スマイルゼミVSチャレンジタッチ② 両方やって分かった!選ぶ際のポイント(お楽しみアプリ編)

いつも「ママ、スマイルゼミしていい?」と遠慮がちに聞いてくる次男。

現在のところスマイルゼミタブレットの使用はフリーとしているのですが、次男はタブレット学習=遊びだと思っているようで、いつもダメ元で聞くけど・・・って感じで聞いてきます。

pb080674
そして英語目当てでスマイルゼミを受講している長男は、生まれて始めて自ら目覚まし時計をかけて自分で起きてきました。理由は・・・スマイルゼミタブレットのゲームアプリをしたいからなんですけどね~。

面白いのが、目覚まし時計なんて持ってないのになんで目覚まし鳴ってるの!?って見てみたら、長男がスマイルゼミタブレットの目覚まし時計を自分でセットしてた様子。タブレット活用してますなぁ。

 

次男のタブレット使用フリーは危険じゃない?と思うかもしれませんが、スマイルゼミはどんなに勉強をしてスターを貯めたとしても(スターを貯めるとゲームアプリが使用可となります)、1日1時間以上ゲームアプリを利用することはできません

親がゲーム使用時間を30分にも15分にも変えられますが、1日1時間以上にはできないという潔さ。「ゲームは1時間までだよ」と子供に声かけする必要がないので、ぶーぶー子供に文句を言われることもありません。

そのうえ今日のミッションという学習を終わらせないとゲーム画面を開くこともできません。

 

ハッキリ言って、チャレンジタッチの方がコンテンツは充実してます。チャレンジタッチのライブラリーなんかには驚かされますし、学習動画のレベルも高いです。

子供も二つタブレットを置いておけば、チャレンジタッチを手に取ります。

子供の言い分はこう

  • チャレンジタッチはタブレットを開いてすぐにお楽しみアプリに移動できる

 

はい、ハッキリ言って完全に子ども目線ですんで(笑)

親目線で言えば・・・すぐお楽しみアプリに移動できちゃうと、親が目を光らせていなきゃいけないんですよね。それで「勉強の方はやった?」って。

ここがチャレンジタッチのすごく残念なところ。

その点スマイルゼミは、まず「今日のミッション」をこなさないとゲーム画面にはいけない。かつゲームは1日1時間以上はできないという元々制限がかかっています。

だから、今のところはスマイルゼミはフリー使用とできるんです。これがなかったら、とてもじゃないけどフリーで利用させるなんてできません。

 

・・・でもやっぱりチャレンジタッチのお楽しみコンテンツの充実度は魅力。ライブラリーで本を借りられるとか!その本が結構新しい本も多くて、読書好きの小4長男は目をキラキラさせています。

 

スマイルゼミとチャレンジタッチ「お楽しみアプリ」の比較

まずはスマイルゼミのお楽しみアプリ画面です。お楽しみアプリは1時間に制限されていると書きましたが、制限されているのは正確にはゲームアプリです。ゲーム・ネット・本が制限されています。

下画面に出てきているものについては制限されていませんが、ここにはあまり長時間遊べるものはありません。制限なし画面に「朝日小学生新聞ダイジェスト版」が入っているのがいいですね。

スマイルゼミお楽しみアプリのトップページ

右上にある「鍵」マークがゲームアプリ画面への入り口です。

スマイルゼミタブレットのゲーム画面への入り口画像

 

「今日のミッション」に出てくる学習をしないと、中には入れません。親切に「学校の連絡帳をカメラでとっていっしょに送る」というものがあり、それをするとスターが1個ボーナスでもらえます。

連絡帳なんて滅多に見ない長男が、連絡帳の写メを送ってきます。痒いところに手が届くぞ、スマイルゼミ!

そしてこちらがゲーム画面。数えたらゲームの数は37個。子供たちは夢中になってやっています♪

スマイルゼミのゲームアプリ画面。ゲームアプリが並んでいる画像

この画面が1日1時間制限で遊べるコーナーで、設定時間の変更は親スマホから簡単に行うことができます。

_20161108_161630

 

上のスマホ画面上に赤い小さな四角マークがありますが、これがスマイルゼミのトークアプリです。ライングループみたいなもので、参加を許可した人のみ(うちは家族4人)がメッセージを送ることができます。

新着メールがあれば表示されるし、スタンプもあるので、ラインみたいに使えるのが地味に便利。

私が仕事で帰りが遅い時にはこのアプリを使って伝言を送っています。

 

チャレンジタッチのお楽しみコンテンツ

次にチャレンジタッチのホーム画面です。左の「ひみつきち」と「スペシャル」がお楽しみコンテンツへの入り口になっています。

pb080667

 

「スペシャル」のトップ画面。とにかく楽しそうなコンテンツが満載で、すごいのは右の「電子図書館」です。

pb080668
本の表紙は著作権ありそうなのでモザイクかけましたが、かなり新しそうな本がたくさん、それもかなりの数!!長男は「世界の10人」(伝記)をチョイスしていました。それにラインナップが頻繁に更新されているのも魅力。

2016-11-08_16h30_27

 

次に「ひみつきち」画面です。

pb080670
ここではカメラ(タブレットに内蔵されているもの)やテレビ番組視聴ができます。

pb080671

テレビ番組と言っても英語に字幕とか、勉強要素ありです。

どうです!!このラインナップ!!すごく充実していて、子どもが喰いつかないわけありませんよね~。

 

スマイルゼミ・チャレンジタッチのお楽しみアプリ比較

感動的に充実しているチャレンジタッチのお楽しみコンテンツ。

子供がやりたいわけだ~!!なんですが、それゆえチャレンジタッチの場合、タブレット利用をフリーとするのはうちではできません。親が利用時間を把握できるならいいですが、子供に自由に持たせたら・・・当然お楽しみコンテンツへ一直線。勉強系をやるはずもありません(うちだけ?)

特に動画は1本30分以上とボリュームがあるものも多いので、タブレットから離れられなくなる危険あり。

まぁDSやるよりはいいかもしれませんが、視力低下も心配です。

チャレンジタッチは、電子図書(漫画は除く)は使用時間制限なしなど・・・コンテンツ毎に細かく利用制限ができるといいな~。

 

スマイルゼミはもう少しお楽しみコンテンツが充実してくれたらなおよし。チャレンジタッチの電子図書館みたいなのはぜひ入れて欲しい!
スマイルゼミなら当然電子図書館(漫画除く)は利用制限も細かく設定できるようにしてくれそう。

 

さてスマイルゼミVSチャレンジタッチ。選ぶ際のポイントまとめです。使い道や生活環境によってもどちらのタブレットがいいかは変わってくると思いますが・・・

 

  • 親がタブレット学習に付き合うならチャレンジタッチ。子供にある程度任せて勉強させたいならスマイルゼミ。
  • タブレットにコンテンツの内容やボリュームを求めるならチャレンジタッチ。タブレットをある程度「タブレットを使う勉強をさせる」目的があるならスマイルゼミ
  • ラインみたいに家族の連絡ツールとして気軽に使いたいのならスマイルゼミ

 

本当にどの項目を見ても比較検討が重要なタブレット。子供の生活環境に合わせて賢く選びたいものです・・・!

 


 

2016-11-07_14h12_46
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • とっても参考になります!
    我が家の小2の娘、ポピーを受講していますが、毎月テキスト等の紙がけっこうたまるんですよね。そして、整理整頓ができていないので、まだ手をつけていないテキストが紛失してしまったりして、私がイライラ。。
    ポピーも月3000円くらいかかるので、この際スマイルゼミも検討してみます。
    長男くんもスマイルゼミを受講しているのですね。
    スタサプのように学年を越えての利用はできないとのことですが、長男くんは英語以外の教科はどうやって利用していますか?学校の復習、テスト対策としてになりますか?
    息子の方にも英語をさせたいとは思いますが、他の教科をきちんと活用できるか心配です。
    最近は、スタサプの理科を視聴するだけでもなかなか時間がとれないので(x_x)

    • kayoさま コメントありがとうございます。
      私は・・・問題集好きですが、プリントや教材の管理が超絶苦手です。子供たちが幼稚園まではこどもチャレンジを受講していたのですが、大量の「紙」にノックアウトされて・・・
      ついには子どもに見せずにしまっておくという、とんでもない暴挙に。
      なので、通信教育に興味はありつつも「活用できないだろうな」という予感もあり。その点タブレットは紙類の管理がないのがいいです(笑)

      長男のスマイルゼミは、英語と漢字・計算練習目当てで、私個人的には他は長男にはいらないかな?と。問題は教科書レベルなので、中受勉強をしているとたぶん簡単すぎるし物足りないかと。
      なので長男にはやらなくていいよと言っていたのですが、ご褒美のスター欲しさに色んな教科をせっせとやっていたみたいで。そしたらいつもは学校のテストがイマイチな長男ですが、理社で満点のテストを持ち帰ってきました(;^_^A
      なんだか棚ぼた・・・というか複雑な気分ですが・・・。この記事近々書きますね~。
      あとは最近タブレットを使いたがる長男の、「自分のタブレット」という意味合いも強いです。スマイルゼミの英語のことも記事にしますね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です