5年生になったら中受勉強が楽になった?その理由は。

長男、新5年生です。

長男は新4年生で入塾し、半年間通って夏に休塾。新5年生になるタイミングで算数1教科で復帰して通塾しています。

 

長男はスポ少をやっているため家庭学習時間の確保が難しく、1日1時間の勉強時間が精いっぱい。ですが新5年生になって、1日1時間の勉強じゃぁさすがにマズイだろうなと思っていました。

 

ですが5年生になったからといって急に体力が付くわけはなく、急に本人のやる気がアップするわけもありません。スポ少の練習時間が減るわけもないので、相変わらず1日1時間しか確保できていません。

 

ですが、不思議なんですが・・・今のところはそれで何とかなっています。

 

それどころか先日長男と「5年生になったらもっと勉強大変になるかと思ってたけどそうでもないね」なんて話したくらい。

成績は現状維持ですが、4年生の時には現状維持のためにもっと大変な思いをしていましたし、むしろ現状維持さえできず成績は下降する一方だったような・・・。

 

 

5年生になったら中受勉強が少し楽になった!? なぜそう感じるのか書いてみます。

 

※我が家は家庭学習で予習シリーズを利用しているので、予習シリーズに関連した内容になっています※

 

スポンサーリンク

なぜ5年生になって勉強が楽だと感じているのか?

 

まず1つ目の理由ですが、5年理科が4年生範囲の焼き直し中心。これは大きいです。

 

4年生理科はほとんどが初めて学ぶ単元で、また小学範囲を大きくこえた内容が多く理解するのに苦労しました。

そのため4年生の時には理科に時間がかかりましたが、5年生理科の多くは4年生範囲の焼き直し。

5年生の今は「4年生の復習をしながら、発展的な部分を追加で覚えている」状態です。

 

60%が4年生範囲の焼き直しという印象なので、理科にかかる時間が大幅に減りました。これが去年より勉強が楽だと感じる大きな理由の1つです。

 

今になって予習シリーズの理社はすごい!と言われる理由が身に染みて分かりました。

 

逆に言えば・・・理科に付いていけていない現在4年生の次男は、今は焦らず5年生以降でエンジンをかけてもいいのかもしれません。

 

社会に関しても、5年上は4年でやった地理のまとめ要素もあり。工業地帯等グラフの読み解きはあるものの、地名などの暗記項目が4年生の時よりも少ないため、社会に関しても取られる時間は減りました。

ただ社会は夏以降の歴史!ここからはまた苦労することになると覚悟していますが・・・。

 

 

算数に関しては


次、算数に関して言えば予習シリーズ算数をコツコツやってきた成果が出てきており、長男の計算スピードが速くなったことが大きいです。

4年生では予習シリーズ算数を1ページやるのにも時間がかかって・・・ケアレスミスも多く長男も苦しんでいました。

計算やだなぁやだなぁと言っていましたが、なんとか頑張ろうと予習シリーズ計算4年上下はすべてやり、現在は予習シリーズ計算5年生上。

 

今、長男はびっくりするほど計算が速くなりました。

 

今は「予習シリーズ計算ならすぐ終わるからいいか」という感じで、1ページはすぐに終わらせてしまいます。

 

計算スピードが上がると、普段の算数勉強も大幅に時間減になりますね~。

新出単元は「全部わからない~」からのスタートですが、以前のように途中式の計算に時間を取られなくなったため時間短縮!

 

あとは塾の算数クラスが1つ落ちて、基礎を重視した授業・宿題になったのも大きいです。

上位クラスでは宿題も応用問題中心でしたが、現在のクラスは基礎重視なので宿題にかかる時間は減少。でも基礎をしっかりやっているので組み分けの点数はアップ。理想的です。

 

 

あとはもう1つ。入塾前にやったサイパー「和差算」の影響が今もあります。

文章題和差算・分配算―小3レベル (サイパー思考力算数練習帳シリーズ)

というのは、我が家では以前から文章題で図を描くよう口を酸っぱくして言っていましたが、なかなかそれができず。ですが、サイパー和差算で線分図の重要性を知ったのか、サイパー線分図をやってからは図を描くのを嫌がらなくなったんです。

 

線分図は、割合や長男が現在やっている差集め算でも使います。

 

長男自身が図を描く重要性を理解している(というか長男は図を描かないと理解できないし解けない)ので、5年生の予習シリーズ算数上ででてくる平均算や塩分濃度、差集め算でもまずは図を描くところからスタート。

 

図を描く習慣がなかったら特殊算により時間がかかったと思いますが、幸い図を描く習慣ができていたので時間短縮に繋がっています。

 

 

 

結局5年生で勉強が楽になったと感じた理由は・・・

結局5年生になり勉強が楽になったと感じるのは、大きくは予習シリーズのカリキュラムがよかったからと感じます。

予習シリーズは四谷大塚ドットコムで購入可能です

 

4年生の時は先が見えずに「こんなに大変で5年生の最後までやり切れるのか?」(予習シリーズは中受範囲を4・5年生の2年間で終わらせます)と不安でした。

 

ですがいざ5年生になってみたら、理科の負担が減りその分算数に時間をかけられたり。理社は焼き直しも多かったりと、最後まで頑張れるかもと少し先が見えてきたような状況です。

 

う~ん、予習シリーズのカリキュラム・・・絶妙すぎます。予習シリーズ様様です。

 

 

そもそも予習シリーズは、家庭学習を基本としている問題集なんだそう。

わたしは勉強は子どもみんなのものという考え(中学受験勉強が1部の子どもたちのものだけではあって欲しくない)なので、予習シリーズと出会ったことで「通塾しなくても中受勉強ができる」という可能性を見いだせたのはすごく大きいです。

中受しなくても中受勉強はするっていう選択肢が普通にあってもいいよな~。

 

特に次男は中受予定なしですが中受勉強をしています。これがいったいどんな結果になるのか?

あの時の中受勉強は意味なかったねかもしれないし、あの時の勉強があったからこそだねってなるかも?壮大な実験です(笑)

 

あ、あとはもう1つ。月1,000円で中学受験勉強も出来るスタディサプリの存在は大きいです。

問題集やスタディサプリのようなシステムなどによって、小学生の家庭学習の可能性が広がったらいいなと思っています。

 

って最後は論点がズレてしまいましたが、おわりです♪

 

 

>>>我が家は中学入試勉強理社でスタディサプリを使用中。塾授業より分かりやすいかも。


>>>神問題集の”サイパー和差算”


スポンサーリンク
スポンサーリンク

14 件のコメント

  • はじめまして。
    小5女子、早稲アカ週3通塾中です!

    娘は週2でバレエを習っており、アップアップな毎日です。
    土日に詰め込むしかないのですが、効率悪いです。成績も下降してます。

    毎日1時間の勉強で間に合うとは羨ましい限りです。のみこみの違いですかね〜
    1週間の勉強スケジュール、また土日の勉強方法
    教えていただきたいです!

    よろしくお願いします。

    • ヒロコナさま コメントありがとうございます。早稲アカとのことで長男と同じですね~!!

      長男が毎日1時間の勉強で済んでいるのは、塾の宿題が算数だけというのは大きいです(^^ゞ 
      小4前半は4教科通塾していましたが、宿題に追われてアップアップ。できていない箇所を復習する時間なんてなし、宿題を終わらせるだけで1週間が終了・・・。で、成績は下降・・・。でした(涙)
      今は算数だけの通塾なので、理社国授業の時間もないですし、理社国語の宿題もありません。
      塾の授業ももちろん算数だけなので時間が節約♪
      また、出来ているところはやらなくていいので、出来ない箇所だけ重点的に。それで1時間の勉強時間で済んでいるのもあるかもしれません。

      飲み込みの違いではなくて宿題の違いかもです(;´Д`)長男めちゃ飲み込み悪いので~

      1週間の勉強スケジュールは、算数は塾の宿題中心に。でも間違えたところは付箋付けて出来るまで毎日解き直しです。
      理社は予習シリーズ音読➡スタサプ視聴➡演習問題集➡まとめ回は週テスト問題集で、理科と社会は毎日交互に1日数十分。
      国語は土日のみ

      理社は6年になってからでいいかぁと思っているのであまり時間はかけてませんが、暗記しきれていない時は私がたまに口頭で質問したり。あとは出来ている部分は2度はやらず、出来ていないところを繰り返しな感じです。
      国語は壊滅状態なので諦め気分。まずは精神年齢上げないと・・・ってお手上げ状態です。

      うちの長男もそんなに成績いいわけではないので(-_-;)参考にならなかったらすみません~(;^_^A

      • ありがとうござます!

        あっぷーさんの家庭塾、娘も参加させたいです。。(笑)
        算数に時間がかかってしまうんですよ。
        小4時に使用してた日々のシリーズが勉強し易かったです。

        勉強方法、参考にしてやってみますね〜

        • ヒロコナさま 返信ありがとうございます♪
          算数時間かかりますよね・・・。うちもですが、小4の前半よりはだいぶましになりました。
          等差数列は悪夢でした~(涙)
          等差数列では長男、何度泣いたことか(私の暴言が原因ですが(;^_^A

          ほんと、日々シリーズはいいですよね。特に算数と社会♪ あんなに繰り返し練習できるテキストないような。
          Wベーシックもいいのですが、私も日々の~が好きです。

  • こんにちは。
    いつもためになりまくる情報ありがとうございます。記事UPが楽しみでなりません!

    そして…
    前回コメント送信後
    予習シリーズを早速(今さらですが…)ネットで注文したのですが!!
    一番欲しかった、理科社会の演習問題が品切れでありましたーーーー( ̄▽ ̄;)
    まさか、皆さまこちらのblogを読んで買ってる?なんて思ってしまうくらいでした!
    それ以外は購入出来ましたので、GWに塾の進度に合わせてチャレンジしてみたいと思います~~♪

    • ワタ坊忠吾ママさま コメントありがとうございます。
      いつも読んでくださり、コメントまで♪嬉しいです、ありがとうございます!!

      予習シリーズ演習問題集(理科社会)品切れですか!?そんなこともあるんですね~。時期的なもの(新学年の時以外は品薄?)かもしれませんね。
      このブログそんなに読んでくださっている方いないので(-_-;)このブログで品切れはないと思います(笑)
      GWうちも色々計画していたら・・・毎日スポ少年でした(涙)

  • はじめまして。
    小学三年生の子がいます。はじめての全国統一小学生テストに向けて何かできないかなと思って、ブログをみつけました。紹介されている記事や問題集など参考になります!

    入塾前の過ごし方はまだまだ本人も子供ですし悩みますね。

    3年生は通塾すると4年のカリキュラムの先取りをしていて、秋の統一テストは小学校の授業だけだと成績が下がるという記事にはなるほどと。上の子が今年中学入試を終えましたが、春はよい成績だったのに秋はひどく悪くなり、同じくスポ少で忙しく勉強不足を嘆きながら新4年で入塾しました。
    しばらくしたら低学年からの入塾組に追いついたのですが、後悔が残りました。。(この後悔が下の子に何か出来ないかなと思っているのかも)

    ご自宅中心の学習もいいと思います。集団塾では生徒のどのレベルに合わせて授業を進めるかで合うあわないがありますね。Yに通ってましたが、テストコースと授業コースで扱う問題のレベル差があり、自宅で応用問題を解かせるフォローが必要でした 6年になれば学校別になり解消されました。

    是非、6年になったら自宅学習ではなく、WでもYでも他でも最難関を目指したコースにお子さんは通ったらいいのにと思いました。

    • ブルーベリーさま コメントありがとうございます。
      上のお子様が中学入試を終えられたとのことで、私から見たら大先輩♪ そんな方にブログを読んでいただけるなんて嬉しい限りです~!!
      低学年から通塾している子たちは、入塾時のアドバンテージやはりありますよね。
      そこは追い付けるものだとは思いますが、我が家はその子たちのアドバンテージに圧倒されてしまって(;´Д`)あ~、うちの子は無理だわと休塾したというのもあるかもしれません。
      結果としては休塾に後悔はありませんが、やはり塾に入ると客観的に物事みられず・・・っていうのはありますよね。

      そしてなるほど、6年生になったら家庭でのフォローが少なくなったとの貴重な体験談を教えてくださりありがとうございます。
      もし長男が中受をするとなったら、6年生は通塾させたいと思っていて・・・、そうか学校別になるとまた状況は変わってくるということですね。
      長男がなぁなかなか勉強苦手なタイプなので今後どうなるかわかりませんが(;^_^A

  • こんにちは!いつも楽しく拝見させていただいております。
    算数メインに国語の漢字だけ自宅学習で過ごしております。理科、社会は放置・・・で焦りますが、算数国語で手がいっぱいなのです。

    以前は色々とおすすめされているパスル系のドリルをちょっとづつかじりながら、(でも、どれもちょっとづつお味見しただけ・・・で栄養になってる感じなしですが)いましたが4年生になり
    パズル、知育発想系は諦め?シンプルに算数、計算、漢字ドリルといわゆる「お勉強」の自宅学習になりました。そこでご相談したいのはあっぷー様のご長男、ご次男さんの場合予習シリーズで先取りをされた場合、その学年をしっかりじっくりやってから次の学年に進まれていますか?
    まだまだ先のことなのですが、予習シリーズ4年生を完璧に仕上げ(なにをもって完璧というのは無しで(笑)演習問題、応用問題とざっと仕上げてから5年に行くべきなのか、とにかく早く4年生を仕上げて5年に突入。5年がすめば6年へと進むのがいいのか・・・該当学年をしっかり押さえてから次の学年に進むのがいいのか悩んでいます。
    4年が終わるのもまだ全然先の話なのに、4年の演習問題かおうかな?応用問題買おうかな?それとも5年生の予習シリーズへ進むのがいいのか。。。で(すぐ売り切れになりそうですので)

    悩みどころは5年の授業レベルがとければ4年の応用問題レベルはとけるのか、6年の授業レベルがとければ5年の応用問題レベルがとけるのだろうかと・・・それとも応用問題というのはまた、全く別物で6年になっても4年、5年の応用問題はそういうトレーニングをしていないと無理なのだろうか?と・・・どう思われますか?5年6年になって、もしも、通塾したとして周りとの差が有りすぎるでしょうから先取りをしていくほうがいいのか、自分の学年の応用問題をしっかりトレーニングするほうがいいのでしょうか?なにか長男さんの算数通塾経験などから感じられることがあれば是非ご教授ください。

    • ぷぅたろうさま コメントありがとうございます。
      自宅学習されているんですねー!!わかります、算数・国語で手いっぱいですよね。我が家は国語がネックで、文章題1問やるだけで1日の勉強時間終了・・・。
      そのためなかなか国語に手が回らず、算数>理科>社会>>>国語になってしまっています。反省。
      ところで予習シリーズですが、次男の成績が振るわないため(笑)参考になるかは分かりませんが、我が家演習問題集が完璧になったら「良し!」として次に進んでいます。
      予習シリーズと演習問題集は完全にセットと考えていて、問題を解くという意味では演習問題集メインな感じです。
      塾でも演習問題集を完璧にというスタンスなので、やはり効果のある良い問題集かなと。
      おススメです♪

      ちなみに長男を見ていての印象ですが、5年の予習シリーズが解けるからと言って4年の応用問題レベルが解けるかというとそうでもないように感じます。
      理科と社会はスパイラル方式ですが、算数に関しては1つ1つ違う単元をこなしていくイメージです。
      そのため、個人的には算数は1つ1つの単元をしっかり仕上げていくのが大事かなとも思います。
      ただ全体に通じる単元(例えば面積図や線分図は色々と活用できるとか)はあるのですが。

      先日長男に次男が受けた小4第2回組み分けテストの割合問題(分数のやつ)を解かせたら…普通に(2)で間違えていてガックシ。
      一年前できていない箇所はまだやはりできないのでした・・・。とほほ。

      あとは途中から通塾する予定があるようでしたら、やはり演習問題集でどこまで解けるのか?それを確認していくだけで、だいたいの塾での立ち位置が分かるかなとも思います。
      例えば演習問題集を応用問題まで解けるようでしたら、塾でも上位とかそんな感じです♪
      あとで演習問題集記事をアップしますね~♪

      • あっぷー様
        早速のご返信ありがとうございました!
        なるほど、やはり応用演習レベルは学校授業レベルの予習シリーズの基本の問題集のみでは難しいということですね。わかりました。我が子の場合もしっかりと演習をさせてから次の学年に行ったほうがよいと思えて来ました。ありがとうございました。
        また、いろいろと参考にさせてください。

        ところで、
        サイパー問題集シリーズに関して、私が「サイパーで一つの単元をしっかりやるとその単元がしっかりみについてうれしいよね」と話すと、唯一リアルにいるお勉強仲間ママに(知人の子供、大変優秀な3年生)「サイパーなどの同じ問題をひたすら繰り返してやる問題集は機械的にやるだけで考えなく成る」「できる問題を何回も繰り返すのは時間の無駄かな」という考えを聞かされて、、、なるほど一度聞いて理解できる知人の子供のような場合はサイパーなどの繰り返し繰り返し練習は必要ないのだなぁとびっくりしました。いろんな子供がいるのですね(笑)我が子は繰り返さないとだめなタイプなのでサイパー大好きです!

        • ぷぅたろうさま コメントありがとうございます。
          そもそもサイパーは家庭学習で子ども1人で学習できるようにという目的もあるみたいなので、少し繰り返しとは違うのかなぁと思う面もあり♪
          定着するまでの時間は子どもによって違うんですよね。うちも繰り返しやることで定着するタイプ。

          繰り返しやることが思考力をなくすというのは違うと個人的には思います。繰り返しやるのは基礎の部分で、その上に思考力があるもの。
          基礎の部分の定着がゆっくりの子には繰り返しが効果的なんですけどね、そうでない子もいるのは確か。羨ましい(-_-;)

          でもそのお友達も3年生だと、4年・5年になって受験算数。特殊算なんかはある程度繰り返しやらないと「やり方」がマスターできない可能性もあり。
          年齢やタイプに合わせて、その子に合う問題集を選ぶのが一番ですよね。正解はないですもんね♪

          勉強仲間ママがいらっしゃるなんて羨ましいです。私も実生活で勉強に関して誰かと語らいたいです~!!

  • 本当にたびたびすみません。
    もうこのサイトを読みだしたら止まらず、今日は仕事が休みなのでやらなくてはならないことはいっぱいあるのに、やっぱりこのサイトにドはまりで、パソコンの前から動けません…

    理社ですが、やっぱり後回しでよさそうなんだなと思えてきました。特に理科なんて、あんなに詳しい内容まで覚えられる子はいるのだろうか?とびっくりするような内容。逆に社会はそれに比べて常識?いや、興味があるのかないのかで変わってきそうな感じなのと、精神年齢というか育っている環境というか、そういうもろもろ生活一般的なことが影響するんだなと感じます。(歴史は丸暗記に近いのかもしれませんが)という意味で、理社の手薄感は社会はまだ救えるけれど、理科も結構算数なみにお付き合いが難しい教科なんだなぁという印象です。
    そんな中、
    あっぷーさんのどこかの記事で、理科は小5で焼き直しが入るため、大体でいいと聞いて、安心しました。算数の次に曲者の理科。理科も野によっては親しみが持てるものの、娘の興味にない分野や学校で未習学な分野に関しては、すぐに実験や体験で体で理解させてあげれるわけではなく、どうしても机上の知識ではどんなに暗記が得意な娘でも限界を感じていました。でも、そもそも完璧をもとめず、次回の焼き直しのために基礎だけしっかり習得すればいいのかなと思えるようになりました。

    その意味でもスタサプと予シリの紐づけがすごくありがたいです。
    我が家は、進学くらぶの授業を通信で見ているのですが、もはやスタサプでもいいのか??と思ったりもします。通塾をやめて6回から受講している進学くらぶなのですが、今回組み分け2回の理科の難易度が高かったので、効果のほどはいまいち図りかねるのですが、どうにか効率のいい勉強方法はないのかなと考えています。演習問題集記事がアップされるようで、すごくすごく楽しみです!

    • ニューkinuさま こんな拙い文章の迷走ブログを!読んでくださり本当に嬉しいです。
      理社も小4の内容が高度すぎて驚きますよね。去年長男で「小4でこんな高度な内容覚えられない!」と言っていたら、小5はもっと高度で(-_-;)
      本当に今の小学生は大変です。
      ただ内容は中学の先取り的内容もあり、中受しなくとも無駄にはならないかなと。
      私たち大人は「こんなに暗記できない」と感じますが、柔らかい子どもの頭なら意外と暗記も簡単!?どうでしょう~。

      理科は5年生で焼き直しとなるため、4年で踏ん張っておくと5年で楽になるかも♪
      ただ5年でスタートになってしまうと、理科に時間をとられてしまうかもしれません。やはり5年は算数に時間かかりますから、4年で理社を少し頑張っておくというのも手かと。
      それこそスタサプ見れば一発♪ですよ~。
      そうだ進学くらぶされてるんですもんね。進学くらぶの授業もきっとレベル高いんだろうな~、羨ましいです!
      うちも何度か検討したのですが、予算的にボツ。ここまできたらとことん節約で(笑)

      社会は地理でどんどん暗記項目が増えてくるので、特に地名や地域の特色など。うちの次男はもう半分諦めております(;^_^A

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です