【読書】小学生の高学年男子に人気の本一覧

相変らず読書が大好きな我が子たち。

うちでは本を買うことはほとんどなし。子どもたちはほぼほぼ学校の図書室で借りてきて読んでいるので、私は子どもたちがどんな本を読んでいるのかよく分からなかったのですが・・・

最近どんな本を読んでいるんだろ?と子どもたちに聞き取り調査しました。

 

ちなみに長男は5年生で、一番好きなのは「ダレン・シャン」シリーズ。次男は4年生で一番好きなのは「マジックツリーハウス」シリーズです。同じタイプの本が好きな子たちとの情報交換になればと思っているので、おススメ本などもあればぜひコメントください!

 

次男のおススメ本

まずは「マジックツリーハウス」シリーズが大好きな次男からですが、最近ハマっているのはこの本らしいです。

イーゲル号航海記〈1〉魚人の神官

イーゲル号航海記〈1〉魚人の神官

港でぼくがとびのった、おかしな船。それは、天才科学者ローゼンベルク博士つくった最新式の潜水艇だった。政府に追われる博士、口をきかない大男人間のようなふるまいをする犬、黒ずくめで偽名を名のる男、そして小学生のぼく。ふぞろいな5人の乗組員をのせ、潜水艇“イーゲル号”がゆく、摩訶不思議な海洋アドベンチャー・第1弾。小学校高学年から。

 

次男の感想:「めっちゃ久しぶりにいい本を見付けた。えっと、えーーー。なんかその自分の気持ちとかをハッキリ伝えてたからなんか何回読んでも飽きなさそう」(原文ママ)

 

 

 

すみれちゃんのあついなつ (わたしはすみれシリーズ)

すみれちゃんのあついなつ (わたしはすみれシリーズ)

「こたえのでないことなどたくさんある。なぜならそれは、世界がなぞにみちているからだ。」これは、すみれちゃんがついこのあいだよんだ本のなかにかかれていたことばでした。なんだかかっこいいので、たいせつなノートにかきうつしました。ものおもうすみれちゃんなのに、ママは、かりんちゃんのせわばかりたのみます。「やってられない!」すみれちゃんは家出をします!おしゃれでおしゃまなすみれちゃんが二年生になりました。小学校低学年から。

 

次男の感想:「妹のことも書いてあるけどすみれちゃんのことも書いてあるっていうか・・・すみれちゃんの思ったことが書いてあるって面白い」

って小学生低学年~みたいですね。次男は読解力あまりないので、まだまだ低学年向けの本も読んでいる模様です。

 

 

長男のおススメ本

ダレン・シャンを愛する長男が最近ハマっている本。まずはこちら。

ホラー横町13番地(全6巻)

吸血鬼の牙 (ホラー横丁13番地)

10歳を境に狼男になってしまった少年ルークは、危険人物として捕らえられ、「ホラー横丁」に送られてしまいます。もとの世界に戻るため、吸血鬼、ミイラ、魔女など、個性的な隣人たちに翻弄されながら宝探しをするルークの冒険を、愉快に描きます。

 

 

次は「江戸の算数」。そういえば長男が一時期「ネズミ算って知ってる?」ってドヤ顔していたのはこの本の影響だったのかもしれません。

江戸の算数〈1〉鶴亀算・入れ子算ほか

江戸の算数〈1〉鶴亀算・入れ子算ほか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
江戸時代の和算を楽しく紹介。
【目次】(「BOOK」データベースより)
練習問題 倍々算/練習問題 人の容積/両替算/俵杉算/入れ子算/鶴亀算/拾い物/円陣/裁物一刀

 

中学入試算数を勉強している子にも良さそうな内容ですね~。私も読んでみたい!

 

次は怖いモノ好きな長男らしいシリーズ。こういう怖い本が大好きなクセに極度の怖がりで、夜1人でトイレにいけない長男…ですが…。

放課後の怪談〈1〉暗闇からのびる手

放課後の怪談〈1〉暗闇からのびる手

夜中に目をさますと、赤ん坊の妹が、ベッドの上で目をあけていた。暗闇にむかって、にこにこ笑いながら、だれかに話しかけている…。ひとりでトイレにいけなくなるほど、こわい怪談10編。小学校中学年から。

 

 

次も怖いもの系です!

世にも奇妙な物語 ドラマノベライズ 恐怖のはじまり編 (集英社みらい文庫)

世にも奇妙な物語 ドラマノベライズ 恐怖のはじまり編 (集英社みらい文庫)

7歳の誕生日をむかえた友だちの夕子ちゃんが言う。「7歳になったら、あの建物に行くの。そうして・・・・・・」隠された衝撃の事実とは? 大人気テレビ番組『世にも奇妙な物語』のストーリーを4編収録!

 

 

少し難しかったようですがこちらも読んでいました。私はミステリー大好きなので、どんどん読み進めて欲しい!

オリエント急行殺人事件 (講談社青い鳥文庫)

オリエント急行殺人事件 (講談社青い鳥文庫)

犯人はどこからきて、どこへ消えた?
雪に閉じこめられたオリエント急行の中でおきた、密室殺人の謎にせまる名探偵ポワロ。

20世紀前半に全盛時代をむかえたオリエント急行は、ヨーロッパのひとびとの、あこがれだった。アガサ=クリスティも実際に、この豪華列車に乗って、遠くバグダッドまで旅をしている。90をこすクリスティの作品の中で、もっとも有名なこの傑作は、このときの体験と、当時、世界じゅうに衝撃をあたえた、幼児誘拐殺人事件をもとに書かれたという。読者も乗客のひとりになってみよう。

 

 

私も子どもの頃大好きだった本。私は今でも脱獄系が大好きで、もちろん”プリズンブレイク”信者です♪

巌窟王 (講談社青い鳥文庫)

巌窟王 (講談社青い鳥文庫)

ハンサムで勇気ある青年船乗りのダンテスは、友だちに裏切られ、14年間も地下牢に閉じこめられた。その間、となりの牢の神父に学問と宝のありかを授けられた。神父の死後、脱走に成功したダンテスは、宝を手に入れ、モンテ=クリスト伯爵と名を変えて、正義と復讐のため、胸のすくような大冒険を……。

 

 

そんな長男ですが、最近読みたいのになかなか借りられないという本がこちら!

暗号クラブ1ガイコツ屋敷と秘密のカギ

暗号クラブ1ガイコツ屋敷と秘密のカギ

火事で焼けたガイコツじいさんの屋敷の窓わくには、4つの記号がのこされていた。じいさんは意識不明。そして現れた、あやしげな二人組。暗号クラブの4人は、ひそかに活動を開始する。暗号がしめすのは、財宝のありか?それとも―。体験型なぞ解き冒険ミステリー・シリーズ第1巻。

 

 

長男はミステリーやホラーものが好きなのですが、それと同時に戦争体験記といったものもよく読んでいます。最近は「アンネの日記」「はだしのゲン」や「弟を地に埋めて」を読み戦争の恐ろしさを知った・・・と。

また伝記もよく借りているようです。今のところ長男は偏りなく読書を楽しんでいるようなので、それはいいなぁと思う部分。

ただ、長男が登下校の時に歩きながら本を読んでいたり、チャイムが鳴っても校庭で本を読み続けていたなんて話をママ友から聞いたので、私の雷が落ちましたとさ。ちゃんちゃん。

 

 

さてさてもう少し。次は長男のお友達に聞いた「最近読んだ面白かった本」です。

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

駄菓子屋があった。路地の壁にはりつくような形の店で、まるで商店街から身をかくしているようだ。だが、店先には、色とりどりの菓子がならんでいるのが見える。真由美は首をかしげた。あんなところに、駄菓子屋さんなんてあったっけ?この道は、もう何百回と通っているけど、あんな店、見たことない…。その駄菓子屋は幸せと不幸のわかれ道。小学校中学年から。

 

 

ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)

ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)

夏休みを前にした、1学期の終業式の日、東京下町にある中学校の、一年2組の男子生徒全員が、姿を消した。いったいどこへ…?FMラジオから聞こえてきたのは、消えた生徒たちが流す“解放区放送”。彼らは河川敷の廃工場に立てこもり、ここを解放区として、大人たちへの“叛乱”を起こしたのだ。PTAはもちろん、テレビや警察、市長選挙汚職事件までも巻き込んだ、七日間に及ぶおとなたちとの大戦争。中高生たちの熱い支持を受けつづける大ベストセラー。

 

 

その他おススメの本

その他高学年にお勧めの本いくつかです。

以前もおススメしましたが、これは!私が泣きました。

 

長い本であるのにも関わらず、長男は何度も読み返しています。

 

こちらも面白かったと言っていた本です。

 

あさのあつこさんの怖い系本

 

冒険系が好きな次男に勧めたい本

 

こちらも面白いみたいです。

 

最後に・・・参考になる「アマゾン選出・オールタイム児童書100

 

追記・コメント欄で教えていただいたおススメ本

ここからは、コメント欄から教えていただいた本です。

かさねちゃんにきいてみな

かさねちゃんにきいてみな

年齢も、家庭環境も、性格もてんでばらばらな小学生たち8人が、毎朝いっしょに騒がしく登校する様子がユーモラスで繊細な文章で生き生きと書かれています。
小学生って、たった数ヶ月でこんな風に自分とは全然違う他人たちとの関わりあいの中でそれぞれ着実に成長していくのだ、と納得させられる圧倒的なリアリティがあり、優しくありたい、賢い大人になりたい、と前向きな気持ちになれる爽やかな感動作です。

アマゾンでもレビュー星満点!!これは私も読んでみたいので、早速図書館で予約しちゃおうと思います。

 

 

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)

クラスメイトの創也の秘密を、偶然知ったぼく、内人。その日から、塾通いに追われる退屈な生活が、がらりとかわった。
創也といると、冒険がむこうからやってくるんだ。

 

 

岡田淳さん、コメント欄から教えていただきました。これは!子どもに読ませたいです。

その人はジェラルドと名のり「おれは竜退治の騎士やねん」と関西弁でいった。どうみても日本人だった…。「夢」さえすてなければかならず奇跡はおこる。夕暮れの学校でおこったふしぎな事件。小学校上級から。

同じ著者さんでおススメも教えていただきました。

 

 

またこっち方面か!と目から鱗だったのがこちら。皆さん色々教えていただいてありがとうございます。

 

そしてそうだった、これも。もう少ししたら勧めてみたいです。

 

コメント欄であ、これも!と思い出させてくださった1冊。

スポンサーリンク

18 件のコメント

  • こんばんは。
    嬉しい記事!!
    うちの息子も本好きなので、参考にさせていただきます♪
    面白そうな本ばっかりですね。
    本好きな子の本に体する嗅覚ってスゴいですよね。
    何冊か、早速私も図書館に予約してみます。

    5年生の長男君に、おすすめしたい本は「かさねちゃんに聞いてみな」と「都会のトムアンドソーヤ」シリーズです。
    同い年のうちの子イチオシです(ゝω∂)
    かさねちゃん~は、通学団とか登校班がある学校に通っていたら、本当に楽しめると思います。
    なくても色んな意味で面白い本ですが。

    下のお子さんはファンタジー好きなんでしょうか。
    兄弟ともに読書のよろこびを知っていて、先が楽しみですね!

    • MAさま コメントありがとうございます。
      そしておススメも教えていただいて嬉しいです。早速図書館で予約しようと思います♪
      (本文中に追記もさせてください)

      5年生くらいになると結構分量のある本を読めるようになりますよね。小さい時のように絵本くらいだと、自分も目を通して子どもにも勧めてなんてできたのですが。
      さすがに高学年向けの本を読んでみる時間もないしで、結局子どもたちがどんな本を読んでいるのかまたどんな本が人気なのか分からなくて(;´Д`)
      それで思い付きで子どもたちにどんな本を読んでるの~って聞き取り調査(笑)してみた感じです。
      MAさまからも情報いただいちゃったし、知らなかった本の題名を聞けるだけでもワクワク楽しい感じです♪

  • 読書好きうれしいですよね。それにしても、うちの子とは本の内容のレベルが違い過ぎてうらやましい!!
    何かの本に書いてあったのですが、本好きで本をむさぼるように読むような子であれば、学力の半分は決まったようなものだと書いてありました。

    うちの長男は本好きとは言うものの、文学チックなものには興味を示さず、漫画の延長です….
    一方長女は、中身が渋すぎて、最近は予シリで出てくる小説の続きが気になるらしく、そればっかり読みたがります。この間は、三浦 綾子「銃口」を借りていて、果たして読み切ったのかどうかわかりませんが、国語の予シリはたぶん、自室で勉強するふりをしてただ読書しているだけのような…
    なかなか本を読む時間が取れないので、長い本を読めている長男君、次男君の時間の使い方を見習いたいです!

    ちなみに、うちの幼い長男は、
    「ヒラメキ勝負!発明対決」のシリーズやグレッグのダメ日記シリーズ
    学校ではおしえてくれないことシリーズ
    を読んだりしてます。はい…完全にマンガですね(笑)
    参考にならないですが、こんなのを読んでる小6もいますってことで^^;

    • ニューkinuさま コメントありがとうございます。
      うちもグレッグのダメ日記シリーズ、一時期読んでいました!学校ではおしえてくれないシリーズいいですよね。
      長男に勧めてみたら「僕は今怖い本を読みたいの!」って、長男が持っていた本が「幻獣図鑑」・・・。ちーん。
      うちはマンガも好きで、「進撃の巨人」「ブリーチ」「7seeds」「ちはやふる」「黒子のバスケ」「スラムダンク」その他いろいろ。飽きもせず何度も読んでいます。
      学校では図書室の真面目な本。家では漫画。っていう使い分け?
      あ~、あとはyoutubeのくだらない動画も(;´Д`) ゲームも1日2時間やってるし、とほほ。

      うん、なんだか書いていて空しくなってきました(笑)

    • 続けてすみません!昨日タイムリーなことに図書館の返却日だったので、夕方図書館に行き、お勧め本をいくつか予約をして、レンタルロボットを借りてきました~。
      ピアノ教室の帰りの読書用に長女に「レンタルロボット」を勧めたところ、車の後部座席で涙うるうるきていました。お勧め通り!!夕食後興奮冷めやらぬ様子でストーリーを話だし、「私やっぱり作家になる!!」と。(もともと彼女の夢は”作家”か”デザイナー”らしいのですが…、決意を固く決めた様子。)
      勉強だけでなく、そんな情報まで頂いて、うれしくなって、あっぷーさんにお礼を言いたくてコメントしました。

      暗号クラブ系は日記なんですね。こちらの図書館も6人待ちとかでした。
      自動車の移動図書館などもあるのですが、自宅から図書館が遠く、子供が自分の自転車で行ける距離にないので、図書館通いは私の送迎付き。最近は重すぎて本を入れるカバンが敗れるし、手で持つことは不可能になり、台車持って通っています。あっぷーさんのお子さんの小学校は学校の図書館の蔵書が多そうでうらやましいです!

      • ニューkinuさま コメントありがとうございます。
        私もレンタルロボットはコメント欄から教えていただいて読んだのですが、ほっんと泣けました。
        長女ちゃん、感受性豊かですね♪ うちのおバカ男子たちは残念ながら「なんで?なんで泣くの?」ってパーンチ!!
        わたし、ニューkinuさま宅の長男くん・長女ちゃんと話が合うかと!!

        暗号クラブ図書館で6人待ち(;´Д`)
        やはり人気なんですね。コメントですごく楽しいって情報をいただいたので購入しちゃおうかなとも思っています。

        うちは幸い学校の蔵書が多いし、最近の本も多いんです。図書館もすぐ近くなのですが、学校図書室で全てが済んでしまうので最近は図書館にも行っていません(;´Д`)
        ひさびさに行こうかな。
        そういえば、立川のマンガパークご存知ですか?
        うちは近くないのですが、日帰り旅行気分(笑)でたまに行きます。パラダイスです(^^♪ あ、そうだ今度記事にしますね~。

        • あっぷーさん こんにちは。
          お返事ありがとうございます!立川のマンガパーク?!!そんなところがあるんですね!!なんだか面白そう!!!私は大きいくくりで言うと北関東に住んでいるんでまさに日帰り旅行の粋ですが、あっぷーさんがパラダイスとは、ぜひ行ってみたいです!記事も楽しみにしてます^^

          • ニューkinuさま コメントありがとうございます。
            立川まんがぱーく♪パラダイスです!!
            お友達の子(女の子)を連れていったこともありますが、その子も楽しかったみたい。女子も男子も大人も子供も楽しい場所です。
            ぜひ立川方面に行かれた際には行ってみてください。

  • こんにちは!
    あっぷーさんの本の紹介記事、こっそり楽しみにしています。
    マジックツリーハウス近所の図書館にあるので、世界の国が好きな娘に読ませたいです。
    江戸の算数は受験算数勉強に私が読みたいくらい(笑)予約してみます!

    定番ですが、「長靴下のピッピ」は私が読み聞かせて一緒に読んでいます。娘には初の文庫本で、けっこうお気に入りです。あと流行物ですが、「君の名は」の本が欲しいとねだられたので、図書館で借りて読んでました。内容はまだ理解できてないみたいですが、珍しく一人で黙々と読んでました。
    個人の趣味ですが、高学年か中学生になったら「獣の奏者」を娘に読ませたいなーと企んでおります。

    • あるとさま コメントありがとうございます。
      「長靴下のピッピ」「君の名は」・・・いいですね!全然カバー範囲が違うところで目から鱗でした♪
      そして「獣の奏者」!!
      私は「守り人」シリーズを読ませたいなぁと企んでいたのですが、そろそろ読めるかな?早いかな?と悩み中。
      こっそり買ってさりげなく置いておこうかな(笑)

      今は色んなジャンルの本を読んで欲しいですよね~!

  • あっぷーさんはじめまして。
    はじめてコメントします。
    いつも楽しく読ませてもらっている小4男子&保育園児の母です。
    まさにうちの息子、暗号クラブが大好きで全巻読んでるので、つい出てきてしまいました。息子から借りて読んでたおばーちゃんは訳が気に入らなかったみたいでしたが、息子は大絶賛です。去年はこれで夏休みの読書感想文書いてました(!)
    息子はあとは探偵ものだと(ベタですが)パスワードシリーズ、電車で行こう!シリーズ、名探偵ホームズシリーズ、などが好きです(マジックツリーハウスも読破しました)が、今は学校から勧められたドリトル先生シリーズに夢中です。
    あっぷーさんが紹介してくださった本を参考に、私も息子と図書館で借りてみようと思います!

    、、、実はうちの子も四谷大塚の予習シリーズを使って自宅学習してます。うちは熱心にやってないので特に復習もせずテストも受けずこの半年映像授業見てただけなのですが、あっぷーさんの記事に刺激を受け、6月にはじめて組み分けテスト受けてみることにしました。今からドキドキしてます!
    これからも面白い記事楽しみにしてます!(私もあっぷーさんの参考になるようなことがあったらコメントします!)

    • 東京は夜の7時さま コメントありがとうございます。
      やっぱり暗号クラブ面白いのですね!!図書室のはいつも借りられているそうで、いつになったら読めるのかなぁと言っています。
      息子くん、これで読書感想文とは!そんなに面白いなら買ってあげようかな~♪
      そして探偵ものも色々教えてくださってありがとうございます。記事にも書かせてください。
      自分がミステリー小説大好きなので子どもにもぜひ好きになってもらいたい分野です。ゆくゆくは子どもとミステリーや探偵小説の情報交換をするのが夢です。

      おぉ予習シリーズ自宅学習組でいらっしゃるのですね!
      組み分けも~!!!うちも次男はゆる~くやっているので組み分けは受けなくてもいいのですが、いいペースメーカーにはなるかな?と。
      あとは我が家は夏期講習なんかは受けさせたいので、その準備的な意味も込めて。
      お互い頑張りましょう♪そして今後も情報交換できれば嬉しいです。

  • こんにちは!
    うちの長男は本の虫とまではいかないけど、気が付いたら何か読んでる、そんな感じです。
    ふしぎ駄菓子屋~は7巻まで図書館で借りました。一気に引き込まれるらしくあっという間に読んでました。同じ著者(廣嶋 玲子)のもののけ屋シリーズも似たような感じで楽しんでました。
    あと、長男のイチオシは岡田淳さん!沢山あるので全部は読みきれていませんが、何回も繰り返し繰り返し読んでて、何度読んでも面白いそうです。「シールの星」「竜退治の騎士になる方法」「ねがいのかなう曲がり角」は何度も読んでました。
    そうそう、「ダレンシャン」を長男にと借りてきましたが、怖いと言って断念。江戸川乱歩の少年探偵も怖いそうです。ビビりな長男らしいです。
    また面白そうな本みつけたらコメしますね!

    • ようさま コメントありがとうございます。
      ふしぎ駄菓子屋~面白いのですね。長男にも勧めてみます♪そして岡田淳さん!はじめて聞きました。
      ぜひ記事中に追記させてください。貴重な情報をありがとうございます!!
      ダレンシャン、怖いですよね!?怖いというか蜘蛛やらなんやら表現が毒々しいというか(;^_^A
      うちの長男も1人でトイレに行けないビビりなのですが、きっとダレンシャンは「怖いもの見たさ」的な感覚??(笑)

  • 低学年の話ですみません。既出ですが、小2の息子はマジックツリーハウスにはまったらしく、ひたすら読んでいます。歴史的な出来事も覚えられ親としてはしめしめと思っています(笑)

    小1のときは「長い長いペンギンの話」を読んで、ちょうど息子のプチ家出(親にだまって外出)事件の後だったので親子二人で号泣しました。年長さんから低学年の方にはオススメです。Z会グレードアップ国語をきっかけに知ったのですが、他の問題も良い読み物が使われていて参考になりました。

    他にも、絵本を卒業して初めて児童書を、という方には「こぐまのクーク物語」「おばけのアッチ」シリーズもかわいくて楽しめました。

    先日は、朝読書で「レンタルロボット」 を読んだそうです。
    こちらでタイトルを知っていた私はびっくりして、感想を聞いたところ「めっちゃ泣けた」という個所が壊されてしまったおもちゃ側の気持ちでした。主人公と同じ一人っ子なので共感するかなと思ったのですが、それよりおもちゃが大事という(笑)やっぱりちょっと難しかったのかな~。

    まだまだ慣用表現、比喩表現があまり理解できていないようなので、本の内容をどこまで理解しているのかは謎です。(コナンくんのアニメも話がよくわからないと言っているレベル。)それでも、絵本を卒業してからのほうがグングン読書量ものび、精神的に成長したように思います。国語のテストも標準的な問題の読み取りは大丈夫そうになってきました。

    少し上の学年の話が知れて、本当に助かります。また参考にさせてください。

    • くろごまさま コメントありがとうございます。
      低学年さんの話非常に参考になります。(私だけでなくブログ読んでいる方にとっても♪)
      うちも小2くらいでマジックツリーハウスにハマりました。文章が簡潔で短く、テンポもいいので子どもは読みやすいでしょうし、内容もハラハラドキドキでいいですよね。
      マジックツリーハウスに出てきた出来事は結構覚えていて(ポンペイ火山とか)、へ~となっております。
      「長い長いペンギンの話」「こぐまのクーク物語」「おばけのアッチ」どれも初めて聞きましたが、興味あり~。図書館に行ったら探してみようと思います。

  • あっぷーさん、いつもブログ楽しく読ませてもらってます♪
    こちらで紹介されていた「かさねちゃん」、早速図書館で借りてきて、居間の片隅に置いておいたら…まんまと小5の娘が読んではまってました!「ダレンシャン」もあっぷーさんオススメ記事から娘に紹介してみたら、学校でせっせと読んでいるようです♡ありがとうございます。
    娘のオススメは「夏の庭」、弟くんには「パペット探偵団シリーズ」だそうです。
    マンガだと、「ねこねこ日本史」「はたらく細胞」「決してマネしないでください。」「ハルロック」「雪花の虎」あたり。(雪花の虎は次の巻の予告で「私を抱いてくれ」というようなセリフが載っていて、どこまで見せていいのか悩みます(汗))
    私はあっぷーさんがマンガを紹介して下さるのが好きなので期待しています!

    • しまじろうさま コメントありがとうございます。
      「かさねちゃん」、わたしも読みたくて図書館で探してみようと思っていたところです。しまじろうさまにコメントいただいて更に読みたい欲求が♪
      娘ちゃんのおススメも教えていただいてありがとうございます。
      記事に追記させていただきたいです。「夏の庭」よさそうだなぁと思っていましたが、読んだことがなかったので長男に勧めてみます。
      そして次男には「パペット探偵団」!!全く知りませんでしたが、絶対次男大好きです!!

      マンガ~~!!大好きです♪
      近々マンガ記事書きますね。大人向けでもいいので、何かおススメあったら教えてください♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です