悩みつつ子どもにゲームを買った理由と「みんなで楽しめるオススメソフト」少し

そもそも私は子どもにゲームは必要ないと思っていますし、敢えてゲームをやらせる必要は全くないと思っています。

子どもが欲しがらなければ買わなくてもいいと思います(これが私の一番の理想!)し、ゲームをやる時間があるなら読書したり外で遊べというスタンス。

でも現実的には私も子どもたちも俗世にまみれていまして(笑)、想像した通り子どもたちが小2の頃に「ゲーム欲しい」「ゲームやりたい」攻撃が始まりました。

実際に購入するまでには紆余曲折ありましたが、結局購入の決め手になったのは、私自信の生い立ちにありました。

 

スポンサーリンク

ゲーム禁止・テレビは1週間に30分

以前に書いたことがあるかもしれませんが、私が育った家は子どもへの締め付けが強い家でした。当時は珍しくなかったかもしれませんが、私が育った家はゲームは禁止・テレビは1週間(1日にではありません)に30分のみと決められていました。

そのテレビ30分がね、1番下の弟(6個下)に合わせるのがルールで、私は小6だというのに「日本昔話」なんかを観ていたっけな。全然面白くないっつーの。でも観ていたのはそれでもテレビというものを観たかったから。

そのルールは中学生・高校生・大学生になっても変わらず。だから私はクラスメートたちが話すテレビや芸能界・ドラマなどの話題には全く付いていけませんでした。

中学生時代はみんなで輪になってテレビや芸能人の話をしている中で、自分一人がポツンと別世界。でも笑ったり適当に相槌打ったりしていて、そんな自分もすごく嫌でした。段々と友達の輪から離れていって、一人でいることも多かったように思います。

この疎外感は今でも胸が苦しくなる嫌な思い出。

今となってはゲーム・テレビ禁止だったことで興味が読書に向いたというのもありますし、新聞は読んでOKだった(笑)ので社会のことに対する知識は広がったなど良い面もあったとは思います。

でも実際問題、友達関係においてはゲーム・テレビ禁止だとコミュニケーションを取る上ではとても不便で、味わう必要のない疎外感を常に感じることになったのは事実です。

 

結局は子どもに買い与えてどうなった?

そんな小さい頃の経験があったので、長男が他の子がやっているゲームを後ろからずっと見ていて「見すぎだろ、しつこいよ」とか言われていたのを目撃した時に「買った方がいいのかも」と思ったんです。

またゲームを持っている子が増えてきて、ゲームの話題に付いていけない・遊びに誘ってもらえないことがあったのもあります。

あとは私自身ゲームとテレビなしで育ったので、社会人になってゲームやテレビが自由になった時一時期めちゃくちゃハマってしまったことがありました。多分ゲームとの上手い付き合い方が分からなくて、子ども時代の反動だったのかなと思います。

なので後付ではありますが、幼い頃からゲームとの付き合い方を学ぶのも必要だろうと思ったのも理由の1つでした。

子どもにゲームを買ってどうなった?という部分ですが、我が家では現在「勉強・読書・お手伝いなどやることをきっちりやったら、自由に1時間は何をしてもいいよ。テレビでもゲームでもその他の遊びでも」としています。

子どもたちは、テレビを選ぶ時もあればゲームを選ぶ時もありますし、レゴで遊んでいる時もあります。自分たちでタイマーをかけてやるのでゲームをダラダラやるということもありません。(長男は最近スポ少や塾で忙しいので、ゲームをやらない日も多いです)

その他「ゲーム機は外には持ち出さない・遊びに行く先の親に連絡をし確認できた場合のみ持ち出しOK」などのルールもきちんと守れているので、今のところ買わなければよかったと思うことはありません。まぁ買ってよかったと思うこともない(ここ重要)のですが(笑)

 

親に「ゲームが欲しい」と言えるかどうか

あとひとつゲームに関してどうしても書いておきたいこと。これまた私の小さい時のことに関係するのですが、昔は厳しい家庭も多かったので特別なことではないのかもしれませんが、私は両親に一度も「ゲームを欲しい。テレビを観たい」と言ったことはありませんでした。

でもこれは言わなかったのではなく、言えなかったのです。

厳しい親だったので、一度そんなことを口にすればどんなことになるかも分かっていました。そして私は親にとって「ダメな子」と評価されることがとても怖かったんです。できるだけ「いい子」と思われないと怒られちゃう。そんな風に思っていました。

大人になった今でも親に言いたいことは言えないので、表面的には仲が良いですがどこか遠い存在。

だから我が子が「ゲームが欲しい」としつこく言ってきた時どこかホッとしたのも事実です。「私は子どもにとって思ったことは言える親なんだ」って。

 

長男のお友達で、一緒に遊ぶとずっと人のゲームを見ている子がいます。私は「全員がゲームを持ってない場合はゲーム禁止」と言ってゲームをやめさせるのですが、そうするとその子は児童館など他の場所に行ってしまい、また他の子のゲームを見てるんですね。

ゲームを見られている子が「ゲーム買ってもらえばいいじゃん」などと言っていましたが、その子は「言えないよ、そんなん」と・・・。とっても厳しいおうちみたいなので、なんだか自分の子ども時代を思い出してしまいました。

なのでゲームを買う買わないよりも、ゲームのことを家族できちんと話せること。それも重要で、その結果としてなら、どちらになっても子どもは納得できると思うんです。

 

まとめとオススメゲーム

 

それでちょいとここで、子どもたちのゲームを間近で見てきた親目線でオススメゲームをいくつか。お恥ずかしながら我が家かなりの量のソフトがあります が「これいいね」と思えるものってほとんどないのでちょびっと3つです。ちなみにお勉強系以外で初心者さんがいてもみんなで楽しめるソフトです♪

 

Nintendo Land(Wii U)

Wii Uではマリオカートやマリオメーカー・体を動かすスポーツ系も持っていますが、我が家で一番喧嘩が少なく(友達同士でやっても)みんなで仲良くできるのが「Nintendo Land」です。

操作があまり難しくないので、ゲーム経験が少ない子でも楽しめますし、協力して進めていくミニゲームが多いのがいいです。刺激の強い描写もありません。「ルイージのゴーストマンション」が多少怖いですが、先日うちに「次男くん、あそぼー」と女の子3人が遊びにきましたがみんなでちょこんと並んでキャーキャー言いながらやっていて微笑ましかったです♪

公式サイト

 

マインクラフト(Wii U,ipad,iphone,PSvita,PCなど)

マインクラフトは鉄板ですが、親目線だとどうせゲームをさせるならばこれがいい!というゲーム。

マイクラはブロックを使って自分たちの世界を作っていく、レゴのスケールを広げまくった感じのゲームです。ただブロックを重ねるだけではなく、何かと何かを合わせて道具を作ったり、高度な装置も作れるのが面白いです。空間認識能力の向上に役立つかも?

マイクラはゴールがない(順位がつかない)ですし、基本的な操作は簡単。実は初めてでも楽しめて喧嘩になりにくいゲームだと思います。

ipadなどのマイクラはPE(ポケットエディションといって、中には作れない装置などもあります)ですので、どんどん世界を広くしたいという場合はPSかWii、またはPCのマイクラがいいかと思います。Wiiのマイクラは使えるコントローラーが限られているので更なる出費になる可能性があるのが痛いですが・・・。

公式サイト(Play Station版)

ちなみにWii Uのマイクラはダウンロード版で店頭には置かれていないので注意です。

 

太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ(DS)

我が家ではDSソフトも「妖怪ウォッチ」から「進撃の巨人」「マリオカート」などなど色々持っていますが、みんなで遊べてかつ楽しいソフトと言えば太鼓の達人ではないでしょうか。
音感が良くなるかはわからないですが、やって悪影響があるということもなさそうですし、大人がやっても結構楽しい。

本体があれば複数人数でも楽しめますが、喧嘩になりにくいゲームだと思います。難易度が選べるので、ゲーム初心者からやり込んでいる子誰でも楽しめるのも良し。

公式サイト

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

16 件のコメント

  • こどもとゲーム、難しい問題ですね。
    我が家はゲーム買ってもらえない家だったのですが、私(昭和50年前半)と妹(50年中頃)は、そこまで流行ってなかったので、あまりゲームにはまらずに、次(習い事や別の遊び)に行ってしまいましたが、弟(50年後半)は、男子で流行っていた頃(でも一人1台の時代ではない)だったので、ほとんど友達のおうちでみんなでワイワイ遊ばせてもらっていたようです。

    でも、ずっと親は家でゲーム購入を母親が許さず、結局「大学受かったらゲーム買ってもいい」ことになり、弟は受かる前から、少しずつやりたいゲームを集め、受かった日から、3日3晩ゲーム漬けだったのを今では笑い話にしています。

    今のゲーム機はみんなでできなくて、一人1台の時代なので、ゲームがないとコミュニケーションや友人関係にもかかわってくると聞いて、まだこれから小学生なので、直面はしてないのですが、これからの課題として、親としては悩み所です。

    それでなくても見たいテレビ(アニメ)が増えて、その時間を中心にして動いてる息子なのに…(笑)家庭学習させるのも一苦労です😁

    なんでも言える環境、大事ですね。私も言えなかった長女なので、息子に同じ思いをさせないよう、コミュニケーションを大事にしていきたいと記事を拝見しておもいましたー(^ー^* )いつもためになる記事ありがとうございます!

    • katieさま コメントありがとうございます。同年代ですね~~!そうそう、あの時代はゲームを持っている子の家に集まったり(うちは禁止でしたが 笑)していましたよね。懐かしい。
      そしてうちの弟(うちは3才下・6才下)の時は更にゲーム世代で、弟たちもゲームを巡っては気持ち的に色々あったみたいです。
      katieさまの弟さんのお話に思わずふふとなってしまいました。大学に受かったらゲームを買っていい!それで受かる前からソフトを購入してたとは~!
      うちは大学生でもゲーム禁止だったのですが、もし大学合格でゲームOKとなったらもっと受験勉強頑張っていたかも(笑)

      うちの住んでいる地域では小2・小3になるとゲームを持っている子がほとんどで、最近のゲーム機は同じソフトを持っている同士で交信したりアイテム交換ができるので、同じゲームが好きな子同士で放課後集まってるとかあるみたいです。小4になるとゲーム派、スポーツに打ち込む派、勉強派など別れてくるなんて話ですけどね。

      本当に子どものことではいつも頭を悩ませています・・・!

  • ゲーム問題は難しいですよね。娘と公園に行くと男の子4.5人ベンチに座って震えながらDSをやっているのを良く見ます。
    公園もボール遊び禁止、住宅地につき静かにと言う看板があるので今の子供は遊ぶのも大変になってますよね。
    マインクラフトも娘がハマった時がありました。ゲームをやった日は「吐きそう!」と泣くことが何度かありゲーム酔いしていたようでマインクラフト禁止令を出しました。
    因みに私が子供の頃は殆どのゲーム機があり、弟(50年前半)はゲームでなら東大入れそうだ!と父親に言われてました。

    • ウユさま コメントありがとうございます。本当にゲーム問題には悩みます。これがもう少ししたらスマホ問題になるのかと思うと更に頭が痛い・・・。
      ウユさまのおっしゃる通り、最近は騒音問題なんかもあり外で元気に遊ぶことも難しいですよね。遊び場所が限定されていて、それも禁止が多いので、「外で遊んでおいで」と言うのもなかなか難しいというのが実際のところかも。
      マインクラフト!確かにゲーム酔いするかもしれませんね。うちは幸い車の中でも普通に読書するタイプなので、大丈夫でしたが。三半規管が弱い子は注意かもしれません。というか私もマイクラを試してみたら・・・空間認識能力が低すぎて現在地把握など全くできず、上も下も分からずマグマ?火山?に突入してうっかり死亡(笑)というのを繰り返してしまったためマイクラからは離脱いたしました・・・。

  • あっぷー様

    マインクラフト、wiiUでもあったんですね〜〜
    今年のクリスマスプレゼントは、これになるかもしれません^^;
    どうせゲームに嵌るなら、マイクラ、最高かもしれませんね!
    ダウンロードしちゃおうかしら、、
    うちはレゴ大好きで、エデュケーションシリーズを輸入しているんですが、輸入といえども値段は高いし置き場所はとるし、、、

    すごく、参考になりました!

    息子は弱視があったので、5歳の時に、視力トレーニングの一環として、DSとwiiを与えました。我が家を発端に、結果として周りをゲームブームに巻きこんでしまって、ゲーム禁止のご家庭には本当に申し訳なかった、と思っています。

    ゲームソフトは、本当に気をつけないと、お友達と喧嘩になりますよね。
    喧嘩も、コミュニケーションスキルのためにはなりますが^^

    ゲームを与えてよかったことは、
    楽天的な性格になるらしい。
    ゲームをエサにすると、キビキビと予定をこなす(笑)
    いろいろな年齢のお友達が出来た。

    でしょうか?

    今後はスマホを与えるタイミングも考えなくてはならないし(中学生かな?)
    ゲームとの付き合いで、メディアコントロールを学ばせなくては!
    と思います^^

    • なつめさま コメントありがとうございます。私の方こそなるほどと目からウロコでした。
      確かに「ゲームを与えてよかったことは、楽天的な性格になるらしい。ゲームをエサにすると、キビキビと予定をこなす(笑)いろいろな年齢のお友達が出来た。」これうちにも全部あてはまります。
      違うでしょって思われるかもしれませんが、うちの子どもたちは「モチベーションの上げ方」もゲームで学んだかもしれません。うーん、いいのか悪いのか?でも大人だって餌がないと頑張れないし(汗)そういう意味ではゲームも子どもたちの良い餌になってくれました。
      そしてうちも次男が遠視性乱視です。眼科ドクターにで何か家でできることはありますか?と聞いたところ、医師から「言い難いですがDSなんかのゲームはいいです」と言われて・・・。半信半疑ですが1日1時間はゲームOKとして、今現在までとりあえず視力のことは問題なく経過しています。なのでDSに感謝すべきなのか?

      スマホも今後悩みそうですよね。うちはゲームは良しとしていますが、スマホは受験が終わるまでは与えない気満々です。でも先輩ママから「高校の連絡事項とかラインだよ」と言われてびっくり。にわかには信じがたい話ですが、その時になったら買い与えてしまうのかなぁなどと今から悶々とする日々です。

  • あっぷー様

    はんさむもてもての次男くん(女子と和気あいあいゲームなんて、もてもての証拠ですよね^^♪)と同じく、我が子も遠視性乱視です。
    我が家も、DSのお陰でかなり視力がアップしました。
    あとは、近視に気をつけなくてはいけないのですが、、、
    今のところは大丈夫です^^

    親に交渉できずにただただ禁止されてきたことって、大人になって、じわじわと来ますよね。
    私もその一人でした。最初から、いろんなことを諦めちゃって。
    なので息子には、学校の先生や、習い事のコーチ以外には交渉していい、と教えています。
    息子は私に交渉する時、引き際が良くわかってます(笑)

    スマホについてですが、地元の中学校の部活連絡が、(部活にもよるみたいですが)LINEらしいです^^;
    「スマホ18の約束」は、数年後、参考になるかもしれません。その時には古いかも?^^;

    もし、あっぷーさんが受験終わるまでスマホ禁止を表明したら、
    長男くん、次男くんは、中学受験か高校受験で付属を目指す!となるかもしれないですね〜〜♪^^;

    • なつめさま コメントありがとうございます。遠視性乱視同じすね。医師からDSをなんて言われて半信半疑、誰かに話すと「それ絶対嘘だよ」と言われ(笑)まぁ視力問題がなくてもDSはやらせていたのでいいのですが、とりあえず今のところ視力低下していないし、なつめさまのコメントを読んで健康診断表を見直してみたら、うちも視力アップしていました♪

      交渉OKと教えるのはいいですね。交渉というのがまたさすがです。私も色々と禁止が多かったので、最初からダメだろうと諦める癖がついたように思います。なりたかった仕事、あったのですが。それもダメと言われて親が怖くて諦めました・・・。
      子どもにはチャレンジする気持ちはなくさないように、大きな夢を持って成長して欲しいです。

  • ウチは、私自身もカミさんも、ゲーム大好き少年少女。(ええ少年少女ですが何か?(笑))

    新婚当時とか、ケッコンしてからも、長男が生まれる以前は外出すると、、、まずデート先はゲーセンでした(笑) なので、「ゲーム禁止!」は自分たちがまず守れません(^^;

    まあそういう事情とは別として、コドモに対して「ゲーム禁止!」とか「お菓子禁止!」とかの施策は、禁じられているが故の執着(というか執念)をより強固にしてしまうで下策と思ってます。

    「禁止!」を基本スタンスとしてしまうと、たまに聞く、「お友達の家に行った時、目の色を変えて出されたお菓子をむさぼり食った上、さらにタンスや冷蔵庫をあさる」とか、「ゲームを貸してくれる友人にのみ執着し、ゲームが目当てなのでその友人そっちのけで、むさぼるようにゲームで遊ぶ。」とか、、、目も当てられないほど卑しくてあさましい餓鬼になってしまいそうな気もします。

    それはイヤすぎる(^^;

    なのでウチではかなりルールを詳細に決めた上、各条項をコドモと一緒にレビューし、両者合意とした上で、与えました。

    なんですが、、、実はゲームなんていうのは実はほんの前座で、、、本当に目のカタキにすべき総本山は「すまほ」だと思ってます。

    なので、これに対しては現時点で超先手を打って、「まず今はクリアできないかもしれないけど、条件はこうだからな!」と、今のうちから取得・使用条件をコドモに提示しています。

    それも、難易度としては少なくとも大学生にならないとクリアできないレベルにしてあります(笑)

    • をづさま すっごい「同じ、同じ!」なコメントでびっくり。
      というのも私もゲーム大好きでゲーセンも行きます♪ うちはお恥ずかしながら1年前くらいまで家族でゲーセン行ってました・・・、最近は時間がなくて行けませんが。私は子どもが生まれてからはゲームもあまりしなくなりましたが、主人は本気のゲーマーですし。
      をづさまの書いてくださったような「他の家でお菓子・ゲームに異常に執着する」子いますよね。うちもゲームを買わなければそうなってたような気がします。
      ただゲームを購入した後の「外にたむろしてのゲーム」がいやだったので、それはダメなどうちもルールは徹底させています。
      そうなんです、問題はスマホ!!ですよね!!全く同感で、うちは今から「申し訳ないけど、他の子が持っていたとしてもスマホだけは買ってあげられないよ」と言っています。大学生で十分と思っていますが、時代の波に飲まれてしまうのでしょうか~、学校連絡がラインでくるなんて話も聞きますしね。
      それで思うに「ラインと通話だけできる携帯(ライン相手と通話先は親の登録確認が必要)」発売されないかなぁと。キッズ携帯にライン機能が付く感じ・・・などと色々妄想しております。
      うちもスマホが欲しいと言い出したらをづさんを真似して難易度性にしようかな♪ というか、今の子どもたちはスマホ持ちつつも受験勉強とかしているのでしょうか。なかなか集中しにくそうですが・・・。

  • あっぷーさん、おはようございます。
    みなさんの色々なコメントを見て、そうそう、うんうんと頷きっぱなしでした。
    うちは曜日と時間を決めてゲームをさせていますが、新しいゲームを購入するのは誕生日かクリスマスと決めていました。
    ところが2年生の2学期に学校に行くと、夏休み中に新しいゲームをみんな購入していて(妖怪なんちゃら〜です・笑)、息子はみんなの話に入れず、でも誕生日もクリスマスもまだなので親も安易に買ってやれず。
    持っていないから遊びにも呼ばれず、毎日1人でトボトボ下校してきて家で落ち込む日々が続きました。そんな息子を救ってくれたのが、自宅のWiiで遊ぼうと誘ってくれた友達。Wiiだと本体やソフトがなくてもみんなで遊べるので、一時期ずっと誘ってもらっていました。
    今の子ってゲームがコミュニケーションツールなんですよね。本体を持っていてもソフトがないと仲間外れにされちゃうなんて。
    ゲームとの付き合い方、親としても揺れ動いてしまいまだまだ難しいですが、大学生でも深夜までゲーム漬けなんて話を聞くと、あまり甘やかすのはよくないかとも思います。

    • のんさま コメントありがとうございます。私も皆さんのコメントに頷きっぱなしです。のんさまのコメントも「わかるーー!!」と。
      夏休み明けのゲームの話、うちの長男の時と全く同じです(妖怪なんちゃら、7月下旬か8月上旬発売だったような)。うちは結局それは何かのご褒美で買ってあげたような記憶がありますが、DSは通信もできちゃうのがある意味ネックというか。同じソフト持っている同士が固まりやすいので難しいなと思った記憶があります。
      確かにwiiは一台(+コントローラー)があればできるのがいいですよね。うちにも次男の友達はゲームを持っていない女の子が来るので、そういう時はDSなしでWiiのみと制限するなど、仲間はずれっぽくならないように気を付けています。
      今のところ子どもの友達はゲームは1日1時間などルールを設けているおうちが多くて、一緒に遊んでもゲームばかりにはならずに、男の子らしく家の中を走り回ったり校庭で思い切り体を動かしたり。。。結構バランスが取れているので悪影響はない感じです。
      本当ゲームがコミュニケーションツールなんですよね。私たち世代からするとちょっとびっくりですよね!大きくなった時のために、今からゲームとのつきあい方をきちんと教えるのも必要かもしれませんね。

  • うちは私がゲーマーだったので、生まれた時からゲーム機は多数あったのですが、子供は殆どしていません。というかできない、、、。
    かなり緩いスタイルで「やることやったら自由!(もちろんゲームも無制限)」ですが、何故そのルールがいけるかというと、本人が超マイペースでやることが終わらない=できないんです。

    友達はゲームしたいからさっさと勉強も準備も終わらせているそうですが、、、そうなって欲しくて甘いルールにしたのに分かってもらえず。
    逆にこれだけ遅いと=そこまでゲームに固執していないようです。

    私はゲームやる時は食事取りに行く、トイレ以外ぶっ通し9時間(夜までやってると流石にシバかれるので…)とか昔よくやっていたんですが、、、反面教師なんでしょうか?(≧w≦;)

    月一でお友達の家でがっつり勉強一緒にした後は無制限でゲームヽ(。>▽<。)ノの時位しかゲームしてる姿を見ません。

    田舎で友達同士が簡単に遊べる距離でないのが幸いか、他の家でゲームに固執する子はいません。皆持ってますし。
    うちも外ゲームは禁止です。外出てる意味ないですよね。

    スプラトゥーンが子供も私も気になってるんですが、本体がお高くて買えず、、、他に好きなことと比べて本人もゲームを取らないので我慢です。

    スマホゲームは与えてる人多いですよね。
    うちは勉強モノのみにしています。好き勝手に落としていた時は即全削除しましたが、それ以降は入れてないみたいです。←やっぱり時間がない

    小さい頃からスマホゲームさせてる所は子供の堪え性がない印象です。
    ちょっとの待ち時間もスマホを欲しがる姿よく見かけます。

    因みに子供には余ってるスマホ(Wi-Fiのみなので家でしか使えない)でLINEはして、外用にキッズケータイを持たせています。スマホは契約高いので(;д;)

    隙を見て触ってたりしますが、勉強等で分からないことがあったらスマホで調べたりしているのでゆるくみています。
    スタディサプリもしてるのでタブも持ってますし、かなり恵まれていると思いますが、逆に恵まれていることでさほど執着心が少ないのかもしれません。
    禁止されればされるほどやりたくなるものですよね。

    ゲームも新しいのを買う時は、使わないのを売るルール。そして「買ってもやる時間あるの?」という質問を繰り返していたからか、物欲があまりない子になってしまいました。
    聞いても、「〇〇ほしいんだけど、でもやる時間ないからなー(・∀・;)」←やらせてやるからやることやれよ!
    いいような、子供らしくなく育ててまずかったかなとか悩みどころです。

    • 歩さま コメントありがとうございます。歩さまゲーマーなんですね~、ふふ。私も今は時間がないのであまりやりませんが、子どもが赤ちゃんの時は授乳中などどうにもこうにも暇でゲームしてました(本当書くのも憚るくらいのダメ親ですね・・・)。
      >逆に恵まれていることでさほど執着心が少ないのかもしれません。
      これにはなるほど!と。確かにダメと言われればやりたくなるけど、実はとことんやってみるとこんなもんかとすーっと熱が冷めちゃうとか。歩さま宅もゆるいルールだからこそ、お子さんもあまりやりたがらないのかも?(かなり高度な作戦ですね♪)
      やはり歩さまのように、親はうろたえずに子どもの一歩上をいくことを考えなければなぁと思いました。

      そして田舎(?なんですか?うちものどかな地域住みです)だと、気軽に家に遊びに行けない距離というのが幸いしてるのですね。確かに昔からの友人が隣が何百メートル離れているなんて場所に住んでいますが、「ゲーム持ってないからって放課後遊べないとか仲間ハズレとかないよ。むしろ友達の家が遠すぎて親の送迎が必要なくらいで、他の子が何で遊んでるかとか分からないんだよ。」と言っていたのを思い出しました。ゲーム問題は地域差もありそうですね♪

  • こちらのコメントを読んでいて、やっぱりゲームを持っている家庭が多いんだなと感じました。
    我が家は小学一年生の息子にDSを欲しいと言われていますが、購入していません。幼稚園の年長ぐらいから周りの子は続々とDSを持ち始めましたが。一番の理由は、やはり子どもにとってプラスになるとは感じられないから、でしょうか。私自身ゲームのない家庭で育った(特に欲しいと思わなかった)というのもあるのかもしれません。また、これはひねくれた見方かもしれませんが、私はゲームをしている時間がすごく不毛に感じてしまうのです。うちの旦那は元ゲーマーで(今はほとんどやりません)、結婚した頃は週末など夜な夜なゲームをしている姿をよく見たのですが、この人はなんて時間を無駄にしているんだろう?とよく思っていました。自由な時間をどのように過ごすかは大人も子供も本人の自由なのですが、もっと有意義に過ごせばいいのにと思ってしまうのです。
    その代わりでもないのですが、我が家にはたくさんのカードゲームやボードゲームがあります。息子は特に「ニムト」というカードゲームが大好きで、二日に一回はプレイするという生活が早3か月以上は続いています。最近は放課後クラブで覚えた将棋が気に入ってるようです。
    一度DSを持つと半永久的に新しいソフトを買わされるという話を聞いたこともあり、誕生日やクリスマスなどに「今度はどんなプレゼントを買ってもらおうかな?」とワクワクしながら考えたりすることもなくなっちゃうのかな?と思うと、それも寂しい気がしています。
    しかし、本当の所は私の中に二人の私がいて、一人は「ゲームなんて不毛な物は絶対要らない!」といい、もう一人は「欲しいって言ってるんだから、DSぐらい買ってあげなよ。周りも結構持ってるんだし。」と言っている感じです。正解がないだけに、本当に悩みますね…。

    • げんちゃんさま コメントありがとうございます。
      本当ゲームやっている時間って不毛ですよね~、完全同意です。私自身ゲームをやりつつ「あぁ無駄な時間を過ごしてしまった」と心のどこかで思いつつ、でも無駄なほど楽しい・・・!(私にとってはお酒も同じ♪)と自己嫌悪だかなんだかわからない感情を抱いています。
      多分ゲームって嗜好品のようなもので、元々は子どもに必要なものではないのかなと。ただ大人になってからは生活のちょっとした楽しみになり得る可能性もあり、その時のために子どもたちにはゲームとの付き合い方を身に付けて欲しいなという気も。
      ゲームを欲しがらないお子さんもいるみたいですし、うちの子もそうなって欲しかった~。うちも小2夏まではゲーム禁止でいきましたが、小2夏に記事に書いたようなことがあって撃沈してしまいましたが、もう少し粘ればあのままゲームなしでいけたかも?なんて思ったり。
      小2・小3がゲームのピークか、長男(今は小3の終わり)の周りを見ても最近はゲーム大好きな子・スポーツに打ち込む子・受験勉強を始める子と分かれていき、今は周囲も思ったほどゲームゲームしていません。
      我が家に友達がきても最近は人生ゲームをやっていたり。ゲームが遊びの一つという感じで、結構いいバランスで生活できているように思います。ゲームブームは長く続くわけではなかったんですよね、きっと。

      ボードゲームいいですね。うちも将棋が結構好きみたいですが、なかなか強くなれずにハマるまでには到達してくれません。長男はスポーツが一番なのですが、もう少し勉強系にもハマって欲しいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です