計算力をステップアップさせよう!単元バラバラの計算ドリル3冊を比較(4年生)

計算練習は算数勉強で欠かせない部分ですが、計算方法がきっちり身に付きある程度スピードも出てきたら、計算練習もステップアップしていくのがおススメです。

 

ステップアップというのは、単元別の計算ドリルから単元バラバラの計算ドリルへの移行です。

 

単元バラバラの計算練習は計算の応用といったところでしょうか。

 

うちの子どもたちは、3年生からですがこの単元バラバラの計算問題集を使い始めました(四谷大塚”計算”です)。

最初は、学校算数で普通にできているような単純な計算でさえもミスの連発。

少し複雑な筆算では、ひっ算の3+4の部分を9ってしてるくらいの凡ミスだらけで、小1からやり直せゴリャー!状態。

 

単元別の計算ドリルなら正解できるのに、単元バラバラになると解けない不思議!

 

その後現在まで、長男は1年間ほぼ毎日四谷大塚予習シリーズの計算をしてきて・・・ようやくようやく塾の単元バラバラの計算テストなどで満点が取れるようになってきました。

それと同時に文章題でも計算ミスがだいぶ減ってきたように思います。

 

最初から単元バラバラの計算テストで満点が取れる子もいるのでしょうが、長男の場合は「単元バラバラの計算の練習」をしないといけなかったということなんでしょう。

 

と、このように単元毎の計算ドリル→単元バラバラの計算ドリルという流れはすごくおススメなのですが、ここで困るのが「単元バラバラの計算ドリルが少ない」ということ。

私が知っている限りでは1~3年生なら日能研のマスター1095題一択。
 
4年生になると予習シリーズ計算(四谷大塚)・計算マスター1095題(日能研)・計算と熟語(日能研)・計算練習800題(桐杏学園)がでてきます。

1年 2年 3年 4年 5年 6年
予習シリーズ計算
計算マスター1095題
計算と熟語
計算練習800題

 

 

 

スポンサーリンク

単元バラバラの計算ドリルを目的別に比較

今回は4年生のもので4冊を比較していきます。

 

まずは4冊についておおまかな特徴を書いておきます。

 

四谷大塚 予習シリーズ 計算 4年上
予習シリーズ”計算”(当ブログレビュー記事へ
四谷大塚から出ている計算問題集で通塾していなくても購入可能。
4年では上下巻に分かれており、上巻は1~20回(予習シリーズカリキュラムに対応)1回に8ページ計算問題があり。直接書き込める。

 

 

マスター1095題 一行計算問題集 4年 (マスター1095題一行計算問題集シリーズ)

マスター1095題

1日3題取り組むようになっている計算ドリル。学校算数より難易度高め。サイズ的に直接書き込むか別にノートを用意するか迷う大きさだが、独立開きしないので別にノートを購入した方がいいかも。

 

 

計算と熟語 4年 (日能研ブックス)

計算と熟語左に計算問題10問(1行問題もあり)・右に漢字10問という構成。学校算数よりは難易度高めだが、計算マスターよりは簡単。こちらもノートを用意した方が取り組みやすいかも。

 

 

計算練習800題 小学4年

計算練習800題(当ブログレビューへ
良問が多く学校算数よりは難易度高いが、学校算数範囲内で取り組めます。別にノートを用意し、繰り返し練習する方式。最初は簡単な問題からスタートし、最後はなかなか複雑な問題まで解けるようになる良著。

次に目的別に考えた場合、どの問題集を選ぶのがいいのかという視点からみていきます。

 

 

①中学受験寄りなら「予習シリーズ計算」
すごく難しいというわけではありませんが、逆算や特殊算など学校算数を大きくこえた問題もあり。
「マスター1095題」も難易度高めです。

 

 

②学校算数以上なら「計算練習800題」

学校範囲の知識で確実に計算力アップをさせたいならこちら。逆算など学校算数ではあまりやらないものもでてきますが、単純なものが中心。(とは言えドリル最後の方はなかなか複雑な計算問題になります)
「計算&熟語」も、「計算マスター」よりは難易度低めで学校算数寄り。

 
 

③1日あたりの問題数で選ぶなら「予習シリーズ”計算”」

  • マスター1095題は1日3問
  • 計算と熟語は1日8問(1行問題含む)
  • 計算練習800題は1日10問
  • 予習シリーズ計算は1日1P問題10問~14問の間(1行問題含む)

 

1日1Pなどと具体的に決めて取り組んでいく場合、1日あたりの問題数の多さで選ぶなら予習シリーズ”計算”が問題数は最も多いです。その他特徴を表にまとめました。

計算 マスター 計算と熟語 計算練習
直接書き込み ノート
独立開き
価格 800円
税抜き
734円
税込み
734円
税込み
702円
税込み
問題数(1日) 10~14問 3問 8問 10問
サイズ A4 A5 A5 A5

 

 

※単元バラバラの計算ドリル4冊を比べましたが、この比較は飽くまでも私の主観が入っていることはご了承ください。また内容は4年生のものになっています※
今回は単元バラバラの計算ドリルを比較しました。

 

他にも単元バラバラの計算ドリルをご存知の方いらっしゃいましたら教えてくださればと思います。購入してレビュー追加させていただきます!おわりです!

 
 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 我が家は上記では予習シリーズをスローペースで進めています。
    というのも、通塾しているので塾での宿題をこなしながら予習シリーズ計算を1週間で8ページやるのは親が見てても大変そうなので…。
    あとはカリキュラム(順番)が塾と若干違うのでまだ習っていない単元が出てくるのを防ぐ意味もあります(本人のやる気的に)。
    塾での宿題(カリキュラム)もスパイラル式で何度もなんども繰り返せる仕組みですが、そこに予習シリーズ計算を投入してみると、さらに単元ゴチャゴチャでやらせることができるので娘への負荷という意味でこの方式です。

    しかし、国語が本当にマズイです。
    国語の読解などのレビューには一切コメントできる資格がございません(T . T)
    どうにかしないとです。

    • マロンミルクさま コメントありがとうございます。
      我が家も・・・国語が・・・もう頓珍漢すぎてやる気なくすレベルです。
      精神年齢が低いせいと信じています(笑)が、多分もうそんなこと言ってられないレベル。
      国語のせいで受験断念は多いにありえます。
      どうにかしないとと思いつつ、理解が遅い長男なので・・・。算数に時間が取られて国語まで到達できません(涙)
      愚痴になってしまってすみません・・・。

      • 計算演習大事ですよね!でもやらなければならないことが山積み過ぎて悩みます。

        そんな時に、日能研の全国テストを初めて受けてみたら、全然できてない!ショーーーーック!
        3千人くらい受けた中の、1700番くらい。おいおい。

        やっぱりおばかな親が教えても駄目なのだろうか・・・。z会の通信教育なら払えるかもしれない・・・。と悩むのでした・・・。

        教え方や、勉強の進め方も研究しなくてはですね。あっぷーさんのブログ心強いです!

        • おっとりさま コメントありがとうございます。
          うちもやらなければなことが山積み!本当は国語をどうにかしないとなのも重々承知ですが、もう臭いものには蓋をしろみたいな(-_-;)
          日能研全国テスト受けたのですね~。お疲れ様でした。
          テストは相性もあるかもです。うちも日能研はあまりよくありませんでしたが、Wのチャレンジテストは結構いい順位だったりと。まだまだテストという環境にも慣れていませんし、まずはテストに慣れることかもしれませんよね。

          うちも私自身おばかな親です!だから子どもたちもこんなのか?(-_-;)
          いやいや、今の時期に親が子どもの勉強にかかわるって貴重で大切!そう信じてお互い頑張りましょう。

  • あっぷーさん、こんにちは!
    小2次男ですが、算数の家庭学習で少し困ったことになってました。
    最レべ2年をやってたのですが「チョームズイ!やりたくない」と言い出し、
    難しいページは飛ばしていいよと言っても、それもイヤらしく。
    ということで、最レベは少しお休みし計算ドリルをすることにしました。
    単元ごとのドリルは学校でもやってるので、家庭学習では単元バラバラなものをということで、
    こちらの記事を参考に本屋さんへGo!
    パラパラと見たところ、構成的には「計算練習800題」がいいなと思ったのですが、4年からしかなく断念。
    結局「計算マスター」にしました。1日分が3題と少ないので3年のものをじっくり取り組んでもらうことに。
    掛け算の筆算や分数の計算などはまだやったことないので、その都度教えていきたいと思ってます。
    始めて3週間ぐらい経ちますが、一応続いています。
    ページの上部にある数列の穴埋めが楽しいようです。
    ちなみに「計算マスター」を見た長男は「基礎トレみたい~、イヤなもの見た!!」とほざいていました(笑)

    • 孔明さま コメントありがとうございます。
      次男くん、計算ドリル♪計算練習800題いいですよね。でも4年生からしかない・・・。
      低学年のは単元バラバラのドリル、本当にありませんよね~。計算マスター一択なのかな!?
      そして次男くん、3週間も続いているなんてすごいです。2年生にしてその継続力が!!羨ましい!!
      かけ算の筆算や分数の計算などすぐにマスターしちゃうんだろうなぁと想像して楽しんでいます(^^♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です