やっぱりZ会は「よくまとまっている」以上の魅力がある!「中学受験シリーズ・ 地球 宇宙図鑑」

わたしが大学受験の時に最もお世話になって、一番思い入れのある参考書というのが、Z会の「英文法・語法のトレーニング」です。

「英文法・語法のトレーニング」はこの参考書を完璧にすれば大学受験の英語はOKという一冊なのですが、掲載されている内容が無駄がないのはもちろんのこと、レイアウトも見やすくてまさに完璧な参考書でした。

私にとってはこの参考書は恩師のような存在で、今でもたまに「あ~、あれは本当に素晴らしい参考書だった。感謝」と思い返しては懐かしい気持ちになります。(←大真面目です!笑)

 

そんな昔話を突然書いたのは、最近購入した「Z会中学受験シリーズ 地球・宇宙図鑑」であの「英文法・語法のトレーニング」への熱い気持ちがふと蘇ってきたからです。これです!

入試に出る 地球・宇宙図鑑-暗記はこれだけ! (Z会中学受験シリーズ)

入試に出る 地球・宇宙図鑑-暗記はこれだけ! (Z会中学受験シリーズ)

 

先日理科で子どもに「なんで北極星は動かないの?」と聞かれて、そんな簡単なことにも答えられなかった自分・・・。やばっと思い、「中学入試攻略BON!理科」を購入したのですが、その時に一緒に購入したのがこちら。日能研のメモリーチェックを買おうと思っていたのですが、実際に本屋で「Z会 地球・宇宙図鑑」にひとめぼれでした。

ちなみにシリーズは以下のラインナップ。

 

 

もちろんまずは掲載されている内容が本当に中学受験範囲に合致しているか?というのが一番大事ですが、そこはZ会ということで間違いないということにしておきます。そんな前提にしつつ、内容をご紹介。

(flashが必要ですが、こちらから試し読みができます)

 

★図や絵がとにかく多くて、1つ1つの図も大きくて分かりやすい

天体に関しては特に頭の中でイメージできるかが大事だと思うので、これは絶対必要な条件です。例えば星座に関しては、見開き1ページで4つの星座の解説になっているなど、小学生がパっと見て分かりやすい構成になっています。

★厚すぎず薄すぎずサイズがちょうどいい

ハテナに答える!理科」は掲載範囲が広いし、辞書的に使うのにはもってこいだったのですが、ぶ厚すぎるのが難点でした。調べたいことは大抵掲載されているのですが、開いたままにならないし、ちょっと参照するには多少面倒なところがありました。

そういった意味では、このZ会地球・宇宙図鑑は、25.6 cm x 18 cm x 0.6 cmという使いやすいサイズだし、文字や図も大きいのが良い。

 

辞書的に使うのには向いていないかもしれませんが、ポイントポイントがきちんと押さえられているので、普段の勉強やテスト対策に使えると思います。

予想外だったのは、この「Z会地球・宇宙図鑑」の図が大きく且美しいからか、次男がそれこそ図鑑を手に取る感じで、この「地球・宇宙図鑑」をよく眺めていることです。文字が大きめですし、難しい漢字には送り仮名が振られているので、次男は小3ですが問題なく読めている様子。

 

中学入試のために・・・というのはあまり好きではありませんが、実際中学入試の勉強って、一般常識も多く含まれていて「絶対子どものためになるよな」と思うことが多いです。

わたしも理科に関しても、日々「へ~」連発(どれだけ知識ないんだよってハナシですが)。

そのためこの「地球・宇宙図鑑」は、中学入試ということを別にしても、一家に一冊子どもがすぐ手に取れるところに置いておいてもいいかもしれません。
(天体に興味がない子はスルーかもしれませんが)

 

最後に一言でまとめると、「小学生理科の教科書これでいいじゃん!!?」 以上っ。

 

追加

あっと、一点書き忘れたのが、購入者特典の「無料の復習ドリル」のことです。

こちらはZ会のウェブサイトから「ドリルダウンロード」を押してパスワード(地球・宇宙図鑑の帯の裏に記載されています)を入力すると、ドリルがダウンロードできるというものです。ドリルというだけあって、本書がそのまま穴埋め問題になったという感じなのでオマケ程度に考えておいた方がいいかと思います。

この無料ドリルがハイクオリティ問題だったら神でしたが、さすがにそこまでは望みすぎですよね~。

 

ところで

先日、ダレン・シャンの次に読む本を探しているという記事を書きました。長男も自分で図書室で面白そうな本を試し読みしたりしていたみたいなのですが「面白い本がない」と、完全ダレンシャンロス。

結局同じダレン・シャン著の「デモナータシリーズ」の1巻を購入したところ、やはりこれが大ヒット!!

1冊しかない本を兄弟で奪い合って読み進めています。

ダレン・シャンシリーズよりは怖いそうで、たまに「どうしよ~、怖い~、でも先が気になる!!」ときゃーきゃー言いながら読んでいるのが、なんとも楽しそう。

長男は学校にも持って行って読んでいますが、その姿がよっぽど面白そうだったのか!?お友達にダレン・シャンシリーズを貸してって言われたそうです。以前長男のクラスでは「10分で読める」シリーズがブームになっていたので、今度はダレン・シャンシブーム来るかも!?と期待しているようですが、女子受けは悪そうです・・・。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です