携帯ゲーム機にスマホ。いつも親は悩んでいるけどそんな時に読んだ「スマホ18の約束」にジーンとした。

先日携帯ゲーム機に関する記事を書きました。

参考記事:悩みつつ子どもにゲームを買った理由と、みんなで楽しめるおすすめゲーム少し

結論として、我が家は小2夏に子どもにゲームを与えたということなんですが、そこは私なりにすごく悩んだ部分でした。

それでその記事のコメント欄にスマホに関することを書いて下さった方がいらして、スマホはまだリアルな悩みではないのですが、ちょっと心に残りました。

今はまだ遠い話だと思っているけれど、あっという間に「スマホどうしよう」という話になるんだろうなぁ。

今現時点ではスマホは大学生くらいまで与えるつもりはありませんが、それも子どもの「スマホ欲しい」に直面したらどうなるかはわかりませんよね。

そんな今。最近読んだ「スマホ 18の約束」がすごく心に染みて、親の子を想う気持ちも分かってジーンとしてしまいました。

これはアメリカの家庭で、13歳の息子にiPhoneをプレゼントするにあたり、母親は18項目の約束を挙げた契約書を作成。息子はそれにサインをしたっていう流れでその18項目がこれ。

ご存知の方も多いかと思うのですが、ここで紹介します。

引用元:Mom Has Son Sign 18-point Agreement for iPhone (動画です!こちらもまたよし!)

1. これはママのスマートフォンです。ママが買って、あなたに貸しているのよ。だからママの言うことをよく聞きなさいね。

2. パスワードは必ずママに教えてね。

3. 電話が鳴ったら必ず出ること。画面に「ママ」や「パパ」と出ても、絶対に無視しないで、きちんと「ハロー」と応えてね。

4. 電源を入れるのは朝7時半から。夜は学校がある日は7時半に、週末は9時になったら、電源を切って電話を返してね。

5. 学校に持っていくのは禁止。友達とは面と向かって会話をしてね。

6. トイレや地面に落として壊したり、電話を失くしてしまったら、責任を持って自分のお金で修理・弁償すること。お金が必要になるから、草むしりや赤ちゃんのおもりをして、おこづかいを貯めておくのよ。

7. これで人を騙したり、馬鹿にしたりするのは禁止。常にいい子で、誰かを傷つけるような会話には入らないこと。

8. 面と向かって言えないことは、これでメールをしてもだめ。

9. 相手の親に言えないようなことは、メールしてはだめ。自分自身で厳しくチェックすること。

10. ポルノは禁止。インターネットではママと一緒に見られるようなものを見てね。何か知りたいことがあったら、人に聞くこと。できればママかパパに聞いてね。

11. 公共の場では電源を切るか、マナーモードに。特にレストランや映画館では。あなたは礼儀正しい子よ。iPhoneを持つことで変わらないでね。

12. 体の大事なところの写真を送ったり、受け取ったりしてはだめ。笑わないで。もしかしたらそうしたくなるときが来るかもしれないわ。でもそれは、あなたのこれからの生活を台無しにしてしまう行為なの。ネットの世界は、とても巨大で、あなたよりも強大な力を持っている。噂や風評でさえ、簡単に消すことができないわ。

13. 写真やビデオはたくさん撮らないこと。すべてを記録する必要はないの。それよりも経験を大切にして。それはあなたの記憶に永遠に残るものなのよ。

14. ときどき電話は家に置いて行きなさい。その選択は正しいと自分を信じていいのよ。電話は生き物でもないし、あなたの一部でもない。携帯なしで生活することが大事。なくなるのを恐れないで。

15. 最新曲やクラシックなど、たくさん音楽をダウンロードして、同じものをずっと聴くより様々な音楽を聴いて。あなたの世代は歴史上でもっとも音楽に触れることができる世代。その恩恵を受けて、世界を広げてね。

16. ゲームは言葉遊びやパズル、脳トレをやりなさい。

17. 常に上を向いていること。周りの出来事に目を向けること。窓の外を見ること。鳥の声を聞くこと。外を歩くこと。知らない人とも話をすること。グーグルで検索しないで感動できることを探しなさい。

18. 約束を破ったら携帯電話を取り上げます。そしてそれについて話し合い、一からやり直しましょう。ママはあなたのチームの一員。一緒に学んでいきましょう。

 

親となった今だからこそジーンとしちゃうのかなぁ、スマホと子どものことを心配する親の気持ちが伝わってくるこの「スマホ18の約束」。でも子どもの自立も信じている親心と愛情も伝わってくるのが、すごくいい。

この18の約束に、各家庭の約束を加えてスマホを与えるご家庭もあるとのこと。それもすごくいいな!

 

ゲーム機を与える○の約束もないのかなぁ~。いつもコメントをくださる私が尊敬している方々・・・一緒に「ゲーム機を持つ君へ。ママと君のゲーム10の約束」作りませんか?なーんてね(笑)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

6 件のコメント

  • あっぷー様

    ゲーム10の約束、いいですね〜〜♪
    こちらのコメントの皆さまがどんな約束を考えられるのか、とても興味あります^^

    いまのところ我が子との約束は、
    ゲームは母のもの。
    パスワードは母の管理。
    ゲームは平日30分、週末1時間。
    お友達と遊ぶ時は〜〜、、、
    などなど。具体的です。
    けれど、約束の中にはやっぱり母の思いを盛り込みたいですよね。

    約束を破ってしまった後の「もう一度一緒に考えよう」という子どもへの譲歩は必須かな、と考えています^^;

    • なつめさま コメントありがとうございます。
      なつめさまもきちんとゲームの約束を考えておられるんですね、やっぱりみなさんすごい!(考えていないのは私だけですかね)
      ゲームの10の約束♪ こういったのには子どもへの譲歩も入れたいし・・・、母の想いも盛り込みたいしですよね!それで後々子どもが大きくなった時に振り返って、「当時はわからなかったけど、親は自分のことを考えてくれていたんだな」なんて感じてくれるような約束がいいなぁ。
      うちもゲームの約束作ればよかったですと後悔中・・・。

  • ウチもスマホルール(取得条件)作成したんですが、、、そういえば「あえて無理ゲーな取得条件」に設定したため、使用の条件をまったく考えてませんでした(笑)

    なのでこの「18のルール」は参考にさせていただきます(^-^)
    で、この「18のルール」の第一項は、まったく私も同じ考えでした。ただし文言は(あえて)下記のような峻厳なものにしてあります。思春期にもなればオトナ扱いをはじめてあげないといけませんしね。

    その文面は、以下です。

    ★ どのような状況においても、未成年時(満20歳未満)は当該機器に対して付与される権利は「貸与」であり、所有または使用に関する裁量の権利は一切与えられないものとする。未成年に対するそれらの権利については完全に保護者に帰属するものとする。
    ★ また当該機器に関しては、未成年時点においては、自身が購入し得る所持金を持っていたとしても、自身での購入は一切認めない。
    ★ 上記に対して異議を唱えた場合、異議を唱えた時点を以って当該機器に対する所有・使用をはじめとする一切の権利を失うものとする。

    あ、で、ちょうど昨年、二年生になりDSをほしがった長男に対して作成した「DS取得・使用・とりあげ条件」「ソフト購入条件」それから前述の「スマホ条件」ありますので、ご希望でしたらメールします。(結構長大なエクセルのシートなので、コメント欄に内容が書ききれませんので(^^;)

    • をづさま コメントありがとうございます。
      すごい、きちんとルールを作成しておられて尊敬です。確かにどの年齢で与えるかによってもルールの文調は変えた方がいいですね!
      内容もよく考えられていてすごいです。
      うちはゲームもルールはなんとなくで与えてしまったので後悔しています。うちも貸与にして、ルールを破ったら取り上げにすればよかったな・・・。ぜひ条件のエクセルシート見せて頂きたいです。
      参考にさせて頂いて、うちも今更ゲームのルールを作ろうかなとも思っていますが…遅いですよね…。

  • 「スマホ 18の約束」初めて知りました。ありがとうございます。そして、私もジーンときてしまいました。一番刺さったのは、「8. 面と向かって言えないことは、これでメールをしてもだめ。」でした。その通りだと思いました。
    スマホなんかなくても生きていけると頭の隅ではわかっているけれど、手放せない自分。大学時代に携帯電話を持ってから、早十数年。使いこなしてきたのか?振り回されてきたのか?自分も子供もスマホと良い付き合いができるように、と願うばかりです。

    • げんちゃんさま コメントありがとうございます。
      ジーンとくるって分かっていただけて嬉しいです! これ、母の想いが詰まってますよねぇ・・・。同じ母だからこそなのか、読むとジーンときてしまいます。
      げんちゃんさまのコメントを読んで、私も(今だって)スマホに振り回されてないかなって考えてしまいました。子どものスポ少のことやらPTAのこと、連絡は必要なわけですが、子どもからみると四六時中スマホ持ってるなって感じだろうな。私も子どもと一緒にスマホと良い付き合いができるように考えなきゃ。げんちゃんさまのコメントで気が付きました、ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です