スマイルゼミレビュー② 自学自習システムがすごい!子供が自ら勉強するタブレットに驚く。

現在次男にはスマイルゼミの利用はフリーにしていて、「いつやってもいいよ」ということにしてあります。

何も声かけしないでも取り組むかな?というのを見たかったのからなんですが、

なんと、朝起きてすぐにタブレットを開く。学校から帰ってきたらまずタブレットを開いて計算ドリルに取り組んでいたりするので驚きます。(まず朝は顔洗おうよ~、下校したら手を洗おうよ~という声は届かないようです

 

次男がこんなに張り切って自ら勉強するなんて、生まれて始めてじゃない!?母は見てはいけないものを見てしまったような気持ちになっていて、明日は槍でも降ってくるのではなかろうか・・・なんて。

 

スマイルゼミの自学自習システム①スターを貯めるとゲームアプリができる

スマイルゼミは、とにかく自学自習!子どもが積極的に勉強をすることを重要視しているようです。そしてその工夫は随所にあって、よく考えられている仕組みだなぁと感心することしきり。

 

なぜ次男が夢中になっているか。

まず1つ目は、「勉強するとスターがもらえる。スターを貯めると一定時間ゲームをすることができる」という仕組み。スターを3つ貯めると時間に応じて、タブレットに最初から入っているゲームで遊ぶことができます。
最初は次男はゲームがしたくて一生懸命タブレットをやっているのかな?と思いきや。

「ママ、スターを20個も貯めた。天体カードは5個になった」と嬉しそうに報告してくれるので、どうやら「スターを貯めること」に夢中になっている様子。子供が「集めること」が大好きなこと、よく分かってらっしゃいます!

スマイルゼミの画面の画像

右上のキーのところにスターの数が表示されます。ここをクリックすると「親へメールが送信されたあとに」ゲームアプリ使用OKとなります。ですが午前中なんかは使えないようになっているようで、工夫されています。

スターの分だけエンドレスにゲームができちゃうのかなと心配でしたが、そんな心配は無用で、ゲーム時間やタブレット時間を制限することができます。

そもそもゲームアプリの時間は最大で1日60分で、それ以上には設定できないようになっているのも「ゲームは1日1時間だよね」という親心をわかってらっしゃいます。

 

スマイルゼミの自学自習システム②タブレットの入力精度が高く学習に集中できる

2つ目は、タブレットの文字入力の精度が高いため、イライラせずに勉強できること。普段次男に問題集をやらせると、「マスに入りきらない」「このマスは小さくてはみ出る」などイライライライラ。

スマイルゼミタブレットは解答を記入するスペースが大きく、またある程度字が雑でも認識してくれるので、書くことのストレスから解放されて学習に集中できているように感じます。

とは言え漢字に関してはかなり判定が厳しめ。容赦なく「書き直し」になるのが次男にはぴったり。

(細かいトメ・ハネまでは認識してくれないことが多いのは不満です)

スマイルゼミタブレットの漢字練習画像

こんなバランスの悪い漢字は容赦なく「書き直し」です

一生懸命漢字を練習する次男を見ていると、漢字だけでもスマイルゼミに申し込んだかいがあったと感じます。

 

スマイルゼミの自学自習システム③ タブレットに触りたくなる工夫が多い

3つ目は、タブレットに子どもが楽しめる工夫がたくさんあるので「とにかくタブレットに触りたい」という気持ちになること。

たえばこのカレンダー。自分の予定を入力していけるのですが、そんな初めて体験に子どもたちはワクワク。長男は先が見通せない性格なので、このカレンダーはぜひとも利用してもらいたい!

スマイルゼミの画面の画像

ついでに1日のスケジュール表もあったらいいな~。

紙に書くのはいやでも、タブレットだと予定を入力したくなる不思議。タブレットも上手く使えば利用価値が高いなと感じます。

 

意外に役立っているのが家族にメッセージも送ることができる「みまもりトーク」という機能です。家族以外とはメッセージ交換できないので安心ですし、我が家では最近これを「書き置き」代わりに利用しています。

下の画像にを見ていただくとわかりますが、親がメッセージを送ると、スタート画面に「メッセージが届いたよ」という表示が出ます。

スマイルゼミのスタート画面

スマイルゼミのスタート画面です。前回やって間違えたところがある箇所や、未学習の項目が「今日のミッション」として表示されます。左下にメッセージが届いたよ という通知も出ます。

わたしが仕事から帰ってくるのが遅い日。「冷蔵庫におやつがあるよ」とか「児童館に行く時は忘れずに鍵をしめてね」とかメッセージを送っておくんです。紙に書くよりも、書いてあることをキッチリできるのが不思議。

子供たちも張り切って返信してくるので、私も無事に帰ってきたんだな~ホッ。

 

あとはアバター作ったり、写真が撮れたり、壁紙を変えたりと・・・子供に害のないお楽しみもあります。

スマイルゼミのお楽しみ画面の画像

スマイルゼミのお楽しみ画面♪

 

最近子どもたちが私のipadを使いたがって、気が付いたら勝手にパスワードを入力して使っていることが頻繁にありました。

you tubeで「これはやめてー」っていう動画を視聴してたりするので、タブレットの利用方法については考えなきゃなと思っていたところにドンピシャ!のスマイルゼミ。

スマイルゼミがきたので、「今後ネットは自分のスマイルゼミタブレットでね」と親のタブレット利用は禁止としました。(ネット使いたければスマイルゼミでスターを貯めるべし!です)

これで私も子どもたちのタブレット利用に目を光らせなくて済みます。

 

可能な限りネットには触れさせたくありませんでしたが、こんな時代だからこそネットとの上手な付き合いも必要・・・。スマイルゼミはヤフーキッズのみ利用可能なので、まずはここからネットの適切な利用方法を学んでいって欲しいと思っています。

 

スマイルゼミさん!中学受験講座を熱望します

子供に「勉強しなさい」って言う母のストレスって大きいですよね。それから解放されると、こんなに楽なんだ! 子どものことをもっと褒められる!

そんな最近なかった感覚になっていて、ワタクシ大袈裟ではなく心に余裕があるように思います。

 

スマイルゼミに中学受験コースがあれば・・・もしかしたら長男も楽しく勉強できるかもしれません。そして長男のグズグズを聞く頻度も減って私のストレスも半減するに違いありません。

どうせ勉強するなら楽しんでやってもらいたい!だからスマイルゼミさん、中学受験講座もぜひ!

真剣にスマイルゼミで勉強する子どもたちを見ていたら・・・そんなことをボンヤリ、でもかなりの熱意で思った母でした!

 




スポンサーリンク
スポンサーリンク