3歳から

これも定番なんだけど、小学生算数にも使える優秀なブロックおもちゃ。先日母に「姪っ子ちゃん(もうすぐ3歳)への誕生日プレゼントは何がいい?」と聞かれて「図形キューブかピタゴラスプレートがいいよ」と即答しておきました。結局母は図形キューブつみきを買ったみたい。「小学生算数にも使えるから、捨てないで取っておいてって言い添えてね~」と母に言いましたが、「教育ばぁちゃんだと思われるから言えなかった」だそうです(笑)

これは実際に小学生の立体図形問題にも使えるし、コスパ高いおもちゃです。今流行りのビルディング問題とかはこれを使えば一発。

 

 

賢人パズル

対象年齢:3歳から

これも定番でありつつ評判のいいブロックおもちゃ。プレートの上に立体を組み立てるんですが、パターンが掲載されたテキストを見ながら色んな形を組み立てていきます。結構難しいものもあり、ハマる子はハマルおもちゃです。値段もお手頃なのでプチギフトにもおすすめ。

 

 

カタミノ

対象年齢:3歳から

空間というよりは図形かもしれませんが、我が家が今一番欲しいおもちゃです。

36,057の組合わせが数学的脳をつくる<カタミノ>様々な形をしたブロックを組み合わせ、指定されたマス目を埋めていく思考型ゲーム。

99歳まで楽しめると謳っている通り、子どもから大人まで楽しめる知育玩具らしい。ってかこれ絶対面白いですよね。欲しい~!!

 

 

LaQ

対象年齢:5歳以上

LaQはレゴとは少し違う、立体ジョイント方式のブロックおもちゃです。立体式のオモチャなので理想の形が作りやすいというのが特徴。もちろん我が家でもずっと大活躍してくれているオモチャです。一時すごーくハマって、専用サイトにオリジナルを投稿したりしました。

ただパーツが小さいので、小さいお子さまがいるご家庭では注意です。あとはオモチャ屋さんではなく本屋さんで売られているのにもある意味注意。(我が家は最初オモチャ屋さんを散々探したのに見つけられずでした~。)

参考記事:laQ芸術祭で長男がクリスタルパーツをゲットできた理由

 

 

ワミー

対象年齢:5歳以上

こちらは百貨店で見本販売をやっていて、子どもたちがドハマりした知育玩具。子どもたちは「買いたい~、買って!」って必死に訴えてきたのですが、その当時の私は駐在妻ストレスマックスだったため超ひねくれ。「買って」と言われるとなんだか買いたくないような。んで、スルー(ごめんよ、子どもたち)。

それでこのワミーをオモチャ屋さんで見つけると、なんとなく胸が痛くなります(笑)今改めて見ると、ワミーで作れる作品がもはや芸術品レベル。ワミーいいなぁ、今更ですが。

 

 

ゲオマグ

対象年齢:6歳以上

東大卒でお子さまは灘中に合格したママがおススメしていた知育玩具で、気になっています。ボールマグネットでバーマグネットをつないで立体を作っていくのですが、面がないものと、面があるものがあります。これは空間認識能力付くよな~という知育玩具。

面がなく、頂点と辺だけで構成されるので、立体を見取り図のかたちでとらえることができます。
自分で作ったあらゆる立体の見取り図を確認することができるのです。
このころは灘中受験をまったく意識していませんでしたが、結果的に、灘中入試の算数で必ず問われる空間認識力が、ここでも養われていたのでしょう。

最近よく書店で展示販売しているのを見かけるこちらのpower clixも同系統の知育玩具だと思います。6ピースの千円台のものも販売されているのですが、ネット販売では見つけられませんでした。

 

 

 キューブパズル oblo

対象年齢:5歳から

カナダ生まれの球体型のパズルなんですが、これの面白いところは「解体していく・また球体を作る」パズルっていうこと。円で考える3Dパズル!

『オブロ』とは、全部で12個のピースがそれぞれ色ごとに球体を構成し、タテ・ヨコ・ナナメと自由に回転させながらパーツを分解していく立体パズルです。クルクルと回しながら角度を調整しないとパーツは外れません。また、必ずしも外側から外していくとも限りません。これがなかなか難しい。

 

ロンポス

コメント欄から教えていただいた知育玩具です。これ、買っておきたかった!

『ロンポス』もおすすめですよ。ケースに入っているので持ち運ぶこともできます。
わが家にあるのは『ロンポススペース200』です。本当は長女用に買ったものだったのですが、息子がロンポスにハマってました。
上の子の習い事の待ち時間や電車移動の時などに大活躍しましたよ。大人でも難しい問題もあって、親子で楽しめます。

持ち運びができる・親子で楽しめるとは理想的な知育玩具です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

12 件のコメント

  • はじめまして。
    以前からこちらのサイトを参考にだいています。同じく小3長男を持つ母親です。通塾しておらず中学受験は考えておりません。地元公立中学がレベルが低く高校受験が大変だという話をよく耳にして、今から土台作りをしたいと思っています。

    現在はそろばんのみ習っているのですが、息子があまり自宅学習してくれないのが悩みです。息子はゲームが好きで我が家は下校が早い水曜日と週末のみ許可しているのでその日だけは問題集をしますが、他の日は下校時間も遅くそろばんや宿題だけで疲れて気乗りする日しかしてくれません。妹がまだ幼稚園児なので寝る時間が20時半と早く、ただでさえ平日はテレビを見る時間もあまりないのでやりたくない気持ちも分かりますが、かといって朝起きてするわけがなく。頑固者なので押し付けは反抗するだけなのでなんとか気持ちを乗せて取り組めるよう努力はしていますが、あっぷーさんの息子さん達は習い事や通塾でお忙しいのにさらに自宅学習をする事に不満はありませんか? うちの息子なら絶対に文句を言うと思います。逆に娘は時間も沢山あり勉強に興味があるので助かるのですが。

    学校の成績は今の所問題なし、算数が好きなのでZ会グレードアップ問題集は気に入ったようで1度に3ページ程します。難しい所は一緒に考えて答えを導き出させています。逆に国語は文章問題が苦手で色々問題集をさせましたがイマイチ理解してないようで、こちらでオススメの論理エンジンを購入しました。機嫌よくやってくれるといいのですがー。

    長々と書いてしまいすみません。同い年でこんなにも自宅学習されてることに驚いたと同時に、親がその気になれば学力の土台は作られるのだとこちらのサイトを見て勇気が持てました。これからも参考にさせてくださいね。

    • のんさま コメントありがとうございます。小3というとうちの長男と同じですね、コメント嬉しいです♪
      公立中学のレベルが高いというのも似ている気がします。うちの長男が通う小学校も、同じ理由で中学受験する子が少なくて・・・。うちももしかしたら中学受験はせずに公立中学に行くかもという状況。とりあえず勉強して損はないだろうということで塾やら家庭学習やら色々挑戦しています。
      そろばんされているなんて羨ましい!うちもそろばんをやらせたかったのですが、本人拒否。今でもやらせておきたかったなぁと思います。
      ゲーム好きというのはうちも同じで、うちはお恥ずかしい話未だに塾日(週2)以外は1日1時間きっちりゲームをしています。週末は2時間くらいやっています・・・。
      本当に書くのも憚れる話なんですが、うちは元々私が勉強大好き。最初は私の「長男、勉強しようしよう。ママに付き合って♪ ママに付き合って勉強してくれたらゲーム一時間やっていいからお願い!」というのから家庭学習を始めました。長男もゲームやりたさで「仕方ないなぁ」なんて感じでした。
      そして元々長男も次男も何事にも疑問を持たない性格なので、気が付いたら勉強が習慣になっていたみたいな(笑)
      何の参考にもならない情報すみません(汗)
      ただ思うのは、大人も目的があるからこそ何か行動をするという側面もあり。子どもはまだ「勉強しても何になるの?」って感じの子も多いと思うので、勉強の目的(ご褒美)がゲームでもいいのかなと。ご褒美で勉強をさせるのは良くないという風潮がありますが「学力の経済学」にもご褒美の有用性が書いてありましたし、ゲームを勉強させるご褒美にしちゃうのも一つの方法かなと思ったりしています。
      うちは当初「勉強やったらテレビ1時間かゲーム1時間選んでいいよ」という感じで選ばせていて、その時はゲームを選んでいたので今でもテレビは全くみません。テレビをみないのでなんとか時間のやりくりが出来ているのかもしれません。
      最近では塾で上のクラスに入れたというのが、長男初めて人に褒められたことって感じで自ら勉強をするようになりました。褒められたり誰かに認められたりすることで、子どもってあんなに嫌いな勉強でも好きになっちゃうんだなぁというのが私にとってはいいヒントをもらえたという感じでした。

      のんさんの長男くん、グレードアップ問題集(算数)が好きだなんてウチの長男からしたら遥か雲の上の存在です。うちはグレードアップ問題集は「考えることが嫌い」というような感じで・・・苦戦した時期もありました。なのでのんさんの長男くんが1度に3ページするなんてびっくりです!
      論理エンジンは日本語論理トレーニングはやっぱりいいと思います。算数得意な子には特に。

      こちらこそ長々と書いてしまいすみません、またお時間がある時にブログを覗いていただけると嬉しいです♪

  • 連続投稿ですみません。

    こちらのサイトで知った勉強サプリがゲーム好き息子にぴったりなので試してみようと思っているのですが、オススメ点以外にダメな点はありますか?

    時間のある春休みに1週間お試ししてみて、よければやらせたいと思います。

    何度も質問してスミマセン。

    • のんさま 勉強サプリ!うちの子どもたちもかなりのゲーム好き(DS・wiiU・ipadゲームもやりますよ~)ですが、勉強サプリのサプモンが大好きです。勉強すると自分のアバターを成長させたりできるのですが、それ目当てでせっせと取り組んでいます。勉強サプリがゲームだと思っている様子・・・。(うちの子どもたち、正直ちょっとお馬鹿純粋なところがあるので、参考にならなかったらすみません)
      ダメな点はやはり「実際に書く」機会が少ないことかな?特に通常学習。応用だとテキストをプリントして書き込んだりといい感じです。あとは応用の授業数をもっと増やして欲しいのと、テキストを購入できるようにして欲しいということ。
      ただ月額千円というのを考えると、我慢できる範囲かも。何気にうちは2度お試しできましたので、時間のある時にお試ししてみてください♪

  • あっぷーさま、いつも楽しく拝見しております。
    なんとタイムリー、小5の長女が昨日Z会通信講座の展開図をやっていたところ、みごとに分からないのです。
    小さいときから、三角パズルや立方体のパズルを与えていましたが、やっぱり苦手は克服できていないようです。
    「繰り上がりや繰り下がりの計算が できない子どもは、点描写が苦手です。構成把握能力が低いからです。」って、おっしゃる通りで言葉もありません。
    それに比べて、長男小4はこういったものは代の得意。個人差も大きいのかと・・・。
    ほっとくわけにもいかず、ピタゴラス算数の高学年用を検討中ですが、これには長方形がない。低学年だと、五角形がない。両方買うと高いで、悩み中。
    で、きのうは、100円ショップで方眼の型紙を購入。箱屋さんと名づけて、家で必用な箱をいろいろと作ってもらっています。まあ、まず箱を好きになってもらうとこから。
    でも、ピタゴラス算数買わないと。

    • ふじさんさま コメントありがとうございます。空間把握能力に関しては個人差もありますよね。まさに自分が何をしても克服できる気がしないですし、うちの次男も空間系が大の苦手。ただ空間把握能力は訓練で向上させられるとの論文をみたことがあった(どこかの記事に書いたかも)ので、点描写をしつこくやらせていたら、普段のお絵かきでも立体図形の絵を描いたりしてほほぅと思いました♪
      ピタゴラス算数!本当あのパーツの組み合わせ具合は商売的に絶妙ですよね(笑)というかそもそもどれを買えばいいのか超絶わかりにくいという・・・。すごい、箱を自作だなんてピタゴラス算数買うより絶対効果ありますよ!
      私が何かを作るのが苦手なので、まさか自作とは・・・ハッとさせられました。(本当ブログやってて良かったと思う面です)

      あとは「はっ!?」って思われてしまうかもしれませんが、ゲームのマインクラフトも空間把握能力向上に役立っている予感です。小5女の子は興味わかないかもですが(汗)

  • あっぷーさん、早速お返事下さりありがとうございます。
    地元の公立中学はレベル低いんです。あっぷーさんのところと逆です(涙)。低すぎて中学受験を考えている家庭が結構いるくらい。
    うちは普通のサラリーマン家庭ですし、中学から私学は塾代も含めてなかなか厳しいので、今からしっかりと基礎を固めて高校受験に備えてもらいたいのです。
    実はうちも勉強のご褒美にゲームを追加でさせています。あっぷーさんの息子さん達も同じと聞いてホッとしました(笑) 息子は普段ゲーム出来る時間が少ないので少しでも時間を増やすために必死になるときもありますが、気持ちにムラがあるようで、テレビで満足しちゃいます。
    勉強サプリはゲーム好きの子にはぴったりなんですね! うちは普段パソコンも触らせないので絶対喜びそうです。息子も単純なんで (^^)
    そろばんは検定で級が上がるのが楽しいようです。息子は検定とか分かりやすい評価が大好きで燃えるんです。子供ってどんなことで自身をつけるか分からないですよね。
    あっぷーさんの長男くんも上のクラスに行けたことで自身に繋がってるんですね。塾に嫌がらず行ってくれるってホント素晴らしいことですね。嫌々行くのとモチベーションが全然違ってきますから。
    うちは地味に自宅学習と、勉強サプリわ試してみて頑張ってみようと思います。
    色々教えていただきありがとうございました。
    またコメントさせてくださいね。

    • のんさま レスありがとうございます。ますますのんさん宅のお子様とうちの長男が似ている気がします…!
      中学受験ではなく高校受験にしっかり備えるというの、すごくすごく賛同です。うちも中学受験をするかは全くの未定なので、今現在の塾もひっそりと高校受験というのを見据えていたりしつつです♪
      勉強サプリ、さきほどまで長男が「サプモンやりたいから」と言ってせっせと問題問いていました(笑)問題に取り組むとポイントがもらえるのでそれ目当てですが、「博士」という読みがなで間違えて「おれとしたことが」と悔しがっていたりと、本当ゲーム感覚みたいです。ipadやPCを触れるのもご満悦だったり。まだまだ子どもよのぉと言ったところです。
      私も逆にゲーム好きな子のことを聞けるとホッとします。私もこんなにゲームやらせてるのってうちだけかな、やばいかなと自己嫌悪に陥りつつ試行錯誤している感じです。
      そして息子くん、そろばん検定の級が上がるのが楽しいってすごくいいことですよね。やっぱり級やご褒美はやる気を引き出すアイテムですし、それをモチベーションに繋げられるなんて私からしたらすごいの一言です。(私自身子どもの頃はすべてに対して「ふんっ」って感じでとにかく無気力な子だったので)
      今の時期に子どものやる気とモチベーションをうまく引き出していきたいですね♪それが難しいのですが、お互い試行錯誤でがんばりましょう!

  • 空間把握能力を伸ばしたくて色々買いました。
    ニューブロック、レゴ、ゲオマグ、ラキュー持ってます。
    確かにニューブロックにはおしゃれ感無いですね(笑)
    ニューブロック、我が家の子供たち(小3娘・小1娘・年少息子)には大人気です。
    展開図の問題でわからないのがあった時はニューブロックで立体を作ってから実際に展開して解いてみたりしていました。実際に手に取ってやってみることで理解しやすかったみたいです(*^^*)
    『ロンポス』もおすすめですよ。ケースに入っているので持ち運ぶこともできます。
    わが家にあるのは『ロンポススペース200』です。本当は長女用に買ったものだったのですが、息子がロンポスにハマってました。
    上の子の習い事の待ち時間や電車移動の時などに大活躍しましたよ。
    大人でも難しい問題もあって、親子で楽しめます。

    • YUMNOGさま コメントありがとうございます。
      さすがみなさんたくさん持ってらっしゃりますね。ロンポス!名前は聞いたことがあったのですが、ノーマークでした。記事中に入れさせてもらってもいいですか?確かにケースに入っているので持ち運びできますね♪持ち運べるのはすごくいい!
      それも親子で楽しめるとは~。
      うちは小2冬まで家庭学習したことなかった(汗)なのでこういったオモチャのことも考えたことがなくて、今思えば子どもが小さい時にもっと色々やってみたかったなぁと思います。

      • あっぷーさま、『ロンポス』記事中に入れてもらえるなんて光栄です(*^^*)
        『ロンポス』意外と難しくて・・・息子に「ここはこうだよ~」って教えられてます(^_^;)
        個人差もあるでしょうが、我が家の場合パズル・ブロック・ひも通しが大好きだった息子が子供たちの中で一番理解力があると思います。
        数の大小の認識や数の分解の理解が早かったので、今そろばん学習に役に立っています。
        本当は手芸が趣味の私ですが・・・最近では参考書を探したり、子供たちそれぞれに合った学習方法を模索するのが趣味になりました(笑)
        自分が良いと思って使っている教材がこちらで紹介されていると何か嬉しくなります(*^^*)
        これからも楽しみにしてます♪

        • YUMNOGさま ロンポスの件ありがとうございます。早速記事中に入れさせてもらおうと思います。
          ロンポス、すごく面白そうです♪ うちの長男も好きそうな予感・・・!
          YUMNOGさま、手芸が趣味でいらっしゃるのですか?わーお!です。というのも、私は手芸が大の苦手です(苦手の域を通り越しています)。
          息子たちの通う小学校は、手作りのカバンやネームカードを縫ってなどの指定がほとんどないので助かっていますが・・・唯一プールの水着にはネーム布を縫い付けなくてはいけなくて。わたし、それがどうしても出来なくて近所のソーイングスタジオにお願いしちゃいました(恥)300円でした(笑)
          子どもたちの参考書や学習方法探し、楽しいですよね。
          私自身すごく勉強ができるとかそういうことではないのですが、私なんか足元にも及ばないようなすごいママたちから「その問題集うちも使ってます」とか「その問題集あまりよくないの、同じです」など言って頂けることも多いのが最近嬉しいことです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です