象印の布団乾燥機スマートドライが、2役も3役もこなす優秀な子だった。迷っているなら買うべきは今かも!?

パートやらPTA役員の仕事やら。今年は日中家を空ける時間が多くて、そうなるとグンと少なくなっちゃうのが「布団を干す回数」です。

職場で、サンサンと降り注ぐ太陽を見つめては「あ~今日布団干せてたら、夜はフカフカの布団で眠れただろうな」って思うこと何度もありました。

また、我が家はベッド派で、マットレスはお布団のように外干しできません。そのためダニ対策ができていなかったことも気になっていたところ。

 

だから、以前から布団乾燥機は欲しいと思っていたんですが・・・

 

布団を乾燥させるためだけに1万円の出費はありえない!それならもっと他に買うべきものがある!

この思いは頑なだったわたくし。

 

でもここのところグっと寒くなってきたら、やっぱりフカフカのお布団で寝たい~~!

 

で買っちゃいました♪ この子です♪ 象印のスマートドライ!

 

今日にでもフカフカ布団に寝たいの!という勢いで、アマゾンで評価が高かったのを購入したんですが、届いてみたら!!この子が!!布団乾燥機以外のお仕事をこなす優秀な1台だったんです。

 

象印の布団乾燥機スマートドライ。早速使ってみました

開けてみると同梱物はこれだけ。ごちゃごちゃ細かいパーツが入っていないのがポイント高し。

象印の布団乾燥機が届いた際の画像

 

象印の布団乾燥機は、布団乾燥機にありがちなホースがないので、一層コンパクトに見えます。あのホースはインテリア的にもちょっとと思っていたので、ホースがないというのは嬉しい!

 

唯一の附属品だった、プラスチックケースは何かと思ったら、コードを収納するケースでした。

 

なぜ象印の布団乾燥機スマートドライにはホースが付いてないのか?

なぜ象印のスマートドライには、布団乾燥機に必須であるホースが付いていないのでしょうか?

それはと・・・画像のようにノズル部分の角度が変えられて、そこがホース代わりになるからなんです。

布団乾燥の場合は、ノズルを画像のように一番上まで上げちゃって・・・

 

布団にこんな風にセッティングします。

 

スイッチを入れると、羽毛布団がふわっ~~~っとふくらんで興奮はマックス(笑)

(↓画像が分かりにくいですが、モフモフ膨らんでいますよ)

 

ホースじゃなくて、本体そのものを布団に置いて使うって画期的です!

 

象印の布団乾燥機は、布団乾燥以外にも使える

ホースがないからこそ、象印布団乾燥機は布団乾燥以外にも使えちゃう。そこが象印布団乾燥機の最大の特徴。

 

まずそのイチ。育児中には嬉しい!ノズルの角度を変えることで靴を乾かすことができます。長男の汚い上履きを乾かしてみたら思いの他短時間で乾きました。

 

ロングブーツや長靴もこの通り乾燥させることができるので、梅雨の時期に重宝すること間違いなし。

(取説によると、上履きの乾燥時間は30分・運動靴やロングブーツは120分・体操服上下は45分)

 

部屋干しやクローゼットの乾燥にも使えるそう♪

ですがレビューを読む限りでは、洗濯物に対しての効果はそこまでではないとのこと。ただ、上履きに関しては期待通りの乾きっぷりでした。

 

その他気になる機能いろいろ

ノズルが動くことによって、色々なものを乾燥するのに使える象印布団乾燥機スマートドライ。まだまだこだわりのポイントがありますよ。

まずはコースを箇条書きにしてみます

  • ふとん乾燥(標準・低温・送風仕上げ・エコ)
  • 布団あたため(寝る前にお布団を暖めておくことができる機能で、標準と低温コースがあり)
  • ダニ対策
  • 温風(衣類や運動靴の乾燥に使う機能で、標準と低温を選ぶことができる)
  • 送風(皮製品など熱に弱いものを乾燥させる時に)

 

そしてこだわりポイント

  • アレルギー抑制フィルターの使用
  • 色んな場面で使えるようにコードが長め(2.5m)

 

そして高温になる布団乾燥機ならではの安全設計なので、安心感もあり。

  • ふとん検知センサーあり(掛け布団が本体の吸入口にかかった時に自動停止)
  • 温度ヒューズが吸入口に装備されている
  • 電流ヒューズあり(ショートによる発火を防ぐ)

 

最後に気になる電気代は??

何だかんだ言って一番気になるのが電気代ですが、他ブログで一覧にしてくださっている方がいらっしゃいましたので引用させていただきます。

 

私が一番使いたかった「寝る前の布団あたため」コースだと電気代10円以下で安心しました。

今年最後の家電お買い物(笑)でしたが、今のところ大満足。

 

今年はあったかいフカフカ布団で寝るぞ~~~!!(って年とったな、自分)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です