スマイルゼミレビュー① 問題集大好きの我が家がタブレット学習を始めた理由

 

次男は暗記が苦手で、特に漢字は壊滅状態でした。次男の漢字には本当に苦労してきましたが、小3になる春に試しにとipadの「書き順ロボ」というアプリを試してみました。

こちらのアプリに関しては過去記事を参照していただきたいのですが、この書き順ラボを使うようになってからは、次男の漢字力が急激にアップ。漢字小テストの点数もぐっと上がりました。

 

また、次男は暗記が苦手なので、理社の用語もすぐには覚えられません。何度も繰り返す・書いて覚えるも試してみましたが、最も効果的だったのが「視覚・聴覚も使って」暗記させる方法(主にNHKスクールを利用していました)。文字だけよりイメージを持って暗記させた方が知識の定着がいいし速いんです。

自分自身考えが古いし天邪鬼なところがあるので(笑)タブレットはなぁと躊躇していましたが、次男との家庭学習を通して理社・漢字・英語学習はタブレットとの親和性が高いのではないかと思うようになりました。

 

スマイルゼミが我が家のニーズと合っている部分

 

①通常の4教科に加えて、漢字検定ドリル・計算ドリル・英語・朝日小学生新聞が配信される。

→主要4教科に加えて、漢字検定対応ドリル・計算ドリル・英語・朝日小学生新聞(ダイジェスト版)が配信されます。我が家は、漢字検定を受けさせたいと思っていたことに加えて、今定期購読できる朝日小学生新聞をやめれれば節約になるのでこれはありがたい!

スマイルゼミ朝日小学生新聞の画像
スマイルゼミ教科書対応の漢字練習の画像

 

②教科書対応なので、学校で習う漢字とリンクさせて学習させられる。

→スマイルゼミは教科書準拠です。そのため、今学校でどこを勉強してるのかな?それを親が考える必要がないのが大きなメリット。特に我が家は「今学校でやっている漢字は何か」を把握するのが面倒でしたがそれからも解放されます。またタブレットなら繰り返し漢字練習ができるのがありがたい。

pb050564

 

③タブレットなのに、書き心地がノートにかなり近い

→タブレットで漢字学習をするならば、ノートに書くように書きたいですが、ここがスマイルゼミの大きな特徴といえる部分。先月末にリリースされたスマイルゼミタブレット3はなんと「画面に手を付いても書ける」んです。通常ipadもそうですが、画面に手を付いてしまうとペン先には反応してくれません。そのため、手を浮かせて書く必要があったのですが、スマイルゼミなら、ノートに書くような感じで使うことができます。

スマイルゼミタブレットは、手を付いても書くことができる画像

これは私も試しましたが、手をついて書けるのは本当です。そしてかなり汚い文字でも認識してくれる認識精度の高さが子どもにはありがたいです。

 

④英語が受講できる

→英語をどうにかしなければと思いつつ、今まで放置してきた我が家。子供が「クラスで英語を習っている子が多いから、ぼくも英語をやってみたい」とたまに言っていたのですが、英語は耳からも・・・が鉄則なため私が教えてどうにかなるものではありません。

このスマイルゼミの英語が評判が良いみたいで、2015年には「子ども英語教材」最優秀賞を受賞しています。通信教育にたまにある「英語学習はオマケ」とは違うところが良い!

スマイルゼミが2015年に「子ども英語教材」最優秀賞を受賞したことが書かれている記事画像

英語に関しては別途レビューしますが、英語もかなりお勧めできる内容です。

 

⑤値段が安い

スマイルゼミ、価格が抑えられているのも魅力です。我が家は少3発展クラスを12カ月一括で申し込みしましたが、それだと月4,420円です!

スマイルゼミの価格表

英語は、小3では基礎的なものが「国語」の中に含まれています。上述した賞を受賞した英語プレミアムはオプションですが、それも一括払いだと月680円です。

スマイルゼミ英語プレミアムの価格表

小学3年生だと、英語プレミアムも合わせて月5,000円!

 

⑥学習した時間に応じてゲームやネットを利用することができる。

→最近私が持っているipadを使いたがるようになってきた子どもたち。ある程度はいいのですが、それなら子どもが使用する前にフィルターをかけておきたいし・・・と子どもにネット使用を完全解禁させることには抵抗がありました。

そこでスマイルゼミの出番!スマイルゼミは学習するとスターがもらえますが、そのスターを貯めると一定時間ゲームやネットを利用することができます。(利用時間は保護者が制限可能です) ネットに関してはヤフーキッズだけなので(あらかじめフィルターがかかっています)、安心して利用させることができます。

smilezemi-net

 

スマイルゼミ 我が家にとってのデメリット

逆にここがな~という部分もあります。

まずは、スマイルゼミは基本教科書準拠なので先取り学習ができないということ。また、中学受験には対応していないので、中受を考えている子の選択肢から外れます。

(ただ、標準コースだけではなく発展クラスもあるので、低学年・中学年のうちは発展クラスを選択。小4くらいで、中受をするなら進学塾へという選択肢はあり。)

 

個人的には・・・ぜひスマイルゼミに中学受験コースを作ってもらいたいです。

中学受験コースとまではいかなくても、中学受験に対応した理科・社会資料集などが有料でダウンロードできたり。理科の実験動画や地理はタブレットで学習できるといいなぁ。あとは漢字や国語文法もタブレットと親和性がいいかと思います。

中学受験を目指して通塾している子たちの中でもそういったものを求めている子ども、いると思うんです。

スマイルゼミさん、ぜひ検討お願いします♪

 

もう一点、タブレットを購入しなければいけないというのもデメリット。タブレット代は、一年の継続を前提とすると9,980円(分割払いも可能)です。

タブレットの性能を考えると高くはありませんが、入会にタブレット購入が必要というのは若干ハードルが高いですよね。ただ合わなければ全額返金保障はあるので気軽に試してみることもできます。

 

今回は以前、通信教育比較記事を書いた時から気になっていたスマイルゼミに入会したのでレビュー①を書きました。現在のところ、かなり満足して使っているので、シリーズもので(笑)スマイルゼミレビューを書いていきたいと思います。




スポンサーリンク
スポンサーリンク