[ハテナに答える理科] 理科苦手なママと子の補助役となってくれる1冊

私は理科が大の苦手です。特に実験などは小学生の頃から「結論分かってるんだからやる必要ないじゃん」と思っていたっけな。(ただの面倒くさがり思考ですね)

あとは個人的に理科で学ぶ内容(昆虫や自然のこと)に全く興味がなかったというのもあります。

そのため子どもの理科勉強に関してはノータッチでいくぞと心に誓っていたわけですが・・・。予習シリーズ第一回目は良かったんです、昆虫のことで、長男は大の昆虫好きだったので。

早くも暗雲が立ち込めたのは第2回の「光の性質」のところ。光の性質はなんたらこうたら、ピンホールカメラのスクリーンを遠ざけると像はどうなりますかとか?長男に聞かれるものの私がちんぷんかんぷん。

慌ててテキストである予習シリーズを読んでみたのですが、これが非常にわかりにくい。内容が文章になっていて図が少ないので、もともと理科知識が乏しい私には理解不能。それでも長男と数時間格闘しましたがギブアップ、慌てて大きめの書店にテキストを探しに行ってきました。

 

スポンサーリンク

「はてなに答える理科」は理科が苦手な子の強い味方

最初から購入するものは決まっていたのでサクッとね。買ったのはこちら。

?に答える! 小学理科: 教科書の基礎から入試対策まで。小学3~6年

?に答える! 小学理科: 教科書の基礎から入試対策まで。小学3~6年 (小学パーフェクトコース)

このシリーズは算数も持っていますが、この手の参考書の中では今のところはこのGakkenがファーストチョイス。

rika
rika2

こういった中学受験もカバーする参考書タイプと言えば小学高学年 理科 自由自在: 基礎からできる有名中学入試対策 小学総合的研究わかる理科がよく知られています。理科に限って言えばですが、私はこのGakkenのものが一番分かりやすいと思いました。

というのも、それは自分が理科が苦手というのが大前提で、何せこの「はてなに答える理科」はオールカラーで写真とイラストがとにかく多いんです。そして地味にイラストがかわいい。

理科苦手の私・・・文章で読んだってちんぷんかんぷんなんですってば。

あとはこの「はてな」は、ポイントが文章ではなく箇条書きなどで完結にまとめられているのも嬉しい。しつこいようですが、文章で書かれても理解できないものでね。

イラストと写真が多い参考書って情報量少なくない?と思われるかもしれませんが、この「はてなに答える理科」は情報量もなかなか多い。いわゆる受験理科になってきた時にも使えるかは未知数ですが、現時点ではかなり使えそうという感触あり。

例えば私が躓いた予習シリーズ理科の第2回「光の性質」の項ですが、「はてな」ではイラストが多様されている上に倍以上のページ数、内容も予習シリーズより断然詳しいので理科オンチの私でもわかりやすい内容でした。

ただ注意なのは、「はてな」の内容は詳しいのですが、逆に言えば覚える必要がない部分もおそらく書かれているということ。そのため「はてな」を使って勉強するというのはすごく効率が悪くて、それこそわからないところを辞書的に引いて使うというのが本来の使用方法なのかなと思います。

 

3,000円+税と懐には痛かったのですが(泣)、理科オンチの私の強い味方になってくれそうな予感です。

ってなんだか自分が使う目線で書いていますが、理科苦手な私のレビューなので、理科苦手の小学生にも通じるものがあるはず!

今後は少しずつ、長男にも自分で調べさせて慣れさせていきたいところ。

 

改善要望ポイントも

ただ若干不満なのが、「はてな」のサイズ。辞書と同じ大きさなのですが、辞書みたいに手を離しても開いていてくれるならいいのですが、「はてな」は手を離すと閉じてしまいます。手で押さえ続けるとか、何か重しを置いておかないと開いていてくれません。
(先日コメント欄から「文鎮を使う」というアイディアを頂いたので、早速利用してます♪ ありがとうございます!)

この「押さえていないと閉じてしまう」というのは高学年になればまぁいいのかもしれませんが、小学生中学年だとまだまだすごいストレス。なのでこの「はてな」ももっとサイズが大きくて、紙も高級じゃない方が使いやすかったなぁと思いました。

 

そして勉強サプリも

予習シリーズ第2回の「光の性質」の部分がちょっとわからなかったという話ですが、勉強サプリの動画も利用しましたよ。小5理科応用レベルの「鏡の中の不思議」という講義です。

理科応用レベルの先生も熱くていいですよ。

長男は「本当の授業みたいだよねぇ」と笑うところは笑ったりしつつも観入っていました。あ、いや、長男の場合サプモン(勉強サプリの、勉強をすると成長などさせていくことができるアバターゲームが目当てかもしれませんが・・・。

こんな感じで当初は親子して全く理解できなかった「光の性質」ですが、二人で「じゃぁ問題集買ってみるか」「you tubeで動画探してみよう」「いいのないよ」「あ、勉強サプリがあるじゃん!」「勉強サプリは分かりやすいね」「でもこれ、何かに役立つのかなぁ」「うーん、ママもよくわかんないけど何か知識が増えて、これからは鏡見るのが楽しみなくらいだね」「確かに」「朝小サマースクールでもらったピンホールカメラ捨てなきゃよかったね」「そうだね、何でも捨てちゃうママの性格ダメだよね」など相変わらずアホな会話をしていたら・・・少しだけ理科が得意になった気がしました(笑)

勉強サプリ・詳しくは>>【勉強サプリ】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • あっぷーさま、毎度のブログを楽しみにしています。
    この頃はブログの読者さまからのコメントも楽しくも参考になることが多く、とても有り難いです。
    さて、うちの次男は理科が大好きです。特に何をさせたとか記憶がないのですが(博物館とか科学館は行っていました)、本好きになってからは『子供の科学』を毎月購入しました。自分では『空想科学読本』をブックオフで買ってきています。そして、折り紙が上手です。多面体の折り紙の本を買って…と言うので買ってやると一晩 夢中になってすごいのを作り上げていました。分解もよくしていました。使わなくなったおもちゃやらをみんな解体してしまうので大事なものは隠しています。実験も大好きです。将来はそういう方向に進みたいようです。
    そんな次男は公立中高一貫校を受検したのですが、やはり小学生の受験は難しいことを痛感しました。
    高校受験もある意味そうだと思います。今の子はおませな面もありますが、精神的に未熟なことが多いですから。そこをどうコントロールするかが母親として難しいです。
    うちの次男は高校受験に向けて前向きになりましたが、痛いのが塾費用。
    地域の公立はエコヒイキが蔓延しているので、反抗的で先生受けがものすごく悪い次男に内申は期待出来ません。
    内申には長男で痛い目にあったので、どうしよう…と頭の中でグルグルしています。
    そうそう、うちの子達はゲームを持っていません。その代わりに、電子辞書を購入しました。その中に学研の参考書とか漢検の問題とかも入っていて、最近の電子辞書は随分すごいな〜と思いました。「電子辞書、3DSみたいだし、大人っぽくてカッコイイ!」とか言っていました。そんな次男、YouTubeでマイクラを見て、攻略本まで買って読んでいます。

    • ゆはあさま コメントありがとうございます。ほんとうに皆さんのコメント、すごく役に立ちますよね!とても参考になることが多くて、ブログやってる特典だなぁとありがたく参考にさせていただいています。このブログに来て頂いた方にはぜひともコメントまで読んでいただきたいなぁ♪
      ゆはあさまの次男くん、理科大好きとのことで・・・折り紙やオモチャを解体するなどすごいですね。鳥肌立ちました・・・。ゲームも持ってないとのことで、我が家の理想です。うちもゲームに関してはすごく迷ったのですが、自分が子どものころゲームもテレビも禁止の家庭に育って、友達の会話の輪に入れなかったことがコンプレックスだったというのもあり購入。なんだかあれよあれよというまに色んな種類のゲームに囲まれてしまって、あらあらという感じです。
      早まったかなぁ。
      やはり公立の内申問題はあるんですね。そのお話を聞いてやっぱりうちの長男は公立は難しいかも・・・と。でもうちも実際は現在の塾や私立中学だとするとその費用も大変。こうなったら覚悟を決めて私も頑張って働くぞというところです。
      次男くん、マイクラ!うちの長男マイクラ大好きです。マイクラはマイクラ教育関係版なんかは学校で使われていたりするみたいですね。自分で器械みたいな装置を作ったり、何と言ってもゴールがないので(自分の想像の世界)楽しいみたいです。私も実はちょっとやりましたが、空間認識能力の低い母には難しすぎました(笑)

  • はじめまして。
    いつも参考にさせていただいております。
    この二月からサピに通い始めた新4年生女子の母です。
    「はてな」、我が家もサピの入室に備えて買いました。最初「自由自在」を買うつもりで本屋に行ったのですがパラパラながめてみて、うちの娘は興味を示さないだろうな、と感じ・・・・。前々から目を付けいていた「はてな」を本屋で熟読。簡潔でかわいらしいイラスト、わかりやすい構成、「自由自在」の購入をやめ「はてな」の理科、社会を購入しました。
    現時点で三年生の娘には十分の内容です。娘の反応上々、お気に入りの参考書になった様子です。
    ただし、覚悟してたとは言え、やはりお値段がお高い。
    娘よ、本棚の肥やしにはしてくれるなよ。
    サピには本人楽しく通っている様子ですが、まだ9歳なのにこんなにたくさんの宿題(これでも少ないらしい。学年が上がればさらに多くの宿題が・・・)、そして毎回の小テスト、今後のクラスの昇降など負荷が大きすぎるのではないだろうかと母親の私がもやもやした気持ちでいます。わかっていたとはいえ覚悟がなかなか持てない頼りない母親。ドーンと構えて、なんでも受け止めてあげるからってこころもちになりたいです。親も試されているって感じる毎日。とほほ・・・

    • ねこままさま コメントありがとうございます。
      サピ入室に備えて「はてな」を購入されたとは、皆様やっぱりすごい。私は何でも後手後手で反省です。社会も購入されたとは、うちもそのうち買うことになりそうな気がしますが、やっぱり高いですよね。
      1冊3,000円とか、子どもたちのお習字の月謝と同額なんですけど~と。これは絶対に使い込んでもらわなければっと意気込んでとりあえず母が熟読中です。
      塾の宿題量にはびっくりしますよね。そんな話聞いてないよ~なんて言う間もないほどの量でうちは生活が一変してしまいました。
      9歳だとまだまだ21時までには寝て欲しいし、読書もいっぱいして欲しいし、子ども新聞を読む習慣も付けて欲しいし、家族で色々遊びに出かけたいし・・・。と親の気持ちが付いていきません。ねこままさまからいただいたコメントを読んで、みんな同じなんだと勇気をもらいました、ありがとうございます。
      今後まだまだ新しいことがたくさん襲ってくると思いますが、お互い楽しむ気持ちを忘れずにがんばりましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です